ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT 405 T16 1993 FRANCE

PEUGEOT 405 T16 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 474505 1/43  

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.41m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 220HP 
5段変速/4段自動変速 4WD
性能: 最高速240km/h  
データーベースでプジョー 405のミニカー検索

 

プジョー 405 T16 フランス 1993

 

 305の上級クラスを後継する405が1987年に登場します。(1960年代の404の実質的な後継車は504でしたから、404クラスの車が抜けていた) 205から始まったプジョーの新しい顔を持つピニンファリーナ デザインのボディはシンプルで伸びやかなデザインです。205をベースにした横置きエンジンの前輪駆動車で、当初は4ドアセダンだけで4気筒1.4L/1.6L/1.9L(122HP)エンジンが搭載されました。1988年にはワゴンのブレーク、4気筒1.8L/1.9Lのディーゼルエンジンが追加され、DOHC 4気筒1.9L(160HP)エンジンを搭載した高性能版Mi16が設定されました。

 

 1991年にはフルタイム式4WDが設定されました。1992年のマイナーチェンジで、エンジンが1.8L/2L(Mi16も2L)に変更され、DOHCにターボを追加して200HPにパワーアップし4WD化したT16が追加されました。なおパリ-ダカールラリーで優勝している405のラリー仕様T16 GRはエンジンをミドシップ配置したラリー専用車で、ボディもオリジナルとは別物の2ドアクーペになっています。1995年に後継車の406が登場しました。

 

 

 405の当時物ミニカーはなく、ラリー仕様の405 T16ばかりで、ノーマルの405は最近になってモデル化されたノレブのセダンとブレークぐらいしかありません。ミニカーを入手できないので画像はノレブのWEBサイトから流用させてもらいました。なおデーターベースに記載したブラーゴのサファリラリー仕様のT16は、実車の年式などのデータにやや疑問があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1359

   

PEUGEOT 306 CABRIOLET 1995 FRANCE

PEUGEOT 306 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430112532 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.03m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 103HP 5段変速
性能: 最高速183km/h
データーベースでプジョー 306のミニカー検索

 

プジョー 306 カブリオレ フランス 1995

 

 309(305の実質的な後継車)の後継として、306が1993年に登場しました。当初は5ドアハッチバックのみ、デザインはプジョー自身によるもので、プジョーらしいシンプルで品のあるデザインです。205と同じ横置きエンジンの前輪駆動車で、PSAグループ内のシトロエン ZXとシャーシを共有していました。当初のエンジンは4気筒1.1L(初期) /1.4L/1.6L(100HP)/1.8Lと4気筒1.9L(92HP)ディーゼルでした。

 

 4ドアセダンがすぐに追加され、1994年にピニンファリーナがデザインと生産を担当するフルオープンのカブリオレ、1995年にエステートワゴンのブレークが追加されました。4気筒2L(SOHC/DOHC(135HP))エンジンを搭載する高性能版のXSi/S16/GTIも追加されました。1997年のマイナーチェンジで、フロントの意匠が変わりました。1995年からグループAのラリーに306 マキシで参戦し、フランスラリー選手権などで活躍しています。2001年に307にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製の当時物でマイナーチェンジ前の初期型です。ミニチャンプスらしい手堅い出来映えでよく出来てます。これ以外にも3ドア/5ドアでマイナーチェンジ前後両方を作っています。ライセンスを独占していたようで、ミニチャンプス以外のミニカーが見当たりません。ただラリーカーはライセンスが別のようで、306 マキシはビテスやCM'Sがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1227

   

 

PEUGEOT 406 COUPE 1997 FRANCE

PEUGEOT 406 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430112621 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 190HP 4段自動変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでプジョー 406のミニカー検索

 

プジョー 406 クーペ フランス 1997

 

 405の後継車406が1995年に登場します。大きくなったボディはプジョー内製のデザインで上級車605と同じような顔つきのシンプルなスタイルです。シトロエンのエグザンティアとシャーシを共有化する横置きエンジンの前輪駆動車です。当初のエンジンはDOHC 4気筒1.8L/2L(135HP)、4気筒1.9L/2.1L(110HP)ディーゼルターボでした。

