自動車歴史 時代/自動車メーカー別 戦後期 アメリカ パッカード ページ 1

ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PACKARD CARIBBEAN CONVERTIBLE 1953 USA

PACKARD CARIBBEAN CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT KE19 1/43 133mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.55m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 8気筒 5.4L 180HP 3段手動変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでパッカードのミニカー検索

 

パッカード カリビアン コンバーチブル アメリカ 1953

 

 太平洋戦争中のパッカードはロールス ロイスの航空機エンジンをライセンス生産しました。戦後は1946年から戦前のクリッパー(6/8気筒エンジン搭載)の改良版の生産が始まりました。1948年にマイナーチェンジしたクリッパーは、新型を強調する為にクリッパーの名前を外しました。パッカードは1951年に戦後初の新型車200/250/300シリーズとその上級車パトリシアン 400を発売しました。この新型車はフェンダーがボディと一体化した戦後型のフラッシュサーフェスボディを採用していました。ただこの戦後型の発売は、BIG3(GM、フォード、クライスラー)に対して遅れをとっていました。

 

 200は当時のパッカードでは一番安価なモデルで、8気筒4.7L(135HP)エンジンを搭載していました。250/300/400は8気筒5.4L(150HP)エンジンを搭載していました。200/250/300シリーズは1953年から名前がクリッパー、メイフェア、キャバリアに変わりました。 画像のカリビアンは1953年に登場した2ドア コンバーチブルの高級パーソナルカーでした。(1956年にハードトップ仕様追加) 直列8気筒5.4L(180HP)エンジンを搭載したスポーティなモデルで高価格でした。ただ同時期のリンカーンやキャディラックに比べるとやや平凡なデザインで、いまひとつ魅力に乏しいように思います。

 

 

 ミニカーはフランクリン ミントの1950年代のアメリカ車をモデル化した1950年代シリーズの1台で、1989年頃発売されました。実車が全長5.5mもあるでかい車なので、ミニカーも大きなサイズで迫力があります。ドア/ボンネットが開閉し、室内やエンジンが再現されています。ヘッドライトをメッキパーツで表現するなどややレトロな作風ですが、個人的には昔のアメリカ車の雰囲気に合っていると思うので気に入っています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PACKARD CARIBBEAN 1
PACKARD CARIBBEAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=457

   

PACKARD CARIBBEAN CONVERTIBLE 1955 USA

PACKARD CARIBBEAN CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32346 1/32 162mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.52m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.8L 275HP 2段自動変速
性能: 最高速179km/h
データーベースでパッカードのミニカー検索

 

パッカード カリビアン コンバーチブル アメリカ 1955

 

 1950年代になると、次々と新型車を登場させて幅広い車種展開をするBIG3(GM、フォード、クライスラー)の資本力にパッカードは対抗できず次第に凋落していきました。1953年にはパッカードのボディ製造をおこなっていた関連会社がクライスラーに買収され、パッカードは自社でボディを製造することになりました。しかしあわてて作った生産ラインで不慣れな工員が作業したので、品質が低下し不具合が多発しました。この問題は徐々に改善されましたが、パッカードに対する信頼は大きく損なわれました。

 

 1950年代には大衆車のGM シボレーやクライスラー プリムスがV型8気筒エンジンを搭載するようになり、パッカードも遅ればせながら新型V型8気筒6.1Lエンジン(310HP)を1954年に投入しました。しかしこの新型エンジンはあまり評判が良くなかったそうで、販売不振を改善出来ませんでした。そこで1954年に同じように落ち目になっていたスチュードベーカーと合併しました。結局落ち目どうしの合併では再起することはできず、パッカードの名前は1962年に消えました。

 

 

 ミニカーはヤトミンのシグネチャー クラシックカーシリーズで、2008年頃に購入しました。パッカード最後の最上級車であったカリビアン 1955年式をモデル化しています。このシリーズは1/32と中途半端なスケールですが、そのサイズを生かしてドア/ボンネット開閉などのギミック付きで室内やエンジンもそこそこ再現してあります。このカリビアンもプロポーションが良く、実車に即したカラーリングで室内などもそこそこきちんと作ってあります。これ以外のカリビアンのミニカーは、ヤトミンの1/18、フランクリン ミントの1/43と1/24などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/トランクを開いた画像とボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PACKARD CARIBBEAN 1
PACKARD CARIBBEAN 2

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミント製の1/43 カリビアン コンバーチブル 1955年(型番UX55)の画像です。こちらもかなり良い出来ばえで、シグネチャーのカリビアンと同じカラーリングとなっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PACKARD CARIBBEAN 3
PACKARD CARIBBEAN 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=458

   

 

 

ページ 1