ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MG MIDGET TC 1945 UK

MG MIDGET TC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y08 1/35 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.54m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1250cc 55HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでMG TA/TB/TC/TD/TFのミニカー検索

 

MG ミジェット TC型 イギリス 1945

 

 モーリス車のスポーティ仕様を製造していたMG社は、1935年にモーリス社に統合されモーリスの1ブランドとなりました。戦前のミジェットから続くMGの軽量スポーツカーは、1945年に戦後型のTC型ミジェットが登場しました。戦前型のTB型とほとんど同じ外観で、室内が少し近代化されていました。エンジンはTB型と同じ4気筒1250cc(55HP)で、4段変速で最高速125km/hの性能でした。1950年に前輪独立懸架を採用し、ボディを大型化したTD型に切り替わり、1953年には傾斜したフロントグリルなどでボディをさらに近代化したTF型に発展しました。TF型には1.5L(63HP)エンジンが追加され、その最高速は138km/hまで向上しました。

 

 第2次戦時中にヨーロッパに駐留していたアメリカ人がアメリカに持ち帰ったヨーロッパの軽量スポーツカーが、当時のアメリカでブームとなりました。MGもその影響でアメリカ市場に大量に輸出され、MGは小型スポーツカーの代名詞となりました。 TC型からTF型は1955年までの10年間で約5万台が生産されました。ミジェット TF型の後継車は1955年に登場したMGAでした。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのYシリーズで1978年に発売されました。マッチボックスのYシリーズはクラシックカーのミニカーを安価でシリーズ化したもので、値段が安いのでリオなどの高価なミニカーに比べるとかなり簡素な作りでした。縮尺が1/35と中途半端で出来ばえも今一つですが、実車の雰囲気は十分にわかるものになっています。(ヘッドライトがフロントグリルの側面に接続されていますが、これは正確な表現ではありません) なおTC型はビテス製の最近の物、TD型はテクノのヴィンテージ物、TF型はディンキーのヴィンテージ物がありますが、いずれも残念ながら持っていません。最近の物ではネオ(レジン製)がTD型をモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG TC 1
MG TC 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=869

   

MG MGA 1600 MK I 1959 UK

MG MGA 1600 MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI D732/1 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 72HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでMG MGAのミニカー検索

 

MG MGA 1600 MK I イギリス 1959

 

 TF型ミジェットの古典的なボディを一新し、近代的な流線型ボディを採用したMGAが1955年に登場しました。外観は斬新でしたが、中身はTF型ミジェットと同じラダーフレームに金属製ボディを載せた古典的な構造でした。エンジンは4気筒1.5L(72HP)で、4段変速で最高速160km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1966年にハードトップのクーペが追加されました。

 

 1958年にツインカム(DOHC)1.6L(108HP)エンジンを搭載する高性能版(最高速183km/h)が追加されました。1959年にはエンジンをOHV1.6L(79HP)に変更したMGA 1600 MK Iとなりました。1961年には新設計されたOHV1.6L(86HP)エンジンを搭載するMGA 1600 MK IIに発展しました。1962年のMGBにモデルチェンジしました。MGAの総生産台数は約10万台で、その半数はアメリカ市場に輸出されました。

 

 

 ミニカーは1990年頃に販売されたコーギー製で、MGA 1600 MK Iをモデル化しています。これは当時のマニア向けミニカーでしたので、ややレトロなコーギー流の作風ながら、プロポーションが良く当時としてはそこそこ良い出来ばえでした。これは幌付ですが、オープンのロードスターやハードトップクーペのバリエーションがありました。MGAの当時物ミニカーではコーギー、スポットオン、マッチボックス、テクノがありました。最近の物ではノレブ、バンガーズ、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG MGA MK I 1600 1
MG MGA MK I 1600 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=870

   

 

MG MGB GT 1965 UK

MG MGB GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-3B 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 98HP 4段変速
性能: 最高速173km/h
データーベースでMG MGB/MGCのミニカー検索

 

MG MGB GT イギリス 1965

 

