ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GM CHEVROLET (490?) 1918 USA

GM CHEVROLET (490?) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 62 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 2.8L 26HP 3段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースで戦前のシボレーのミニカー検索

 

GM シボレー (490?) アメリカ 1918

 

 イギリス系アメリカ人 デイヴィット ダンバー ビュイックが「ビュイック モーター」社を1903年に設立しました。ビュイック社の業績は芳しくなく、馬車製造会社を経営するウイリアム C デュラントに援助を求めました。デュラントの采配でビュイック社は業績が回復しましたが、創業者のビュイックは会社を去りました。フォード社と売上げを競うほどに成長したビュイック社を土台にして、デュラントは1908年にGM(ジェネラル モータース)社を設立しました。GM社はキャディラック、オールズモービルなどを買収して拡大していきましたが、それが財務を悪化させデュラントは1910年に経営権を剥奪されました。

 

 そこでデュラントは1911年にシボレー社を設立し、ビュイック社の技術者ルイ シボレーに低価格の大衆車を開発させました。この最初のシボレーは6気筒4.8Lエンジンを搭載していたのでクラシック シックスと呼ばれ、安価ながら高性能だったので人気車となりました。シボレーの成功でデュラントはGMの株式を買い戻し、1915年にGMの経営者として復帰しました。その後1916年にシボレーはGMの1部門となりました。1915年にシボレーはフォード T型の対向車としてモデル 490(4気筒2.8Lエンジン)を発表し、名前どおりの490ドル(T型と同じ値段)で販売しました。この車はT型より装備が充実していたのでT型の牙城を脅かし始めました。デュラントの業務拡大路線で1920年にGMの財務状況が悪化し、デュラントはその責任をとらされてGMを再び去ることになりました。なおシボレーがフォードを生産台数で追い抜いたのは1930年代前半でした。

 

 

 ミニカーは1969年頃に発売されたドイツのチィス(ZISS)製です。底板に「CHEVROLET 1918」と銘記されているのですが、モデルとなった実車が何なのか良くわかりません。年式から考えると490をモデル化しているのではないか?と思うのですが、全体的な雰囲気が違っていて、フロントグリル形状が実車画像とはかなり違うし、そこにあるはずのシボレーのエンブレムもありません。結局車種は良くわからないのですが、490ということで実車諸元を記載しました。 以下はフロント/リアの拡大画像とエンジン/コクピットの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CHEVROLET 1
CHEVROLET 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=137

   

MACK AC TANK TRUCK 1920 USA

MACK AC TANK TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YYM38044 1/60 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7m
エンジン 変速機: 4気筒 7.7L (75HP?) 3段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでマック トラックのミニカー検索

 

マック AC タンク トラック アメリカ 1920

 

 アメリカのトラック専業メーカーのマック トラック社は1902年にマック ブラザーズ社(THE MACK BROTHERS COMPANY)として起業しました。最初はバスを製造し、1907年に最初のトラックを製造しました。同社は全ての部品を自社開発して品質管理を徹底することで、信頼性と耐久性を確保していました。その為1914年に登場したAB型トラックは故障が少ないことでヒットしました。

 

 1916年に登場したAC型は、マックの名前を有名にした優れたトラックでした。AC型の最大の特徴はラジエーターをエンジンとキャビンの間に配置したことでした。この配置は当時のルノーも採用していましたが、跳ね石などによるラジエータの破損を防ぐことができました。またデフユニットをフレーム内に内蔵し後輪をチェーン駆動しています。この方式は過大な負荷がかかった時にチェーンが破損することで、それ以上の破損を防ぐことができました。当時のトラックはオフロードなど過酷な環境で使われており、故障の少ないマック トラックは頑丈であるという定評を築きました。AC型は1938年まで長く生産されました。

 

 

