ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

ASTON MARTIN DB4 1959 UK

ASTON MARTIN DB4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 302 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.7L 240HP 4段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでアストン マーチン DB4のミニカー検索

 

アストン マーチン DB4 イギリス

 

 アストン マーチン社は1910年代に創立されました。名前の由来は創始者の一人であるライオネル マーティンがアストン クリントンという場所で行われたヒルクライム レースに優勝したことから付けられたそうです。戦前は高性能なスポーツカーやレースカーを製作していたようです。 1947年に実業家デビット ブラウンが経営に乗り出し、車名に彼のイニシャルであるDBが付くようになりました。1948年に試作されたレースカーは初戦のスパ フランコルシャンで優勝し、その性能を知らしめました。この車をベースにした市販車が2L スポーツ(後にDB1と呼ばれた)で、4気筒2L(77HP)エンジンを搭載し、最高速155km/hの性能でした。

 

 1950年にベントレーの設計者として有名なW.O.ベントレーが設計した直列6気筒2.6L(105HP)DOHCエンジンを搭載したDB2が登場しました。ボディはアルミ製で、フェンダーがボディと一体化した戦後型の2ドア クーペで最高速は190km/hと極めて高性能でした。 この車は1950年のルマンで優勝するなどレースで活躍し、高性能車としてのアストン マーチンのブランドを確立しました。DB2にはDB2/4という2+2座のハッチバックが追加され、エンジン排気量は3L(140HP)まで拡大されました。またレース仕様のDB3とその軽量版のDB3Sが各種レースで活躍しました。
データーベースでアストン マーチン DB2/DB3/DBR1のミニカー検索

 

 

 1958年にはDB4が登場しました。直列6気筒3.7L(240HP)DOHCエンジンを搭載し、最高速240km/hと当時世界最速の高級スポーツカーでした。軽量アルミ製ボディはトゥーリングのデザインで、クーペとドロップヘッドクーペ(オープンカー)がありました。1959年にホイールベースを短縮して2座としてエンジンを3.7L(302HP)にチューンした高性能版のDB4GTが追加されています。シリーズ5まで発展し1963年まで生産されました。

 ミニカーは国産名車コレクション製で2017年発売、メーカーはイクソです。イクソは型番CLC144でDB4をモデル化していて、これはその廉価版ですので、内装が省略されワイパーとホイールが簡素化されています。ただプロポーションが良くフロント/リアの雰囲気も実車のイメージをうまく再現していて、DB4のミニカーとしてはかなり良い出来ばえだと思います。DB4の当時物ミニカーとしてはコーギーとソリドの物があります。最近の物では、イクソの前身のビテスがDB4GTの高性能版のザガート仕様など約20種類ほどをモデル化、レジン製ではスパーク、トップモデルなどもあります。

 ちなみに1960年に発売されたコーギーの当時物ミニカー(型番218  1/46)は、ダイキャスト製ミニカーとして初めてボンネットを開閉させるギミックを実現させた画期的なミニカーでした。ボンネットの中には簡単な造形ですがエンジンがモールドされていました。このボンネット開閉ギミックは人気があったようで、5年間で98万台も販売されています。以下はコーギー製DB4の全体とボンネット開閉ギミックの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
ASTON MARTIN DB4 1
ASTON MARTIN DB4 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=859

   

ASTON MARTIN DB5 1963 UK

ASTON MARTIN DB5 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 130 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 282HP 5段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでアストン マーチン DB5のミニカー検索

 

アストン マーチン DB5 イギリス

 

 DB4は1963年にDB5にモデルチェンジしました。DB4とDB5の外観上の違いはほとんどありません。左の画像ではヘッドライトにカバーが付いていて上記のDB4と大きく違っていますが、カバーはDB4のシリーズ4から既に変更されていました。エンジンは4L(282HP)まで拡大され、5段変速機が採用され最高速は240km/hの性能でした。1964年には高性能版(314HP)のヴァンテージ仕様が追加されました。

 

 DB5を世間に知らしめたのはなんといっても映画「007 ゴールドフィンガー」(1964年)に登場したボンドカーです。特殊な装備を再現したミニカーがたくさんモデル化されています。(有名なギミック満載のコーギー製DB5 ボンドカーの紹介ページ)

 

 

 画像は1964年発売のソリドの当時物です。プロポーションのとらえ方がうまく、実に素晴らしい出来映えです。なおソリドは1961年に発売したランチア フラミニアでドア開閉ギミックを最初に実現しており、このDB5にも採用されています。 最近の物では、ミニチャンプス、オートアート、ビテス、ノレブなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=860

   

 

ASTON MARTIN DB5 DROPHEAD COUPE 1965 UK

ASTON MARTIN DB5 DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 110 1/42 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 282HP 5段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでアストン マーチン DB5のミニカー検索

 

アストン マーチン DB5 ドロップヘッド クーペ イギリス

 

 DB5には既にパワーウインドーが標準装備され、自動変速機のオプションが設定されてました。ボディ形式としてはクーペとドロップヘッドクーペ(オープンカー)がありました。またリアをワゴン風に改造したシューティング ブレークという車も作られたそうです。

 

