ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SAURER 3CT1D (C TYPE) BUS ’BVB’ 1950 SWISS

SAURER 3CT1D (C TYPE)  BUS ’BVB’ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 221 1/50 154㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7.5m 全幅約2.4m
エンジン 変速機: 6気筒 8.7L ディーゼル 130HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでザウラーのミニカー検索

 

ザウラー 3CT1D (C タイプ) バス ’BVB’ スイス 1950

 

 スイスのアドルフ ザウラー社は1853年に設立された歴史のある会社で、最初は織機を生産していました。1897年には自社製の単気筒エンジンを搭載した乗用車を開発し販売しています。1903年からトラックなどの商用車の製造をはじめそれらの評判が良かったので、1910年代にはトラックとバスの製造に特化するようになりました。第1次世界大戦中は航空機のエンジンも製造していました。

 1927年にメルセデス ベンツが世界初のディーゼルエンジンを搭載したトラックを発売しました。ザウラーは当時同エンジンの有効な特許を取得しており、その後も1980年代までディーゼルエンジンに関して豊富な実績を持つ会社でした。1928年に同業のスイスのベルナ(BERNA)社と提携し、ザウラーとベルナの商用車はヨーロッパ中で広く使われるようになりました。

 

 第2次戦後もザウラーの商用車は好調で、船舶や鉄道用のディーゼルエンジンの製造にも進出しました。戦前から始めたトロリーバスの製造も主要な事業となっていました。また1950年代にイタリアの商用車メーカーのOMとライセンス契約し、OMの小型/中型商用車をスイス国内で販売しました。ザウラーは1980年代に販売不振となり、同業のスイスのFBW社と1982年に合併しNAW社と改名しました。そのNAW社は現在はダイムラー ベンツ傘下のようです。

 

 

 ミニカーはビテス製でビテスとしては初期の物で、1985年頃に発売されました。スイスのバーゼル市で使われた路線バスBVB仕様(21人?乗り小型バス)をモデル化しています。(BVBとはバーゼル市交通局のことです) ザウラー C タイプのバスは戦前から製造されていますが、モデル化された実車が明確にわからないので、ここに記載した年式/諸元は正しくないかもしれません。

 ミニカーの縮尺は1/50、結構リアルなフロント造形やそこそこ再現された内装など、当時のミニカーとしては良くできています。ルーフの前端についている角のようなものは行き先表示板や旗を付けるようです。なおこのミニカーの箱の台座は木製で、プラスチック製の台座より高級な感じがします。(実際に当時の値段は5000円と高価でした) ビテスはバリエーション展開でトラック/タンカー/消防車など約20種類を作っています。これ以外のザウラーのミニカーとしてはシュコーやブレキナのバスなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1878

   

HOLDEN FJ 1953 AUSTRALIA

HOLDEN FJ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TRAX 8001 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.41m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.2L 60HP 3段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでホールデンのミニカー検索

 

ホールデン FJ オーストラリア 1953

 

 ホールデン社はオーストラリア唯一の自動車メーカーで、J.A.ホールデンが1856年に馬具製造会社として設立し、1926年から自動車の製造を始めました。GMのシボレーを主体とするノックダウン生産を行い、1931年にGM傘下のGM ホールデン社となりました。GM傘下ながらオーストラリアの過酷な風土に合わせてアメリカ車より小柄で頑丈な独自の中型車を開発し、オーストラリアの市場をほとんど独占してきました。

 

 1948年に登場したFXは、1949年型シボレーとして企画されたながら小さすぎるとして却下された車をベースにしていました。6気筒2.2L(52HP)エンジンを搭載したこの車はシンプルな設計ゆえ頑丈で、手頃な価格と適度な性能(3段変速で最高速130km/h)を提供し、オーストラリアで一番売れる車となりました。デザイン的には同時期のアメリカ車そのものですが、サイズ的には全長4.37mと二回りほど小さいです。

 

 

 FXの後継車として1953年にFJが登場しました。FXがベースでデザイン的にもフロントグリルが新しくなっていますが、ほとんど同じでやや古くさい感じがします。エンジンも6気筒2.2L(60HP)とほぼ同じで、性能も同等です。4ドアセダン、2ドアピックアップ、2ドアパネルバンのバリエーションがあり、商業的には大成功しました。1958年までに約17万台が生産されました。

 ミニカーはオーストラリアのTRAXというブランド製で、1987年頃に購入しました。中国製ミニカーのはしりで大雑把な出来ですが、車種的には珍しいと思います。ミニカーは車高が低めですが、実車は道路事情を反映してかなり高かったとのことです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=834

   

 

