ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SIMPLEX 50HP 1912 USA

SIMPLEX 50HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y09 1/48 93mm

 

シンプレックス 50HP アメリカ 1912

 

 ニューヨークで輸入車代理店を行っていた義理の兄弟スミスとマブレーが1904年に自動車会社を設立し4気筒エンジンの車を発売します。その後この会社が倒産しそれ買い取ったハーマン ブレーセルが1907年にシンプレックス オートモービル カンパニーを設立します。シンプレックスで有名なモデルは50HPで4気筒10Lエンジンの大型車でアメリカの国内レースでも活躍したそうです。ただ販売は低調でその後別の会社と合併しクレイン シンプレックスと改名しましたが、結局1917年にその名前も消えます。

 

 ミニカーはマッチボックス製です。シンプレックスのミニカーはこれしかないので、出来は甘いですが車種的に貴重です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 10L 50HP 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=135

   

CHRISTIE FRONT DRIVE STEAMER 1912 USA

CHRISTIE FRONT DRIVE STEAMER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DEL PRADO 03 1/43 125mm

 

クリスティ 前輪駆動 蒸気ポンプ 消防車 アメリカ 1912

 

 これも同時期の消防車で発明家J.ウォルター クリスティが考案したもの 彼は馬車から自動車への転換に寄与した人物です。この車の後部についている銀色の筒は蒸気ボイラーでこれで放水用のポンプを駆動し、車両前部のガソリン エンジンで前輪を駆動し走行します。

 

 これも上記と同じ「世界の消防車コレクション」ですが、あまりぱっとしない自動車コレクションに対してこのシリーズのクラシックモデルは面白い車種があり非常に良く出来ている上にお値打ちな値段でした。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 4気筒 4.5L 60HP 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=139

   

 

CADILLAC 1913 USA

CADILLAC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y06 1/48 85mm

 

キャディラック アメリカ 1913

 

 材木商のウイリアム H マーフィーが1902年にデトロイトに設立したキャディラック社は高い製作技術を誇っていました。(「キャディラック」とはデトロイトの町をひらいた人の名前) 1908年には3台の車を分解し部品をバラバラに混ぜあわせてから組立て走行させることで部品の互換性を実証する試験を行い有名になりました。この車は4気筒エンジンを積む最後のキャディラックで、電気式スタータとライトが標準装備となっていました。

 

 ミニカーはマッチボックス製です。ライトがフロントグリルから生えているなど細部が簡略化されていたり、実車にはないメタリックカラーなど本格的なクラシックカーとしては物足りませんが、車種的には貴重なモデルです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 5994cc 48HP 
性能: 最高速95km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=129

   

STUTZ BEARCAT 1913 USA

STUTZ BEARCAT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RENWAL  1/43 93㎜

 

スタッツ ベアキャット アメリカ 1913

 

 ハリー C スタッツが1911年に製作したスタッツ一号車はその年のインディ500に出走し11位、翌年のインディ500でも4、6位となるなど活躍し、1913年にスタッツ社が設立されました。またスタッツのレーシングチームは1915、16年にもインディなどのアメリカのレースで大活躍し、高い評価を確立しました。

 

 ミニカーは最も人気のあったスポーツタイプの車で、実はライバルのマーサー レースアバウトをそっくり真似た車でした。実際に両車はとてもよく似ていてどちらもミニカーが有りますが、ここではできの良いスタッツの方を紹介しました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 6436cc 50HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=132

   

 

FORD T SEDAN 1915 USA

FORD T SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 9012 1/43 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2895cc 20HP 2段半自動変速
性能: 最高速70km/h
データーベースでフォード T型のミニカー検索

 

フォード T型 セダン アメリカ 1915

 

 T型フォードは1908年に発売され、基本的なモデルチェンジなしで1927年まで生産され、総生産台数は約1500万台でした。この記録を凌ぐのはフォルクスワーゲン ビートルのみで、総生産台数は約2100万台でした。ただし生産期間は1941年から2003年までとT型フォードより長期間でした。

 1920年代頃には世界中で生産される自動車の半分はT型フォードでした。発売当初の生産台数は年間1万台ほどでしたが、1913年には年間10万台を超え、1922年には100万台を超えました。レールで移動させる台車に車体を載せて作業する流れ作業方式は1912年頃に始まりました。(エンジン単体などもベルトコンベアによる流れ作業で生産されました) これにより1台を完成させるのに必要な時間が初期の12時間から1.5時間に短縮されました。

 

 一台当たりの作業時間が減り生産台数が飛躍的に増えることで、T型フォードの価格は低下していきました。標準的なセダンは発売当初850ドルでしたが、1925年には290ドルまで低下しました。この290ドルは現在の価格に換算すると、約100~150万円ぐらいになるようです。ちなみにフォードの生産工場での作業者の日給は5ドルで、これは年収1000ドル以上となり、当時はかなりの高給だったようです。(ただし単純作業の連続できつい職場だったそうです)

 

 

 T型フォードのミニカーはたくさんあります。ここでは1960年代のイギリスの老舗ミニカーブランドであったコーギーとディンキーの物をまとめてみました。コーギーのT型フォードは1964年に発売されました。コーギーの型番9000番台はクラシックス シリーズと呼ばれ、種類は少ないですが、マニア向けの本格的なクラシックカーをモデル化していました。これもそのひとつで1915年式T型セダンのモデル化です。ラジエータグリル形状や運転席部分へ繋がるボンネット後部形状などがきちんとその年式どおりに再現され、クラシックカーのミニカーとしてかなり良い出来ばえです。さらにいかにもそれらしい服装をしたフィギュアを乗せているのは、コーギーらしい遊び心が感じられます。バリエーションとして実車とおなじ黒一色のものと幌を立てた状態のものがありました。 以下はフロント/リアの拡大画像とフィギュアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD T 1
FORD T 2

 以下は同じ型を使ったバリエーションでT型 幌閉(1/43 型番9011)とT型 幌開(1/43 型番9013)の画像です。型番9011には本来は型番9012と同じフィギュアが付いているのですが、欠品しています。型番9013にはフィギュアは付いていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD T 3
FORD T 4

 以下は1964年に発売されたディンキーのT型 ロードスター(1/43 型番475)の画像です。クラシックカーのミニカーとしてはやや大ざっぱなつくりですが、ボディカラーを明るくし当時の服装をしたフィギュアを追加する事で楽しいミニカーに仕立てています。現在と違って1960年代にミニカーを買っていたのはほとんどが子供(大人もいましたが)でしたので、T型のような地味なクラシックカーのミニカーは買ってもらうためにこんな具合に工夫していました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD T ROADSTER 1
FORD T ROADSTER 2

 以下はフロント/リアの拡大画像とフィギュアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD T ROADSTER 3
FORD T ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=123

   

CHEVROLET 1916 USA

CHEVROLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 62 1/43 98㎜

 

シボレー アメリカ 1916

 

 GM創設者だったウィリアム デュラントがビュイック社の技術者ルイ シボレーに開発させた6気筒4.8Lエンジン車が最初のシボレーでした。1911年にシボレー社が設立されクラシック シックスと呼ばれたこの車が発売されました。シボレーはその後シボレー社を離れ1918年にシボレーはGMの1部門となりデュラントがGMに復活します。

 

 1915年にシボレーはT型フォードの対向車としてモデル490(4気筒2.8L)を発表しますが、T型の1割程度しか売れずデュラントはその責任をとらされてGMを再び去ることになりました。ミニカーはドイツのZISS製です。モデルとなった車がはっきりしないのですが、クラシック シックスのヨーロッパ仕様をモデル化しているのではないかと思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 6気筒 4.8L 40HP 3段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=137

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...37 次へ »