ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FORD V8 PILOT 1950 UK

FORD V8 PILOT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY05 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.55m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.6L 85HP 3段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでフォード V8のミニカー検索

 

フォード V8 パイロット イギリス 1950

 

 第2次世界大戦中のイギリス フォードはイギリス軍の要請に従い、軍用車両やそのエンジンの生産を行いました。Wikipediaによればロールス ロイスの航空機用エンジンをロールスロイスと同等の品質で本家よりも効率的に生産したとのことです。(フォード式生産方式恐るべしです)

 

 第2次世界終了後すぐに戦前型V8の小改良版で自動車生産が再開されました。戦前のモデルとしては欧州向けに開発した4気筒1Lクラスのエンジンを搭載し「ベビー フォード」と呼ばれた小型車のY型(アングリアとその上級車のプリフェクト)と、アメリカ本国と同じV型8気筒エンジンを搭載した中型車V8の2種類がありました。

 戦前型V8を改良して1947年に登場したのが、V8 パイロットでした。V型8気筒3.6L(85HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速130km/hの性能でした。セダン以外にワゴンやピックアップもありました。戦前型そのままのボディ、前後ともリーフ式のサスペンションなど旧式の設計でしたが、1951年までに約22000台が生産されました。

 

 

 ミニカーはマッチボックス傘下のディンキー製で、1991年頃に発売しされたものです。マニア向けとして作られたミニカーですので、プロポーションがしっかりしていて、実車の雰囲気がうまく再現された良い出来ばえです。この時代のフォードのオーソドックスなセダンはほとんどモデル化されていないので、車種的に貴重です。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD V8 PILOT 1
FORD V8 PILOT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=837

   

FORD TAUNUS 12M (CONSUL) 1957 UK

FORD TAUNUS 12M (CONSUL) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400085600 1/43 94mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 41HP 3段変速
性能: 最高速116km/h
データーベースでフォード コンサルのミニカー検索

 

フォード タウナス 12M (コンサル) イギリス 1957

 

 イギリス フォードの戦後の新型車であるコンサルは1951年に登場しました。アメリカで発表された1949年型フォードはフラッシュサーフェス(前後フェンダーがボディと一体化している)デザインを採用したことで大きな話題となりました。コンサルはこのフラッシュサーフェスを採用したモノコック ボディ、前輪独立懸架、OHVエンジンなど戦後のフォードの基本となった革新的な車でした。上述した戦前型フォードのデザインと比べて見ると、画期的なデザインであったことがよく分かります。4気筒1.5L(41HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速116km/hの性能でした。

 

 コンサルと同時期にボディを10cmほど長くして、6気筒2.3L(59HP)エンジンを搭載したゼファー(ZEPHYR)も登場しまいた。こちらは上述したV8 パイロットの後継車で、3段変速で最高速129km/hの性能でした。コンサル、ゼファーとも2ドアコンバーチブルが追加されました。コンサルは1956年にデザインを一新してMK IIに発展し1962年まで生産されました。なお1952年にはドイツ フォードからコンサルと同じデザインとシャーシを持つタウナス 12Mが登場しています。(ただしエンジンは全く異なりますが)

 

 

 初代コンサルのミニカーはコーギーの当時物ぐらいしかなく、それは滅多にお目にかかれないレア物です。そこでミニカーはコンサルではないのですが、ミニチャンプス製のタウナス 12Mを流用しました。フロントエンドのグリルなどのデザインが違いますが、全体的にはほとんど同じスタイルですので雰囲気が分かってもらえると思います。なお実車諸元のデータはフォード コンサルのデータです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD CONSUL (TAUNUS 12M) 1
FORD CONSUL (TAUNUS 12M) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=838

   

 

FORD POPULAR 103E 1953 UK

FORD POPULAR 103E 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 1401 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.43m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 30HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでフォード ポピュラー/プリフェクト/アングリアのミニカー検索

 

フォード ポピュラー 103E型 イギリス 1953

 

 戦前型の小型車アングリア E04A型(実車画像→アングリア E04A)は小改良されて戦後も生産されました。1949年にフロントグリルのデザインを少し変えましたが、1953年の戦後型登場まで生産されました。姉妹車プリフェクトも同様で、1949年にライトをフロントフェンダーに埋め込んで見た目を変えましたが、こちらも1953年まで生産されました。1953年にアングリアは100E型にモデルチェンジしましたが、旧型のアングリア 103E型は名前をポピュラーに変更してフォードの最廉価モデルとして1959年まで生産が続けられました。4気筒1.2L(30HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速100km/hの性能でした。1959年にポピュラー 100E型にモデルチェンジしました。

 

 1953年に登場した100E型のアングリアプリフェクトは、前述したコンサルのようなフラッシュサーフェス、モノコックボディ、前輪独立懸架を採用した進歩的な車でした。アングリアは4気筒1.2L(31HP)エンジンを搭載する2ドアセダン/3ドアバン/ワゴンで、上級車のプリフェクトは同じエンジンでほぼ同じサイズながら4ドアセダン/5ドアワゴンでした。アングリア/プリフェクト 100E型は1959年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは1997年頃に発売されたコーギー製です。主に1950-1960年代のイギリス車をモデル化したコーギーのクラシックス シリーズの1台で、このシリーズはビンテージ物のコーギーのようなレトロな作風が特徴です。作風はレトロですが、プロポーションなどはしっかりしていて実車のイメージは良く再現されています。1990年代は中国でのミニカー生産が本格化した時期で、中国製ミニカーはどのブランドも作風が似通っていますが、これはまだコーギー風の味わいが残っています。ポピュラー 103E型はオックスフォードとバンガーズがモデル化していますが、バンガーズはこのコーギーの物と同じ物のようです。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD POPULAR 1
FORD POPULAR 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=839

   

FORD ANGLIA 105E 1959 UK

FORD ANGLIA 105E 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA00122 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 38HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでフォード アングリアのミニカー検索

 

フォード アングリア 105E イギリス 1959

 

 1959年にアングリアは新型(105E型)にモデルチェンジしました。それまでのオーソドックスなデザインから、アメリカ車的な(スチュードベーカー風)フロント、クリフカット(リアウインドーが通常とは逆に傾いている)のルーフ、テールフィンなど個性的なデザインが採用されていました。このクリフカットは当時の流行で、シトロエン アミ 6マツダ キャロルなどにも使われたデザインでした。新開発の4気筒1L(39HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速120km/hの性能でした。なお姉妹車のプリフェクトはエンジンが新型に切り替わりましたが、ボディはそのままで1961年まで生産されました。

 

 1962年には上級車コルチナの1.2L(48HP)エンジンを搭載した高性能版のスーパーが追加されました。1968年に後継車エスコートに切り替わるまでに約130万台が生産され、ベストセラーの小型車として大成功しました。最近では2002年の映画「ハリー ポッターと秘密の部屋」の劇中車で「空飛ぶ車」として有名になりました。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたバンガーズ製です。バンガーズはイギリスの老舗コーギーのブランドで、2000年頃から主に昔懐かしいイギリス車をモデル化しています。ラインストーンを使ったヘッドライトや塗装で表現したテールライトなどレトロな作風ながら、実車の雰囲気が良く再現されています。レトロなだけではなくエッチングパーツのワイパーやユーザーが取付けるフェンダーミラーが添付されているなど細部にこだわった部分もあります。アングリア 105E型の当時物ミニカーとしてはディンキー、スポットオン、ノレブ、マッチボックスなどがありました。また最近映画で有名になったことで、オックスフォードやイクソなどでもモデル化されました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD ANGLIA 1
FORD ANGLIA 2

 以下は1961年に発売されたディンキー(英)製の当時物のフォード アングリア (1/48 型番155)の画像です。縮尺が1/48なので全長82㎜と小ぶりなサイズです。古いミニカーなので素朴な出来ばえですが、そこそこリアルで、実車のイメージを良く再現しているとおもいます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD ANGLIA 3
FORD ANGLIA 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=840

   

 

FORD ZODIAC MK II 1956 UK

FORD ZODIAC MK II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI C709/1 1/43 107mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.55L 86HP 3段変速
性能: 最高速142km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゾディアック MK II イギリス 1956

 

 1953年にゼファーに高級仕様のゾディアックが追加されました。内外装が豪華に仕立てられ、エンジンは71HPにチューンアップされていました。1956年にゼファー/ゾディアックはデザインを一新してMK IIに切り替わります。2.55L(86HP)に拡大された6気筒エンジンは両車で共通となり、3段変速で最高速142km/hの性能でした。

 

ゼファー/ゾディアックはボディは同じですが、前後のデザインが少し違っていて差別化されていました。セダン、2ドアコンバーチブル、5ドアエステートの設定がありました。1962年まで生産されました。

 

 

 当時物ではコーギーがエステートをモデル化していますが、それ以外はないようです。画像は新生コーギー製で、1990年頃に発売されました。あっさりした作りですが、プロポーションはしっかり出来ています。ツートンカラーはゾディアックにしかなかった仕様で実車に即しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=841

   

FORD CONSUL CLASSIC (CONSUL 315) 1961 UK

FORD CONSUL CLASSIC (CONSUL 315) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 234 1/46 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフォード コンサルのミニカー検索

 

フォード コンサル クラシック (輸出名 コンサル 315) イギリス 1961

 

 コンサルの後継として、1961年に登場した中型車がクラシックでした。デザイン的にはアングリアと似ていて、4灯式ヘッドライトなどでアメリカ車的な味付けをより一層強めた物でした。4気筒1.3L(55HP)/1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/h(1.5L)の性能でした。4ドアと2ドアが有り、2ドアをベースにしたクーペはカプリ(コンサル 335)という別名が付けられていました。

 

 クラシックは3年間で約11万台、カプリは約2万台が生産されましたが、当時のフォードではこの数字は失敗作の類だったようです。あまりにアメリカ車的なデザインが一般大衆に受け入れられなかったのでしょう。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、他にはスポットオンもモデル化しています。特徴的なルーフやフロントのアメリカ車的な感じが良くわかると思います。(ボンネットが前ヒンジで開閉するので、隙間が少し目立っていますが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=842

   

 

ページ 1  2  3  4  5   次へ »