PEGASO Z102 COUPE 1955 SPAIN

PEGASO Z102 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NEO 184605 1/43  

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 2.5L 170HP 5段変速
性能: 最高速193km/h  
データーベースでペガソのミニカー検索

 

ペガソ Z102 クーペ スペイン 1955

 

 スペインの高級車メーカーイスパノ スイザは航空エンジン製造に専念する為に自動車生産から撤退し、その設備を1946年にトラックのメーカーであったENASA(エナサ)社に売却しました。またイスパノ スイザが1940年にスペインの企業グループと共同で設立したSIAT社が現在のフォルクスワーゲン傘下(1980年まではフィアット系列)の自動車会社SEAT(セアト)社の前身となりました。

 

 ENASA社はアルファ ロメオの技術者であったウィルフレード リカルトが設計を担当し、ペガソの名前でスポーツカーを生産しました。1951年に登場したペガソ Z102は、DOHC V型8気筒2.5L(170HP)エンジンを搭載する豪華なスポーツカーでした。ボディは有名なコーチビルダーのソーチックやツーリングが架装し、クーペとスパイダーがありました。3.2L(360HP)エンジンを搭載する高性能版は最高速249km/hと当時最速の量産車(?)でした。その後Z102B、Z102SS、Z103などが登場しましたが、1958年に生産中止となりました。総生産台数は100数十台だったそうです。ENASA社は現在フィアットの商用車部門IVEO(イベコ)傘下になっています。

 

 

 Z102の量産ミニカーは最近までありませんでした。画像は最近になってモデル化されたNEO製です。(これも量産ミニカーとは言えないレベルしか生産してません 画像はNEOのWEBサイトから借用しました。) Z102のボディはコーチビルダーによって異なるのですが、これはツーリング製をモデル化しているようです。これ以外ではヨーロッパのデアゴスチーニが「DeAgostini Supercars」というミニカー付雑誌(イクソ製)でモデル化しているようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1357

   

HOLDEN EJ 1962 AUSTRALIA

HOLDEN EJ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TRAX  1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 65HP 3段変速 3段自動変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでホールデンのミニカー検索

 

ホールデン EJ オーストラリア 1962

 

 FJはFE、FC、FB、EK、EJ、EH、HD、HRとモデルチェンジしていきました。1960年代前半までのホールデンには、この中型車とそのピックアップとバンしかありませんでした。(1960年代後半になると小型車やスポーツカーなどが追加されてます) 1962年に登場したEJはそれまでのデザインを一新し、シボレー インパラをコンパクトにしたような斬新なスタイルを採用していました。6気筒2.3L(65HP)エンジンを搭載し、3段変速/3段自動変速で最高速140km/hという性能でした。

 

 セダンとバンにスタンダードとスペシャルの2タイプがあり、セダンには豪華版のプレミアがありました。EJは2年間で約15万台が生産されています。当時はこの中型車とその派生車(ピックアップ/バンなど)が圧倒的なシェアを持っていたようです。

 

 

 ミニカーは上記と同じくオーストリアのTRAX製です。EJの40周年記念品として2002年頃に発売された物ですが、バンガーズと良く似た作風でなかなか味のある良い出来映えです。40周年記念が出る程なので、この車は本国では人気があるのでしょう。なお当時物としてはディンキーもモデル化(型番196)しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=835

   

DAF 32 DAFFODIL 1965 NETHERLAND

DAF 32 DAFFODIL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 508 1/43 84㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.61m 全幅約1.44m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 750cc 26HP 無段変速機
性能: 最高速105km/h
データーベースでDAFのミニカー検索

 

DAF 32 ダフォディル オランダ 1965

 

 1949年から商業車の生産を始めたオランダのヴァン ドールネ自動車会社(Van Doorne's Aanhangwagen Fabriek)の略称がDAFで、1958年には乗用車DAF 600を発表しました。この車は空冷水平対向2気筒590cc(19HP)エンジンをフロントに搭載し後輪を駆動する4人乗りの小型車でした。

 

 DAF社はベルトとプーリーによる無段変速機「CVT」を実用化したことで有名ですが、このCVTによる変速システム「バリオマチック」がこの小型車にも採用されていました。前後進の切換えレバーとアクセルだけの簡単操作で、この車は人気を博しました。無段変速で最高速90km/hの性能でした。

 

 

 1962年にはエンジンを750ccに拡大し最高速が105km/hに向上し、名前をDAF 30としました。1963年にDAF 31、1965年にはフロントグリルを変更しDAF 32、1967年にDAF 33と発展し、1974年頃まで生産されました。30シリーズは20万台以上が生産され、好評だったようです。