 1922年にマック トラック社となり、ブルドッグが同社のシンボルとなりました。1930年代になると大型のBシリーズとFシリーズ(キャブオーバー)と中型のEシリーズが主流となり、市場で高く評価されました。1938年に大型ディーゼルエンジン(6気筒8.5L)を自社開発しています。1940年にはLシリーズが登場し、1950年代までマックの代表的なトラックとなりました。

 ミニカーはマッチボックスのマニア向けYESTERYEARシリーズで、2000年頃に発売されました。AC型のTEXACO タンク トラック(タンクローリー)をモデル化しています。実車の雰囲気が良く再現されていて、黒と赤のカラーリングがきれいです。キャブ手前の金色の部分がラジエータで、後輪のチェーン駆動部分も塗装でそれらしく仕上げてあります。マッチボックスはAC型の消防車やパネル バンなど約10種類をモデル化しています。古いマック トラックはフランクリン ミントやヤトミンでもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1876

   

 

FORD TT VAN ’BECK'S’ 1926 USA

FORD TT VAN ’BECK'S’ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YGB02 1/41? 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m
エンジン 変速機: 4気筒 2895cc 20HP 2段半自動変速 オプション副変速機
性能: 最高速24km/h(オプション 35km/h)
データーベースでフォード T型のミニカー検索

 

フォード TT型 バン 'BECK'S’ アメリカ 1926

 

 T型フォードは商用車としても使われました。最初は安価な2座車の後部に荷台を取り付けた前述したランチ ワゴンのような改造車だったようです。2017年にT型をベースにしてメーカーが設計した商用車仕様のTT型が登場しました。TT型はホイールベースが60㎝ほど延長され、フレームと後輪駆動ギヤが強化されていました。当初はシャーシのみで販売され、ユーザーがバンやトラックや小型バスなどのボディをカスタムで架装していました。1924年にはフォードが架装したトラック ボディが設定されましたが、様々なボディの商用車があったようです。

 

 TT型は安価で丈夫でしたがエンジンや変速機はT型と同じでしたので、他社のトラックに比べると動力性能は劣っていました。最高速は標準で24km/hで、オプションのギヤボックスを付けても35km/hとかなり低速でした。(T型の最高速は70km/でしたが、駆動力を上げる為に後輪のデファレンシャルギヤ比が変更されていました) 1926年にはT型が約160万台生産され、TT型は約20万台生産されています。1928年にT型がAにモデルチェンジし、TT型もAA型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1993年に発売されたマッチボックス製です。ドイツのビール メーカー「Beck & Co」の配送用バンをモデル化しています。T型フォードよりホイールベースが延長されていることがわかります。マッチボックスはこの類の商用車をたくさんモデル化していますが、これらの商用車のミニカーはカラフルなボディカラーと綺麗に印刷されたメーカーのロゴなどを楽しむものです。このマッチボックスのTT型もそこはきちんと押さえて作ってありますが、室内などもそこそこリアルに作っています。同じ型を使ったバリエーションがいくつかあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD TT VAN ’BECK'S’ 1
FORD TT VAN ’BECK'S’ 2

 以下は1979年に発売されたマッチボックスのT型 バン 1912年(1/35 型番Y12)の画像です。これはTT型ではありませんが、T型の商用バン仕様です。「BIRD'S CUSTARD POWDER」とはイギリスの卵を使わないインスタント カスタードクリーム(カスタードパウダー)のブランド名です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD T VAN 1
FORD T VAN 2

 以下は1981年に発売されたマッチボックスのT型 タンクローリー 1912年(1/35 型番Y03)の画像です。これもTT型ではないですが、T型の後部にタンクを積んだイギリスの石油会社BP(BRITISH PETROLEUM)社のタンクローリです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD T TANKER  1
FORD T TANKER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=127

   

STUTZ BLACK HAWK BOATTAIL SPEEDSTER 1928 USA

STUTZ BLACK HAWK BOATTAIL SPEEDSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT RJ58M 1/24 204mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: SOHC 8気筒 4.9L 115HP 3段変速
性能: 最高速 153km/h
データーベースでスタッツのミニカー検索

 

