ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 1924 ITALY

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS 8601 1/25 155㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 8気筒DOHCスーパーチャージャー付 2L 140HP 4段変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでアルファ ロメオ P2/P3のミニカー検索

 

アルファ ロメオ P2 グランプリ イタリア

 

 ニコラ ロメオの興した会社に吸収されたアルファ社は1921年に車名をアルファ ロメオに変更します。この当時アルファ ロメオは前に説明しました24HPの改良型の20-30HP、4気筒6Lの40-60HPの2モデルを持ち、レースでの活躍でイタリア国内では高性能車としての地位を固めていました。また1921年には6気筒3LのツーリングカーRLを発表しています。

 

 アルファ ロメオはその名声を高めるためグランプリへの参戦を決め1914年にグランプリカーを製作しましたが、第一次大戦の勃発でグランプリへの参戦は中止となります。その後新たにグランプリカー P1を製作しますが、1923年のモンザGPのテストランの途中に事故を起こしてドライバーが死亡した為、参加を取りやめます。

 

 

 その年フィアットから有能な技術者ヴィットリオ ヤーノを招き短期間で完成させたのがP2です。2L直列8気筒DOHCスーパーチャージャー付き140HPエンジンで最高速225Km/hの性能です。P2は初戦から優勝しその後もブガッティ、メルセデス、フィアットなどの強豪を相手に輝かしい戦歴を収めています。ミニカーはメーベトイ後期の秀作で数少ないP2のモデルの一つです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=191

   

ALFA ROMEO 6C 1750 1932 ITALY

ALFA ROMEO 6C 1750 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 19 1/43 100㎜

 

アルファ ロメオ 6C 1750 イタリア

 

 P2の成功で勢いを得たアルファは小型車に進出して業績拡大をねらいます。小型車としての地位を築きつつあったフィアット501と競合しないよう上級車並の性能を持つ小型車として6C がヤーノによって開発されました。1925年に発表された6Cは6気筒SOHC 1500cc 44HPの高性能エンジン 110km/hの性能でサスペンションやブレーキなども高度な仕様となっていて絶大な人気となりました。

 

 ミニカーはリオ製です。1929年に排気量を1750ccに拡大したもののモデルですが、非常に素晴らしい出来でこの当時のアルファ ロメオのセダンとして貴重なミニカーです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 6気筒 1500cc 46HP 4段変速
性能: 最高速110km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=192

   

 

 

ページ 1