ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

HONDA S660 2015 JAPAN

HONDA S660 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 45359 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.39m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: DOHC 3気筒 660cc ターボ 64HP 6段変速/CVT
性能: 最高速140km/h(リミッター付)
データーベースでホンダ S660のミニカー検索

 

ホンダ S660 日本 2015

 

 1996年に生産中止となった軽のオープンカー ビートの復活を思わせるS660が2015年に登場しました。ビートと同じエンジンを横置ミドシップ配置することもあって、全体のデザインはビートを思わせるものですが、リアの造形などは今風の派手なものになっています。ビートのような幌を持つフルオープンではなく、シート背後にロールバーがあるタルガトップで、ルーフが外せるようになっています。

 

 エンジンはN-BOX用のターボエンジンを改良したDOHC 3気筒660ccで、最高出力はビートと同じ64HPです。専用設計の高剛性ボディ、ミドシップエンジンによる良好な前後重量配分、4輪ストラット サスペンション、軽初の6速MT変速機(又はパドルシフト付CVT)と本格的なスポーツカーの要素を備えていますが、実際にはそれほど高性能ではないようです。これは1998年から継続している軽自動車の最高出力制限(64HP)など軽に課せられた各種制限によるものです。軽の制限を外した1Lクラスでもう少し実用性のあるスポーツカーに発展することを期待します。

 

 

 ミニカーはエブロ製で、2016年に発売されました。エブロのミニカーとしては標準的な良い出来ばえで、実車同様にルーフが脱着できます。実車の室内がほとんど黒一色なので、ミニカーの室内も黒一色でメーター類の印刷表示もありません。ルーフを外すと室内がよく見えるのに、黒一色ではあまり面白味がありません。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HONDA S660 1
HONDA S660 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1944

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6   

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.