ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 1924 ITALY

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS 8601 1/25 155㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 スーパーチャージャー付 2L 140HP 4段変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでアルファ ロメオ P2/P3のミニカー検索

 

アルファ ロメオ P2 グランプリ イタリア

 

 ニコラ ロメオの興した会社に吸収されたアルファは、1921年に車名をアルファ ロメオに変更します。この当時アルファ ロメオは前述したエドワード期の24HPの改良型の20/30HPと4気筒6Lの40/60HPの2モデルを持ち、レースでの活躍でイタリア国内では高性能車としての地位を固めていました。また1921年には6気筒3Lのツーリングカー RLを発表しています。

 

 アルファ ロメオはその名声を高めるためグランプリへの参戦を決め、1914年にグランプリカーを製作しましたが、第一次大戦の勃発でグランプリへの参戦は中止となりました。その後新たにグランプリカー P1を製作しますが、1923年のモンザGPのテストランの途中に事故を起こしてドライバーが死亡した為、参加を取りやめました。

 その年フィアットから有能な技術者ヴィットリオ ヤーノを招き、短期間で完成させたのがP2です。DOHC 直列8気筒2L スーパーチャージャー付(140HP)エンジンで、最高速225Km/hの性能でした。P2は初戦から優勝しその後もブガッティ、メルセデス、フィアットなどの強豪を相手に輝かしい戦歴を収めています。1932年に後継車のP3が登場しました。

 

 

 ミニカーはメーベトイ後期の1/25サイズの秀作で、あまりモデル化されていないP2のミニカーです。当時の1/25のミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。 以下はそのメーベトイのP2のフロント/リアの拡大画像とコクピット部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 1
ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 2

 以下は2005年に発売されたミニチャンプスのP3(型番403241203)の画像です。ミニチャンプスらしいそつのない出来ばえで、特にフロントサスペンションはリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 3
ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=191

   

ALFA ROMEO 6C 1750 1932 ITALY

ALFA ROMEO 6C 1750 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 19 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 6気筒 1750cc 85HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでアルファ ロメオ 1750のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 6C 1750 イタリア

 

レーシングカー P2の成功で勢いを得たアルファ ロメオは小型車に進出して業績拡大をねらいます。小型車としての地位を築きつつあったフィアット501と競合しないよう、上級車並の性能を持つ小型車として6C が技術者ヴィットリオ ヤーノによって開発されました。1925年に発表された6CはSOHC 6気筒1500cc 44HPの高性能エンジンを搭載しサスペンションやブレーキなども高度な仕様で絶大な人気となりました。1929年にエンジンが1750ccに拡大され、DOHCでスーパーチャージャーを付けた高性能版はツーリングカーレースで大活躍していました。

 

 ミニカーはリオ製で、1966年に発売されました。1932年式の6C 1750をモデル化しています。プロポーションがよく、フロントグリル、ホイール、バンパーなどの細部がリアルに再現され、非常に素晴らしい出来ばえです。ボンネットを取外すことができ、エンジンなどのメカも再現されています。なおこのボンネットは一見すると外れそうには見えないぐらい立て付けが良いので、これが外せることに気が付いたのは購入してから数年後のことでした。この当時のアルファ ロメオのセダンの量産ミニカーはこれぐらしかないので、貴重なミニカーです。

 

 

 以下はリオの6C 1750のフロント/リアの画像とエンジン部の画像です。6気筒エンジンだけではなく、エンジンに配管で接続されたラジエータ、ホーン、ステアリングギアボックスなどがかなりリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO 6C 1750 1
ALFA ROMEO 6C 1750 2

 以下は2007年に一部を改良して再生産されたリオの6C 1750(型番4019/1)の画像です。50年前と同じ型を使っているようですが、フロントグリルにアルファ ロメオのロゴとエンブレムの彩色が追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO 6C 1750 3
ALFA ROMEO 6C 1750 4

 以下は2007年に発売されたリオの6C 1750 トルペード(型番4099)の画像です。これも50年前と同じ型を流用して、オープンのトルペードに仕立てています。室内の仕上げとホイールが変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO 6C 1750 TORPEDO 1
ALFA ROMEO 6C 1750 TORPEDO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=192

   

 

 

ページ 1