 MGBはMGAの後継として1962年に登場しました。基本設計はMGAと同じですが、モノコックボディの採用などでより近代的な車となっています。4気筒OHV1.8L(89HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速170km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1965年に実用的なテールゲートの付いた2+2座クーペがGTという名前で追加されました。このGTのデザインには当時BMCと関係のあったピニンファリーナの影響が感じられましたが、公式には発表されていません。

 

 1967年には6気筒2.9L(150HP)エンジンを搭載した高性能版のMGC(最高速202km/h)が登場しました。MGBは改良を重ねて1967年にMK II、1969年にMK IIIに発展しました。1973年にGTにオールアルミ合金製のV型8気筒3.5L(137HP)エンジンを搭載したGT V8(最高速200km/h)が登場しました。1974年にアメリカの衝突安全規制に対応して、前後バンパーが衝撃吸収機能付の樹脂製に変更され外観が大幅に変更されました。1980年まで生産され、総生産台数は約50万台でした。MGBはレース/ラリーでも活躍し、実用的な入門用スポーツカーとして大ヒットしました。MGといえばこのMGBが思い浮かぶほど有名な車でした。

 

 

 ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。当時のマニア向けのミニカーですので、シンプルな作りですがまずまずの良い出来ばえです。ライトが黄色いのはフランス仕様ということかもしれません。当時物ミニカーとしてはディンキーのロードスター、コーギーのMGB GTとMGC GTなどがありました。最近のものではミニチャンプス、オートアート、バンガーズ、国産名車コレクションのMGBなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG MGB GT 1
MG MGB GT 2

 以下は1969年に発売されたコーギーの当時物ミニカー MGC GT(1/44 型番345)の画像です。コーギーは1967年に型番327でMGB GTをモデル化していますが、これはそれをMGCに変更したものです。当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえです。ドアとテールゲートが開閉し、おまけとしてトランクが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGC GT 1
MG MGC GT 2

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/リアゲートの開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGC GT 1
MG MGC GT 2

 以下は2015年に発売された国産名車コレクションのMGB(1/43 No.235)の画像です。メーカーはイクソで、雑誌付きミニカーとして標準的な出来ばえです。オープンカーなので室内が黒一色なのは最近のミニカーとしてはやや物足りませんが。。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGB ROADSTER 1
MG MGB ROADSTER 2

 以下は2001年に発売されたデルプラドの世界の名車コレクションのMGB(1/43 No.10)の画像です。このシリーズのミニカーとしては標準的な出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGB ROADSTER 3
MG MGB ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=871

   

MG MAGNETTE ZB VARITONE 1956 UK

MG MAGNETTE ZB VARITONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD MGZ006 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 64HP 4段変速
性能: 最高速138km/h
データーベースでMG マグネットのミニカー検索

 

MG マグネット ZB バリトーン イギリス 1956

 

 MG マグネット ZAはBMCグループ内のウーズレー 4/44をベースにしたスポーティセダンで、1954年に登場しました。ウーズレーの4気筒1.3Lエンジンより高性能な1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速130km/hの性能でした。ルーフラインがウーズレーより50mmほど低められたボディ、ラック&ピニオン方式のステアリングなどMGらしいスポーティな味付けがされていて、MGのセダンとして人気を博しました。

 

 1956年にエンジンを64HPにパワーアップしたマグネット ZBに発展しました。1958年まで生産され、マグネット MK IIIにモデルチェンジしました。マグネット ZA/ZBの総生産台数は約3.6万台でした。

 

 

 ミニカーは2010年に発売されたオックスフォード製です。バリトーン(VARITONE)と称するオプション設定のツートンカラー仕様のマグネット ZBをモデル化しています。オックスフォードは1993年に設立されたイギリスのミニカーメーカーで、古き良き時代のイギリス車をダイキャスト製でモデル化しています。オックスフォードのミニカーはややレトロな作風で、比較的安価ながらもレベルの高い出来ばえの物が多いです。このマグネット ZBもレトロな作風が実車の雰囲気をうまく再現していて良い出来ばえです。オックスフォードはZAもモデル化しており、ZAとZBの違い(リアウインドーの大きさなど)もきちんと再現しています。マグネット Zシリーズはブルックリン(BROOKLIN ホワイトメタル製少量生産)もモデル化していますが、量産ミニカーではこのオックスフォード製しかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG MAGNETTE ZB 1
MG MAGNETTE ZB 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=872

