ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN FAIRLADY Z 2 BY 2 TURBO (Z31) 1983 JAPAN

NISSAN FAIRLADY Z 2 BY 2 TURBO (Z31) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1655 (G39) 1/40 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.54m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: V型6気筒 3Lターボ 230HP 5段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでフェアレディ Z Z31型のミニカー検索

 

日産 フェアレディ Z 2 BY 2 ターボ Z31型 日本

 

 フェアレディ Zは1983年に3代目に切り替わります。ロングノーズ スタイルを継承しつつ、当時流行りだったセミリトラクタブルヘッドライトを採用したグットデザインです。先代同様に2シーターと2 BY 2があり、Tバールーフ仕様もありました。エンジンはZとしては初のV型6気筒で2Lターボ(170HP)/3Lターボ(230HP)が搭載されました。3Lは当時国内最強のエンジンで、4段AT/5MTで輸出仕様の最高速は250Km/hと高性能でした。ただ足回りはスタビリティ重視でアメリカ車的なスポーツカーでした。この代から輸出名がダットサン Zから日産 Zへなりました。

 

 1985年にスカイライン用直列6気筒DOHCセラミックターボ2L(180HP)エンジンを搭載したモデルが追加されました。1986年のマイナーチェンジで外観が変更され、DOHC化されたノンターボのV型6気筒3Lを搭載し足回りを強化した300ZRが追加されました。

 

 

 当時物のミニカーはダイヤペット、トミカ、トミカ ダンディがあります。画像のダイヤペットのZは11番工場製で、ピラーが太いなどボディ全体がごつい出来栄えとなっていて、トミカ ダンディのほうがよい出来栄えとなっています。最近のものでは、トミカ ダンディをリファインしたトミカ リミッテド S、京商の1/43、リアルXの1/72、アオシマ DISMの後期型300ZR、DISMの型を流用した国産名車コレクションの後期型300ZRなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=958

   

NISSAN FAIRLADY T-BAR ROOF (Z32) 1989 JAPAN

NISSAN FAIRLADY T-BAR ROOF (Z32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KATO431 72-001 1/43 100㎜

 

日産 フェアレディ Z Tバー ルーフ Z32型 日本

 

 フェアレディ Z 4代目 Z32型 1983年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 ターボ 3L 280HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速265km/h (輸出仕様)
データーベースでフェアレディ Z Z32型のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1461

   

 

NISSAN FAIRLADY Z COUPE (Z33) 2002 JAPAN

NISSAN FAIRLADY Z COUPE (Z33) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC13013S 1/43 101㎜

 

日産 フェアレディ Z クーペ Z33型 日本

 

 フェアレディ Z 5代目 Z33型 2002年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.31m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.5L ターボ 280HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速250km/h (輸出仕様)
データーベースでフェアレディ Z Z33型のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1462

   

NISSAN CEFIRO (A31) 1988 JAPAN

NISSAN CEFIRO (A31) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 39 1/43 110㎜

 

日産 セフィーロ A31型 日本

 

 セフィーロ 1988年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2L ターボ 205HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースで日産 セフィーロのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1463

   

 

NISSAN (PRINCE) R380 II 1967 JAPAN

NISSAN (PRINCE) R380 II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43384 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.98m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2L 220HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースで日産 R380/390のミニカー検索

 

日産 (プリンス) R380 II 日本

 

 1964年の第2回日本グランプリにプリンス自動車はスカイラインにグロリアの6気筒2Lエンジンを搭載したスカイライン GT(S54型)で参戦しましたが、ポルシェ 904(ドライバー 式場壮吉)が優勝しました。プリンス自動車はポルシェ 904に対抗できるレースカーとして、プリンス R380 Iを1965年に開発しました。(1965年にプリンス自動車と日産自動車が合併した後は日産 R380 Iと改名)

 R380 Iは日本初のグループ6 プロトタイプスポーツカーで、イギリスから輸入したブラバムの鋼管フレーム構造のシャーシを流用しボディはアルミ製でした。(デザインはポルシェ 904に似てます) エンジンはスカイライン GTのものをベースにDOHC化し、3連装キャブレターで200HPの性能でした。

