ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GM PONTIAC PARISIENNE 1968 USA

GM PONTIAC PARISIENNE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 173 1/43 131㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約2m
エンジン 変速機:  
性能: 
データーベースでGM ポンティアックのミニカー検索

 

GM ポンティアック パリジェンヌ アメリカ

 

 1968年に縦型4灯式ヘッドライトは横4灯式に変わります。ポンティアックのデザインの特徴は二分割されたフロントグリルと中央の突き出たノーズで、この年式はノーズがかなり強調されています。

 

 基本的にこのスタイルは現在でも踏襲されていますので、ポンティアックは一目で区別がつきます。現在の基準で見ると、キャビン部分の大きさに対してノーズとテールの長さが異様に長いように感じます。

 セダンはあまりミニカーにならないので、このディンキーのミニカーは当時のセダンとして貴重なものです。アンテナが昇降するという変わったギミックが付いています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=380

   

GM PONTIAC FIREBIRD 1967 USA

GM PONTIAC FIREBIRD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 74 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.6L 325HP 
性能: 
データーベースでポンティアック ファイアーバードのミニカー検索

 

GM ポンティアック ファイアーバード アメリカ

 

 カマロのポンティアック版として登場したのがファイアーバードです。2分割のフロントグリルと突き出たノーズでポンティアックらしくなっていますが、基本的なデザインは上述のカマロと同じです。

 

 カマロ同様ベーシックな6気筒から高性能なV型8気筒エンジンまでそろっていました。最強は6.6L(400立方インチ) 325HPの400というモデルで、最高速180km/h以上の性能でした。

 ミニカーはデルプラド製で400のモデルです。変なボディカラーのせいで損をしていますが、よく見るとデルプラドとしては出来の良いミニカーです。プロポーションはまあまあで、細かい部分では運転席の前のボンネットの膨らみ(タコメータがマウントされていた)やリアのリーフ スプリングの表現などなかなか凝ってます。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=381

   

 

GM PONTIAC FIREBIRD TRANS AM 1969 USA

GM PONTIAC FIREBIRD TRANS AM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
YATMING 94238 1/43 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.6L 345HP 
性能: 
データーベースでポンティアック ファイアーバードのミニカー検索

 

GM ポンティアック ファイアーバード トランザム アメリカ

 

 トランザムは1969年にファイアーバードに追加されたリアスポイラーを装備したオプションパッケージの名前で、アメリカのレース「Trans-American Sedan Championship」にちなんでいます。

 

 このトランザムという名前はファイアーバードの最強モデルとしてその後定着していきました。この1969年型は上述の1967年型のマイナーチェンジ版でフロントの造形が大きく変わっています。

 ミニカーはヤトミン製で、安価ながらも結構いい感じの出来映えです。この時代のアメリカ車の1/43のミニカーは少ないので、結構気に入っています。上記デルプラド製とサイズは同じはずなのですが、こちらが少し大きめに出来ているようです。(多少大きめの方がアメリカ車らしいですが)

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=382

   

GM PONTIAC FIREBIRD TRANS AM 1979 USA

GM PONTIAC FIREBIRD TRANS AM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
YATMING 94239 1/43 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.6L 370HP 
性能: 
データーベースでポンティアック ファイアーバードのミニカー検索

 

GM ポンティアック ファイアーバード トランザム アメリカ

 

 ファイアーバードのの2代目は、1970年に登場します。2代目もカマロと兄弟車で、大きなCピラーを持つクーペスタイルに変わります。この2代目は前後のグリル変更、リアウインドーの大型化(1975年)などが行われ1981年まで長く続きます。

 

 また2代目に搭載することができた455エンジン(7.5L レース仕様540HP)は、マッスルカー時代最後にして最強のエンジンであったといわれています。

 ミニカーは上記と同じヤトミン製です。1979年型にはボンネットにファイアーバード(火の鳥=不死鳥)のイラストを大きく描いた実に印象的なモデルがあり、ミニカーはまさしくその車です。このイラストが付いた1/43のファイアーバードが欲しかったので、気に入っています。色違いで黒のボディに金色のイラストもあります。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=383

   

 

MONKEE MOBILE 1966 USA

MONKEE MOBILE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 277 1/46? 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m? 全幅約1.9m?
エンジン 変速機: V型8気筒 6.4L 335HP? 3段自動変速
性能: 最高速不詳
データーベースでモンキーモービル のミニカー検索

 

モンキーモービル アメリカ

 

 イギリスのロックバンド ビートルズが1960年代に世界を熱狂させました。アメリカでも同じようなグループを売り出そうとして、ビートルズの映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」を真似たTV番組「ザ モンキーズ ショー」が1966年に製作されました。この番組の為にオーディションで選出された4人グループが「ザ モンキーズ」で、番組の内容は売れないミュージシャングループが繰り広げる一話完結のコメディドラマだったそうです。その番組とタイアップしたデビューアルバム「恋の終列車(The Monkees)」は大ヒットし、モンキーズはアメリカの人気グループとなり、イギリスでも人気があったそうです。なお当時の私は子供だったので、このグループのことを知りませんでしたが。。。

 

 このTV番組に登場するグループの車が、モンキーモービルでした。1966年式ポンティアック GTOをベースにしたドラッグスター風のカスタムカーです。ノーズとテールを延長して派手なデザインに改造してあり、クロームメッキされたスーパーチャージャー付のV型8気筒6.4Lエンジンがむき出しになって搭載されています。リアにはドラッグスター用のパラシュート式ブレーキが装備されていたようです。なお実車は2台あったそうで、2台は側面にあるモンキーズのロゴの大きさなどが違うようです。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1968年に発売されました。実車の外形寸法が分からないので全長などは当方の推定値ですが、縮尺は1/46ぐらいで作られているようです。特徴的なフロントノーズやリアなどがそこそこ再現されていて、当時のミニカーとしては良くできていると思います。コーギーお得意の良くできたフィギュアが付いているのが、車の出来ばえ以上にこのミニカーの魅力だと思います。(手間が掛かるフィギュアを省いた再生産品が2001年頃に発売されています) なお実車のソフトトップは白なので、この赤/白の塗り分けは正しくないのですが、そのことは知らなかったことにしましょう。モンキーモービルの当時物ミニカーは同じコーギーのハスキー(小スケール)しかありません。当時物以外ではERTLの1/18やジョニー ライトニングの小スケールがあります。以下はフロント/リアの拡大画像とフィギュアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MONKEE MOBILE 1
MONKEE MOBILE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1928

   

KNIGHT 2000 K.I.T.T. KINGHT RIDER 1982 USA

KNIGHT 2000 K.I.T.T. KINGHT RIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AOSHIMA SKYNET 72264 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.87m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: 不詳(ドラマの設定) 8段自動変速(ドラマの設定)
性能: 最高速 520km/h(ドラマの設定)
データーベースでナイトライダー関係のミニカー検索

 

ナイト 2000 キット ナイトライダー アメリカ

 

 ナイトライダー(KNIGHT RIDER)は1980年代にアメリカで放映されたTV ドラマです。(日本では1987年にテレビ朝日系列で放映) ナイト財団という組織に属するマイケル ナイトが高性能な特殊車両ナイト2000を使って様々な事件を解決するといったドラマでした。このドラマの魅力はナイト2000に搭載された人間と会話する高性能なコンピューターのキット(K.I.T.T)の存在です。真面目なキットと破天荒なマイケル ナイトのやり取りが面白く、個人的に好きなドラマでした。

 

 ナイト2000はポンティアック トランザム 1982年式をベースにして製作され、ノーズ以外の外観はほぼそのままです。キット以外の劇中車としてはナイト財団移動本部として使われた大型セミトレーラーのルークワンやキットのプロトタイプで後に敵役となるカール(K.A.R.R. 外観は同じで黒/銀のツートンカラー)などがありました。

 2008年にアメリカでは新シリーズのナイトライダーがTV放映されました。(日本ではナイトライダーNEXTとして2012年にTV放映) このドラマではナイト 2000はシェルビー マスタング GT500をベースにしたナイト 3000に変わりました。このシリーズは何回か見ましたが、オリジナルと比べるとあまり面白く思いませんでした。1980年代当時のナイト2000は夢の車でしたが、最近の音声認識技術や自動運転技術の進展でこのような車が現実化されつつあります。

 

 

 ミニカーは青島 スカイネット製で、2004年に発売されました。プロポーションが良く、ホイールや灯火類などの細部もリアルに再現してあり、非常に良い出来ばえです。また見難いのですが室内も航空機の操縦桿のようなハンドルやメーター類がちゃんと再現してあります。さらにキットが外部の状況を監視するフロントノーズにあるスキャナーが点滅するギミック付きです。(小さなボタン電池2個で作動) 青島は1/43、1/18、1/15で、キットとカールを8種類ほどモデル化していて、1/18と1/15は音声出力回路やメータ照明などもっと凝ったギミックが付いています。(青島はプラモデルやRCカーも作っています) 青島以外ではマテルの1/64、1/43、1/18などがあります。

以下はスキャナーが動作する動画と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバーやタップで画像が変わります)
KNIGHT 2000 1
KNIGHT 2000 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1919

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...25 次へ »