 ミニカーはディンキー(仏)製で、ダフォディルとは高級版に付けられた名前です。シンプルな作りですが、ディンキー(仏)はプロポーションがしっかりしていますので、実車の雰囲気を感じさせる出来映えのミニカーとなっています。これ以外の当時物としてはオランダのミニカーブランド「LION TOYS」が33をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=887

   

 

WARTBURG 312 CABRIOLET 1966 GDR

WARTBURG 312 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430015934 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 2サイクル3気筒 900cc 40HP 4段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでワルトブルグのミニカー検索

 

ワルトブルグ (ヴァルトブルク) 312 カブリオレ 東ドイツ (現ドイツ) 1966

 

 上述のトラバント同様に戦前のDKWをベースとしてトラバントより大きな中型車として開発されたのが、ワルトブルグです。こちらは東ドイツの国営企業(VEB)のアイゼナハー社が生産しており、最初のモデル 311(4ドア セダン)は1956年に発表されました。2サイクル水冷3気筒900cc(40HP)エンジンを縦置きに搭載した前輪駆動の4人乗り小型車で、4段変速で最高速は115km/hでした。

 

 戦前のBMWなどの技術が生かされていて、同時代の西側諸国の車に比しても見劣りしない性能の車でした。1962年にはエンジンを1L(52HP)にアップし、クーペ、カブリオレ、2座ロードスター、ワゴンなどが追加され、1960年代には西ドイツやアメリカなどに輸出されました。1966年頃までに約25万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、331の改良型である312のカブリオレをモデル化しています。発表された時代を考えると、かなりかっこいい車だったことがうかがえます。当時物のミニカーはありませんが、実車の人気が高かったことを反映して、ワルトブルグのミニカーは最近になって結構作られています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=899

   

DAF OSI CITY CAR 1966 NETHERLAND

DAF OSI CITY CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 283 1/43? 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 750cc 26HP 無段変速機
性能: 最高速 不詳
データーベースでDAFのミニカー検索

 

DAF OSI シティカー オランダ 1966

 

 DAF OSI シティカーは1966年のトリノショーで公開された、シティカーのプロトタイプです。オランダのDAFがイタリアの自動車雑誌「QUATTRORUTE」との共同企画で開発し、イタリアのカロッツェリア OSI(Officine Stampaggi Industri)のセルジオ サルトレッリがデザインしています。DAF 32をベースにしているので、操作が簡単なベルトとプーリーによる無段変速機「バリオマチック」が使われています。第二次大戦後にはBMW イセッタゴッゴモビルなどの超小型車が登場しましたが、1950年代後半にはフィアット 500BMC ミニといった新世代の小型車が登場し、この車もその流れを受けて開発されたようです。

 

 この車の最大の特徴はドアで、運転席の右側はスライドドア、左側はセンターピラーのない観音開きドア、さらに荷物用のハッチバックドアもついています。このようなドア構成になっているのは、狭い場所に駐車した場合に乗り降りし易いからでしょう。(タクシーとして使うことも想定していたようです) 現在の小型車でセンターピラーのないスライドドア仕様が増えていますから、この車はそれを先取りしていたと言えるでしょう。都市の駐車スペースの問題を解決できる小型のシティカーはたびたび提案されています。(1973年のミニッシマなど) ただ実際に個人が所有する車は様々な用途で使われるので、用途限定のシティカーが製品化されて成功したことはなく、このDAF シティカーも製品化されていません。(良く似た車が商用バンのDAF KALMARとして製品化されていますが)

 

 

 ミニカーはコーギー製の当時物で、1971年に発売されました。コーギーはこのミニカーの縮尺を公表しておらず、実車の正確な寸法も分からないので縮尺が不明なのですが、おそらく1/43だと思います。実車の画像と見比べてみると、実車よりも全長が短め(チョロQ的に)にデフォルメされているようです。コーギーは親しみ易いスタイルにデフォルメすることがありますが、それはコーギーのミニカーの個性でもありました。(昔のミニカーはスケールモデルではなく、子供向けの玩具でしたから)

 外形はデフォルメしていますが、この車の最大の特徴であるドア構成についてはお得意のギミックで巧みに再現しています。このサイズのミニカーにドア/ボンネット開閉などのフルギミックを採用している物は他にもあります。ただこのDAF シティカーのように建付けが良くスムーズに動作する物は少なく、コーギーの技術力が優れていたことを示しています。ただコーギーでも技術的にかなり難しかったようで、コストも高いものについたようです。なお屋根が黒の結晶塗装風になっていますが、これはルーフ左端のスライドドアのレールを目立たなくする為に敢えて採用しているのだと思います。DAF シティカーのミニカーはこれしかありません。このミニカーは約47万台が売れ、当時のコーギーでも標準以上の販売数量だったようです。以下ドアなどの開閉ギミックを簡易動画でお見せします。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします)

daf citycar door1
daf citycar door2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1899