 

 参戦する予定だった1965年日本GPが開催されなかったので、R380 Iは矢田部の高速試験場で速度記録に挑み国内速度記録を樹立しています。1966年日本GPでは、R380 Iは1-2フィニッシュで優勝しました。ちなみに3位はトヨタ 2000GTのレース仕様でした。

 

 

 1967年にボディを大幅に変更したR380 IIが登場します。1967年の日本GPでは、ポールポジションを獲ったポルシェ 906が優勝し、R380 IIは2-3-4位となりました。同年にノーズ形状を変更したR380-II改が矢田部で速度記録に挑戦し世界速度記録を樹立しています。R380はボディを大型化しルーカスの機械式燃料噴射で245HPにパワーアップしたR380 IIIに発展しました。 1968年には後継車のR381が登場しますが、R380 IIIはR381のバックアップとして併用され、1970年まで国内外のレースに参戦していました。

 ミニカーはエブロ製で、2002年に発売されました。1967年日本GPで4位となった車をモデル化しています。(同GP出場車は4台ともモデル化されています) エブロらしい手堅い作りで、良くできています。エブロはR380 I、R381、R382もモデル化しています。R380の当時物ミニカーとしてはダイアペットがありますが、かなりのレア物です。それ以外では京商が1/64の日産 レーシングカー コレクションで、R380 I、R380 II、R381、R382をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1776

   

NISSAN R382 1969 JAPAN

NISSAN R382 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 210 1/40 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.05m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6L 600HP 不詳
性能: 最高速 不詳
データーベースで日産 R380/390のミニカー検索

 

日産 R382 日本

 

 1967年の日本GPでR380 IIがポルシェ 906に敗けたことから、後継車のR381は大排気量のパワフルなマシンとして企画されました。搭載を予定していたV型12気筒5Lエンジンが1968年日本GPに間に合わなかったので、アメリカのカンナムで使われていたシボレーのV型8気筒5.5Lエンジンが改造されて使われました。エンジンのパワーアップに対して、シャーシやサスペンションが強化されました。

 

 R381にはシャパラルが先鞭をつけたリアスポイラーが付いていました。このスポイラーはサスペンションに連動して左右独立で角度が変わり、ブレーキング時には直立してエアブレーキとしても機能する凝ったものでした。 1968年の日本GPでは、ポルシェ 910(2位)やトヨタ 7を抑えて、R381が優勝 3-4-5位をR380 IIが占めて、日産が初めて日本GPを制覇しました。同年末にはV型12気筒5Lエンジンが完成し、それを搭載したR381 IIが完成しています。

 

 

 1969年には後継車のR382が登場します。可変式スポイラーが禁止されたので、スポイラーを一体化して高く反り返ったリアエンドになっています。1969年日本GPにはエンジンを6Lに拡大しパワーアップしたR382で臨みました。結果はR382が1-2フィニッシュで優勝し、日本GP2連覇を達成しました。なお3-4-5位はトヨタ 7で、6-7-8位をポルシェ勢が占めました。日産は日本GP3連覇とアメリカでのカンナム参戦を目指してR383を1970年に開発していました。しかし日産は公害対策に集中するということで、日本GPの不参加を表明しレース活動から撤退し、R383のレース参戦はありませんでした。(その後1977年の東京モーターショーで一般公開された)

 ミニカーはダイアペット製の当時物です。1969年日本GPの優勝車(No.21)をモデル化しています。(ゼッケンなどは添付紙シールを貼付 実車と同じ黄色のバリエーションもありました) 当時のダイヤペットとしては、異例のリアルな造形で非常に良い出来ばえです。ホイールやエンジンもリアルで、小さな蝶板でドアが手前に開くギミックも凝ってます。(当時のミニカーはドア開閉が必須だったので、頑張ってつけたのでしょう) これ以外の当時物ミニカーでは同じダイヤペットのチェリカ80の1/58と香港製の1/50、トミカの1/69があります。最近のものでは、京商の1/64、エブロの日本GP仕様(約10種類)があります。エブロはR383もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1777

   

 

ページ  « 前へ 1...10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   次へ »