 

 1996年にワゴンのブレーク、1997年にクーペが追加されました。クーペはセダンとは別物のピニンファリーナによるデザインで、優雅で美しいスタイルとなっています。1997年に4気筒2Lターボ(147HP)とDOHC V型6気筒3L(194HP)エンジンが追加されています。1999年のマイナーチェンジで、フロント/リアの意匠や内装が変わり、4気筒2.2Lと4気筒2Lディーゼルエンジンが追加されました。2003年にクーペがマイナーチェンジし、フロントの意匠が変わりました。2005年に407にモデルチェンジします。

 

 

 405の当時物ミニカーはラリー仕様の405 T16ばかりで、ノーマルの405は最近になってノレブからモデル化されたセダンとブレークぐらいしかありません。→データーベースでプジョー 405のミニカー検索 画像の406 クーペはミニチャンプス製で、実車の美しいスタイルが良く再現されています。セダンとブレークをノレブが、セダンのラリー仕様をミニチャンプスがモデル化しています。クーペはソリドやウェリーもモデル化しています。なお映画「タクシー」に登場した派手な羽根がついた406のタクシーをアオシマがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1263

   

PEUGEOT 206 XT PREMIUM 1998 FRANCE

PEUGEOT 206 XT PREMIUM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 472600 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.84m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 75HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速168km/h
データーベースでプジョー 206のミニカー検索

 

プジョー 206 XT プレミアム フランス 1998

 

 205の後継車として206が1998年に登場しました。極端な吊り目ヘッドライトとそれに合わせたリアライトは社内デザインによるもので、このスタイルがその後のプジョーの特徴となりました。横置きエンジンの前輪駆動車で、当初ボディは3/5ドアハッチバックのみでした。当初のエンジンは4気筒1.1L/1.4L/1.6L、高性能版GTI(S16)用のDOHC 4気筒2L(137HP)、4気筒1.9Lディーゼルがありました。

 

 GTIをベースにして4WD化した206 WRCが開発され、プジョーは1999年からラリー選手権に参戦しました。206 WRCは2000年から3年連続で総合優勝しており、圧倒的に強かったようです。2003年には206のラリーでの活躍を記念して、GTIをさらに177HPまでチューンしたRCが設定されています。

 2001年には1.6LエンジンがDOHC化され、電動開閉式ハードトップを持つカブリオレのCC、ステーションワゴンのSWが追加されました。2006年にイラン コードロ社と共同開発したノッチバックの4ドアセダンが中東/中国/ロシア地域などで追加されました。2009年にブラジルで開発された206の改良版が206+という名前でフランスでも2012年まで販売されました。このように206は世界中で大ヒットし、プジョーのベストセラーカーとなりました。後継車の207が2006年に登場した後も、フランスでは2010年まで生産されました。(総生産は約800万台以上)

 

 

 ミニカーは2002年頃に発売されたノレブ製の当時物です。ノレブは老舗だけあって腕利きの型職人がいるようで、プロポーションから細部の仕上げまでレベルの高い非常に良い出来ばえです。(その分ノレブは高いですが) 206はノレブがモデル化のライセンスを得ていたようで、このXT(ベーシック仕様)以外にも、CC、SW、RC、WRC、206+をモデル化しています。特にCCはハードトップが実車同様に開閉する高度なギミックが付いています。(このギミックはノレブが特許を取っているようです) ノレブ以外の206のミニカーはソリドの206 CC、ホンウェルやAWMの小スケール、イクソやビテスのラリー仕様などたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT 206 XT PREMIUM 1
PEUGEOT 206 XT PREMIUM 2

 以下は2002年頃に発売されたノレブ製の206 CC(1/43 型番472623)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 206 CC 1
PEUGEOT 206 CC 2

