ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

BMC MINI COOPER S 1967 UK

BMC MINI COOPER S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 334 1/41 75㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 76HP 4段変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでミニ クーパーのミニカー検索

 

BMC ミニ クーパー S イギリス

 

 1961年にジョン クーパーがチューンした997cc(55HP)エンジンを搭載し、ディスクブレーキを備えたミニ クーパーが登場します。1963年にはさらに高性能な1071cc(70HP)エンジンとブレーキを強化したミニ クーパーSが追加され、さらに1275cc(76HP)エンジンも追加されました。ミニ クーパーSなどの高性能ミニはモンテカルロラリーで3度総合優勝するなどラリーで大活躍しています。

 

 ホイールベースを延ばしたトラベラー(オースチン版はカントリーマン)、商用車のバンやピックアップなども追加されました。1967年にマイナーチェンジしMK IIに発展し、標準エンジンは998ccと1275ccの2種類となりました。外観上の変更はグリルが6角形に、テールランプが角型となり、リアウィンドゥが大型化しています。

 

 

 またミニ マイナーはミニに名前が変わり、1968年にBMCがBLMCになると、モーリスとオースチンの区別も無くなりました。1969年からMK IIIに発展し、外観やメカに大きな変更がないままでなんと2000年まで生産され、総生産台数は530万台でした。

 ミニのミニカーは当時物がたくさんありますが、これはコーギーのミニ クーパー S (MK II 1275GT)です。コーギーはミニを十数種類もモデル化していますが、これはその中でもフルギミックの一番凝ったミニです。1/43よりも少し大きめですが、コーギーのデフォルメはミニ独特の雰囲気をうまく強調しています。
 
 

VANDEN PLAS PRINCESS 1300 1967 UK

VANDEN PLAS PRINCESS 1300 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99034 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 58HP 4段変速
性能: 最高速142km/h
データーベースでバンデン プラのミニカー検索

 

バンデン プラ プリンセス 1300 イギリス

 

 バンデン プラ社は1898年創業のベルギーの馬車車体製造会社(コーチビルダー)でした。同社のイギリス支社はロールス ロイスやベントレー等の車体製造を行っていましたが、第二次世界大戦後はオースチン社に吸収されオースチン A135 プリンセスなど高級車のボディ製造を担当していました。

 

 ADO16シリーズの4番手はバンデン プラ プリンセス 1100で、1963年に登場しました。ウォールナットや本革の内装を持つ高級車で、ミニ ロールス ロイスと呼ばれていました。さらに1965年にウーズレー1100とライレー ケストレル1100が登場し、全部で6ブランドのADO16が設定されました。ウーズレーはバンデン プラ プリンセスに次ぐ高級車で、ライレー ケストレルはMG 1100と同じエンジンを搭載するウーズレーのスポーティ仕様でした。

 

 

 ミニカーはビテス製ADO16の1台で、1300 MK IIをモデル化しています。グリルやホイールキャップだけではなく、ウォールナットの木目を使った室内、後席のワイングラスを載せたキャビネット テーブルまでもが再現されていて、ずいぶん凝ってます。ADO16はこの他にウーズレーとライレーもモデル化されています。

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 1967 UK

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 273 1/43 121㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー シャドウのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー シャドウ 2ドア サルーン イギリス

 

 1967年にはセミカスタムで2ドアサルーンと、まだ残っていたコーチビルダーによるコンバーチブルも追加されました。またホイールベースを100mm程長くしたLWB版も追加されました。1970年にはエンジン排気量が6.8Lに拡大され、自動変速機がGM製のターボ ハイドラマティック3段式に切り替わりました。(GMのATは当時最高品質だったのです) シルバー シャドウ(ベントレー T含む)は年間約2000台が生産され、ロールス ロイスとしては最も多く作られました。

 

 1977年にはサスペンションの改良、室内のデザイン変更、バンパーの大型化、オートエアコン標準装備などの改良が行われ、シルバー シャドウとベントレーTはII型に発展しました。またLWB版はシルバー レイスの名前が復活しシルバー レイス IIになりました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で1970年の発売です。ディンキーが先に上記4ドアを作っていたので、コーギーは2ドアサルーンをモデル化したようです。このミニカーはタイヤ交換ギミックが付いた初期物で非常に出来が良く、コーギーの傑作の一つだと思います。(後にホイールがフリーホイール化されるなどレベルが落ちますが) ロールス ロイスはどのメーカーも力の入れ方が違うようで、あまり出来の悪い物はありません。

 
 

TRIUMPH TR5 1967 UK

TRIUMPH TR5 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 144 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 150HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでトライアンフ TR5のミニカー検索

 

トライアンフ TR5 イギリス

 

