ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GM CADILLAC SERIES 62 CONVERTIBLE 1950 USA

GM CADILLAC SERIES 62 CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 281 1/43 134mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 160HP 4段自動変速
性能: 最高速156km/h
データーベースでキャディラック 戦後 60系のミニカー検索

 

GM キャディラック 62 コンバーチブル アメリカ 1950

 

 キャディラックの1940年代のラインアップは戦前(1930年代)の60(シリーズ)が61(シリーズ)に、65が62に、70が60Sになり、その上にはリムジンの75がありました。62はキャディラック ブランドとしてはエントリーレベルのフルサイズの高級車で、初代は1940年に登場し、4ドアセダン、2ドアクーペ、2ドアコンバーチブルがありました。1942年に2代目にモデルチェンジしましたが、2代目でもまだヘッドライトを組込んだフェンダーがボディ側面から独立していて、1930年代のイメージを残していました。

 

 1948年にフェンダーがボディと一体化された戦後型のキャディラック(3代目62や3代目60S)が登場しました。1950年代に自動車デザインの流行となったテールフィンを最初に採用したのがこの車でした。テールフィンは双胴の戦闘機ロッキード P-38 ライトニングの垂直尾翼のイメージを自動車に取り込んだ物でした。この頃のアメリカ車はクロームメッキされた派手で巨大なバンパー、グリルが特徴で、美しいかどうかは別にしてそのダイナミックな迫力には魅了があります。1953年に2ドアコンバーチブルに特別仕様のエルドラドが設定され、1954年に60系は4代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテス製でビテスは1940-50年代のアメリカ車を1990年頃に数多くモデル化しています。このキャディラックもその一つで、派手なバンパーなどがよく再現されていて、当時としてはかなり良い出来ばえのミニカーでした。キャディラックのエンブレム/ナンバープレートのデカールやドアミラーなどの後付け用パーツが付属していて、それらを付けるとよりリアルになるのですが、取り付けはやっていません。バリエーションとして幌を下した仕様、映画女優のフィギュア付、アイゼンハワー大統領の就任式パレード仕様などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とテールフィン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC SERIES 62 1
GM CADILLAC SERIES 62 2

 以下はビテスのバリエーションで、幌を畳んだエルドラド(型番280)と映画女優(M.モンローかな?)のフィギュア付のエルドラド(型番288)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC SERIES 62 3
GM CADILLAC SERIES 62 4

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミントのキャディラック エルドラド 初代 1953年(型番RB68 1/24)の画像です。1/24のサイズを生かしてエンジン/シャーシ/室内などをリアルに再現していて、ドアやボンネットが開閉でき、発売当時は最も精密な量産ミニカーでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 1
GM CADILLAC ELDORADO 2

 以下はフランクリン ミントのキャディラック エルドラド 初代 1953年(型番RB68 1/24)のエンジン部分/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 3
GM CADILLAC ELDORADO 4

 以下はデルプラド 世界の名車シリーズ(No.63)のキャディラック エルドラド 初代 1953年の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 3
GM CADILLAC ELDORADO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=366

   

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 1957 USA

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4501 1/43 130mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6L 300HP 4段自動変速
性能: 
データーベースでキャディラック エルドラドのミニカー検索

 

GM キャディラック エルドラド ビアリッツ アメリカ 1957

 

 1954年にキャディラックは戦後型の4代目にモデルチェンジしました。先代のイメージを踏襲していますが、フェンダーが完全にボディと一体化してボンネットの膨らみも小さくなりました。1956年には4ドアハードトップのセダン デビル(SEDAN DE VILLE)、エルドラドの2ドアハードトップのセビル(SEVILLE)が追加されました。

 

 1957年にキャディラックは5代目にモデルチェンジしました。やはり同じイメージのボディですが、ボンネットの膨らみがなくなり直線的なデザインになりました。3代目に採用されて1950年代の流行りとなったテールフィンはモデルチェンジの度に徐々に大きくなっていきました。5代目の4ドアセダン系ではリアフェンダーの後端がサメの背びれのように盛り上がった形で、2ドアクーペ系ではテールエンドがなだらかに下がり、そこに垂直尾翼のように尖ったフィンが突き出しています。またフロントグリルにもテールフィンに呼応した2本の突起がありますが、これも飛行機のイメージを取り込んだデザインで、当時はかっこよかった?のでしょう。1959年に6代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはソリド製で、1985年に発売されました。エルドラドの豪華仕様であるビアリッツをモデル化しています。ソリドは1950-60年代のアメリカ車を1980年代に数種類ほどモデル化しています。このキャディラックもその一つで、特徴的なテールフィンを持つリアエンドをうまく再現しています。なお廉価版的なミニカーでしたので、プロポーションなど基本的な部分はきちんと作ってありますが、細かい部分は値段相応の仕上げとなっています。ソリドには幌を畳んだバリエーションもありました。これ以外の5代目キャディラックのミニカーはサンスターの1/18、シグネチャーの1/32、レジン製ではNEOやGREAT LIGHTNINGなどがあります。 以下はフロント(ボンネットを開いたエンジン部)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 1
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 2

