ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

LAMBORGHINI JARAMA 1970 ITALY

LAMBORGHINI JARAMA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400103400 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.9L 350HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでランボルギーニ ハラマのミニカー検索

 

ランボルギーニ ハラマ イタリア

 

 上記イスレロの不人気を挽回するために、1970年に登場したのがハラマでした。(名前はスペインのマドリードにあるハラマ サーキットに由来) ボディはエスパーダをベースにしており、ホイールベースを短縮して2+2座に仕立てています。デザインはベルトーネ(マルチェロ ガンディーニ)で、直線的なラインを基調にしたシンプルなスタイルですが、ハーフコンシールドのライトを配したフロントグリルはそれなりにユニークです。

 

 イスレロと同じDOHC V型 12気筒4L(350HP)DOHCエンジンを搭載し、5速変速で、最高速260km/hの性能でした。そこそこの実用性と優れた操縦性の車だったようで、創始者のフェルッチオ ランボルギーニ自身が愛用していたそうです。ただミウラなどに比べると地味な車だったので、販売は低調で1978年までに約300台ほどが生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。シンプルな面構成とアクセントのエアスクープなどが良く再現されています。当時物としてはポリトーイがそこそこの出来映えの物を出していますが、実車の人気を反映してかそれ以外ではモデル化されていません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=748

   

LAMBORGHINI URRACO 1970 ITALY

LAMBORGHINI URRACO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A47 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC V型 8気筒 3L 250HP 5段変速
性能: 最高速265km/h
データーベースでランボルギーニ ウラッコのミニカー検索

 

ランボルギーニ ウラッコ イタリア

 

 ランボルギーニがポルシェ911クラスの量産2+2座スポーツカーのマーケットを狙って開発したのが、ウラッコで1970年にプロトタイプが発表されました。(ウラッコとは「小さな牡牛」の意) 「ベビー ランボルギーニ」と呼ばれました。2+2座を実現するためにミドシップ横置きエンジンという難しい構造を採用したのは、ランボルギーニらしさを出すためだったのでしょう。この構造で価格を911と同程度とする必要があったことから量産には問題が多かったようで、実際に生産されたのは1973年からでした。

 

 エンジンはV型8気筒2.5L(220HP)と後から追加されたDOHC V型 8気筒3L(250HP) 5速変速で、最高速265km/h(3L)の性能でした。ベルトーネ(マルチェロ ガンディーニ)のデザインは直線的でモダンですが、全長が短いので寸詰まりな感じがしてあまりかっこよくありません。結局この車は1969年までに約800台ほどしか生産されず、911には遠く及ばない失敗作でした。

 

 

 ミニカーはマテルメーベ製の当時物です。プロポーションは悪くないのですが、前車軸部分の車高が高くなっているので実車のイメージから外れているように見えます。(車高を下げてやるとかなり良くなるのですが) ポリトーイも型番M22でモデル化しています。実車同様にあまり人気がないようで、現在でも量産品ではミニチャンプスと京商ぐらいしかモデル化していません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=749

   

 

LAMBORGHINI BRAVO 1974 ITALY

LAMBORGHINI BRAVO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400103670 1/43 88mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.74m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 3L 300HP 5段変速
性能: 最高速275km/h
データーベースでランボルギーニ ブラーボのミニカー検索

 

ランボルギーニ ブラーボ イタリア

 

 ランボルギーニ ブラーボは1974年にトリノ ショーで公開されたコンセプトカーです。ベルトーネのマルチェロ ガンディーニのデザインで、ウラッコをベースにしています。ウラッコの後継車として実際に量産準備をしていた走行可能なプロトタイプでした。その為ボディの基本プロフィールはあまり奇をてらったところがないシンプルなデザインです。ただフロントピラーを隠してサイドとフロントを一体化した大きなウインドーは斬新です。フロントとリアのルーバーパネルはシンプルなボディのアクセントになっていて、フロントのルーバー最前列の左右の2つはリトラクタブルライトとなっています。

 

 リア クオーターパネルの窓の切り欠きもデザイン上のアクセントで、この切り欠きのモチーフがフロントエンドとテールエンドに反復されています。エンジンはウラッコのV型8気筒3Lで横置きミドシップ搭載されています。ブラーボは量産化されませんでしたが、デザインの特徴(リアフェンダーのホイールオープニング形状など)は同時期に市販化が発表されたカウンタックとよく似ています。またカウンタックに採用された5穴ホイールがブラーボ ホイールと呼ばれるのは、それがブラーボ用にデザインされた5穴ホイールと同じだからです。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2008年に発売されました。全盛期のミニチャンプスのそつの無い標準的な出来ばえです。実車に忠実でスモーク ガラス仕様になっているので、室内はほとんど見えません。特筆すべきはその見えない室内の造形も手抜きせずに再現してあることです。当方は興味本位でミニカーを分解して内部を確認してみました。ステアリング センターのランボルギーニのロゴやメータパネルまでちゃんと再現してありました。(室内の画像) 当時のミニチャンプスはこのように真摯な物づくりをしていたので好きなブランドでしたが、最近はその姿勢が崩れました。(高価な1/18クラスはそうでもないようですが) これ以外のブラーボのミニカーは、京商の1/64やホワイトボックスがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1819

   