スタッツ ブラックホーク ボートテール アメリカ 1928

 

 前述したようにスタッツ ベアキャットはレースで活躍し名声を確立しました。1919年に創業者のC.スタッツが会社を去り経営陣が変わり、1921年にベアキャットがモデルチェンジされましたがあまり売れませんでした。1924年にベアキャットは生産中止となり、1925年に直列(垂直型 バーティカルとも呼ぶ)8気筒4.7L(90HP)高性能エンジンを搭載した高級車バーティカル エイトが登場しました。バーティカル エイトのレース仕様車ブラックホークは1927年に国内のAAAストックカーレースで優勝するなど活躍しました。(実車画像→ スタッツ バーティカル エイト 1927)

 

 1928年にバーティカル エイトはエンジンを4.9L(115HP)にパワーアップしシャーシも改良されました。同年にホイールベースを短縮し軽量なボディを架装した高性能版のブラックホークが設定されました。ブラックホークは当時最速の高性能スポーツカーで、1928年のルマンで2位となっています。1931年には新開発したDOHC 8気筒5.3L(156HP)エンジンを搭載したDV32が登場しましたが、世界恐慌による不況で車両販売が回復せずスタッツは1937年に倒産しました。(実車画像→ スタッツ DV32 1932) その後スタッツの名前は1968年に復活し、1970年にGMのポンティアックをベースにしたブラックホークが登場しました。

 

 

 ミニカーは1989年に発売されたフランクリン ミント製です。軽快なボートテールボディを架装したブラックホークをモデル化しています。当時のフランクリン ミント製1/24ミニカーは現在のオートアートなどの大スケール精密ミニカーの先駆けで、シャーシ/エンジン/サスペンションなどのメカ部分が金属製パーツ主体で再現されドアやボンネットが全て可動する当時としては最も精密なミニカーでした。当時の価格は18000円と高価でしたが、リアルに再現されたフロントグリル、ワイヤースポークホイール、室内など実車の雰囲気が見事に再現され価格に見合った素晴らしい出来ばえでした。ボンネットを開くと8気筒エンジンが再現され、床下のサスペンションやドライブトレーンも再現され前輪はステアリングホイールと連動して操舵できます。これ以外のブラックホークのミニカーは同じボートテールボディのダンバリー ミントの1/24があります。 以下はフロント(前輪操舵動作)/リア(トランク開閉動作)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

STUTZ BLACK HAWK BOATTAIL SPEEDSTER 1
STUTZ BLACK HAWK BOATTAIL SPEEDSTER 2

 以下はボンネットを開いたエンジンルームとドアを開いた室内/床下部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
STUTZ BLACK HAWK BOATTAIL SPEEDSTER 3
STUTZ BLACK HAWK BOATTAIL SPEEDSTER 4

 以下は1974年に発売されたマッチボックス製のスタッツ (DV32) ベアキャット 1931 (1/44 型番Y14)の画像です。DV32の売り上げを伸ばすためにベアキャットの名前を復活させたモデルのボートテールボディをモデル化しています。DOHC 8気筒4.9L(140HP)エンジンを搭載し3段変速で最高速160km/hと高性能でした。マッチボックスのYシリーズは安価ゆえに、フロントグリル横からヘッドライトが生えているといったマッチボックス流の簡素化が行われていますが、ボートテールボディがうまく再現されていて1970年代当時のミニカーとしては結構良い出来ばえでした。ただ赤いフロントグリルやメタリックカラーのカラーリングは実車には即していませんが。。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
STUTZ BEARCAT BOATTAIL SPEEDSTER 1
STUTZ BEARCATK BOATTAIL SPEEDSTER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=345

   

FORD LINCOLN MODEL L SPORT PHAETON 1928 USA

FORD LINCOLN MODEL L SPORT PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 50 1/43 132㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.3L 90HP 3段変速
性能: 最高速112km/h
データーベースで戦前のリンカーンのミニカー検索

 

フォード リンカーン モデル L スポーツ フェートン アメリカ 1928

 

 精密機械エンジニアのヘンリー リーランドはこの当時のアメリカ製高級車(キャディラックとリンカーン)の成立に深く関わっていた人物でした。彼は1902年にキャディラック社が創立された際の技術責任者で、彼がキャディラック社の高品質な車造りを推進しました。そのキャディラック社が1909年にGM傘下となった後も、技術責任者としてキャディラックをGMの最高級車に育て上げました。しかしその後GM首脳と対立してGMを辞職し、1917年に「リンカーン モータ」社を設立しました。 

 

 最初のリンカーン モデル LはV型8気筒5.9L(90HP)エンジンを搭載した高級車で1921年に登場しました。(リンカーン 1921年式 実車画像) この車はV型8気筒エンジンを搭載したキャディラックより高性能で高品質な車として脚光を浴びましたが、デザインが良くなくてあまり売れませんでした。(リーランドはデザインには無頓着でした) その為業績不振だったリンカーン社は1923年にフォード社に買収されました。ヘンリー フォードは高級車リンカーンの買収にあまり賛成ではなかったそうですが、息子のエドセル フォードがリンカーンをフォードの最高級車に育て上げることになりました。

 

 

 モデル Lは、エドセルが有名なコーチビルダーにボディを架装させるようになり、1928年には排気量を6.3L(90HP)に拡大しました。1930年には新型のV型8気筒6.3L(125HP)エンジンを搭載したモデル Kにモデルチェンジしました。(リンカーン モデル K 実車画像) GM キャディラックは1930年には世界初のV型16気筒7.4Lエンジンを搭載したモデル 452を登場させました。この車に対抗してリンカーンも1931年にV型12気筒7.3Lエンジン(150HP)を積んだモデル KBを登場させました。この当時のリンカーンは大衆車メーカー フォード社の車ということで、高級車としてはまだキャディラックにかなわなかったようです。

 ミニカーは1974年に発売されたリオ製です。後席にもウィンドスクリーンを持つデュアルカウル フェートン(4ドア オープン)のモデル Lをモデル化しています。このデュアルカウル フェートンは当時の標準ボディの一つでした。当時のリオのクラシックカーは1970年代のミニカーとしては抜群の出来ばえでした。フロントグリル、ライト、室内、ホイールなどがリアルに再現され、ボンネット内部にはエンジン、底板部にはシャーシやサスペンションなどのメカ部分も再現されていました。このリンカーン モデル Lもそのリオの標準的な出来ばえですので、とても良く出来ています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを外したエンジンと底板部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD LINCOLN SPORT PHAETON 1
FORD LINCOLN SPORT PHAETON 2

 以下は上記のバリエーションで幌を畳んだリンカーン スポーツ フェートン (1/43 型番51)の画像です。畳んだ幌以外の違いはなく、基本的には色違いです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD LINCOLN SPORT PHAETON 3
FORD LINCOLN SPORT PHAETON 4

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミント製のリンカーン ツーリング 1927 (1/43 型番PT93)の画像です。フランクリン ミントの「The World`s Great Classic Cars」というシリーズの1つで、このシリーズは戦前の高級車を12種類モデル化していますが、いずれも良い出来ばえでした。このリンカーンも実に良い出来ばえで、ドアが開閉し、ボンネットを外すとV型8気筒エンジンが再現されています。精密に出来ていながらも、ビンテージ ミニカーの味わいを感じさせてくれるフランクリン ミントの1/43は私の好きなミニカーです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD LINCOLN TOURING 1
FORD LINCOLN SPORT TOURING 2

 以下はボンネットを取り外したエンジンルームの画像と室内の画像です (1/43 型番PT93)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD LINCOLN TOURING 3
FORD LINCOLN TOURING 4

