ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

AUDI TYPE A (10/22) 1911 GERMANY

AUDI TYPE A (10/22) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 437019030 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.6L 22HP 4段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースで戦前のアウディのミニカー検索

 

アウディ タイプ A (10/22) ドイツ 1911

 

 自動車創世記にベンツの工場長を務めていた技術者アウグスト ホルヒ(August Horch)はホルヒ社を設立し、1901年から自動車製造を始めました。アウグスト ホルヒは技術/品質にこだわって出資者の経営陣と対立し、1909年に自分が設立した会社を去りました。その直後に彼はまたホルヒという名前の会社を設立しましたが、元のホルヒ社からクレームが付き、1910年に名前をアウディに変更しました。なおホルヒとはドイツ語の「聞く」という意味の「horchen」に由来し、アウディ「audi」もラテン語の「聞く」という意味だそうです。

 

 アウディ社が生産した最初の車はタイプ Aでした。タイプ Aは4気筒2.6L(22-28HP)エンジンを搭載した後輪駆動車で、最高速75km/hの性能でした。1911年から1915年の5年間で137台が生産されたようです。その後1911年にはタイプ B(4気筒2.6L 28HP)、タイプ C(4気筒3.6L 35HP)、1912年にタイプ D(4気筒4.7L 45HP)が登場しました。さらにタイプ E、G、Kが続き1924年には初の6気筒4.7L(70HP)エンジンを搭載したタイプ Mが登場しました。この当時のアウディ車は高性能な高級車として知られていました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で2010年に発売されました。もともとはアウディ社の100周年記念モデルとして製作された物で、そちらは実車参照画像と同じ緑のボディカラーで出来ているようです。メーカー特注品ということで、通常品よりレベルの高い仕上がりとなっています。特にエッチング パーツで出来たハンドルとボディ右サイドの変速レバー、細かな細工の灯火類、忠実に再現された前後のサスペンションなど非常にリアルに作ってあります。ちょっと変わっているのはヘッドライトの砲弾型のカバー(多分破損防止用)ですが、横にヒンジのような部分がありますので使用するときにはカバーを開くのだと思います。 (少量生産品故にレジン製であることと軽くて安っぽい感じがするのがいまいちです) 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI TYPE A (10/22) 1
AUDI TYPE A (10/22) 2

 以下は室内の拡大画像とボディ底板部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AUDI TYPE A (10/22) 3
AUDI TYPE A (10/22) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1106

   

AUDI TYPE C ALPENSIEGER 1913 GERMANY

AUDI TYPE C ALPENSIEGER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 60 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 3.6L 35HP 4段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースで戦前のアウディのミニカー検索

 

アウディ タイプ C アルペンジーガー ドイツ 1913

 

 戦前の高級車メーカー ホルヒ社の創立者アウグスト ホルヒがホルヒ社を辞めて1910年に設立したのがアウディ社でした。(アウディ社はその後1932年にアウトウニオン社に併合され、その後アウトウニオン社を傘下におさめたフォルクスワーゲン社によって1965年に名前が復活しました) 創立者のアウグスト ホルヒはモータースポーツに関心があり、初期のアウディ車は高級車ながらモータースポーツでも活躍していました。

 

 1911年に登場したタイプ Cは4気筒3.6L(35HP)エンジンを搭載した中型車で、4段変速で最高速90km/hと高性能でした。アウグスト ホルヒは自らタイプ Cをドライブして、1912年のオーストリア アルペン ラリー(アルプスでの山岳レース)へ参戦し優勝しました。タイプ Cは同ラリーで3連覇を達成し、アルペン シーガー(アルプスの覇者)の名声を得ました。またこの勝利でアウディ車は国際的にも知られることになりました。タイプ Cは1916年まで生産され、総生産台数は約1100台でした。

 

 