 以下はバリエーションで幌を畳んだエルドラド ビアリッツ(型番4500)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 3
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=367

   

 

GM CADILLAC SERIES 62 1959 USA

GM CADILLAC SERIES 62 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 383 1/43 137mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.72m 全幅約2.03m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.4L 325HP 4段自動変速
性能: 最高速201km/h
データーベースでキャディラック 戦後 60系のミニカー検索

 

GM キャディラック 62 アメリカ 1959

 

 1959年に登場した6代目キャディラックは、4灯式ヘッドライトが採用されるなど大幅なデザイン変更が行われました。特にこの6代目はテールフィンが史上最大の大きさになったことで有名なモデルです。このテールフィンには2連の尖ったテールライトが付き、またリアのバンパーの両端はジェット機の排気口のような形状(ここもテールライト内蔵)になっていて、ここまでやるかといった派手なデザインでした。なお1959年式のGMのオールズモービル 98ビュイック エレクトラも大きなテールフィンを備えていました。

 

 全長5.72mの巨大な車ですが、現在では考えられないほどボンネットとトランクのスペースが長いです。2/4ドアハードトップと2ドアコンバーチブルがあり、そのハードトップは細いピラーで大きく開放的な窓を持つ独特のデザインでした。パワーブレーキ、パワーステアリング、4段自動変速機、パワーウィンドウ、パワーシート、エアコン、電動格納式ソフトトップなどを既に装備していました。(→参考動画) 1961年に7代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1987年頃に発売されました。ビテスの1940-50年代アメリカ車シリーズの一つです。4灯式ヘッドライトの派手なフロントグリル、独特のハードトップ、大きなテールフィンとそこに付いた尖ったライトなどがうまく再現されています。バリエーションでコンバーチブルもありました。ビテス以外の6代目キャディラックのミニカーは、ディンキーの当時物、マッチボックス ディンキーの1/43、フランクリン ミントの1/24と1/43、ダンバリー ミントの1/24、ブッシュの1/87、オートアートの1/18、マイストの1/18などたくさんあります。以下はビテスのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC SERIES 62 1
GM CADILLAC SERIES 62 2

 以下はビテスのバリエーションで、キャディラック 62の「JUST MARRIED(新婚ほやほや)」仕様(型番382)の画像です。車の後ろには音を立てるブリキ缶(コップ)も付いています。昔のミニカーにはこのような遊び心のある楽しいバリエーションがありました。(今でも老舗ブランドはこのようなバリエーションを作りますが) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC SERIES 62 3
GM CADILLAC SERIES 62 4

 以下は1988年に発売されたフランクリン ミントの50年代シリーズのキャディラック エルドラド ビアリッツ 1959年(型番KE21)の画像です。レトロな作風ですが、ボンネット/ドアが開閉し、室内/エンジン/シャーシなどもリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 5
GM CADILLAC ELDORADO 6

 以下はフランクリン ミントのキャディラック エルドラド ビアリッツ 1959年(型番KE21)のボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 5
GM CADILLAC ELDORADO 6

 以下は1991年頃に購入したマッチボックス ディンキーのキャディラック 62 クーペ デビル 1959年(型番DY007)の画像です。マッチボックス傘下でディンキー ブランドを一時的に復活させた際のミニカーで、マニア向けでしたのでそこそこ良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 7
GM CADILLAC ELDORADO 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=368

   

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ CONVERTIBLE 1963 USA

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT RI92 1/43 134mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.66m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.4L 325HP 4段自動変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでキャディラック エルドラドのミニカー検索

 

GM キャディラック エルドラド ビアリッツ コンバーチブル アメリカ 1963

 

 7代目キャディラック 60系(4代目エルドラド)が1961年に登場しました。(実車画像→キャディラック62 セダン 1961年) 1959年型の大きくなり過ぎたテールフィン デザインへの反動が起こり、テールフィンは一挙に小さくなりました。テールライトはテールフィンのなかに納められた縦長の小さなものになり、この縦長のテールライトはその後キャディラックの特徴的なデザインとなっていきました。

 