 DB5は2年間で1000台ほどしか生産されていません。当時の価格は約5000ポンドで、当時のレートで換算すると約500万円となります。1960年代の価格ですから、やはりかなり高額の車だったようです。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物で、ドロップヘッドクーペのミニカーはこれしかありません。発売されたのは1966年ですので、車としては既にDB6に切り替わった時期です。実際に同時期に発売された以下のクーペのミニカーはDB6となっていますが、このドロップヘッドクーペはテールエンドの形状などがDB5として作られています。当時のミニカーとしてはかなり良い出来映えだと思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=861

   

ASTON MARTIN DB6 1965 UK

ASTON MARTIN DB6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 153 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 282HP 5段変速
性能: 最高速245km/h

 

アストン マーチン DB6 イギリス

 

 DB5は1965年にDB6に切り替わります。ホイールベースが95mm延長され、全長が50mm長くなり居住性が向上しました。外観的にはテールエンドが持ち上がったダックテールが特徴です。エンジンはDB5と同じ6気筒4L(282HP)で、DB5とほぼ同じ性能でした。(高性能版のヴァンテージ仕様は325HP) パワーステアリング、エアコンがオプションで設定されていました。

 

 なおDB6からドロップヘッドクーペをヴォランテという名前で呼ぶようになりました。1967年に後継のDBSが登場しましたが、DB6は1970年まで約1500台が生産されました。

 

 

  ミニカーはディンキー(英)の当時物で、DB6の量産ミニカーは不思議なことに現在でもこれしかありません。ダックテールがかなり誇張されていますが、プロポーションは良くできていると思います。上記ドロップヘッドクーペと前半部分は同じ型を使っているようです。なおこのミニカーのフェンダー周りの変色は、汚れではなく経年変化?によるもので拭いてもとれません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=862

   

 

ASTON MARTIN DBS 1969 UK

ASTON MARTIN DBS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400137601 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 286HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでアストン マーチン DBSのミニカー検索

 

アストン マーチン DBS イギリス

 

 1967年にDBSが登場します。それまでの丸みを帯びたレトロなデザインから一気に逆スラントしたフロントグリルを持つ直線的なエッジの効いたモダンなデザインとなりました。ボディは大きく低くなり、特に車幅は1.8mを超えています。この車用に開発していたV型8気筒エンジンの完成が遅れたため、DB6から引き継いだ6気筒4L(286HP)エンジンを搭載していました。その為車体が重くなった分だけ性能が低下していました。

 

 完成したV型8気筒5.3L(315HP)エンジンを搭載したDBS V8が1969年に登場しましたが、6気筒エンジンのDBSも1972年まで生産されました。6気筒エンジン版DBSの最後の70台は2灯式ヘッドライトに変更され、本来は高性能版を意味する「ヴァンテージ」をそのまま名前としていました。DB(デヴィッド ブラウン)グループは経営危機から、1972年にアストン マーチンの経営権を手放した為、これ以後はDBの名前がついたモデルが無くなりました。なお1990年代のフォード モーター傘下の時代に、デヴィッド ブラウンが役員として戻ったため、1993年のDB7にてDBの名前が復活しています。(DBSも2007年にDBS V12で復活)

 

 

  ミニカーはミニチャンプス製です。プロポーションが良く、非常に良く出来ています。ミニカーでも一目で幅が広いことが分かりますが、測ってみると42.5㎜と正確な1/43サイズで、デフォルメで幅が広くみえる訳ではありませんでした。またこの当時としては珍しくなったワイヤースポークホイールやフェンダーミラーを付けている点など時代を感じさせる仕様となっています。ミニチャンプスは映画'女王陛下の007'(1969年)のボンドカー仕様もモデル化しています。これ以外では、コーギーの1/36 ボンドカー仕様、スパークなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1311

   

ASTON MARTIN LAGONDA 1976 UK

ASTON MARTIN LAGONDA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WESTERN MODEL WP100 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.28m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5.3L 290HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでアストン マーチン ラゴンダのミニカー検索

 

アストン マーチン ラゴンダ イギリス

 

 アストン マーチン社は正式にはアストン マーチン ラゴンダ社という名前で、デビット ブラウンの時代にアストン マーチンとラゴンダが合併して出来た会社でした。このラゴンダは第二次大戦前の高級車メーカーで、アストン マーチン ラゴンダ社では1961年にはラゴンダ ラピードというDB4をベースとした4ドアの高級車を発売しています。ただこの車は約50台ほどしか生産されていませんので、ほとんど知られていません。

 

 このラピードの後継車として1974年にDBSのホイールベースを延長し4ドア化したアストン マーチン ラゴンダが登場しましたが、この車はごく少数が生産されただけでした。1976年に2代目のラゴンダが登場します。全長が5.3mを越える大型車で、一度見たら忘れられないインパクトのあるユニークなボディ、巨大なリトラクタブル ヘッドライト、世界初のLED表示デジタルメータなど桁違いに個性的な車でした。

 

 

 ただ中身はDBシリーズをベースにしていて、エンジンはV型8気筒5.3L(290HP)、最高速は225km/h(3段AT)の性能でした。当時4000万円もする超高級車でしたが、1990年までに約600台も生産されています。

 ミニカーはウエスタン モデル製で、材質はホワイトメタルです。当時物のミニカーはこれしかなく値段も高かったですが、この特徴的なデザインが気に入って買ってしまいました。やや大きめにできていて、特徴的なデザインは良く再現されていますが、かなり大味なミニカーになっています。ミニチャンプスが2010年にモデル化したので、このミニカーの希少価値が無くなってしまいました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=863

   

 

 

ページ 1  2   次へ »