 TR3は1961年にミケロッティのデザインによる新しいボディのTR4に生まれ替わります。ラダーフレームによる旧式なシャーシはTR3と同じながら、トレッドが拡大されラック&ピニオン式ステアリングが採用されました。エンジンは2.1L(100HP)に拡大され、最高速176km/hの性能でした。巻き上げ式のサイドウインドウなど居住性は向上したものの、TR4はライバルのMGBなどに比べると操縦性や乗り心地が見劣りするようになっていました。

 

 1961年にリアを独立懸架に変更し乗り心地を改善したTR4Aに発展し、1967年にはエンジンを燃料噴射式の6気筒2.5L(150HP)に強化して性能を向上したTR5となりました。1969年にはボディを一新してこのシリーズ最終型のTR6となりました。1976年までTR4-6は約16万台が生産され、アメリカを中心とする世界各国に輸出されました。

 

 

 トライアンフは1961年にレイランド グループの傘下となり、1963年にはスタンダード ブランドが消滅し、1967年にはブリティッシュ レイランドに統合されました。

  ミニカーはノレブ製(プラスチック)で、当時物のTR4/5はこれぐらいしか無いようです。経年変化でボディが少し変形していますが、TR4/5の独特なフロントグリルはそこそこ再現されていて全体的にはいい雰囲気のミニカーです。(プラ製ですがドア、ボンネット、トランクの開閉できるフルギミックです) 同じ型を使ってエリゴールがダイキャスト製のモデルを出しています。

FORD CORSAIR 2000E 1967 UK

FORD CORSAIR 2000E 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 212 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 88HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h

 

フォード コルセア 2000E イギリス

 

 失敗作であったクラシックの後継として、1963年にコルセアが登場しました。コルチナをベースとしておりシャーシやボディの部品を共有していました。当初はコルチナと同じ1.5L(58HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速130km/hの性能でした。個性的なフロントのデザインは、1961年式フォード サンダーバードのイメージをダブらせたものでした。

 

 2灯式のライトにとどめたあたりが、クラシックの失敗から学んだ教訓のようです。1965年には新型のV型4気筒1.7L(66HP)エンジンが追加され、さらに2L(82HP)エンジンも追加されました。1970年まで約30万台が生産され、フォードの中型車として成功しました。

 

 

  ミニカーはディンキーの当時物で、豪華仕様の2000Eで実車同様黒いビニールレザートップ仕様となっています。型番130で通常のコルセアもモデル化していますので、この車は結構人気があったのでしょう。側面から見ると特徴的なフロントデザインが良く分かります。

 
 

BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 1967 UK

BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 339 1/42 74㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 76HP 4段変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでミニ クーパー モンテ カルロのミニカー検索

 

BMC ミニ クーパー S モンテ カルロ イギリス

 

 レーシングカーを開発していたクーパー社のジョン クーパーがミニの優れた操縦性に目をつけ、BMCにスポーツ仕様の販売を提案し1961年に登場したのがミニ クーパーです。オリジナルの848cc(34HP)エンジンをチューンした997cc(55HP)エンジンを搭載し、ディスクブレーキを備えていました。ラリーに参戦するため、当時のグループ2規格認証に必要な台数(500台)がまず生産されました。1963年にはさらに高性能な1071cc(70HP)エンジンを搭載しブレーキを強化したミニ クーパー Sが追加され、さらに1964年には1275cc(76HP)エンジンも追加されました。

 

 ミニ クーパーは様々なレースやラリーで大活躍していますが、ミニ クーパーの名前を最も有名にしたのはモンテ カルロ ラリーでの活躍です。1961年に初参戦し、1963年には3位(#288)入賞しています。1964年に初優勝(#37)し、1965年も優勝(#52)して2連覇します。1966年も#2号車がほぼ勝利を手中にしていたのですが、ヘッドライトのレギュレーション違反で失格となり3連覇を逃しました。翌1967年は前年の失格に対する抗議でワークスチームを出しませんでしたが、プライベートチームをサポートして3度目の優勝(#177)を果たしています。1968年も3位(#18)入賞しています。

 

 

 ミニのミニカーは非常にたくさんありますが、モンテ カルロ ラリー仕様のミニカーについてまとめました。当時物としては老舗コーギーが当時リアルタイムに発売していた物があります。最初は型番317の1964年仕様、次に型番321の1965年仕様、3台目が同じ型番321の1966年仕様、4台目が型番339の1967年仕様となります。エンジンのアンダーガード、フロントバンバーガード、屋根上のスペアタイヤなどラリー仕様車をそこそこ良く再現しています。実車に比べるとライトがやや小さいように感じますが、後にライトのラインストーンを大きくしたバリエーションが出ています。また型番308でホイールをフリーホイールに変えたものもあります。型番339は約70万台も生産されていて新しいのでたまに見かけますが、型番339以外はかなりのレア物です。コーギー以外の当時物ではイノチェンティ版ですが、ポリトーイの1/25があります。最近の物ではビテスが優勝車以外もモデル化して約25種類を揃えています。それ以外ではエリゴール、イクソ、エブロなどがあります。

 

ページ  « 前へ 1...21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ...39 次へ »