 以下は2000年に発売されたソリド製のプジョー 20♡(ハート)(1/43 型番1559)の画像です。20♡は1998年のジュネーブモーターショーで発表された206 CCのコンセプトカーでした。206 CCはほぼこのコンセプトカーのままで市販されました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 206 CC 3
PEUGEOT 206 CC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1262

   

PEUGEOT 607 2000 FRANCE

PEUGEOT 607 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 476707 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.90m 全幅約1.843m
エンジン 変速機: V型 6気筒 3L 211HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでプジョー 607のミニカー検索

 

プジョー 607 フランス 2000

 

 605の後継車607が1999年に登場します。606は欠番となっていますが、初期トラブルで不評だった605を引き継いだのではなく、全く新しく開発したという意味で607としたようです。実際に後にシトロエン C6と共有するシャーシ(横置きエンジン前輪駆動)は新しく設計されたもので完成度は高かったようです。ボディデザインも205に始まる新しいプジョーの吊り目スタイルが採用されイメージを一新しています。ボディ形式はセダンのみで、当初のエンジンはDOHC 4気筒2.2L(163HP)、DOHC V型6気筒3L(211HP)、4気筒2.2L(136HP)コモンレール式ディーゼルでした。

 

 2004年のマイナーチェンジで前後の意匠を少し変えた後期型となり、6段自動変速機 フォード製のV型6気筒2.7L(204HP)ターボディーゼルエンジンが追加されました。ライバルのルノー ヴェルサティスシトロエン C6よりオーソドックスなデザインだったので、公用車として好まれたようです。ホイールベースを拡大した607の特別仕様車がシラク大統領専用車として使われました。607は2010年まで生産され、直接の後継車ではないですが、中型車407の後継車でもある508が後継車となりました。

 

 

 ミニカーはノレブ製です。2000年頃からのノレブの1/43は高価ですが、フランス車を作らせたらミニチャンプスよりも実車の雰囲気をうまく再現したものを作ります。(ただ大きなプラスチック台座の箱は場所をとるので困りますが) ノレブは2004年の後期型もモデル化しています。これ以外ではレジン製少量品がありますが、量産ミニカーはノレブしかないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1264

   

 

PEUGEOT 307 2002 FRANCE

PEUGEOT 307 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1569 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.21m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 110HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速190km/h  
データーベースでプジョー 307のミニカー検索

 

プジョー 307 フランス 2002

 

 306の後継車307が2001年に登場します。206と同じ吊り目ヘッドライトを採用し、206を大きくしたようなデザインです。ボディは大きくなり、306のようなスポーティな性格から居住性重視の性格に変わりました。当初は3/5ドアハッチバックだけで、エンジンはDOHC 4気筒1.6L/2L(140HP)、4気筒/2L(109HP)ディーゼルなどがありました。2002年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 2002年に5ドアワゴンのSW(3?7人乗り)とブレーク、2003年に電動開閉式ハードトップを持つ2ドアカブリオレのCCが追加されました。SWには後席上部まで開口部のあるパノラミックガラスルーフが標準装備されていました。先代にはあったセダンは中国や南米仕様だけで本国向けにはありません。2005年のマイナーチェンジで、ヘッドライトの間にあった小さなグリルがなくなり、バンパー下の開口部が大きくなりました。モータースポーツでは206 WRCの後継として、307CCをベースにした307 WRCが2004?から登場しています。2007年に後継の308にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。値段がノレブの半額程の廉価版ミニカーですが、プロポーションなどの基本的な作りは老舗だけあってしっかり出来ています。最近の量産ミニカーとしては珍しく車名ロゴなどのデカールが付属しています(貼ってませんが)。ソリドは307 WRCもモデル化しています。これ以外ではノレブが3/5ドア、SW、CCのマイナーチェンジ前後、WRC仕様など20種類ほどもモデル化しています。イクソ、オートアート、ビテスのWRC仕様もあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1363

   

PEUGEOT 308 II GT 2014 FRANCE

PEUGEOT 308 II GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 473826 1/43 mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L ターボ 205HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速235km/h  
データーベースでプジョー 308のミニカー検索

 

プジョー 308 II GT フランス 2014

 

 307の後継として308が2007年に登場します。先代の307後期型のバンパー下に大きな開口部を持つフロントをさらに発展させたようなデザインとなっています。307のシャーシを引継ぎ、ボディは少しだけ大きくなっています。当初のボディは3/5ドアハッチバック、2007年にテールを伸ばしたワゴンのSW、2009年には307 CCの後継として電動開閉式ハードトップを持つカブリオレの308 CCが追加されます。また先代同様中国向けで4ドアセダンが2011年に設定されます。エンジンはDOHC 4気筒1.4L/1.6L/と高性能版GTI用のDOHC 1.6L ターボ(205HP)、4気筒1.6L/2L ターボディーゼルなどがありました。2011年のマイナーチェンジで、フロントグリルなどの意匠が変更されました。

 

 2007年のフランクフルトモーターショーでコンセプトカー 308 RCZが発表され、その市販版がRCZとして2010年に登場します。

 2013年に2代目308 IIにモデルチェンジします。下1桁を繰上げてきた車名付与規則は、309が既に使用済みであることから以後は下1桁を8に固定することになりました。バンパー上のフロントグリルが復活して全体的に先代より大人しいデザインになりました。新開発のシャーシが採用され、ボディ形式は5ドアハッチバックと2014年に追加されたワゴンのSWです。エンジンはDOHC 3気筒1.2L、DOHC 4気筒1.6L、4気筒1.6L/2Lターボディーゼルなどがあります。

 

 

 308のミニカーは全てノレブ製で、3/5ドア/SW/CCの全タイプをモデル化しています。さらに308 RCZのミニカーもほぼノレブの独占ですが、国産のトミカもモデル化しています。→ データーベースでプジョー RCZのミニカー検索 308 IIのミニカーもノレブの独占で、3/5ドア/SWの全タイプをモデル化しています。画像はノレブのWEBサイトから拝借しました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1373

   

PEUGEOT 3008 GT 2016 FRANCE

PEUGEOT 3008 GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 473882 1/43 mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボディーゼル 178HP 
6段変速/6段自動変速
性能: 最高速207km/h  
データーベースでプジョー 3008のミニカー検索

 

プジョー 3008 GT フランス 2016

 

 プジョー初のSUVとして4007が2007年に登場します。4007は三菱のアウトランダーをベースにした共同開発車で、グループ内のシトロエン C クロッサーは姉妹車です。 ボディと4WD関係のシャーシは三菱製、サスペンション関係はPSA グループが開発し、エンジンは三菱製の4気筒2.4L(170HP)とPSA グループの4気筒2.2Lディーゼル(156HP)を搭載していました。2012年まで生産され、後継車は三菱 RVRをベースにした4008です。

 

 4008よりも小型のクロスオーバーSUVの3008 初代は2009年に登場しました。3008は308をベースにしてプジョーが独自開発しています。駆動方式は4WDではなくFFですが、オフロードや雪道に応じて駆動力を制御するトラクションコントロールシステムが搭載されています。エンジンは308と同じ4気筒1.6Lガソリンと4気筒1.6L/2Lターボディーゼルを搭載しています。2016年に2代目にモデルチェンジし、最近のSUVに共通するデザインになりました。2017年 ヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 

 ミニカーはノレブ製で、3008 2代目の高性能版 GTをモデル化しています。ミニカーを持っていないので、画像はノレブのWEBサイトから拝借しました。ボディ後半が黒くなっている独特のカラーリングが再現されているなど、写真で見る限りノレブらしい良い出来ばえのようです。ノレブは初代3008など9種類の3008をモデル化しています。4007や4008もノレブがモデル化していて、最近のフランス車のミニカーはノレブの独占状態です。ライセンスの関係で複数のミニカーメーカーによる競作がなくなって久しいですが、このような1社独占はあまり好ましくないと思います。
データーベースでプジョー 4007のミニカー検索
データーベースでプジョー 4008のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1880

   

 

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3