ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

LANCIA AURELIA B20 GT 1951 ITALY

LANCIA AURELIA B20 GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4563 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: V型6気筒 2L 80HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでランチア アウレリアのミニカー検索

 

ランチア アウレリア B20 GT イタリア

 

 第二次大戦後しばらくランチアは戦前のアプリリアの小型版アルデア(ARDEA)を生産していました。1950年にアプリリアの後継車アウレリア B10(4ドア セダン)が発表されました。アウレリアの設計はアルファ ロメオでレースカーを設計していたヴィットリオ ヤーノによるものでした。その為世界初のV型6気筒1.8L(56HP)エンジン搭載、デフとギアボックスを一体化したトランスアクスル、四輪独立懸架とインボード ドラム ブレーキなど高度な技術が採用されていました。

 

 1951年には排気量2L(70HP)のB21が追加され、ホイールベースを短縮してピニンファリーナ製ボディを載せた2ドアクーペのB20 GTも追加されました。GTとはグランツーリスモの略ですが、この名前を初めて使ったのはこの車で、その優れた操縦性から最初のGTカーとされています。

 

 

 ミニカーは2000年頃発売されたソリドの物です。細かなパーツを省いてシンプルに作ってありますが、一番大事なプロポーションとフロントグリルはしっかりできています。このようなシンプルながら要点を押さえた安価なミニカーをソリドにもっと作ってもらいたいものです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=708

   

LANCIA AURELIA B24 SPIDER 1955 ITALY

LANCIA AURELIA B24 SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM 134 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.45L 118HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでランチア アウレリアのミニカー検索

 

ランチア アウレリア B24 スパイダー イタリア

 

 1953年にアウレリアはエンジンが2.45L(118HP)に拡大されました。翌年にはリア サスペンションが改良され、GTのホイールベースをさらに短縮した2座オープンカーのB24スパイダーが追加されます。このスパイダーはピニンファリーナのデザインによる魅力的なスタイルで、見た目だけではなく最高速185km/hと高性能でした。

 

アウレリア シリーズは約2万台ほどが1958年までに生産されました。なおこの当時ランチアはアウレリア GTをベースとしたレースカー D24などでモータースポーツでも活躍していました。

 

 

 ミニカーは初期のブルム製です。このフロントのバンパーが2分割されているタイプはアメリカ仕様で、分割されていないタイプなどバリエーションがたくさんあります。実車の雰囲気をよくとらえてあるので、フロントグリルをもう少しリアルにすればかなり良い出来になるのですが。。。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=709

   

 

LANCIA D24 1953 ITALY

LANCIA D24 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R204 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.3L 265HP 4段変速
性能: 最高速260m/h
データーベースでランチア D20/23/24/25のミニカー検索

 

ランチア D24 イタリア

 

 戦前のランチアはモータースポーツに参加しませんでしたが、経営者が創業者の息子のジャンニ ランチアに変わった戦後はモータースポーツに進出するようになりました。戦前に登場したアプリリアは、戦後レースやラリーで活躍しました。前述したアウレリア B20 クーペをベースにしたレースカー D20(V型6気筒2.5L/3Lエンジン)が1952年に登場し、タルガ フロリオ、ミッレ ミリア、ルマンなどに参加しています。

 

 D20は1953年にD23(V型6気筒3L 220HPエンジン)に発展しました。D23は軽量化して操縦性を向上させる為オープン仕様(単座/2座)となり、鋼管フレーム構造の本格的なレースカーとなりました。D23はエンジン排気量を2.4L(265HP)に拡大し、D24となりました。D24のデビュー戦は1953年ニュルブルクリング(リタイア)で、同年のカレラパナメリカーナ(ドライバー A.アスカリ)で優勝しています。1954年には、ミッレ ミリア、タルガ フロリオなど多くのレースで優勝しています。1954年にエンジン排気量を2.7L(300HP)に拡大したD25も開発されました。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1994年頃発売されました。1954年のミッレ ミリア 優勝車(ドライバー A.アスカリ)をモデル化しています。迫力のあるフロント周りの雰囲気が良く再現されていて、なかなか良い出来ばえです。ブルムには数種類のバリエーションがあります。それ以外のD24系のミニカーとしてはTOP MODEL、STARLINEなどのモデルがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1736

   

LANCIA FERRARI D50 1955 ITALY

LANCIA FERRARI D50 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R076 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 2.5L 285HP 5段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでランチア フェラーリ D50のミニカー検索

 

ランチア フェラーリ D50 イタリア

 

 ランチアはF1に進出することを計画し、1954年にD50が登場します。開発はアルファ ロメオでP2/P3を設計し、1937年にランチアに移籍したヴィットリオ ヤーノが担当、彼らしい先進的な設計を行っています。ドライブシャフトがドライバーの左側を通るように、エンジン(DOHC V型8気筒2.5L)を斜めに配置することで、ボディ全高を下げて空気抵抗を下げています。またエンジンをシャーシと一体化しボディ剛性を上げています。燃料タンクはボディ左右に張り出したポンツーン内に収め、このポンツーンは空力的な効果もありました。そんな訳でD50は当時のF1としてはユニークなスタイルをしています。

 

 D50のデビュー戦は1954年スペインGPで、メルセデス ベンツ W196が勝利したレースでしたが、A.アスカリのドライブでポールポジションと最速ラップタイムを記録しD50は能力の高さを示しました。1955年モンツァ サーキットのテスト中にA.アスカリが事故死しました。エースドライバーを失ったことと資金難からランチアはF1を撤退することになりました。D50についてランチア、フィアット、フェラーリで交渉が行われ、D50がフェラーリに移譲され、フィアットがフェラーリに資金援助することとなりました。そんな訳でD50は フェラーリ (ランチア) D50となり、V.ヤーノら技術陣はフェラーリに移籍しました。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1982年頃発売されました。1956年のイギリスGP 優勝車(ドライバー J.M.ファンジオ)をモデル化しています。1956年式ですからフェラーリに移譲された後のランチア D50です。サイドポンツーンを持つユニークなスタイルが良く再現されています。ブルムのD50にはノーズの形状が異なる2タイプがあり、バリエーションが数種類あります。(画像はノーズコーン的なものが付いたノーズがやや長いタイプです) これ以外ではマーキュリーの当時物、マテル、イクソなどがあり、移譲される前の1955年式D50 モナコGP仕様をノレブがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1737

   

 

LANCIA APPIA 1953 ITALY

LANCIA APPIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 783040 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.87m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: V型4気筒 1.1L 38HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでランチア アッピアのミニカー検索

 

ランチア アッピア イタリア

 

 小型車アルデアの後継として1953年にアッピアが登場しました。V型4気筒1.1L(38HP)エンジン、スライディングピラー式前輪サスペンション、センターピラーのない観音開きドア、盾型のグリルなどランチア独自の伝統を引き継いだ高級な小型車でした。小型車ながらピニンファリーナ製のクーペや、ヴィニャーレ製のカブリオレなどの特注車も製作されました。1956年にはII型となり、1959年にはフロントグリルを変更したIII型となり、1963年までに約10万台が生産されて大ヒットしました。

 

 ランチアはレース活動に注力するなど技術重視で採算を度外視した経営を続けたことで1955年に倒産しています。その際に創業者一族は経営から手を引き、ヴィットリオ ヤーノも退社しています。後を引き継いだカルロ ペゼンティはランチアの伝統を守り高度な内容の車作りを続けました。

 

 

 ミニカーは2006年発売のノレブ製です。シンプルながら小さな高級車であった実車の雰囲気がよくとらえられていると思います。ただライトが少し大きすぎるような気がしますが。。。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=710

   

LANCIA FLAMINIA BERLINE 1957 ITALY

LANCIA FLAMINIA BERLINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
STARLINE  1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.45L 102HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでランチア フラミニアのミニカー検索

 

ランチア フラミニア ベルリーナ イタリア

 

 アウレリアの後継車として1957年にフラミニアが登場しました。アウレリアと同じV型6気筒エンジンは排気量を2.5L(102HP)に拡大し、高度なトランスアクスル方式を踏襲していました。長く続けられたスライディングピラー式前輪サスペンションはダブルウイッシュボーン方式に変わりました。ボディは全長4.85mとかなり大きくなり、ピニンファリーナ デザインの美しいスタイルとなりました。

 

 1960年にはこの車をベースにしたランドー形式のリムジーンで大統領専用車が製作されています。イタリアの最高級車として約12000台が1970年までに生産されました。

 

 

 フラミニアのセダンのミニカーは当時物ではマーキュリーとノレブ(プラ製)ぐらいしか無かったのですが、これはスターラインが最近モデル化したものです。フロントあたりの造形は良いのですが、肝心のピニンファリーナ ラインを持つキャビン後部の造形が今一つという気がします。これをベースにした大統領専用車もモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=711

   

 

 

ページ 1  2  3  4  5   次へ »