ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FORD TRANSIT MK I POLICE ACCIDENT UNIT 1965 UK

FORD TRANSIT MK I POLICE ACCIDENT UNIT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 287 1/40? 122mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型4気筒 2L 86HP 4段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでフォード トランジットのミニカー検索

 

フォード トランジット MK I 交通事故処理車 イギリス

 

 商用車テームズ 400Eの後継車として1965年にトランジット MK Iが登場しました。テームズ 400Eは当時のライバルのベッドフォード CAなどに対して積載量で劣っていた為ボディを大きくし、ベッドフォード CAに似た短いノーズを持つデザインに変わりました。ホイールベースの異なるロングとショートのボディがあり、ピックアップトラックやミニバスもありました。トランジットはドイツとイギリスの両フォードに共通するモデルでした。

 

 当初のエンジンはV型4気筒1.7L/2Lとパーキンス社製4気筒1.6Lディーゼルで、サイズが大きいディーゼルはノーズを前方に延ばして搭載していました。このロングノーズ版には緊急車両用としてV型6気筒3Lエンジンを搭載した高性能モデルもありました。1978年のマイナーチェンジで、フロントのデザインが大幅に変更され、MK IIとなりました。当サイトのデータベースでは車名に世代を意味するMK *を付けています。1965年のモデルをMK I、1978年モデルをMK II、1986年モデルをMK III、1991年モデルをMK IV、1994年モデルをMK Vとしています。(MK Iはマイナーチェンジでフロントのデザインが2回変更されているようで、この変更はa b cを付けて区別しています)

 

 

 ミニカーはディンキー製の当時物(1967年発売の初期型)で、ロングボディの交通事故処理車をモデル化しています。ディンキーらしいがっちりした作りで、当時のミニカーとして良くできています。ポリス仕様として警察官のフィギュアが乗っていて、ルーフには青色灯とレーダースピードガンが付いています。右側スライドドア、左側ドア、リアドアが開閉し、車内には車線規制用の3角コーンと標識が積まれています。それらを取り出して並べると交通事故処理の簡単なジオラマが出来上がります。ディンキーはフロントが変更されたMK IIも含めてバン、救急車、ポリスカーなど十数種類をモデル化しています。(MK Iには縮尺の異なる2タイプがあります) トランジットのミニカーはたくさんあり、特にブレキナはMK I(ドイツではMK IをMK IIと呼ぶのでブレキナの車名表示はMK II)のマイナーチェンジを作り分けていて、様々なタイプを約40種類もモデル化しています。
以下で当時のイギリスの商用車のミニカーが検索できます。
データーベースでフォード テームズのミニカー検索  データーベースでベッドフォード CAのミニカー検索
データーベースでBMC J2のミニカー検索  データーベースでコマーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1848

   

FORD D800 TRUCK 1965 UK

FORD D800 TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 914 1/43 130mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約2.2m
エンジン 変速機: 6気筒 6L ディーゼル 128HP など 4段変速?
性能: 最高速 不詳  
データーベースでフォード D800のミニカー検索

 

フォード D800 トラック イギリス

 

 イギリス フォードの商用車は1930年代のフォード Y型の商用バン仕様(E83W)から始まりました。この商用車はフォードソン(FORDSON)のブランド名で展開されました。フォードソンはフォードの農業用トラクターのブランドとして知られていますが、イギリス フォードの商用車のブランドとしても使われました。1937年には5t積みの大型トラック フォードソン 7Vが登場しました。

 1949年に大型トラック 7Vを後継するフォードソン テームズ ET6/7が登場、1954年にアングリアをベースにした小型商用バンの300Eが登場しました。1957年にE83Wを後継するキャブオーバー型商用バンのテームズ 400Eと、大型トラック ET6/7を後継するフォードソン テームズ トレーダーが登場しました。なお1957年にフォードソンブランドはなくなり、フォードブランドに戻りました。1965年にテームズ 400Eはトランジットに、テームズ トレーダーはDシリーズに変わりました。

 

 キャブオーバー式商用車はエンジン整備の為にキャブを傾けて(チルトして)開く必要がありますが、Dシリーズはカウンターウエイトを使う方法でほぼ片手でキャブの開閉ができました。このようにDシリーズは、ライバルのベッドフォード TK(1959年登場)などに比べて近代的な構造のキャブオーバー式トラックでした。エンジンは4/6気筒のガソリン/ディーゼルで、1967年にV型8気筒7.7Lディーゼルを積むイギリス フォード最大の大型トラック D1000が追加されました。Dシリーズは1981年に後継のカーゴ(CARGO)シリーズに切り替わりました。