 以下はダイヤペットのリンカーン ロードスター 1927 (1/25 型番G123)の画像です。ダイヤペット製のクラシックカーシリーズ(1/30)の1つで、1979年に3種類が発売されました。これ以外にロールス ロイス ファントム I 1927デューセンバーグ J 1930がありました。フランクリンミント製の大スケールのクラシックカーと比べると出来ばえはやや見劣りしますが、ダイヤペットとしてはかなりリアルに仕上げてあり、結構良く出来ています。なおこのシリーズは全て運転席のレバー操作でライトが点灯するというギミックもついていました。(単3電池2本を使用します) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD LINCOLN ROADSTER 1
FORD LINCOLN ROADSTER 2

 以下はヘッドライト点灯/ボンネットを外したエンジンルーム画像と室内の画像です。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD LINCOLN ROADSTER 3
FORD LINCOLN ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=212

   

 

FORD A COUPE 1928 USA

FORD A COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400082102 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 3285cc 40HP 3段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフォード A型のミニカー検索

 

フォード A型 クーペ アメリカ 1928

 

 1908年から20年間基本設計を変えずに1500万台も作られてきたT型 フォードも、パワフルなエンジンや新しい機能を次々に追加して追い上げてくるGM シボレーに対抗して、ついにモデルチェンジしました。1927年に発表されたA型はT型と共通する部品がない全くの新型で、エンジンは4気筒3285cc(40HP)にパワーアップして最高速は105km/hとなり、4輪ブレーキを採用していました。遊星ギアを用いた特殊な半自動変速機は、一般的な3段の手動変速機に変わりました。

 

 T型同様にクーペ、ロードスター、フェートン、カブリオレ、4ドアセダンなど様々なボディ形式がありました。また実用一点張りだったT型の安っぽいイメージを払拭する為、エドセル フォードの肝いりで上述した上級車リンカーンをイメージさせるようなデザインが採用されました。大恐慌前の好景気でA型は大ヒットしましたが、ライバルのシボレーも好調だったので、販売台数ではシボレーに及びませんでした。6気筒エンジン搭載のシボレーに対して、4気筒エンジン搭載のA型は販売戦略的にハンディがありました。そこで1932年にA型は改良された4気筒3.3L(50HP)エンジン搭載のB型とV型8気筒 3.6L(65HP)エンジンを搭載したモデル 18(通称V8)にモデルチェンジしました。A型の総生産台数は約480万台でした。

 

 

 ミニカーは2004年に発売されたミニチャンプス製です。フォード100周年記念12台セットの一つとして発売され、後に2009年に単体でも発売されました。洒落れたデザインの2ドア クーペをモデル化しています。ミニチャンプスらしいそつのない良い出来ばえです。T型の実用車的なデザインからセンスの良いデザインに変わってるのがミニカーでもわかります。これ以外のA型のミニカーは、マッチボックスのクーペと商用バン、フランクリン ミントの2ドア セダン 1/24、ブッシュの商用車 AA型 1/87などがあります。A型の後継車であるV8のミニカーは結構あるのですが、商用車以外のA型のミニカーは少ないです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD A COUPE 1
FORD A COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=213

   

CORD L29 CABRIORET 1929 USA

CORD L29 CABRIORET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 80 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 8気筒 4934cc 125HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでオーバン/コード/デューセンバーグのミニカー検索

 

コード L29 カブリオレ アメリカ 1929

 

 インディアナ州オーバンの馬車製造会社が1900年にオーバーン自動車を設立し自動車製造を始めました。同社は地元の自動車メーカーを買収するなどして1910年代には6気筒エンジン搭載車を販売しており、ある程度成功していました。しかし第一次大戦の物資不足の影響で工場が閉鎖されました。この会社の再建を托されたのが自動車ディーラーの優秀な販売員だったエレット ローバン コード(Errett Lobban Cord)でした。彼は在庫を一掃するなどして再建に成功し1926年に経営権を得ました。彼はその後の3年間でオーバン、コード、デューセンバーグの3つの自動車メーカーと航空機会社などを傘下に持つ一大企業連合体「コード帝国」を作り上げました。(並みの人物ではないすごい人だったようです)

