ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

AUDI TYPE A (10/22) 1911 GERMANY

AUDI TYPE A (10/22) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 437019030 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.6L 22HP 4段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースで戦前のアウディのミニカー検索

 

アウディ タイプ A (10/22) ドイツ 1911

 

 自動車創世記にベンツの工場長を務めていた技術者アウグスト ホルヒ(August Horch)はホルヒ社を設立し、1901年から自動車製造を始めました。アウグスト ホルヒは技術/品質にこだわって出資者の経営陣と対立し、1909年に自分が設立した会社を去りました。その直後に彼はまたホルヒという名前の会社を設立しましたが、元のホルヒ社からクレームが付き、1910年に名前をアウディに変更しました。なおホルヒとはドイツ語の「聞く」という意味の「horchen」に由来し、アウディ「audi」もラテン語の「聞く」という意味だそうです。

 

 アウディ社が生産した最初の車はタイプ Aでした。タイプ Aは4気筒2.6L(22-28HP)エンジンを搭載した後輪駆動車で、最高速75km/hの性能でした。1911年から1915年の5年間で137台が生産されたようです。その後1911年にはタイプ B(4気筒2.6L 28HP)、タイプ C(4気筒3.6L 35HP)、1912年にタイプ D(4気筒4.7L 45HP)が登場しました。さらにタイプ E、G、Kが続き1924年には初の6気筒4.7L(70HP)エンジンを搭載したタイプ Mが登場しました。この当時のアウディ車は高性能な高級車として知られていました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で2010年に発売されました。もともとはアウディ社の100周年記念モデルとして製作された物で、そちらは実車参照画像と同じ緑のボディカラーで出来ているようです。メーカー特注品ということで、通常品よりレベルの高い仕上がりとなっています。特にエッチング パーツで出来たハンドルとボディ右サイドの変速レバー、細かな細工の灯火類、忠実に再現された前後のサスペンションなど非常にリアルに作ってあります。ちょっと変わっているのはヘッドライトの砲弾型のカバー(多分破損防止用)ですが、横にヒンジのような部分がありますので使用するときにはカバーを開くのだと思います。 (少量生産品故にレジン製であることと軽くて安っぽい感じがするのがいまいちです) 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI TYPE A (10/22) 1
AUDI TYPE A (10/22) 2

 以下は室内の拡大画像とボディ底板部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AUDI TYPE A (10/22) 3
AUDI TYPE A (10/22) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1106

   

AUDI TYPE C ALPENSIEGER 1913 GERMANY

AUDI TYPE C ALPENSIEGER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 60 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 3.6L 35HP 4段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースで戦前のアウディのミニカー検索

 

アウディ タイプ C アルペンジーガー ドイツ 1913

 

 戦前の高級車メーカー ホルヒ社の創立者アウグスト ホルヒがホルヒ社を辞めて1910年に設立したのがアウディ社でした。(アウディ社はその後1932年にアウトウニオン社に併合され、その後アウトウニオン社を傘下におさめたフォルクスワーゲン社によって1965年に名前が復活しました) 創立者のアウグスト ホルヒはモータースポーツに関心があり、初期のアウディ車は高級車ながらモータースポーツでも活躍していました。

 

 1911年に登場したタイプ Cは4気筒3.6L(35HP)エンジンを搭載した中型車で、4段変速で最高速90km/hと高性能でした。アウグスト ホルヒは自らタイプ Cをドライブして、1912年のオーストリア アルペン ラリー(アルプスでの山岳レース)へ参戦し優勝しました。タイプ Cは同ラリーで3連覇を達成し、アルペン シーガー(アルプスの覇者)の名声を得ました。またこの勝利でアウディ車は国際的にも知られることになりました。タイプ Cは1916年まで生産され、総生産台数は約1100台でした。

 

 

 ミニカーは1960年代に発売されたドイツのチィス(ZISS)製です。チィスは自動車創成期のクラシックカーを30種類ほどモデル化していました。(参照ページ→チィスのミニカー まとめページ) 1960年代のビンテージミニカーですので、金属パーツが多く頑丈にできていました。また当時のミニカーとしてはスケールモデル的な作風で良く出来ていました。このアウディ タイプ Cも尖ったテールのボディなど当時の軽快なスポーツカーの感じがよく再現されています。タイプ C アルペンジーガーのミニカーはRICKOも1/87でモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI TYPE C ALPENSIEGER 1
AUDI TYPE C ALPENSIEGER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=75

   

 

 

ページ 1