ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

RENAULT 16 1965 FRANCE

RENAULT 16 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 537 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 55HP 4段変速
性能: 最高速139km/h
データーベースでルノー 16のミニカー検索

 

ルノー 16 フランス

 

 1965年に発表された16は、当時としてはまだ珍しかった2ボックス ハッチバック スタイルを採用した前輪駆動方式の中型車でした。大きく開くリアゲートと折畳んで収納可能なリアシートで室内を多目的に使えることが評価され、1966年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーに選ばれていて、現在のミニバンの元祖のような車です。

 

 大柄な割りに980kgと軽量なボディで、4気筒1.5L(55HP)エンジンで4段変速機を介して最高速139km/hの性能でした。1968年には1.6L(85HP)エンジンを搭載した高性能版TSが追加され、1979年まで長い間生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。テールゲートが開閉しリアシートが前後に移動するという、この車の特長的な機能をギミック化しています。コーギーもシート折畳みギミックが付いた16を出していますが、今では当たり前のような機能も当時としては画期的なことだったようです。

 
 

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH  1965 FRANCE

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON  PALM BEACH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 158060 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 83HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでシトロエン DS カブリオレ/クーペのミニカー検索

 

シトロエン DS 19 カブリオレ (アンリ シャプロン) パームビーチ フランス

 

 DSは特別に高級な車ではありませんでしたが、ドゴール大統領専用車を初めとして、政府公用車に多く使われました。またフランスのカロッツェリアであるアンリ シャプロン(HENRI CHAPRON)は、DSをベースにした豪華なカブリオレを特注で製作しました。ホイールベースを変えずに客室部分を2+2座(又は2座)に変えた贅沢なレイアウトは、戦前のブガッティ、ドライエなどの豪華なスポーティカーの流れを引き継ぐ魅力ある車に仕上がっていました。

 

 この車は好評であった為、1960年からシトロエンのカタログモデルに追加されました。ボディ架装はシャプロンが行い価格はDSの約2倍と高価な車でした。オプションでハードトップも用意されていましたが、純粋なハードトップだけの仕様もありました。シャプロンの特注でハードトップの形状が異なるダンディ クーペ(LE DANDY COUPE)とコンコルド クーペ(CONCORDE COUPE)の2タイプがありました。カブリオレは1971年まで生産され総生産台数は約1400台、後継車はSMでした。

 

 

 ミニカーは1990年代のノレブ製で、パームビーチという名前が付けられたカブリオレをモデル化しています。ミニカーは限定生産モデルだったのでハンドメイド並みに高価でしたが、魅力的なカラーリングやクロームモール処理が気に入って購入しました。(後の再生産で限定生産品の半値ぐらいで販売されましたが) ノレブはこれ以外にもプラスチック製の当時物など10数種類をモデル化しています。ノレブ以外のカブリオレでは、リオやソリドなどもあります。クーペのミニカーではコーギーの当時物ダンディ クーペがあり、最近の物ではノレブとMETAL-18の1/18などがあります。

PEUGEOT 204 1965 FRANCE

PEUGEOT 204 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 510 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 48HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでプジョー 204のミニカー検索

 

プジョー 204 フランス

 

 小型車204は1965年に登場しました。プジョーにとって初めての前輪駆動車で、変速機の上にエンジンを横置きに配置するBMCミニと同じイシゴニス方式を採用していました。当初のエンジンは4気筒1.1L(48HP)で、4段変速で最高速140km/hの性能でした。

 

 1968年には1.3L(36HP)ディーゼルエンジンが追加され、このエンジンは当時世界最小の量産型ディーゼルエンジンでした。小型車ながらなかなか品のあるボディはピニンファリーナのデザインです。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。フロントグリル全体が銀色の塗装で処理されているので、いまいちグリルが平板な感じがしますが、ボディ全体のプロポーションはディンキー(仏)の常でしっかり出来ています。

 
 

PEUGEOT 204 COUPE 1965 FRANCE

PEUGEOT 204 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 147 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 48HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでプジョー 204のミニカー検索

 

プジョー 204 クーペ フランス

 

 204はセダンに次いでまずブレーク(ワゴン)が追加され、1966年には商用のフルゴネット(バン)、ホイールベースを短縮した3ドアクーペ、2ドアカブリオレが追加されました。

 

 最近はこのようなボディ バリエーション展開する車は少なくなりましたが、昔のカローラなどはこのようなバリエーションでした。204は1970年頃にはフランスのベストセラーカーとなっていたそうで、1977年まで長期間生産されました。

 

 

 実車が人気があったので、ミニカーはバリエーションが揃っています。セダンとカブリオレはディンキー(仏)が、セダン、ブレーク、クーペはノレブがモデル化しています。当時のノレブはプロポーション等は悪くはないのですが、ディンキー(仏)と比べると材質がプラスチックで安っぽい感じがしたものでした。また経年変化でボディやシャーシが変形してくるという好ましくない病気もあります。このミニカーもボンネットなどが変形しています。

MATRA SPORTS JET 6 1965 FRANCE

MATRA SPORTS JET 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE  1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.22m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 105HP 4段変速
性能: 最高速200km/h

 

マトラ スポーツ ジェット 6 フランス

 

  若き技術者シャルル ドイッチェとルネ ボネが戦前に興したDB社はシトロエンをベースにしたレースカーを開発していました。戦後パナールをベースにして開発したDB パナールがルマンで活躍するなどして、DB社はスポーツカーメーカーとしての地位を築きつつありました。そのDB社を軍事用ミサイルメーカーのマトラ社が買い取って、自動車部門として設立させたのがマトラ スポーツ社でした。

 

 マトラ社はDB社が1963年に市販した世界初の市販ミドシップ車ジェットの細部を変更して、マトラ ジェットとして登場させました。ボディはFRP製で、ルノー8用の1.1L(70HP)エンジンで最高速170km/hのジェット 5からゴルディーニ用の1.3L(105HP)エンジンで最高速200km/hのジェット 6など数種類のチューンがありました。価格が高く実用性が低かったので商業的には失敗でしたが、高度な内容を持つ車でした。

 

 

 ミニカーはフランスのミニオール製で、材質はプラスチックです。リアウインドーの変形やホイールの溶けなどがやや見苦しいですが、プロポーションはしっかりしているので、この車の引き締まったスタイルが分かっていただけると思いますが。

 
 

BERLIET STRADAIR TRUCK 1965 FRANCE

BERLIET STRADAIR TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 569 1/43 175mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7.5m 全幅約2.5m
エンジン 変速機: 4気筒 5.9L ディーゼル 120HP 5段変速
性能: 最高速110km/h 最大積載量 5t
データーベースでベルリエのミニカー検索

 

ベルリエ ストラデール トラック フランス

 

 ベルリエは自動車創世期に設立されたメーカーです。第一次世界大戦中は、軍用トラックを生産していました。大戦後に乗用車生産を再開し、1920年代には4気筒の小型車から6気筒の大型車まで数モデルを販売していました。1929年のアメリカ株価大暴落による金融危機で景気が悪くなり、自動車の販売は低迷します。その影響で1930年代になると、ベルリエの乗用車は1934年に発売した11CVドーフィンだけになりました。この車もすぐに生産中止となり、その後のベルリエはトラック(後にバス追加)だけを生産するようになりました。

 

 ベルリエのトラックはほとんどが大型(一部中型)で、それををベースにしたバスもありました。1949年に登場したボンネット式トラックのGLシリーズは、そのトラクタ仕様のTL、全輪駆動仕様(3軸2駆動軸の6X4、3軸3駆動軸の6X6など)のGBなど派生車が多くあり、1970年代まで生産されました。1957年にはV型12気筒30L(600HP)ディーゼルエンジンを搭載した全長13mの世界最大のトラック T100が登場しています。ベルリエは1967年にはシトロエン傘下となり、1974年にはルノーに売却されて同じトラック製造のサビエムと合併しルノー トラックスとなりました。

 

 

 1965年に登場したベルリエ ストラデールは、トラックとしてはスタイリッシュなでユニークなデザインを採用していました。STRADAIRとはイタリア語のSTRADA(道路)とフランス語のAIR(空気)を組合わせた造語で、エアクッションとリーフスプリングを組み合わせた凝ったサスペンションを採用していることからつけられた名前のようです。登場後に合併したシトロエンがスタイルとサスペンションに影響を与えているように思います。なおエアクッションを使ったサスペンションは、荷重変化の大きいトラックに適したサスペンションで、現在のトラックでは主流となっています。

 ミニカーはディンキー(仏)製の当時物で、1967年に発売されています。ストラデールの長尺平ボディトラックをモデル化しています。ディンキー(仏)らしいスケールモデル的なリアルな造形で、特徴的なボディだけではなく、車体下部のシャーシ、エンジン、サスペンションなどのメカ部分も良く再現されています。昔のミニカーですから、トラックの機能を再現した面白いギミックが付いています。そのギミックについて、以下の簡易動画で詳しくお見せします。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします) まずはボンネットの開閉動作で、エンジン、ラジエータ、室内換気用?ダクトなどがかなりリアルに再現されています。次は平ボディの荷台部分で、側面のあおりが開閉します。
berliet stradair engine
berliet stradair steer

 次はこのミニカーの最大の特徴である荷台を左右どちらにも傾けることができるギミック動作です。左右どちらに傾けるかどうかは、荷台の底にある2本のスライドレバーの位置で決まります。左側の画像ではレバーを下にスライドさせることで、画像下側(荷台右側)が回転軸に固定され、後方のハンドルを回すと荷台左側が上がります。右側の画像はその逆でレバーを上にスライドさせることで、画像上側(荷台左側)が回転軸に固定され、後方のハンドルを回すと荷台右側が上がります。当方の拙い説明ですぐに構造が理解できる人は少ないと思いますが、画像を何度か見ていただければなんとなく分かっていただけるのではないかと思います。
berliet stradair dump1
berliet stradair dump2

 なぜこのミニカーのギミックについて詳しく書いているかというと、それはこのミニカーを設計した人の面白いものを作ってやろうという情熱とそれを実現させた創意工夫を知ってもらいたいからです。スケールモデル的に良く出来ている最近のミニカーも良いのですが、細かい部分を再現するのは単に工場で作る人の手間が掛かっているだけで、そこには設計した人の創意工夫といったものはあまり感じられません。現在のミニカーメーカー(特にレジン製)は矢継ぎ早に新製品をだしていますから、昔のように一つの新製品に時間をかけられないという事情があるのでしょう。しかし私のような昔からのコレクターとしては、あまり変わり映えのしない無個性な新製品をたくさん作ってもらうよりは、昔のコーギーやディンキーのような一味違うミニカーを少しづつ作って欲しいと思うのです。この私の考えに近いやり方をしているのは、国産ではトミカ リミッテドだと思います。(1/43サイズではないので私はあまり買いませんが、好きなブランドです)

 これ以外のストラデールのミニカーは、ソリド(ベレム)の当時物、最近の物ではイクソやノレブ CIJの物があります。ベルリエの商用車は、ボンネットタイプのトラックのGL、TL、GBや、世界最大のトラック T100などを、ディンキー、ソリド、ノレブ、ブレキナなどがたくさんモデル化しています。

 

ページ  « 前へ 1...28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  ...50 次へ »