ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SUBARU LEONE 1971 JAPAN

SUBARU LEONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET CHERICA 100-1 1/40 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 1.4L 93HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでスバル レオーネのミニカー検索

 

スバル レオーネ 日本

 

 1000(ff-1)の後継として1971年に登場したレオーネは、技術的に高度だったff-1を一般受けするように見直した車でした。水平対向エンジンによる前輪駆動という基本は同じでしたが、特長的だったインボードブレーキや前輪ウイッシュボーンサスペンションが一般的な形式に変えられました。ボディもロングノーズのクーペといった見た目重視のデザインに代わりました。水平対向4気筒1.4L(93HP)エンジンで、4段MT/3段AT変速、最高速度170km/hの性能でした。

 

 当初は2ドアクーペだけでしたが、2/4ドアセダン、2ドアハードトップが追加されました。1972年には商用車のエステートバンに4WD仕様が追加され、世界初の乗用車タイプの4WDとしてその後のスバル4WDのベースとなりました。1975年のマイナーチェンジで1.2Lエンジン、セダンの4WDが設定されました。その後エンジンは1.4/1.6Lに拡大されました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、廉価版のチェリカ100シリーズのものです。フロントグリル/バンパー/底板を一体化した構造でやや安っぽい作りですが、フロントグリルやサイドビューなどはそれらしく出来ています。初代レオーネのミニカーはとりあえずこれしかないので、それなりに貴重です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1068

   

SUBARU LEONE 1979 JAPAN

SUBARU LEONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1524 (G128) 1/40 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.98m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 1.8L 100HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでスバル レオーネのミニカー検索

 

スバル レオーネ 日本

 

 レオーネの2代目は1979年に登場しました。シンプルなデザインでボディはひとまわり大きくなり、6ライトウインドーの4ドアセダン、2ドアハードトップ、エステートバン、ホイールベースを短縮した3ドアハッチバックが設定されていました。スバル得意の4WD仕様はハードトップ以外に設定されていました。水平対向4気筒エンジンは1.4Lがなくなり、1.6Lと1.8L(100HP)が搭載され、3段AT/5段MT変速、最高速度170km/hの性能でした。最上級の1800GTSにはスバル初のパワーステアリング/パワーウインドウ/オートエアコンが装備されていました。

 

 1981年のマイナーチェンジで、大型の角型2灯式ヘッドライトが角型4灯式に変更されるなど外観が変わりました。同じ年に後のスバルで売れ筋となるスポーティなツーリングワゴンが追加されました。1982年には4WD仕様に1.8Lターボエンジン(120HP)を追加し、その後もハードトップの4WD仕様化、4WDに油圧式車高調整機能の追加など、4WD車の車種拡大/機能追加が行われ、レオーネは4WD車がメインとなっていきました。 

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、2代目初期の角型2灯式ヘッドライトのハードトップです。初期型の癖のあるフロントグリルがそこそこ再現されているなど、全体的に良い出来だと思います。ただしタイヤ位置が低すぎて車高が高くなっているのがやや残念です。2代目レオーネのミニカーはこれしかありませんので、その点で貴重なミニカーです。後期型のセダンかツーリングワゴンがモデル化されるのを期待しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1069

   

 

SUBARU ALCYONE VR TURBO 1985 JAPAN

SUBARU ALCYONE VR TURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AOSHIMA DISM 87008 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 ターボ 1.8L 120HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速190km/h (輸出仕様) 4WD
データーベースでスバル アルシオーネのミニカー検索

 

スバル アルシオーネ VR ターボ 日本

 

 アルシオーネはスバル初のスペシャルティカーで、日本発売前に北米でXTクーペの名前で発売された北米市場向けの車でした。デザインはリトラクタブルヘッドライトを採用した大胆なウェッジシェイプで、ラップラウンドしたガラスで囲まれたキャビン、ホイールのデザインなどかなり独創的です。ベースは3代目レオーネで、前輪駆動(VS)と4輪駆動(VR)の2タイプがありました。当初のエンジンは水平対向4気筒1.8Lターボ(120HP)で、4WD前後輪トルク配分の自動制御、車高制御機能付電子制御エアサスペンション、車速感応式電動パワーステアリング、ABS、液晶式デジタルメーターなど先進的な技術がてんこもりで採用されていました。

 

 1987年のマイナーチェンジで、水平対向6気筒2.7L(150HP)エンジンを搭載した2.7VXが追加され、4段自動変速が設定されました。高度な4WD駆動力制御やABS制御は専門家には絶賛されましたが、一般ユーザー向けとしてはデザインなどが奇抜すぎてあまり人気はなかったです。肝心の北米市場でも、円高の影響があり思ったほどは売れなかったようです。1991年に後継のアルシオーネ SVXにモデルチェンジします。総生産台数は約10万台でした。 