 

 

 ミニカーはテクノ製でブランド表記が「KIRK」に変わった1970年頃に発売されたものです。フォード D800のダンプトラックをモデル化したテクノの傑作です。45年以上も前に作られた昔のミニカーですが、私の知る限りでは、1/43サイズではこれが一番精密で凝ったギミックを持つ商用車ミニカーであると思います。(単なるスケールモデル的な精密さなら、現在のヘルパやブッシュの1/87の商用車も結構精密ですが) もちろんプロポーションも良くできています。ギミックを付けるとプロポーションが悪くなるなどと言われますが、上手にギミックを付ければそんなことはありません。このミニカーのプロポーションの出来ばえを見れば、それが技術力の低いメーカーの単なる言い訳に過ぎないことが分かります。

 そのギミックについて、以下の簡易動画で詳しくお見せします。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします) まずはキャブのドアですが内張付きのドアはスムーズに開閉し、室内も良く再現されています。次にテクノお得意の前輪操舵ですが、車体下部のシャーシ、エンジン、サスペンション、ドライブシャフトなどのメカ部分が良く再現されていて、前輪は車体を傾けることで操舵できます。(操舵メカはさすがに実車と同じというわけではありませんが、頑丈な金属パーツでしっかり作られていて、普通の扱いではまず壊れません)

ford d800 door
ford d800 steer

 次は荷台のダンプ操作です。荷台をダンプさせるには、荷台左前にあるレバーを前方にスライドさせて荷台のロックを外してから車体を後退させれば、後車軸の回転と連動して荷台がダンプします。(簡易動画では撮影の都合で後退していませんが) このギミックは非常に良く考えられた仕組みで、ここにも頑丈な金属パーツが使われています。最後にキャブのチルト動作です。実車同様ににキャブ全体が前ヒンジで開き、エンジンや補器類が再現されています。エンジンが左に45度傾けて搭載されていることまでわかります。なお荷台やエンジンなどが白い軟質プラスチックで再現されていて、あまり色合いがリアルでないのは、玩具としての味付けでしょう。(軟質プラスチックは壊れにくいことで採用されているのでしょう)
ford d800 dump
ford d800 tilt

 テクノはこれよりホイールベースが長いトラックもモデル化していて、荷台に企業ロゴを印刷したプロモーション用モデルのバリエーションも多くあります。テクノ以外ではディンキー(ダンプカーや道路清掃車など) やマッチボックスの当時物もあります。(最近のものはないようです) Dシリーズより以前のトラック、テームズ トレーダーやテームズ ET6もスポットオンの当時物などがあります。なお同時期にコーギーも同じようなフォードのトラックを数種類(カートランスポーターなど)モデル化していますが、これはD800ではなく、アメリカ フォードのHシリーズです。
データーベースでフォードソンのミニカー検索
データーベースでフォード テームズのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1897

   

 

FORD ESCORT MK I 1968 UK

FORD ESCORT MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 168 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.05m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 52HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速137km/h
データーベースでフォード エスコート MK Iのミニカー検索

 

フォード エスコート MK I イギリス

 

 小型車アングリアの後継車としてエスコートが1968年に登場しました。ごくオーソドックスな構造の後輪駆動車で、当初は4気筒1.1L(40HP)/1.3L(52HP)エンジンを搭載し、4段変速(3段AT)で最高速137km/hの性能でした。ボディは個性的なフロント グリルを持ち、フェンダーラインに少し抑揚のついたスポーティなスタイルです。1967年にヨーロッパ フォードが設立されたので、エスコートは1969年からドイツでも生産されました。

 

 1970年には4ドアが追加され、64HPにパワーアップした1300GT、ロータス製1.6L(105HP)DOHCエンジンを積んだツインカムなど高性能版も用意されました。それらの高性能版はラリーで大活躍し、エスコートのスポーツイメージを高めました。1974年までにイギリス/ドイツ合わせて約200万台が生産され、大ヒットしました。

 

 

 ミニカーはディンキー製で、当時物としてはメーベトイ、ポリトーイなどもあります。このヘッドライトが矩形なのはデラックス仕様で、標準仕様は丸型です。ディンキーのやや角張った作風のせいで、曲面的な実車のイメージから少し外れた出来映えになっています。ただこれは昨今のスケールモデル的な評価で、当時物としては良い出来映えのミニカーです。(ディンキーの作風はメーカーの個性と考えます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=848

   

FORD ZODIAC MK IV 1966 UK

FORD ZODIAC MK IV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 164 1/42 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.72m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 128HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速166km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゾディアック MK IV イギリス

 

 1966年にゼファー/ゾディアックはモデルチェンジし、新型のV型4/6気筒エンジンを搭載するMK IVに切り替わります。ボディは大きくなり、角張ったフロントグリルの造形などアメリカ フォードのフェアレーンあたりと良く似たデザインとなっています。ロングノーズ ショートデッキというアメリカ車的なかっこよさがありましたが、ボンネットが無駄に長く室内はあまり広くなかったそうです。

 

 フォード初の全輪独立懸架、さらに全輪ディスクブレーキと足回りはレベルアップしていました。ゼファーは4気筒2L(82HP)/6気筒2.5L(104HP)エンジンを搭載し、4段変速(3段AT)、最高速156km/h(2.5L)の性能でした。上級車のゾディアックはゼファーと同じボディですが、4灯式ライトで外観を差別化し、エンジンも6気筒3L(128HP)と大きく、最高速166km/hと高性能でした。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物で、MK IVのミニカーは多分これしかないと思います。当時のディンキーの技術の全てを注ぎ込んだ素晴らしい出来映えです。基本的なボディのプロポーションが良くとらえてあり、前後の灯火類に全てラインストーンを使うなど豪華な仕上げとなっています。また4ドア、ボンネット、トランクの全てが開閉できるフルギミックながら、開閉部の立て付けもしっかり出来ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=849

   

 

FORD CAPRI 1969 UK

FORD CAPRI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 165 1/42 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 64HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフォード カプリのミニカー検索

 

フォード カプリ イギリス

 

 カプリという名前は失敗作のコンサル クラシックのクーペ版に使われていましたが、1969年に登場したカプリは打って変わって大成功を収めます。この車はアメリカで大成功したマスタングのスペシャリティーカーというジャンルをヨーロッパに持ち込んだ物でした。ロングノーズ ショートデッキのスポーティなスタイル、エンジンと内外装の豊富なオプション設定などマスタングと同じコンセプトが当たり、この車はアメリカ同様大成功しました。

 

 またカプリはイギリス/ドイツの両フォードで共通生産することを前提に開発された車で、同じボディに両フォード独自ののエンジンを搭載していました。イギリス版のエンジンは4気筒1.3L(52/64HP)、1.6L(64/82HP)、V型4気筒2L(92HP)、V型6気筒3L(128HP)と豊富なバリエーションがありました。3Lエンジン搭載車は4段変速(3段AT)で、最高速183km/hと高性能でした。 ドイツ版のカプリはこちら

 

 

 カプリのミニカーは非常にたくさんあります。画像はディンキー(英)の当時物で、おもちゃっぽいボディカラー以外はなかなかの出来映えです。ヘッドライトに大型のラインストーンを使うのは当時としては豪華な仕上げでこの時代らしいミニカーです。ホイールは細い鋼線を車軸に使った初期のスピードホイールなのですが、ホイールがセンタロック風に仕上げられていてスポーティな雰囲気に仕上がっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=850

   

FORD CAPRI 2900 1971 UK

FORD CAPRI 2900 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 190 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.9L 4段変速
性能: 
データーベースでフォード カプリのミニカー検索

 

フォード カプリ 2900 イギリス

 

 カプリはエンジンと内外装の豊富な組合わせで幅広いユーザー層を獲得し、英独両フォードを合わせて5年間で100万台以上が生産されました。カプリには2ドアクーペしかありませんから、それを考えると大変なヒットだったと思います。

 

 カプリはその高性能をアピールするために、モータースポーツにも積極的に参戦しました。レースのホモロゲーション用市販車としてV型6気筒2.6L(150HP)エンジンを搭載したRS2600が設定され、その強化版RS3100(148HP 排ガス規制でパワーダウン)も追加され、その最高速は200km/hにまで達しました。RS2600は1971年のスパ 24h優勝や1972年ルマンでのクラス優勝など、ツーリングカーレースで大活躍しています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、1971年のスパ 24h優勝車をモデル化したものです。(レース仕様車は2.9Lで機械式燃料噴射装置でパワーアップされていましたので2900という名前です) 4灯式ヘッドライト、ブラックアウトされたグリル、オーバーフェンダー、太いタイヤなどRS2600の仕様となっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=851

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5   次へ »