ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

FORD TAUNUS 12M 1957 GERMANY

FORD TAUNUS 12M 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400085600 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 38HP 3段変速
性能: 最高速112km/h
データーベースでフォード タウナスのミニカー検索

 

フォード タウナス 12M ドイツ

 

  フォードは1925年にドイツに進出し、T型、A型、V8などの生産を行っていました。ただしそれらはアメリカと同じ仕様でしたので、ヨーロッパでは中大型クラスとなり、販路が限られていました。そこで1Lクラス小型車のケルン、アイフェルなどが開発され、1930年代後半にはドイツ フォードはオペルと同じくらいの自動車を生産していました。第二次大戦中ドイツ フォードは乗用車の生産ができず、軍用トラックの生産に従事していました。 (ケルン、アイフェルなどはミニカーがありません どんな車か知りたい人はFORD KOLN EIFELでWEB検索してください)

 

 戦後工場が再建されて、まず生産を再開したのはトラックでした。1948年にはアイフェルの後継車で戦前に発表されたタウナスが再生産されて登場しました。戦前型とはいえ1Lクラスのタウナスはライバルがいなかったので、結構売れたようでした。

 

 

 タウナスは1952年にモノコック構造でフラッシュサーフェスの戦後型デザインに一新された12Mに生まれ変わります。フロントの中央に付いている丸い飾りは、フラッシュサーフェスを採用したアメリカの1949年型フォードのデザインと通じる物があります。エンジンは戦前型の4気筒1.2L(38HP)のまま、3段変速で最高速は112km/hといった性能でした。1955年には12Mのフロントグリルを変えたボディに、新型のOHV方式4気筒1.5L(55HP)エンジンを搭載した15Mが追加されました。

 ミニカーはミニチャンプス製で、フロントグリルを変更した1957年式をモデル化しています。細かいところまでよく作り込んであるので、まるで実車のような感じがします。ただ古い車なのにやたらと塗装がきれいなので、なんとなく違和感を感じてしまいますが。。。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=565

   

FORD TAUNUS 17M (P2) 1957 GERMANY

FORD TAUNUS 17M (P2) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4575 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 60HP 3段変速
性能: 最高速128km/h
データーベースでフォード タウナスのミニカー検索

 

フォード タウナス 17M (P2) ドイツ

 

 1957年に15Mよりも一回り大きいボディの中級車17Mが追加されました。ボディは前傾したフロントグリル、サイドに走るクロームのライン、テールフィンなど同時期のアメリカ車(1955年式フェアレーンあたり)をスケールダウンした感じで、実にアメリカ的なデザインです。セダン、カブリオレ、コンビ(ステーションワゴン)のボディバリエーションがありました。

 

 エンジンは15Mの物を拡大した4気筒1.7L(60HP)で、最高速は128km/hでした。ライバルのオペル レコードよりパワーがありましたが、価格が少し高く、販売台数はレコルトの半分以下でした。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたソリド製です。安価故にシンプルな出来映えですが、特徴的な部分はよく再現してあってなかなか良くできています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=566

   

 

FORD TAUNUS TRANSIT 1961 GERMANY

FORD TAUNUS TRANSIT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 415 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 38HP 3段変速
性能: 最高速95km/h
データーベースでフォード タウナス トランジットのミニカー検索

 

フォード タウナス トランジット ドイツ

 

 フォード トランジットはヨーロッパでは一番販売台数の多い商用車で、バン、ミニバス、ピックアップ、トラックなど多くのバリエーションがあります。1953年にドイツ フォードが発売した商用車FK1000からトランジットの歴史が始まります。(1000は積載量1000㎏の意で後に1250も追加された) FK1000は、1950年に登場したフォルクスワーゲン T1によく似たデザインですが、リアエンジンのT1に対してFk1000は運転席の下にタウナス 12M用の4気筒1.2Lエンジンを搭載する後輪駆動車でした。

 

 1955年にエンジンがタウナス 17M用の1.5L(55HP)に変更され、搭載位置が運転席足元から運転席の中央に移動しました。フォルクスワーゲン T1の1.2Lエンジンは25HPだったので走行性能的にはFK1000が高性能でしたが、運転席にエンジンがあることでうるさいことなど快適性はT1より劣っていたようです。1961年にFK1000は名前がタウナス トランジットに変更されました。

 

 