 

 彼は自身の名前を冠したコード社を1929年に設立し、最初の車としてコード L29を発表しました。L29は量産車としてはアメリカ初の前輪駆動車で、ライカミング社製直列8気筒4.9L(125HP)エンジンを搭載していました。L29は前輪駆動方式だけではなくボディデザインも斬新でしたが、これは「変わった車は売れる車」という持論を持つコード氏の意向だったようです。L29はセダン、フェートン、カブリオレ(クーペ)があり当時の同クラスの高級車と同等レベルの販売価格だったそうです。ただしエンジンのパワー不足で性能が芳しくなく、1929年に始まった世界恐慌のせいもあってあまり売れませんでした。1932年までに約4400台が生産されました。1935年にはコード車では一番有名な810/812が登場しました。

 

 

 ミニカーは1979年に発売されたソリド製です。L29の2ドアカブリオレ(クーペ)をモデル化しています。1970年代のソリドのクラシックカーはシャープな造形で当時一級品の出来ばえでした。このL29もドライブシャフトがない前輪駆動の為全体的に低い車体や独特の形状のバンパーなど実車の雰囲気がうまく再現され良く出来ていました。ソリドは型番55でセダンもモデル化しています。これ以外のコード L29のミニカーはフランクリン ミントの1/43、ダンバリー ミントの1/16、マトリックス(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CORD L29 COUPE 1
CORD L29 COUPE 2

 以下は1977年に発売された同じソリド製のコード L29 セダン (1/43 型番55)の画像です。こちらは上記カブリオレよりも先に発売されたものですが、4ドアセダンをモデル化しています。キャビン部分以外は上記と同じです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD L29 SEDAN 1
CORD L29 SEDAN 2

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミント製のコード L29 カブリオレ (1/43 型番PR74)の画像です。1920-1930年代の高級車を1/43でモデル化したフランクリン ミントの「World`s Great Classic Cars」シリーズの1台で、L29のカブリオレをモデル化しています。フランクリン ミント製のミニカーは金属製パーツの多い少しレトロな作風ですが、白/赤の綺麗なカラーリングで実車の雰囲気がうまく再現されています。ボンネット/ドア/ランブルシート(折畳補助席)の開閉ギミック付で、エンジンもリアルに再現されているなど凝ったつくりになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD L29 CABRIOLET 3
CORD L29 CABRIOLET 4

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/ランブルシートの動作画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD L29 CABRIOLET 5
CORD L29 CABRIOLET 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=215

   

PACKARD SINGLE EIGHT ROADSTER 1930 USA

PACKARD SINGLE EIGHT ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32115 1/32 146mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m
エンジン 変速機: 8気筒 6.3L 106HP 4段変速
性能: 
データーベースでパッカードのミニカー検索

 

パッカード シングル エイト ロードスター アメリカ 1930

 

 前述したようにパッカードは量産車として初めてV型12気筒6.9L(88HP)エンジンを搭載した高級車ツイン シックスを1915年に発表しました。この車は世界初の12気筒エンジンなどの技術/品質の高さでライバル車を圧倒し、富豪や著名人に愛用され大成功をおさめました。顧客にはロシア皇帝のニコライ II世や有名なギャング王 アル カポネなどがいました。ツイン シックスは1922年まで生産され、総生産台数は約3万台でした。当時のパッカードはキャディラック、ロールス ロイス、デイムラー、メルセデス ベンツなどと並ぶ高級車メーカーで、「Ask the Man Who Owns One.(その価値は持ち主に訊け)」というキャッチコピーを広告に使い、自社の高品質をアピールしていました。

 

 パッカードは航空用エンジンの生産でも有名で、第一次大戦中はV型12気筒航空機エンジンを量産しました。第一次大戦後の1924年に8気筒5.9L(84HP)エンジンを搭載するシングル エイトを発表し、この車はツイン シックスの後継車として成功し、生産台数でキャディラックを追い抜きアメリカの高級車No.1の地位をかためました。1930年代になると、世界大恐慌によって高級車が売れなくなりました。そこでパッカードは1935年に8気筒エンジン搭載の中級車120を発売、1937年には6気筒エンジン搭載の110/115を発売しました。それらの車は一時的にパッカードの業績を上げましたが、パッカードのブランドイメージを下げることになりました。