LAMBORGHINI COUNTACH LP400 1974 ITALY

LAMBORGHINI COUNTACH LP400 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430103100 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.89m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.9L 375HP 5段変速
性能: 最高速300km/h?
データーベースでランボルギーニ カウンタックのミニカー検索

 

ランボルギーニ カウンタック LP400 イタリア

 

 ミウラの後継として計画されたカウンタックのプロトタイプ LP500は1971年に発表されました。ベルトーネ(マルチェロ ガンディーニ)によるウェッジシェイプの未来的なデザインはセンセーショナルな魅了がありました。またV型12気筒5L(440HP)エンジンを変速機側を前方に向けてミドシップで縦置きに配置するという構造も特異なものでした。

 

 このような特異な構造にはやはり無理があり、この車はエンジンの冷却などに問題があり量産には至りませんでした。カウンタックが市販されたのは3年後の1974年で、冷却用のエアインテークなどが追加され、エンジンはミウラ用のV型12気筒3.9L(375HP)に変更されていました。当時のライバルのフェラーリBBと張り合って最高速300km/hを公称していました。

 

 

 カウンタックのミニカーは非常にたくさんありますが、これはミニチャンプス製です。1/43のダイキャスト製としてはベストに近い出来映えのミニカーではないかと思います。最近 EIDOLONなどの手作りのレジン製でディテールをより再現したものが出ていますが高価です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=750

   

 

LAMBORGHINI COUNTACH LP500S 1982 ITALY

LAMBORGHINI COUNTACH LP500S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC017 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約2m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.7L 375HP 5段変速
性能: 最高速300km/h?
データーベースでランボルギーニ カウンタックのミニカー検索

 

ランボルギーニ カウンタック LP500S イタリア

 

 カウンタックはLP400の改良型LP400S、4.7Lエンジン搭載のLP500S、4バルブ化した5.2L(455HP)エンジンを搭載したLP500QVに発展し、トータルで約2000台が1990年までに生産されました。なお当時のランボルギーニ社はウラッコの失敗などで経営不振となり、1978年に一度倒産しています。その後イタリア政府の管理下となり、クライスラー傘下などを経て現在はVWグループのアウディ傘下となっています。

 

 カウンタックという名前は本来は「クンタッチ」のような発音で、イタリア語でびっくりしたときに発する感嘆詞だそうです。確かに走行中のこの車を見るとこのような言葉がでます。私は路上でこの車と高速ですれ違ったことがありますが、近づいてくる幅の広い異様な車にびっくりしました。(すれ違った時点でカウンタックであると気づきましたが、実物はどちらかというと変わった車です)

 

 

 ミニカーは2002年頃発売のイクソ製で、ミニチャンプス製と同じくらいの出来映えです。 日本では1970年代後半のスーパーカーブームの際に、カウンタックのミニカーがたくさん発売されました。いずれも現在のミニカーと比べると低レベルですが、どんな物だったのかということで、バンダイ BEC43の物を参考として見てください。(30年前はこれでもよく出来たミニカーでした)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=751

   

LAMBORGHINI LM002 1984 ITALY

LAMBORGHINI LM002 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436103370 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.95m 全幅約2m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.2L 455HP 5段変速
性能: 最高速203km/h
データーベースでランボルギーニ L002/チーターのミニカー検索

 

ランボルギーニ LM002 イタリア

 

 1976年にランボルギーニはBMWからミッドシップ車 M1の開発/シャーシ製造を依頼され、1977年にはプロトタイプが完成しました。しかしランボルギーニの財政状況の悪化で、製造が遅れたことでランボルギーニは委託契約を破棄され、結局1978年に倒産しました。その後イタリア政府の管理下となり、1987年にクライスラー傘下となるなどして、1999年からはフォルクスワーゲン/アウディ グループの一員となっています。

 

 ランボルギーニはオフロード車のプロトタイプをチーター(CHEETAH)という名前で1977年に発表しました。この車はアメリカのMTI(Mobility Technology International)社の依頼でアメリカ軍向けの軍用車として開発され、クライスラー製のV型8気筒エンジンを横置きでリアミッドシップ搭載していました。しかしこの車は軍用車として採用されませんでした。

 

 

 そこでこの車は富裕層向けのオフロード車として見直され、1981年にLM001という名前のプロトタイプが製作されました。LM001はリアエンジン車特有の加速時の操縦性に問題がありました。そこでエンジンをフロント搭載に変更して完成したのがLM002でした。豪華な内装や装備を持つ4人乗り高級車で、ボディ後部はピックアップのような荷台になっています。駆動方式は副変速機を持つフルタイム4WDで、タイヤはパンクしても走行可能なピレリ製の特注品でした。当初のエンジンはカウンタック用を改良したDOHC V型12気筒5.2L(455HP)でした。1993年まで約300台が生産された。(なお市販されたのは1986年とする資料が多いが、1982年からとする資料もある)

 チーターの当時物ミニカーは、ブラーゴ、ダイヤペット、トミカ ダンディがあります。実車は販売されなかったので、いずれもショーカーをベースにした創作なのだと思います。画像のLM002はミニチャンプス製で、2004年頃に発売されました。底板部分のサスペンションもそこそこ再現されており、全体的に実車をよく再現してあると思います。なおチーターに較べるとLM002のミニカーは少なく、これ以外では京商の1/64ぐらいしか無いようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1230

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »