ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CHRYSLER (SIMCA) 180 1970 FRANCE

CHRYSLER (SIMCA) 180 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1409 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 97HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速168km/h
データーベースでクライスラー (シムカ) 180のミニカー検索

 

クライスラー (シムカ) 180 フランス 1970

 

 クライスラー傘下となったシムカは1970年からクライスラーフランスと改名されました。クライスラー傘下で最初に開発されたこの車は、クライスラー160/180として1970年に登場しました。4気筒1.6L(80HP)、1.8L(97HP)エンジンを搭載した後輪駆動の中型車で、最高速168km/h(1.8L)の性能でした。

 

 ボディはクライスラーUK(イギリス)のデザインなのでイギリス車的な雰囲気で、およそフランス車とは思えない車です。1973年にはフランス車としては珍しくオートマチック変速機が標準装備された2L(110HP)エンジンが追加され、1980年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキーが倒産する直前の最後のモデルです。あまりプラスチックのパーツを使わず、プロポーション重視のモデル化をするディンキー(仏)の良さが凝縮された素晴らしい出来映えです。実車はあまり魅力が無いのですが、このミニカーは一見の価値があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=637

   

CHRYSLER SIMCA 1308GT 1975 FRANCE

CHRYSLER SIMCA 1308GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 39 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 85HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでクライスラー シムカ 1308のミニカー検索

 

クライスラー シムカ 1308GT フランス 1975

 

 1300、1500の後継車として1307/1308/1309が1975年に登場しました。クライスラー欧州が開発した最初の車で、1100と同じ横置きエンジンの前輪駆動方式を採用し、1307は1.3L、1308は1.4L(85HP)、1309は1.6Lエンジンでした。180と違ってデザイン的にはフランス車的なハッチバックスタイルで、イギリスではクライスラー アルパインという名前で販売されました。時流に乗ったデザインで1976年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しており、クライスラーの欧州戦略車としてそこそこのヒットとなりました。

 

 米国クライスラーの経営危機でクライスラー欧州は1978年にプジョー/シトロエン傘下に身売りされ、ブランド名がタルボ(英語ではタルボット)に変わりました。1307/1308/1309は1979年にフロントがスラントノーズにマイナーチェンジされますが、その際にタルボ1510と名前を変え、1986年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、1308の最上級車1308GTをモデル化しています。ソリドのシャープな造形がこの車のデザインによくマッチしています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=638

   

 

TALBOT HORIZON 1977 FRANCE

TALBOT HORIZON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 76 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 59HP 4段変速
性能: 最高速152km/h
データーベースでタルボ オリゾンのミニカー検索

 

タルボ オリゾン フランス 1977

 

  1100の後継車としてオリゾンは1977年に登場しました。デビュー当初はシムカでしたが、すぐにプジョー傘下のタルボに名前が変わりました。1.1L(59HP)、1.3L(69HP)エンジンを横置する前輪駆動車で、欧州と米国のクライスラーが共同開発し、米国でも1.6-2.2Lエンジンを搭載してダッジ オムニ(omni)、プリムス ホライゾン(horizon)として販売されました。

 

 5ドアハッチバックのボディはフォルクスワーゲン ゴルフによく似ていていますが、このスタイルは当時流行りでした。オリゾンには1.5Lエンジンやプジョー製の1.9Lディーゼルエンジンなどが追加され、1985年まで生産されました。 シムカはクライスラーからタルボと名前が変わりましたが、結局1980年代半ばに消滅しました。

 

 

 ミニカーはこれもソリドの当時物で、地味な車なのでこれとメーベトイの物ぐらいしかありませんでした。マツダの大ヒット車FFファミリアにも何となく似てます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=639

   

TALBOT LAGO T14 LS 4.5L 1956 FRANCE

TALBOT LAGO T14 LS 4.5L 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO ALTAYA Nos ch?res voitures d'antan 55 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4.5L 150HP 4段変速
性能: 最高速200km/h (2.5Lエンジン)
データーベースでタルボ ラーゴのミニカー検索

 

タルボ ラーゴ T14 LS 4.5L フランス 1956

 

 タルボは元々イギリスとフランスに工場があった大衆車メーカーでした。タルボはサンビーム、ダラックと合併し1919年にSTDグループを形成します。STDグループは財政難から1935年にイギリスのルーツグループに吸収され消滅しました。STDグループのフランス工場はアンソニー ラーゴに買収され、こちらはタルボ車の販売を続け第2次大戦後はタルボ ラーゴという名前になり、高級スポーツカーを1960年まで生産していました。

 

 1946年に新開発のDOHC 6気筒4.5L(170HP)エンジンを搭載した大型車T26 レコードが登場、翌年にはボディを小型化した高性能版T26 グラン スポール(GS)が登場しました。これらは戦前のドラージュ/ドライエのようなコーチビルダーがボディを架装する高級車でした。T26のレース仕様T26Cは1949年ベルギーGP優勝、1950年ルマン優勝などで活躍し、タルボ ラーゴの名声を高めました。 1955年に新開発のDOHC 4気筒2.5L(120HP)エンジンを搭載した2シータークーペ T14 LSが登場しましたが、この車はほとんど売れずタルボ ラーゴの最後のモデルとなりました。タルボ ラーゴ ブランドは1959年にシムカに売却されました。

 

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「Nos cheres voitures d'antan」(英訳:Our dear Cars of Yesteryear)シリーズ(Vo.55)の物でメーカーはイクソです。イクソの別ブランドWHITE BOXでは2014年に発売されてます。ミニカーの名前に4.5Lが付いているので、T26の4.5Lエンジンを搭載したT14 LSをモデル化しているのでしょう。ミニカーの出来ばえは、雑誌付きミニカーの標準的なレベルです。フランス車らしいブルーのボディに黄色いライトで、実車の雰囲気が良く再現されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1701

   

 

TALBOT LAGO T26C F1 1948 FRANCE

TALBOT LAGO T26C F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R074 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 6気筒 4.5L 260HP 4段変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでタルボ ラーゴのミニカー検索

 

タルボ ラーゴ T26C F1 フランス 1948

 

 戦前1920年代のSTDグループ(サンビーム、タルボ、ダラック)は、速度記録やGPレースに挑戦していました。速度記録車ではサンビーム 1000HP(1927年 327.97 km/h)、レースカーでは1926年のタルボ ダラック 1500などが代表的なマシンでした。1935年にタルボ ラーゴとなってからも、T150などでレースで活躍しています。

 

 戦後タルボ ラーゴは戦前に開発していたT26でレースに復活します。1948年にT26を改良したT26Cが登場します。当時はスーパーチャージャーで過給したアルファ ロメオ 158マセラティ 4CLTが強かったのですが、タルボ ラーゴは1949年のベルギーGPとフランスGPで優勝するなど活躍しています。1950年に始まったF1選手権でも1951年まで参戦し、マイナーなレースでは優勝しています。またT26Cの2座仕様のT26 GSが1950年ルマンで総合優勝(ドライバー ロジェ親子)しています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1982年頃に発売されました。1948年式でとくにどのレースのモデルというわけではないようです。(ブルム初期のモデルには考証がアバウトなものがあります) 後に作られた型番R113のT26Cは1951年ドイツGPの出場車(ドライバー J.クレス)をモデル化しています。それ以外のT26Cのミニカーでは老舗ディンキーの当時物があります。また1950年ルマン優勝車のT26 GSをイクソやスパークがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1752

   

CHRYSLER (SIMCA) SHAKE BUGGY BERTONE 1970 FRANCE

CHRYSLER (SIMCA) SHAKE BUGGY BERTONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 189 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 85HP 4段変速
性能: 最高速179km/h
データーベースでバギーのミニカー検索

 

クライスラー (シムカ) シェイク バギー ベルトーネ フランス 1970

 

 クライスラー シェイク バギーは1970年のパリ サロンで公開されたコンセプトカーです。デザインはベルトーネでリアエンジンのシムカ 1200Sをベースにしています。ロールバーに取り付けれらたヘッドライトは1969年に発表されたアウトビアンキ ランナバウトのアイデアを踏襲していますが、こちらは当時流行していたデューンバギーのようなダイナミックなデザインとなっています。この車は市販化されませんでしたが、フロントバンパー、露出したリアエンジン部のリヤバンパー、シート背後のスペアタイヤなど実用性や安全性がかなり考慮されたデザインになっています。  

 

 当時のシムカは1963年にクライスラー傘下となっていましたので、この車の名前はクライスラーとなっています。ベースとなったシムカ 1200Sは、シムカ 1000 クーペの排気量を拡大したものでした。シムカ 1000 クーペ(1961年)もベルトーネがデザインしたもので、その関係でベルトーネにこのバギーのデザインが依頼されたようです。なお名前のSHAKEとは振動の意で、ビーチ バギーの動きを意味しているようです。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドらしいシャープな造形で、実車と同じリアルな不整地用タイヤなど良く出来ています。あまり知られていない車だったので、当時の日本ではミニカーとして人気がなかったようです。ただ欧米ではこの手のバギーは結構人気があったようで、コーギーも当時物ミニカーを出しています。最近のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1817

   

 

ページ  « 前へ 1...16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26   次へ »