ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

BLMC MINI CLUBMAN 1969 UK

BLMC MINI CLUBMAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 178 1/38 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.17m 全幅約1.41m
エンジン 変速機: 4気筒 998cc 39HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでミニ クラブマンのミニカー検索

 

BLMC ミニ クラブマン イギリス

 

 フロントグリルと室内をモダンに変更したミニの高級版がクラブマンで、1969年に登場しました。メカ的な変更はなく、エンジンはセダンとエステート(トラベラー)が998cc(39HP)で、1275cc(60HP)を搭載しラジアルタイヤや3連メータを装備した高性能版の1275GTもありました。

 

 ミニの独特な顔付を変えてしまったクラブマンは評判が良くなかったようで、オリジナルデザインのミニよりも早く1980年には生産中止となりました。確かにフロントと従来のキャビンのデザインには違和感があり、いかにもとってつけたような感じがします。

 

 

  ミニカーはディンキー(英)の当時物です。1975年発売ですのでディンキーの最後の頃のまともなミニカーの一つです。フリーホイールが見苦しいですが、プロポーションはそこそこ良くできています。実車が不人気だったせいで、ミニカーは現在でもこれぐらいしか無いと思いますので、その意味で貴重なミニカーです。なお上述した型番183のミニとは大きさが違っていて全くの別物です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=771

   

AUSTIN MINI MOKE 1964 UK

AUSTIN MINI MOKE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 641 1/40 75㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段変速
性能: 最高速109km/h
データーベースでミニ モークのミニカー検索

 

オースチン ミニ モーク (パラモーク) イギリス

 

 ミニ モークはミニのシャーシを使った多目的車でした。当初はジープのような軍用車として開発されましたが、タイヤが小さい故の低い最低地上高とパワーのないエンジン故にオフロード走行に向かず、軍用車としては採用されませんでした。そこで助手席やキャンバストップをオプション設定とした安価な一般向け多目的軽作業車として1964年に発売されました。

 

 多分ミニのブランド力のおかげだと思いますが、リゾートで使用されるビーチバギーとして成功しました。4気筒848ccエンジン、ミッション、タイヤなどのメカはミニと共通で、駆動方式は2WDのみでした。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。パラシュート投下できる車両として試作された軍用車をモデル化しており、車両を載せる車台とビニール製のパラシュートが付属しています。(試作車なので一般市販した車とは少し感じが違っています) これと同じ型でイギリスのTVドラマ「プリズナーNo.6」 (原題:the Prisoner)で使用された白い車もモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=772

   

 

MORRIS 1100 1962 UK

MORRIS 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE V98136 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 50HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでモーリス 1100のミニカー検索

 

モーリス 1100 イギリス

 

 ミニの成功に続いてアレック イシゴニスが手がけたのは開発番号ADO16と呼ばれるミニの上級車でした。前輪駆動方式でボディの4隅にタイヤを配したスペース効率の高い基本設計はミニを踏襲しています。サスペンションはゴムのスプリングに液圧式の前後輪関連懸架機能を追加した、ハイドロ ラスティック方式というユニークな物でした。

 

 ボディはピニンファリーナのデザインで、イギリス車らしいオーソドックスなフロントとテールフィンの付いた独特なリアがうまく融合したシンプルながら美しいデザインでした。優れた操縦性、居住性も相まって、ADO16シリーズはミニ同様に大ヒットしました。

 

 

  最初のADO16はモーリス 1100で、1962年にデビューしました。BMC Aタイプと呼ばれる4気筒1.1L(50HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速125km/hの性能でした。1967年にはテールフィン部分を変更したMK IIにマイナーチェンジし、1.3Lエンジンが追加されるなどして1971年頃まで生産されました。

  ミニカーはビテス製で2001年頃に発売されました。プロポーションが良く、細部の仕上げも凝っています。当時物としてはディンキー、スポットオン、テクノなどがありました。各ブランド別にグリルやホイールなどを変えてモデル化しているビテスのADO16を以下に紹介しますが、非常におもしろいシリーズとなっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=773

   

BLMC MINISSIMA 1973 UK

BLMC MINISSIMA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 288 1/36 63㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.29m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速 不詳

 

BLMC ミニッシマ イギリス

 