   

MONTEVERDI 375L 1969 SWISS

MONTEVERDI 375L 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 190 1/42 117mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.2L 345HP 4段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでモンテヴェルディのミニカー検索

 

モンテヴェルディ 375L スイス 1969

 

 モンテヴェルディは元レーシング ドライバーでスイスの高級車ディーラーの経営者であったペーター モンテヴェルディが起こした小規模な高級車メーカーでした。最初の市販車は1967年に発表した2座クーペの375Sで、自製のシャーシにクライスラー製のV型8気筒7.2L(345HP)エンジンを搭載し、イタリアのカロッツェリア フィッソーレがボディを架装していました。

 

 375Sは全長4.8mの大柄なボディながら定員は2名で、4段変速で最高速245km/hの性能でした。ホイールベースを延長して2+2座とした375Lやそのコンバーチブルのパームビーチ、4ドア5座のリムジーンの375/4などが追加されました。1977年頃まで少数が生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。全盛期のディンキーの傑作の一つで、全長4.8mの流麗なクーペが見事に再現されています。この手のかっこいい車はミニカーにすると実に見栄えが良いです。最近ではNEOがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=896

   

 

MONTEVERDI HAI 450 1970 SWISS

MONTEVERDI HAI 450 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 347 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 450HP 5段変速
性能: 最高速295km/h
データーベースでモンテヴェルディのミニカー検索

 

モンテヴェルディ ハイ 450 スイス 1970

 

 モンテヴェルディ ハイはフェラーリなどのスーパーカーに対抗できる高性能車として企画され、1970年に発表されました。レースカー並みのチューブラ フレームに当時最強であったクライスラーのヘミ エンジンV型8気筒7L(450HP)をミドシップ搭載し、最高速295km/hと思惑どうりの高性能でした。デ トマソ マングスタに似た低い車高の迫力あるボディは自社デザインで、カロッツェリア フィッソーレが架装していました。ただフェラーリよりも高価で、ほとんど売れなかったようです。

 

 モンテヴェルディはその後レンジローバーのような高級4WDのサファリや、メルセデス ベンツ Sクラスのような高級セダンのシエラ、ティアラなどを発表しましたが、1982年頃に活動を停止しているようです。

 

 

 ミニカーはオートピレンの当時物です。オートピレンはどこかのメーカーのコピーが多いのですが、これは独自開発したようです。同時期のメーベトイの作風に良く似た感じですが、シャープな造形で良くできています。なおこの車も最近NEOがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=897

   

TATRA 603 1970 CSK

TATRA 603 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC090 1/43 119㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.07m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 空冷V型8気筒 2.5L 95HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでタトラのミニカー検索

 

タトラ 603 チェコスロバキア (現チェコ) 1970

 

 タトラは馬車時代からの歴史があるチェコ(旧チェコスロバキア)の自動車メーカーで、現在は東欧の有力なトラックメーカです。戦前にはハンス レドヴィンカという優れた技術者による独創的なデザインの車を多く発表しています。代表的なモデルとしては空冷水平対向4気筒エンジンを搭載した小型車57、空冷V形8気筒エンジンをリアに搭載した流線型の大型車77などがありました。

 

 戦後1945年にチェコの自動車メーカーは国有化され、トラック/バスはプラガ、小型乗用車はシュコダ、中型乗用車はタトラという分担になりました。タトラは戦前の77の流れを汲むリアエンジンの中型車600(タトラ プラン)を開発します。その後1953年に大型車の開発に着手し、1957年に完成したのが603でした。空冷V型8気筒2.5L(95HP)エンジンをリアに搭載し、4段変速で最高速170km/hの性能でした。

 

 

 当時としては極めて空気抵抗が少ない流線型のモノコックボディはフロントグリルのないノーズを持つ独得のスタイルをしています。603は共産圏の政府高官の公用車に使われ、一般人が乗ることはありませんでしたが、ごく少数が西側に輸出されました。

 タトラのミニカーは少なく、603の量産ミニカーはイクソ製のこれしかありません。(もともとは「Taxi of the world」というミニカー付雑誌用に型が起こされた物です) リアエンジン車であることを示すリア側面の吸気口、リアバンパー中央の排気口や独得のノーズなどが良く再現されています。また実車が全長5mを越える大型車ですので、ミニカーも大きめです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=900

   

 

ページ 1  2   次へ »