   

 

MG 1100 1966 UK

MG 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99068 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 56HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでMG 1100/1300のミニカー検索

 

MG 1100 イギリス 1966

 

 前述したBMCのADO16シリーズの2番手はMG 1100で、MG マグネットの後継車として1962年に登場しました。スポーツカーメーカーのMGブランドに合わせて、1.1Lエンジンはツイン キャブレターで50HPから56HPにパワーアップされ、最高速も135km/hと少し速くなっていました。

 

 1967年にエンジンが1.3L(58HP)に拡大され、ADO16シリーズはMK IIとなりました。1968年にBMCはローバーグループと合併しBLMCになり、モーリス/オースチン/MG/ウーズレー/ライレー/バンデン プラの6ブランドの統合が始まりました。1969年にMGブランドのADO16はエンジンを70HPまでパワーアップした1300 MK IIだけとなり、その際にボディが2ドアのみになりました。1971年にはモーリス マリーナが登場し、モーリス 1100/1300が生産中止となり、MG 1300 MK IIも生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはビテス製で2000年頃に発売されました。ビテスはモーリス、オースチン、MGなどADO16シリーズを20種類ほどモデル化しています。ビテスのADO16シリーズはプロポーションが良く、グリルやホイールなど各ブランドの違いをきちんと作り分けてあるので、集めると楽しいシリーズです。当サイトではモーリスオースチン、MG、バンデン プラを紹介しています。これはMG 1100でMG マグネットと同じようなイメージのフロントグリルが付いています。フロントのウインカーが丸型に変えてあるのもスポーティさを表現したものでしょう。当時物ミニカーではスポットオンやテクノがモーリス 1100に加えてMG 1100もモデル化していますので、ADO16シリーズの中でもMG 1100は特に人気があったのだと思われます。最近の物では新生ビテスがMG 1300もモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG 1100 1
MG 1100 2

 以下は1963年頃に発売されたテクノの当時物のMG 1100(1/43 型番832)の画像です。テクノらしい金属パーツを主体としたがっちりした出来ばえで、ボンネット開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG 1100 3
MG 1100 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=774

   

MG MIDGET MK IV 1969 UK

MG MIDGET MK IV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 421 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでMG ミジェットのミニカー検索

 

MG ミジェット MK IV イギリス 1969

 

 主力モデルがMGAに移行して、入門用の廉価なモデルが必要になったMGは、同じBMCグループ内のオースチン ヒーレー スプライトのマイナーチェンジ版(MK II)を流用することを決定しました。名前は戦前の名車と同じミジェットとなり、1961年に登場しました。スプライトのモノコックボディの前後を大幅に変更して、全く新しいMGに仕上がっていました。エンジンはスプライト MK I用を少しパワーアップした948cc(46HP)で、少しだけ高性能でした。姉妹車のスプライト MK IIより格上で、仕上げもやや高級で価格も高かったそうです。

 

 1962年にはエンジンが1.1L(56HP)にパワーアップされ、最高速が143km/hに向上しました。1964年に59HPにパワーアップしたMK II、1966年に1275㏄(65HP)エンジン搭載のMK III、1969年にフロントグリルやテールライトを変更したMK IV、1974年に1.5L(56HP 排ガス対策で低下)エンジンを搭載し前後バンパーを衝突安全基準対応の樹脂バンパーに変更した1500に発展しました。1980年までに約23万台が生産されました。ホンダ S500がデザインのお手本にしたのはこの車だったと言われていますが、確かに雰囲気がそっくりです。

 

 

 ミニカーは1997年に発売されたディテールカー製です。1.3Lエンジンを搭載したMK IVをモデル化しています。軽快な小型スポーツカーの代表的なスタイルがうまく再現されています。灯火類や室内などの細部も良く再現されていてかなり良い出来ばえです。当時物ミニカーとしてはスポットオン、最近の物ではエブロ、スパーク(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG MIDGET MK IV 1
MG MIDGET MK IV 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=873

   

 

ページ 1  2   次へ »