 

 

 ミニカーはシグネチュアー製(クラシックカーがメイン)で、2000年頃に発売されました。シングル エイト系のロードスターを少し大きめの1/32でモデル化しています。この1/32のシリーズは定価が約3500円ほどの比較的安価なミニカーでしたが、マニア向けの本格的な出来ばえに仕上げてありました。このシングル エイトもパッカード独特の上部の角に段の付いたフロントグリルとその上のマスコットがきちんと再現され、ボンネットが開閉できエンジンも再現されています。(ただホイールのスポークなどの細かいところはあまりリアルではありませんが) シングル エイト系のミニカーは、NEOなどのレジン製があります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。パッカードのマスコットは、差し出した両手で車輪を掲げている女神の姿で「Goddess of Speed(スピードの女神)」と呼ばれていますが、このマスコットがかなりリアルにできています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PACKARD SINGLE EIGHT 1
PACKARD SINGLE EIGHT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=309

   

 

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 1930 USA

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA VOITURES CLASSIQUES 12 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでキャディラック 戦前のミニカー検索

 

GM キャディラック 452 V16 インペリアル セダン アメリカ 1930

 

 1930年に登場したV型16気筒エンジンを搭載したキャディラック 452は初年度に約3000台が生産されました。コーチビルダーのフリートウッドがリムジーンやコンバーチブルなどのボディを架装し、価格は最低でも5000ドル(現在の2000万円ぐらい)と非常に高価でした。1929年に世界大恐慌が起こりアメリカは不況の真っ只中でしたので、452のような高級車を購入できたのはごく限られた富裕層だけでした。その中には有名なシカゴのギャング 'アル カポネ'が特注した防弾仕様車もありました。この車はカポネが1931年に収監された後は、アメリカ政府に接収されたとのことです。

 

 452 V16は初年度に購入できる人のほとんどが購入してしまったので、翌年はほんの300台ほどしか売れませんでした。また当時のライバルであったパッカードピアース アローフォード リンカーン コンチネンタルが次々とV型12気筒エンジン搭載車を登場させたことも影響して、452 V16の販売は低調になっていきました。452 V16は1940年まで生産されましたが、総生産台数は約43000台ほどでした。なおその後V型16気筒エンジンを搭載したキャディラック 量産車はありません。

 

 

 ミニカーはミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズのNO.12で製造はALTAYA イクソです。フロントグリル中央のV16のエンブレムや女神のマスコットなどよく出来ていますが、1/43よりやや小ぶりに仕上がっています。イクソではほぼ同じものがMUS012として発売され、それはアル カポネの車とされています。ただ実車と見比べるとフロントの灯火類などが違っていますので、アル カポネの車と同じ車種といった程度のものです。

 なおアル カポネの専用車はフランクリンミントの1/24でモデル化されています。このミニカー→WEB掲載ページは後部ドアガラスに開けられた丸い穴(銃眼)などが実車に忠実に再現してあり、アル カポネが愛用していた白い帽子やマシンガンまで付属しているといった凝ったものでした。 以下はALTAYA イクソの452 V16のフロント/リアの拡大画像とフロントグリル/室内の画像です。フロントグリル中央に付いている赤いVのエンブレムがV型16気筒搭載車の証です。またその上に付いているマスコットは女神像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 1
GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1125

   

DUESENBERG J DUAL COWL PHAETON Gary Cooper 1930 USA

DUESENBERG J DUAL COWL PHAETON Gary Cooper 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT KD09 1/24 233mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索

 

デューセンバーグ J デュアル カウル フェートン ゲイリー クーパー アメリカ 1930

 

 ドイツから移民してきたデューセンバーグ兄弟が、レーシングカーを作る目的で1914年に設立したのがデューセンバーグ社でした。当初は航空機用エンジンを製造し、ブガッティの航空機用エンジンの国産化を行いました。1920年に8気筒4.3Lエンジンを搭載し世界初の油圧ブレーキを備えた、自社初の市販車モデル Aを発売しました。デューセンバーグのレースカーは1923年のフランスGPでアメリカ車として初めてのGP優勝、1924年と1925年のインディで優勝などレースで大活躍しています。ただモデル Aは高価すぎて売れず、ビンテージ期で述べたエレット ローバン コードが経営する「コード帝国」に1926年に買収されました。

 

 コード傘下で1928年に発表されたモデル Jはデューセンバーグを一躍有名にしました。モデル Jはアメリカ最大、最速、最高品質を目指して開発され、値段も当時最高の超豪華車でした。サイズは全長約5.6m(リムジーン)、性能は当時レーシングカーしか採用していなかったDOHC方式8気筒6.9L(265HP)エンジンを搭載し最高速180km/h、コーチビルダーが特注ボディを架装して販売され、その価格は大衆車T型フォードの約40倍でした。この車を買えたのは当時のハリウッドの大スターや王侯貴族だけでした。

 

 

 ボディは有名なコーチビルダーが担当し華麗なデザインのボディが架装されました。ボディ形式としては4ドアセダン、2ドアクーペ、スパイダー、フェートン(4座オープン)、デュアル カウル フェートン(前席/後席にスクリーンが付いた4座オープン)などがありました。最も高価なモデルは当時の価格が2万ドルであったことから「トゥエンティ グランド」と呼ばれていました。

 ミニカーはフランクリン ミント製の1/24で、1987年に購入しました。当時フランクリン ミントのミニカーは国内では同社の通信販売でしか購入できませんでした。映画俳優ゲイリー クーパーが購入した黄/薄緑のツートンカラーのデュアル カウル フェートン(コーチビルダーのダーハム(DERHAM)社が架装)をモデル化しています。フランクリン ミントは現在のオートアートなどの大スケールミニカーの先駆けで、シャーシ/エンジン/サスペンションなどのメカ部分が金属製パーツ主体で再現されドアやボンネットが全て可動する、当時としては最も精密なミニカーでした。当時の価格は18000円と安いものではなかったですが、その価格に見合った素晴らしい出来ばえでした。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部分の画像です。エンジンはかなりリアルに再現されています。手前にハンドルに直結されたステアリングシャフトが見えますが、このシャフトは先端についたギヤで実際に前輪を操舵します。(実車と同じ構造ではないですが)(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 1
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 2

 以下はキャビン部分/車体下のシャーシ部分の画像です。実車の後席用スクリーンはその下にある丸いハンドルで上下させることができました。シャーシ構造もそこそこリアルに再現しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 3
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 4

 以下はソリドのデュアル カウル フェートン(型番CS2)の画像です。前述したソリドのセダンのバリエーションで、ソリドのファンクラブ限定品として1988年に発売されました。キャビン部分がデュアル カウル フェートンに変更されリアに荷物棚が追加されています。ボンネットは取り外せないように変更されたので、エンジンは再現していません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 5
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 6

 以下はフロント/リアの拡大画像とデュアル カウル フェートン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 7
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 8

 以下は1979年に発売されたダイヤペットのデュアル カウル フェートン(型番G124)の画像です。ダイヤペットのクラシックカーのシリーズで1/27と中途半端なサイズですが、当時のダイヤペットとしては意欲的なミニカーでした。サイズが大きいので少し凝ったギミックが付いています。まずはドア開閉とリアカウルを上げる操作のギミックです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 9
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 10

 以下はボンネットを外した状態のエンジンとライト点灯ギミックの画像です。単3電池2本を内蔵し運転席のレバー操作でライトが点灯します。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 11
DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 12

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=323

   

 

  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...20 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.