 ミニカーは1960年代に発売されたドイツのチィス(ZISS)製です。チィスは自動車創成期のクラシックカーを30種類ほどモデル化していました。(参照ページ→チィスのミニカー まとめページ) 1960年代のビンテージミニカーですので、金属パーツが多く頑丈にできていました。また当時のミニカーとしてはスケールモデル的な作風で良く出来ていました。このアウディ タイプ Cも尖ったテールのボディなど当時の軽快なスポーツカーの感じがよく再現されています。タイプ C アルペンジーガーのミニカーはRICKOも1/87でモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI TYPE C ALPENSIEGER 1
AUDI TYPE C ALPENSIEGER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=75

   

 

AUDI FRONT 225 ROADSTER 1935 GERMANY

AUDI FRONT 225 ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS  437019130 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 55HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースで戦前のアウディのミニカー検索

 

アウディ フロント 225 ロードスター ドイツ 1935

 

 1906年に創立されたDKW社は第1次世界大戦後に2ストロークエンジンのオートバイの生産を始めて成功し、1928年に小型4輪車市場に進出しました。DKWは当時経営が悪化していたアウディ社を買収し同社の技術を得て、オートバイと小型車のメーカーとして成功しました。1932年にはDKW社が中心となってホルヒ社、アウディ社、ヴァンダラー社の4社が連合してアウトウニオン社が成立しました。ホルヒは高級車、アウディはホルヒに次ぐ上級車、ヴァンダラーは中型車、DKWは小型車という分担でした。

 

 1931年にDKW社傘下のアウディからタイプ Tが登場しました。タイプ Tは6気筒3.8Lエンジンを搭載する中型車でした。タイプ Tの後継車として1933年に6気筒2Lエンジンを搭載するアウディ フロントが登場しました。名前のフロントとは、当時はまだ珍しかった前輪駆動車であることを示していました。前輪駆動技術はドイツ初の前輪駆動車を作ったDKWによるもので、エンジンはヴァンダラーの6気筒を使い、ボディはホルヒが担当していてフロントはアウトウニオンの総力を結集した車でした。1935年にフロント 225にモデルチェンジしました。名前が示すように6気筒2.25L(55HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速105km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で2010年に発売されました。もともとはアウディ社の100周年記念モデルとして製作された物で、そちらは白のボディカラーで出来ているようです。メーカー特注品ということで詳しい実車考証の上でモデル化されていて、細部までリアルに再現されたレベルの高い出来ばえとなっています。特に豆粒のように小さなサイズでワイパーモーター(ウィンドースクリーンの下部にある)が再現されているのには感心しました。この時代のアウディ車のミニカーは珍しくその点で貴重なモデルです。(ただ前述したミニチャンプス製のアウディ タイプ Aと同じことを書きますが、少量生産品故にレジン製であることと軽くて安っぽい感じがするのがいまいちです) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI FRONT 225 ROADSTER 1
AUDI FRONT 225 ROADSTER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1107

   

AUDI 100S COUPE 1970 GERMANY

AUDI 100S COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MARKLIN 1834 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 115HP 4段変速 縦置きエンジン 前輪駆動
性能: 最高速187km/h
データーベースでアウディ 100のミニカー検索

 

アウディ 100S クーペ ドイツ 1970

 

 戦前に設立されたアウトウニオン社は第2次大戦中は軍用車両の生産を行いました。敗戦したドイツは東西に分断され、アウトウニオン社の主要な工場は東ドイツ側にあったので東ドイツの会社に統合されました。1947年に西ドイツのアウトウニオンの子会社が新生アウトウニオンを創立し、戦前のモデルをベースにしたDKW車を生産し始めました。1958年にダイムラー ベンツ社がそのアウトウニオン社を買収し、その後1964年にフォルクスワーゲン社がアウトウニオン社を傘下に収めました。

 

 1965年にDKW F102の2ストロークエンジンを4ストロークに変更したアウトウニオン アウディ 75 (F103)が登場しました。(実車画像→アウトウニオン アウディ 75 1965) この車は後にアウトウニオンの名前が外れて、復活したアウディの最初のモデルとなりました。(この時点でDKWブランドは消滅しました) アウディ 75は4気筒1.7L(75HP)エンジンを縦置きする前輪駆動の中型セダンで、ワゴンのバリアントや高性能版のスーパー 90などが追加されました。1968年にはフォルクスワーゲン グループの最上級車としてアウディ 100が登場しました。アウディ 100は4気筒1.8L(100HP)エンジンを搭載した中型の前輪駆動車で、シンプルで品の良いデザインが特徴でした。当初はセダンだけでしたが、1970年に1.9L(115HP)エンジンを搭載するファーストバックのクーペが追加されました。アウディ 100は1975年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはドイツのメルクリン製の当時物です。メルクリンは鉄道模型の老舗メーカーで、1950-1970年代にはダイキャスト製ミニカーも作っていました。アウディ 100 クーペをモデル化しています。フロントの造形は実車のイメージ通りですが、キャビン後部の形状が実車と違う感じがします。より低く伸びた感じになっていますが、これはメルクリン流のデフォルメなのだと思います。ホイールは当時流行った走らせることを重視したフリーホイールになっています。ドア/ボンネット/トランクが開閉するフルギミックで、この開閉ギミックはヒンジ部に板バネを使うことで閉じたときの立付けが良くメリハリの効いた開閉動作を実現していました。メルクリンは型番1821で4ドアセダンもモデル化しています。これ以外のアウディ 100の当時物ミニカーはシュコーのセダンとクーペ 1/66、ジクのセダン 1/60などがありました。最近の物ではミニチャンプスのセダンとクーペ、ヘルパのセダンとクーペ 1/87などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームとリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI 100S COUPE 1
AUDI 100S COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=528

   

AUDI 80 GL (B1) 1972 GERMANY

AUDI 80 GL (B1) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 611 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 85HP 4段変速 縦置きエンジン 前輪駆動
性能: 最高速170km/h
データーベースでアウディ 80のミニカー検索

 

アウディ 80 GL (B1) ドイツ 1972

 

 前述したように1965年に復活したアウディの最初のモデルはDKW F102をベースとしたアウディ 75 (F103)で、縦置きエンジンによる前輪駆動車でした。1972年に登場したアウディ 80はそのアウディ 75の後継車で、4気筒1.3L/1.5Lエンジンを縦置き搭載した前輪駆動の小型車でした。この車はフォルクスワーゲンが次世代の主力車種として開発し1973年に登場したフォルクスワーゲン パサートのベースとなった車でした。アウディ 80は一般的なノッチバック セダンでしたが、パサートはハッチバック セダンでした。

 

 デザインはイタルデザインのG.ジウジアーロによるもので、シンプルな面構成でバランスの良いデザインでした。2ドア/4ドアセダンと5ドアワゴンがありました。エンジンは4気筒1.3L/1.5L(85HP)が搭載され、標準モデルは2灯式で上級グレードは4灯式ヘッドライトでした。1973年に1.6L(100HP)エンジン搭載の高性能版80GTが追加されました。1973年のヨーロッパ カー オブ ザイヤーを受賞しています。1977年のマイナーチェンジでヘッドライトが角形に変更されました。1978年に2代目(B2)にモデルチェンジしました。(実車画像→ アウディ 80 1987)

 

 

 ミニカーは1970年代に発売されたシュコー製の当時物です。シュコーはドイツの老舗玩具メーカーで1950年代のぜんまい仕掛けの精巧なブリキ製自動車玩具で有名でした。1960年代にダイキャスト製の小スケールミニカーを発売し、1970年代には1/43のミニカーも発売しました。その1/43のダイキャスト製ミニカーはこのアウディ 80あたりから始まったもので、フロントグリル全体をメッキしたプラスチックパーツで造形する当時のシュコー独特の作風は、斬新で目新しい出来ばえでした。ドアやボンネットの開閉ギミックが付いていますが、その可動部の隙間は小さく動作はスムーズでドイツ流の緻密な作りになっていました。(ただ初期の物は塗装が良くないものがあります) アウディ 80の当時物ミニカーはこれぐらいしかなく、最近の物ではミニチャンプス、ブレキナの1/87、Bブラーゴの1/24などがあります。 以下はフロント拡大画像/ボンネットを開いたエンジンルームとリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI 80 GL 1
AUDI 80 GL 2

 以下は同じシュコーのバリエーションのアウディ 80 ポリス (1/43 型番634)の画像です。この時代のドイツのポリスカーは白に緑のラインが一般的でした。(現在は銀に青ラインが多いようです) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AUDI 80 GL 
 POLICE 1
AUDI 80 GL POLICE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=529

   

 

AUDI 50 GL 1974 GERMANY

AUDI 50 GL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 301-622 1/43 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 50HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでアウディ 50のミニカー検索

 

アウディ 50 GL ドイツ 1974

 

 アウディ 50はフォルクスワーゲン ポロの姉妹車で、このクラスの市場調査用にポロに先行して1974年に登場しました。アウディとしては前身のアウトウニオンが併合したNSUの小型車プリンツの後継車という位置づけでもありました。デザインはポロと同じで、違いはアウディのエンブレムぐらいでした。当初は4気筒1.1L(50HP)エンジンを搭載し、4気筒895cc(40HP)エンジンのポロより車格が上の車で、値段もポロより高価でした。

 

 ポロと同じ895ccや1.3Lエンジンも後に追加されましたが、値段が安いポロのほうが2倍以上多く売れました。フォルクスワーゲン グループとしてアウディ ブランドはもっと上級な車を担うことになったため、1978年には生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物です。実車同様にフォルクスワーゲン ポロのグリルを変えて、アウディ 50に仕立てています。(黒塗装で見難いですが、グリルにはアウディのエンブレムがついてます) これ以外の当時物として、ポリスティルの1/25があります。最近では、ミニチャンプスがモデル化しています。

AUDI 50 GL 1
AUDI 50 GL 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1098

   

AUDI 100 1976 GERMANY

AUDI 100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 9492 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 5気筒 2.1L  115HP 4段変速
性能: 最高速179km/h
データーベースでアウディ 100のミニカー検索

 

アウディ 100 ドイツ 1976

 

 100の2代目は世界初の直列5気筒エンジン(2.1L 115HP)を搭載した前輪駆動車で、フォルクスワーゲン グループの最高級車という性格をより明確にした車でした。6ライト ウインドー(側面に3つ窓がある)のキャビンとシンプルな面構成の外観は、派手ではないですが品があります。

 

 また前輪駆動車故の広い室内、優れた操縦安定性などはメルセデス ベンツのコンパクト クラスを越えているとの評価を得るようになりました。1980年にはターボ過給した2.2L(170HP)エンジンを搭載した、上級モデルの200が追加されています。

 

 

 ミニカーはガマのブランドで売られた当時物ですが、作風を見て分かるように実際はシュコー製です。(底板にはシュコー 301-639と表記がある) シュコーは1976年頃に倒産してその後ガマに吸収されたので、このようにガマのブランドで販売されたのです。(薄青に着色されたウインドスクリーンを使うのはその頃のガマの特徴です)

AUDI 100 1
AUDI 100 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=530

   

AUDI UR QUATTRO 1980 GERMANY

AUDI UR QUATTRO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CONRAD 1020 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 5気筒 2.1L 200HP 5段変速
性能: 最高速222km/h
データーベースでアウディ クワトロのミニカー検索

 

アウディ UR クワトロ ドイツ 1980

 

 センターデフを使ったフルタイム4WD方式を採用したアウディ クワトロが1980年に登場しました。従来の4WDは悪路走破を目的としたパートタイム式が一般的で、一般路で駆動力を増す為にフルタイム方式を採用したことは画期的なことでした。2代目80の2ドアをベースにした設計で、ハッチバックのように見えますがリアはトランクです。アウディ 200用の5気筒2.2Lエンジンをインタークーラー付ターボで過給して200HPにパワーアップし、5段変速 最高速222km/hの性能でした。