 シティカーのコンセプトカー ミニッシマは1973年のロンドン モーターショーで公開されました。アストンマーチン ラゴンダを設計したことで有名なカーデザイナーのウイリアム タウンズ(William Towns)の設計で、ミニをベースにしています。全長はミニより75cm短い2.3mで歩道上に直角に駐車できるように設計されています。サイズは小さいですが4人乗りで、後席の2座は向かい合わせの対面シートになっていて、乗り降りはリアのドアから行います。この車のデザインは現在でも魅力的で、こんなスタイルの小型の電気自動車があれば欲しいです。

 

 この車は数年後に、車椅子利用者がリアドアからスロープを使って乗り降りする障害者用プロトタイプとして再度発表されました。その際に通常のドアを追加するなどの設計変更がされました。このデザインは自転車メーカー エルスウィック社(ELSWICK)が権利を購入し、ELSWICK ENVOYとして1981年から1987年まで少数が販売されました。

 ミニカーはコーギーの当時物で、1975年に発売されました。「Whizzwheels」と称する良く回る安っぽいホイールがやや目障りですが、それ以外はかなりリアルにモデル化されています。リアドアが開閉し、室内もある程度再現されています。ビンテージ物のコーギーとしては後期のモデルで、あまり人気がなかったようですが、それでも約16万台が売れています。ミニッシマのミニカーはこれしかありません。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1898

   

 

AUSTIN 1300 GT 1971 UK

AUSTIN 1300 GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC073 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 71HP 4段変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでオースチン 1300のミニカー検索

 

オースチン 1300 GT イギリス

 

 ADO16シリーズの3番手はオースチン 1100で、1963年に登場しました。モーリス 1100のオースチン版でフロントグリルとエンブレムが異なるだけで、性能等は同じだったようです。1967年のマイナーチェンジでMK IIとなり、モーリスとオースチンは幅を広げた新しいフロントグリルで統一されます。またこのマイナーチェンジで、ADO16シリーズの全ブランドに1275cc(58HP)エンジンを搭載した1300が追加されました

 

 1971年にはADO16シリーズのMGとモーリス版がなくなり、オースチン 1300はMK IIIに発展します。MG版など高性能仕様がなくなったので、その代わりとしてエンジンを71HPにパワーアップしたスポーティなオースチン 1300 GTが設定されています。ADO16シリーズではオースチンの生産台数が一番多く約110万台が1974年までに生産されました。

 

 

 ミニカーはビテス製ADO16の一台で、MK IIIの高性能版1300 GTをモデル化しています。ブラックアウトされたフロントグリル、レザートップ、スポーティなホイールなど1300 GTの特徴が再現されています。ただしMK IIから少し小さくなったリアのテールフィンについては、変わっておらずそのままです。(ほんの少しだけの違いですが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=775

   

VANDEN PLAS PRINCESS 1300 1967 UK

VANDEN PLAS PRINCESS 1300 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99034 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 58HP 4段変速
性能: 最高速142km/h
データーベースでバンデン プラのミニカー検索

 

バンデン プラ プリンセス 1300 イギリス

 

 バンデン プラ社は1898年創業のベルギーの馬車車体製造会社(コーチビルダー)でした。同社のイギリス支社はロールス ロイスやベントレー等の車体製造を行っていましたが、第二次世界大戦後はオースチン社に吸収されオースチン A135 プリンセスなど高級車のボディ製造を担当していました。

 

 ADO16シリーズの4番手はバンデン プラ プリンセス 1100で、1963年に登場しました。ウォールナットや本革の内装を持つ高級車で、ミニ ロールス ロイスと呼ばれていました。さらに1965年にウーズレー1100とライレー ケストレル1100が登場し、全部で6ブランドのADO16が設定されました。ウーズレーはバンデン プラ プリンセスに次ぐ高級車で、ライレー ケストレルはMG 1100と同じエンジンを搭載するウーズレーのスポーティ仕様でした。

 

 

 ミニカーはビテス製ADO16の1台で、1300 MK IIをモデル化しています。グリルやホイールキャップだけではなく、ウォールナットの木目を使った室内、後席のワイングラスを載せたキャビネット テーブルまでもが再現されていて、ずいぶん凝ってます。ADO16はこの他にウーズレーとライレーもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=776

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...30 次へ »