 タウナス トランジットは1965年にモデルチェンジし、名前がトランジットとなりました。トランジットはドイツとイギリスの両フォードに共通するモデルで、イギリス フォードではテームズ 400Eの後継車でした。トランジットはイギリスでは初代となりますが、ドイツではタウナス トランジットの後継でトランジットの2代目とされています。当サイトのデーターベースでは車名に世代を意味するMK *を付けていますが、トランジットは1965年のモデルをMK Iとしています。以下1978年モデルをMK II、1986年モデルをMK III、1991年モデルをMK IV、1994年モデルをMK Vとしています。

 ミニカーはテクノ製の当時物です。ロイヤルメール(イギリス郵便)のロゴが側面に付いた郵便車をモデル化しています。テクノは金属製パーツの多い独特の味のある造形が特徴で、このトランジットも実車のイメージが良く再現されています。塗装がしっかりしているので、約50年も前に作られたとは思えないほど綺麗な状態です。リアウンドーを組込んだリアドアが開閉し、内部もきちんと作られています。テクノのトランジットには救急車や企業ロゴのついたバリエーションがたくさんあります。これ以外のタウナス トランジットのミニカーとしては、ジクの当時物やシュコーの最近の物があります。
データーベースでフォード トランジットのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1847

   

FORD TAUNUS 17M (P3) CABRIOLET 1960 GERMANY

FORD TAUNUS 17M (P3) CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 185 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 60HP 4段変速
性能: 最高速138km/h
データーベースでフォード タウナスのミニカー検索

 

フォード タウナス 17M (P3) カブリオレ ドイツ

 

 1960年に登場した新型の17Mは、その斬新なスタイルで評判となりました。楕円をモチーフにしてデザインされたヘッドライトやバンパーを持ち、風洞実験を踏まえた空力的なボディは、ドイツ フォードの独自デザインでした。ただエンジンやサスペンションは従来の17Mを踏襲していて、1.5Lと1.7Lのエンジンはそのままでした。

 

 このデザインは従来のアメリカ車のコピーから脱却した点が評価されたとのことですが、この楕円形のデザインに同時期のサンダーバードの影響を感じるのはやはり同じフォードだからでしょう。

 

 

 ミニカーはディテールカーの20年程前のものです。特徴的なフロントグリルが良く再現されています。これはカブリオレですが、ハードトップもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=567

   

 

FORD TAUNUS 12M (P4) 1962 GERMANY

FORD TAUNUS 12M (P4) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 538 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: V型4気筒 1.2L 40HP 
性能: 最高速123km/h
データーベースでフォード タウナスのミニカー検索

 

フォード タウナス 12M (P4) ドイツ

 

 12Mは1959年にマイナーチェンジし、1.2Lと1.5Lエンジンの2タイプとなり15Mは廃止されました。 1962年にはフォード初の前輪駆動車で、冷却ファンの無い水冷システムを採用したV型4気筒1.2L(40HP)エンジンを搭載した新型に変わりました。コンパクトなエンジンと前輪駆動レイアウトで居住性に優れていました。この車はアメリカでフォルクスワーゲンなどの輸入車に対抗する小型車としてフォードが開発した世界戦略車で、アメリカやヨーロッパで発売する予定でした。

 

 しかし市場調査結果が良くなかったことなどから本国での発売が中止され、ドイツでのみ発売となりました。1963年に1.5L(50HP)エンジンが追加され、4ドア、2ドアクーペ、ワゴンなどのボディ バリエーションがありました。

 

 

 ミニカーはもディンキー(仏)の当時物です。今見ると平凡なスタイルですが、オペル カデットなど当時はこんな感じが最新のスタイルだったようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=568

   

FORD TAUNUS 17M (P5) 1965 GERMANY

FORD TAUNUS 17M (P5) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 154 1/42 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型4気筒 1.7L 65HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでフォード タウナスのミニカー検索

 

フォード タウナス 17M (P5) ドイツ

 

 17Mは1965年に一回り大きなボディに変わりました。旧型の楕円のモチーフは継承されていますが、より一般的なデザインに変わっています。エンジンは12Mと同じV型4気筒エンジンで1.5L(60HP)、1.7L(65HP)を搭載し、最高速135、145km/hの性能でした。

 

 デザインは同じで全長が50mm長いボディにV型6気筒2L(85HP)エンジンを搭載した上級車20Mも設定され、こちらは最高速160km/hと高性能でした。17/20Mには4ドア、2ドア、ワゴン、20Mだけにハードトップ クーペのボディ バリエーションがありました。

 

 

  ミニカーはもディンキー(英)の当時物で、1/43サイズより少し大きめに出来ています。ボンネット、トランク、ドアが開閉し、ディンキー(英)特有の前輪操舵ギミックが付いています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=569

   

 

 

ページ 1  2  3  4   次へ »