ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MG TC 1945 UK

MG TC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y08 1/35 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.54m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1250cc 55HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでMG TC/TD/TFのミニカー検索

 

MG TC イギリス

 

 モーリス車のスポーティ仕様を製造していたMGは、1935年にモーリス社に統合されモーリスの1ブランドとなっていました。戦前のミジェットから続くMGの軽量スポーツカーは、1945年に戦後型のTCが登場しました。戦前型のTBとほとんど同じ外観で、室内が少し近代化されていました。エンジンはTBと同じ4気筒1250cc(55HP)で、4段変速で最高速125km/hの性能でした。1950年に前輪独立懸架を採用し、ボディを大型化したTDに切り替わり、1953年にはボディをさらに近代化したTFに発展しました。TFには1.5L(63HP)エンジンが追加され、その最高速は138km/hまで向上しました。

 

 戦時中にヨーロッパに駐留していたアメリカ人が持ち帰ったヨーロッパの軽量スポーツカーが当時のアメリカでブームとなりました。MGもその影響でアメリカ市場に大量に輸出され、MGは小型スポーツカーの代名詞となりました。 TCからTFは1955年までの10年間で約5万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのYシリーズで、1970年代に作られたものです。縮尺が中途半端で出来映えも今一つですが、実車の雰囲気はなんとなく分かると思います。なおTCはビテス製の最近の物、TDはテクノのヴィンテージ物、TFはディンキーのヴィンテージ物がありますが、いずれも残念ながら持っていません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=869

   

MG MGA MK I 1600 1959 UK

MG MGA MK I 1600 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI D732/1 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 72HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでMG MGAのミニカー検索

 

MG MGA MK I 1600 イギリス

 

 TF型の古典的なボディを一新し、近代的な流線型ボディを採用したMGAは1955年に登場しました。外観は斬新ですが、中身はTFと同じラダーフレームを採用した古典的な構造でした。エンジンは4気筒1.5L(72HP)で、4段変速で最高速160km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1966年にハードトップのクーペが追加されました。

 

 1958年にツインカム(DOHC)1.6L(79HP)エンジンを搭載する高性能版が追加され、1961年にはOHV1.6L(86HP)エンジンを搭載するMK IIに発展しました。1962年までに約10万台が生産され、その半数はアメリカ市場などに輸出されました。

 

 

 ミニカーは1980年代に復活した新生コーギーのもので、1990頃に販売されたものです。多分高性能版の1600のモデルで、一応当時のマニア向けミニカーですので、プロポーションは悪くなくそこそこの出来映えです。最近のミニカーでは、バンガーズやオックスフォードのものがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=870

   

 

MG MGB GT 1965 UK

MG MGB GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-3B 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 98HP 4段変速
性能: 最高速173km/h
データーベースでMG MGBのミニカー検索

 

MG MGB GT イギリス

 

 MGBはMGAの後継として1962年に登場しました。基本設計はMGAと同じですが、モノコックボディの採用などでより近代的な車となっています。4気筒OHV1.8L(89HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速170km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1965年に実用的なテールゲートの付いた2+2座クーペがGTという名前で追加されました。このGTのデザインには当時BMCと関係のあったピニンファリーナの影響が感じられますが、公式には発表されていません。

 

 MGBはレース/ラリーでも活躍し、実用的な入門用スポーツカーとして大ヒットしました。1967年には6気筒2.9L(150HP)エンジンを搭載した高性能版のMGCが登場しています。1967年にMK IIに、1969年にMK IIIに発展し、1980年までに約50万台が生産されました。MGといえばこのMGBが思い浮かぶほど有名な車です。

 

 

 ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。ライトが黄色いのでフランス仕様なのでしょうか。少し前のマニア向けのミニカーですので、シンプルな作りですがまずまずの出来映えです。なお当時物としてはディンキーのロードスター、コーギーのMGB GT、MGC GTなどがあります。最近のものではミニチャンプス、オートアート、バンガーズ、国産名車のMGBなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=871

   

MG MAGNETTE ZB 1956 UK

MG MAGNETTE ZB 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD MGZ006 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 64HP 4段変速
性能: 最高速138km/h
データーベースでMG マグネットのミニカー検索

 

MG マグネット ZB イギリス

 

 MG マグネット ZAはBMCグループ内のウーズレー 4/44をベースにしたスポーティセダンで、1954年に登場しました。ウーズレーの4気筒1.3Lエンジンより高性能な1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速130km/hの性能でした。

 

 ルーフラインが50mmほど低められたボディ、ラック&ピニオン方式のステアリングなどMGらしいスポーティな味付けがされていて、MGのセダンとして人気を博しました。

 

 

 ミニカーは2010年に発売されたオックスフォード製で、1956年にマイナーチェンジしたZBをモデル化しています。この時代の車のミニカーはこのようなややレトロな作りが似つかわしい気がします。オックスフォードはZAもモデル化しており、ZAとZBの違い(リアウインドーの大きさなど)もきちんと再現しています

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=872

   

 

MG 1100 1966 UK

MG 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99068 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 56HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでMG 1100のミニカー検索

 

MG 1100 イギリス

 

 ADO16シリーズの2番手はMG 1100で、MG マグネットの後継車として1962年に登場しました。スポーツカーメーカーのMGブランドに合わせて、ツイン キャブレターでエンジンを6HPパワーアップし、最高速も135km/hと少し速くなっています。

 

 1967年にエンジンが1.3L(58HP)に拡大され、1969年には70HPまでパワーアップしたMK IIに発展し、その際にボディが2ドアのみになりました。1971年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはビテス製ADO16シリーズの1台です。MG マグネットと同じようなイメージのフロントグリルにMGのエンブレムが付いています。ウインカーが丸型に変えてあるのもスポーティさを表現したのでしょう。当時物でもスポットオンやテクノがモーリス 1100に加えてMG 1100もモデル化していますので、ADO16の中でもMG 1100は特に人気があったのだと思われます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=774

   

MG MIDGET MK IV 1969 UK

MG MIDGET MK IV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 421 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでMG ミジェットのミニカー検索

 

MG ミジェット MK IV イギリス

 

 主力モデルがMGAに移行して、入門用の廉価なモデルが必要になったMGは、同じBMCグループ内のオースチン ヒーレー スプライトのマイナーチェンジ版を流用することを決定します。名前は戦前の名車と同じミジェットとなり、1961年に登場しました。スプライトのモノコックボディの前後を大幅に変更して、全く新しいMGに仕上がっています。

 

 エンジンはスプライト MK I用を少しパワーアップした948cc(46HP)で、スプライト MK Iより少しだけ高性能です。なお姉妹車のスプライト MK IIより格上とのことで、仕上げもやや高級で価格も高かったそうです。1962年にはエンジンが1.1L(56HP)にパワーアップされ、最高速が143km/hに向上しています。排気量を1.5Lまで拡大し、1979年までに約23万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはディテールカー製で、1.3Lエンジンを搭載したMK IVのモデルです。軽快な小型スポーツカーの代表的なスタイルが良く再現されています。ホンダS500がデザインのお手本にしたのはこの車だと言われていますが、確かに雰囲気がそっくりです。当時物としてはスポットオン、最近ではスパークがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=873

   

 

ページ 1  2   次へ »