 1963年型ではテールフィンはさらに小さくなり、ボディ全体もより直線的になりボディ側面はフラットになりました。この直線的なデザインはその後1980年代まで継承され、シンプルでフォーマルな雰囲気がキャディラックらしさとなりました。キャディラックのエントリーレベルであったシリーズ60系は、1965年からカレー(CALAIS)という名前にに変わりました。(そのカレーも1976年にはなくなりましたが) なお最上級車エルドラドは先代ではクーペ/コンバーチブル/4ドアハードトップがありましたが、4代目では2ドアコンバーチブルだけとなりました。

 

 

 ミニカーは1990年頃に作られたフランクリン ミントの1/43の1960年代シリーズの一つです。このシリーズは1960年代の代表的なアメリカ車12車種をモデル化したもので、ドアやボンネットが開閉でき室内も良く作り込まれていました。このキャディラック エルドラドも、特徴的な小さなテールフィン/テールライト/直線的なボディがうまく再現されています。ヘッドライトなどがややレトロな作風ではありますが、当時としては精密な1/43のミニカーでした。この世代のキャディラックのこれ以外のミニカーは、ディンキー(英)の当時物、ウエスタンモデル(ホワイトメタル製)の1/43、ダンバリーミントの1/24、シグネチャーの1/32などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 1
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=369

   

 

GM CADILLAC SUPERIOR RESCUER (AMBULANCE) 1965 USA

GM CADILLAC SUPERIOR RESCUER (AMBULANCE) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (UK) 267 1/43 153mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.5m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 340HP 3段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでキャディラック 救急車のミニカー検索

 

GM キャディラック 救急車 アメリカ 1965

 

 現在のアメリカの救急車はピックアップトラックや1ボックスタイプのバンを使った専用車が主流です。かつては日本と同じように、乗用車ベースのワゴンタイプの救急車もありました。救急車は後部に広いスペースが必要なので、大型車が使われました。ここではキャディラックをベースにした救急車のミニカーを取り上げます。

 画像は1960年代の縦型4灯式ヘッドライトを採用したキャディラックの救急車です。年式は縦型4灯式ヘッドライトが採用された1965年でほぼ間違いないと思います。当時のキャディラックの一番大きなリムジーンは全長が6.2mでしたが、この救急車はそれよりも全長が長くホイールベースを延長しているようです。

 

 ミニカーはディンキー(英)で、1967年に発売されました。実車が大きいので全長が150mmを超える大型のミニカーで、フロントグリルやサイレンなどが金属製パーツで作られた重厚な出来ばえです。室内には患者を乗せたストレッチャーがあり、リアドアから出し入れできます。(ストレッチャーの向きが前後逆なのは当方のミス) また屋根のライトは豆電球で、単4電池を使って点滅できるようになっています。(残念ながら現在は接触不良で動作しません)

 

 

 これ以外のキャディラックの救急車としては、ソリドの1930年代の物、ブッシュの1950年代/1970年代の物、コーギーの1961?年式の物などがあります。変わり種としては映画 ゴーストバスターズに使われた1959年式の救急車がマテルやジョニーライトニングから出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1804

   

GM CADILLAC FLEETWOOD 60 SPECIAL BROUGHAM 1967 USA

GM CADILLAC FLEETWOOD 60 SPECIAL BROUGHAM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO PREMIUMX PR0013 1/43 139mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.78m 全幅約2.03m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 340HP 3段自動変速
性能: 最高速189km/h
データーベースでキャディラック 戦後のミニカー検索

 

GM キャディラック フリートウッド シックスティ スペシャル ブロアム アメリカ 1967

 

 フリートウッドはキャディラックの最上級セダンで、75(Seventy-Five)と60(Sixty)はの2タイプがありました。、一番大きな75は全長6.2m 全幅2m、60は全長5.78mと少し短いですが、どちらも車重2tを超える巨体です。V型8気筒7L(340HP)エンジンを搭載し3段自動変速 最高速189km/hの性能でした。公称燃費は3.5km/Lですが、実際には3以下だったでしょう。

 

 この縦型ヘッドライトを特徴とするデザインは1960年代の高級車に流行ったデザインでした。ベンツ 220(W111)あたりから始まって、フォード ギャラクシー、オペル ディプロマット、日産 グロリア(A30型)などがありました。

 

 

 ミニカーはイクソのプレミアムX初期の物でレジン製です。フロントグリルなどの仕上げはイクソの標準的なレベルですが、でかい実車同様に全体的にはやや大味な感じの出来映えです。(大きさの割にレジン製で軽いのがいまいち) ただ大きく豪華であったかつてのアメリカ車の代表として、このキャディラックのミニカーは実に貴重です。(75のほうが良かったですが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1120

   

 

ページ 1  2   次へ »