 

 エンジンは1987年に2.2Lに拡大し、1989年にはDOHC化されて220HPまでパワーアップしています。外観はマイナーチェンジでヘッドライトが4灯式から2灯式に変わっています。この車をベースにしたラリー車は、1981年の第2戦で優勝 1982、1984年にメイクスチャンピオンとなり、この4WD方式の能力の高さを証明しました。

 

 

 ミニカーはコンラート製の当時物です。バンパーがボディと一体していて、実車どおりにアウディの四ツ輪のロゴがドアに付いています。補助灯や大きなリアスポイラーのついたラリー仕様(デカール未貼付)も出ています。また同じものがガマのブランドでも販売されました。それ以外の当時物では、ポリスティルの1/25、ソリドのラリー仕様などがあります。 最近の物では、ミニチャンプス、ビテス、トロフューなどからたくさんモデル化されてます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1100

   

 

AUDI COUPE GT 5S 1981 GERMANY

AUDI COUPE GT 5S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CONRAD 1012 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 5気筒 2L 115HP 5段変速
性能: 最高速186km/h

 

アウディ クーペ GT 5S ドイツ 1981

 

 1981年に登場したアウディ クーペは見た目はクワトロとそっくりですが、2代目80のクーペで4WDではありません。クワトロとの違いはブリスターフェンダーが普通のフェンダーであることと、バンパーの形状です。4気筒1.8L、5気筒1.9L/2L(115HP)/2.1Lエンジンを搭載し、5段/3段自動変速 最高速186km/h(2L)の性能でした。

 

 1984年のマイナーチェンジで、ヘッドライトが大型2灯式に変わり、バンパーもクワトロのような形状に変わりました。また同じ年に、クワトロと同じフルタイム4WD方式が搭載可能なクーペ クワトロも追加され、ますますクワトロとの違いが少なくなりました。(当方もこの違いを調べるのに手間がかかりました)

 

 

 ミニカーはコンラート製で、見た目は上述したクワトロとよく似てますが、外観を実車同様に変えてあります。バンパーの違いは明確です、ブリスターフェンダーの違いはよく見ないとわからないのですが、1/43サイズではこの程度の違いになります。クワトロと見た目が変わらない為でしょうか、これ以外の当時物はなく、また最近の物でもこの車はモデル化されていません。(クーペの2代目はモデル化されてる)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1101

   

AUDI 100 (C3) 1982 GERMANY

AUDI 100 (C3) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CONRAD 1022 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: 5気筒 2.1L 105HP 5段変速
性能: 最高速201km/h
データーベースでアウディ 100のミニカー検索

 

アウディ 100 (C3) ドイツ 1982

 

 アウディの最上級車100は1982年に3代目C3に変わります。先代のデザインを踏襲し、ボディの段差をなくす処理が徹底され空力的に極めて優れたボディとなっています。4気筒1.6L/2L、5気筒1.9L/2.1L(105HP)、5気筒2Lディーゼルエンジンを搭載し、5段/3段自動変速 最高速201km/h(1.8L)の性能でした。105HPのエンジンで200km/hが出せたのは空力ボディのなせる業で、この取組みが評価されて1983年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 セダン以外にワゴンのアバントもありました。ターボ過給した5気筒エンジンなどを積む100の豪華仕様の200もありました。フルタイム4WDのクワトロが追加され、アウディ独自の衝突時安全装置プロコン-テン システムも追加されました。アウディ 100 C3はその後の他社のボディ開発に多大な影響を与えた車でした。

 

 

 ミニカーはコンラートの当時物で、これも良い出来映えです。なおアバントをシャバックがモデル化していますが、非常によく似た出来上がりで多分コンラートがベースになっているように思います。(この頃のシャバックとコンラートはよく似ています) これ以外の当時物は無いようで、最近の物では、ミニチャンプスがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1103

   

 

ページ 1  2  3   次へ »