 

 

 ミニカーはアオシマのDISMシリーズで、2009年に発売されました。キャビン部分が少し小さめにデフォルメされていますが、実車の雰囲気はそこそこ再現されています。この車の特徴である変わったデザインのホイールや、内装の左右非対称のステアリングホイール、その裏側のサテライトスイッチなどがそれらしく再現されています。なおレジン製で軽いので、台座から外して持つと中身が詰まっていないことが分かり安っぽく感じます。これ以外ではCM'Sの1/64、2015年発売のWIT'Sの2.7VXがあります。以下リアと内装の拡大画像です。

SUBARU ALCYONE 1
SSUBARU ALCYONE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1346

   

SUBARU ALCYONE SVX 1991 JAPAN

SUBARU ALCYONE SVX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV LUMYNO 800092 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.63m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC 水平対向6気筒 3.3L 240HP 4段自動変速 4WD
性能: 最高速230km/h (輸出仕様 リミッター付)
データーベースでスバル アルシオーネのミニカー検索

 

スバル アルシオーネ SVX 日本

 

 1991年にアルシオーネの2代目 SVXが登場しました。先代同様に北米市場向けの車で、北米ではアルシオーネ SVXではなく単にSVXという名前で発売されました。先代が奇抜なデザインで不評だったので、SVXはイタル デザインのG.ジウジアーロがデザインしたコンセプトカー(1989年東京モーターショーで公開)のデザインをほぼそのまま採用し、非常にスタイリッシュな車に仕上がっています。屋根まで回り込んだサイドウインドーが特徴ですが、その為サイドウインドーは半分しか開きません。

 

 エンジンは先代の水平対向4気筒2.2Lに2気筒を追加しDOHC化した6気筒3.3L(240HP)を搭載し、駆動方式は先代と同じトルク配分式の4WDシステム/4段自動変速でした。国内仕様車では後輪の舵角を電動モーターで制御する4輪操舵システムが採用されていました。SVXをベースにした2/4ドア ワゴンのコンセプトカーアマデウス(AMADEUS)が1991年に公開されましたが、製品化されませんでした。1996年に生産中止となり、総生産台数は全世界で約2.5万台と少なく営業的には失敗作でした。

 

 

 ミニカーはノレブのルミノ シリーズの物で、2007年に発売されました。ノレブらしいセンスの良い造形で、SVXの特徴的なキャビンがリアルに再現され、非常に良い出来ばえです。窓が閉じているので見難いですが、室内も良く再現されています。ノレブはSVXの後期型(トランク部分がボディと同色に変わっている)もモデル化しています。これ以外のミニカーではルミナと同じ型を使っている国産名車コレクションとFIRST43、京商の1/64があります。以下このミニカーのフロント/リアと室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバーやタップで画像が変わります)

SUBARU SVX 1
SUBARU SVX 2

 ルミノは国際貿易とノレブがコラボレーションして作ったブランドで、セリカ XXやイスズ ジェミニなど日本車をモデル化しています。国産名車コレクションの初期のミニカーはノレブが作っていましたが、その型を流用して仕上げレベルを上げたのがルミノのシリーズになったようです。国産名車コレクションの初期のミニカーは、現在のイクソの物よりレベルが高かったです。ただしこれはミニカーのコストが高騰する以前のことで、現状のイクソも値段を考えれば 出来が悪いという訳ではありません。基本的にはイクソのカタログ仕様の内装等を省略しているだけで、外観的にはカタログ仕様とほぼ同じ物ですので、お得なミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1348

   

 

SUBARU IMPREZA WRX STREET 1996 JAPAN

SUBARU IMPREZA WRX STREET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TROFEU 602 1/43 102㎜

 

スバル インプレッサ WRX ストリート仕様 日本

 

 レオーネの後継車 インプレッサ 1992年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 水平対向 DOHC 4気筒 2L ターボ 220HP
 5段変速/4段自動変速  FF/4WD
性能: 最高速230km/h (輸出仕様)
データーベースでスバル インプレッサのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1610

   

SUBARU IMPREZA 2.0 WRX 2001 JAPAN

SUBARU IMPREZA 2.0 WRX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC001 1/43 104㎜

 

スバル インプレッサ 2.0 WRX 日本

 

 インプレッサ 2代目 2000年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.42m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC 水平対向4気筒 2L ターボ 280HP
 6段変速 4WD
性能: 最高速238km/h (輸出仕様)
データーベースでスバル インプレッサのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1611

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »