ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CHRISTIE FRONT DRIVE STEAMER 1912 USA

CHRISTIE FRONT DRIVE STEAMER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DEL PRADO 03 1/43 125mm

 

クリスティ 前輪駆動 蒸気ポンプ 消防車 アメリカ 1912

 

 これも同時期の消防車で発明家J.ウォルター クリスティが考案したもの 彼は馬車から自動車への転換に寄与した人物です。この車の後部についている銀色の筒は蒸気ボイラーでこれで放水用のポンプを駆動し、車両前部のガソリン エンジンで前輪を駆動し走行します。

 

 これも上記と同じ「世界の消防車コレクション」ですが、あまりぱっとしない自動車コレクションに対してこのシリーズのクラシックモデルは面白い車種があり非常に良く出来ている上にお値打ちな値段でした。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 4気筒 4.5L 60HP 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=139

   

CADILLAC 1913 USA

CADILLAC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y06 1/48 85mm

 

キャディラック アメリカ 1913

 

 材木商のウイリアム H マーフィーが1902年にデトロイトに設立したキャディラック社は高い製作技術を誇っていました。(「キャディラック」とはデトロイトの町をひらいた人の名前) 1908年には3台の車を分解し部品をバラバラに混ぜあわせてから組立て走行させることで部品の互換性を実証する試験を行い有名になりました。この車は4気筒エンジンを積む最後のキャディラックで、電気式スタータとライトが標準装備となっていました。

 

 ミニカーはマッチボックス製です。ライトがフロントグリルから生えているなど細部が簡略化されていたり、実車にはないメタリックカラーなど本格的なクラシックカーとしては物足りませんが、車種的には貴重なモデルです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 5994cc 48HP 
性能: 最高速95km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=129

   

 

STUTZ BEARCAT 1913 USA

STUTZ BEARCAT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RENWAL  1/43 93㎜

 

スタッツ ベアキャット アメリカ 1913

 

 ハリー C スタッツが1911年に製作したスタッツ一号車はその年のインディ500に出走し11位、翌年のインディ500でも4、6位となるなど活躍し、1913年にスタッツ社が設立されました。またスタッツのレーシングチームは1915、16年にもインディなどのアメリカのレースで大活躍し、高い評価を確立しました。

 

 ミニカーは最も人気のあったスポーツタイプの車で、実はライバルのマーサー レースアバウトをそっくり真似た車でした。実際に両車はとてもよく似ていてどちらもミニカーが有りますが、ここではできの良いスタッツの方を紹介しました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 6436cc 50HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=132

   

FORD T 1914 USA

FORD T 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400-082330 1/43 88mm

 

フォード T型 アメリカ 1914

 

 T型は大量生産効果によって価格が下がっていきました。1909年には850ドルだったのですが、1925年には半額以下の290ドルまで下がっています。290ドルは現在の貨幣価値に換算すると約40万円で、現在の車のようにエアコンやオーディオなどの装備はついていませんでしたがそれが普通でしたのでたいへんお安い車だったということになります。

 

 ミニカーは良くできたミニチャンプス製で、イクソ製の1909年式と較べるとウインドスクリーンの補強ステーがなくなり前席にドアが付くなどT型が少しずつ変わっていったことが良く分かります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2895cc 20HP 2段オートマチック変
性能: 最高速70km/h
データーベースでフォード T型 のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=127

   

 

FORD T 1915 USA

FORD T 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 9012 1/43 85mm

 

フォード T型 アメリカ 1915

 

 こちらはコーギーのT型です。コーギーには型番9000番台のClassicsシリーズにて数は少ないですが、コレクターを対象とした本格的なクラシックカーのミニカーを作っています。これもそのひとつで、コーギーの十八番であるフィギュアーがついた出来の良いミニカーです。

 

モデルの年式が1915年になっていますが、ラジエータグリル形状、運転席部分へ繋がるボンネット後部形状などがきちんとその年式に合わせてあります。これ以外にも実車とおなじ黒一色のものや幌を立てた状態のものなどバリエーションがあります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2895cc 20HP 2段オートマチック変
性能: 最高速70km/h
データーベースでフォード T型 のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=128

   

CHEVROLET 1916 USA

CHEVROLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 62 1/43 98㎜

 

シボレー アメリカ 1916

 

 GM創設者だったウィリアム デュラントがビュイック社の技術者ルイ シボレーに開発させた6気筒4.8Lエンジン車が最初のシボレーでした。1911年にシボレー社が設立されクラシック シックスと呼ばれたこの車が発売されました。シボレーはその後シボレー社を離れ1918年にシボレーはGMの1部門となりデュラントがGMに復活します。

 

 1915年にシボレーはT型フォードの対向車としてモデル490(4気筒2.8L)を発表しますが、T型の1割程度しか売れずデュラントはその責任をとらされてGMを再び去ることになりました。ミニカーはドイツのZISS製です。モデルとなった車がはっきりしないのですが、クラシック シックスのヨーロッパ仕様をモデル化しているのではないかと思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 6気筒 4.8L 40HP 3段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=137

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...38 次へ »