ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 1962 JAPAN

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 17 1/42 91mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 43HP 3段自動変速
性能: 最高速111km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ダットサン ブルーバード 310型 日本 1962

 

 ダットサン 211型を後継する310型は、ブルーバードという名前(メーテルリンクの童話「青い鳥」にちなんだ)で1959年に登場しました。信頼性の高いトラックの低床式ラダーフレームにセミモノコックボディを載せた構成で、前輪独立懸架を採用したことで、乗用車としての乗り心地や操縦性を向上させていました。エンジンは211型を踏襲した4気筒988cc(34HP)と1.2L(43HP)が設定され、3段変速で最高速111km/h(1.2L)の性能でした。

 

 1960年のマイナーチェンジで311型となり、日本初のエステートワゴンが追加され、日本初のフルシンクロメッシュ変速機が採用されました。1961年のマイナーチェンジで312型となり、日本初の女性仕様車「ファンシーデラックス」(ウインカー作動時に鳴るオルゴール、サンバイザー組込みのバニティーミラーなどを装備)が追加されました。1963年にブルーバード 410型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはモデルペットの当時物で、1962年型のファンシーデラックスをモデル化した物です。50年以上も前のミニカーなので、ライトやフロントグリルが塗装処理された素朴な作りです。当時物ではミクロペットもありますが、滅多に見ることができないレア物です。当時物以外のミニカーとしてはトミカ リミッテドで1Lと1.2Lの2タイプがモデル化されており、国産/日産名車コレクション(ノレブ製)でも1.2Lがモデル化されています。
 以下は国産名車コレクションの310型の画像です。黄/ピンクのカラーリングですから、これもファンシーデラックスをモデル化しているようです。側面から見るとよく分かるのですが、キャビン部分が小さめでプロポーションが少し変です。プロポーションに関しては古いながらもモデルペットの方が良く、シンプルな310型のスタイルを良く再現しています。新しいミニカーの方が必ず出来が良いという訳ではないのです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 1
DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=911

   

TOYOTA CROWN (RS41) 1962 JAPAN

TOYOTA CROWN (RS41) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43047 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.61m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 80HP 3段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでトヨタ クラウン S40型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン RS41型 日本 1962

 

 1960年に小型車規格が全長4.7m全幅1.7mまで拡大され、2代目クラウンは一回り大きいボディとなりました。ボディはトヨタのTをイメージしたフロントグリルを特徴とする直線的なデザインで、アメリカ車をお手本としていました。当初のエンジンは4気筒1.9L(80HP)のR型で、3段変速(2段オート トヨグライド)で最高速140km/hほどの性能でした。カスタムという名前のワゴン、商用車のマスターラインもありました。

 

 1964年にボディーを大型化し(全幅1.85m)、新設計したアルミ製V型8気筒2.6L(99HP)VG型エンジンを搭載した上級車のクラウン 8が登場します。さらに1965年に新設計の6気筒2L(99HP)のM型エンジンも追加されています。この6気筒車にはディスクブレーキ、フロアシフト、タコメータを装備したスポーティ仕様もありました。この時期に2つのエンジンを開発していますが、このエンジンがその後のトヨタの主力エンジンとなっています。

 

 

 ミニカーはエブロ製で、良くできたフロントグリルなど2代目クラウンのイメージがうまく再現されています。当時物はミクロペット、モデルペット、ダイヤペットといずれもレア物揃いです。最近ではファインモデル、トミカ リミテッド、国産名車(エブロの型流用?)などでモデル化されてます。エブロ以外の最近のミニカーとしては、ファイン モデル(アンチモニー製)がパトカーやタクシーなども含めて10数種類、国産名車コレクション、ファースト43、トミカ リミッテドの1/64などたくさんあります。2011年にエニフ(ENIF)がクラウン 8を非常に素晴らしい出来映えのダイキャスト製ミニカーに仕立てています。

 以下はモデルペットの1/42、国産名車コレクション(イクソ製?)の1/43の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CROWN (RS41) 1
TOYOTA CROWN (RS41) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=968

   

 

MAZDA CAROL 1962 JAPAN

MAZDA CAROL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43387 1/43 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.99m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 4気筒 360cc 20HP 4段変速 2段自動変速
性能: 最高速94km/h
データーベースでマツダ キャロルのミニカー検索

 

マツダ キャロル 日本 1962

 

 前述したR360 クーペでスバル 360の牙城を崩すことが出来なかったマツダは、新たに開発した軽自動車キャロルを1962年に登場させました。キャロルの特徴は軽自動車ながら、ボンネット、キャビン、トランクの分離した3ボックス スタイルと豪華な内外装でした。(リアエンジンですので荷物スペースはフロントですが) これを可能にしたのはクリフカットというリアウインドーを垂直に立てたキャビンで、これはイギリスのフォード アングリアで有名になったスタイルですが、国産車では珍しいものでした。

 

 水冷4気筒360cc(18HP)OHVアルミ合金製という高度なエンジンをリアに搭載するRR駆動方式で、4段変速で最高速94km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、1963年には軽初の4ドアも追加されました。4ドアの3ボックススタイルが売りでしたが、このサイズでの4人乗車は寸法的に厳しく(なんとか4人乗ったようですが)、また構造的に車重が重くなることから動力性能面でも不利でした。

 当初はスバル 360を脅かしたようでしたが、動力性能の低さが販売上のネックとなりました。その後軽自動車市場にはダイハツのフェロー(1966年)やホンダのN360(1967年)といった高性能な新型車が登場し、キャロルは見劣りするようになりました。当時のマツダは小型車とロータリーエンジン開発に注力していた為、キャロルのモデルチェンジは行われず、1966年のマイナーチェンジを経て1970年に生産中止となりました。総生産台数は約26万台でした。初期の軽自動車として、非常にユニークな存在でした。

 

 

 ミニカーはエブロ製で2003年に発売されました。前期型4ドアのモデル化で、プロポーションが良く実車のイメージをうまく再現した良い出来ばえです。キャロルはいまひとつ人気が無かったのか? 当時物のミニカーはありませんでした。最近の物では京商のポリストーン製の後期型4ドア(1/43)、トミカ リミテッドの前期型4ドア、コナミの前期型2ドア(1/64)、国産名車コレクションの1/43と1/24などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA CAROL 1
MAZDA CAROL 2

 以下は2006年に発売された国産名車コレクションのキャロル(1/43 No.22)の画像です。メーカーはノレブで、フロントグリルが変更された後期型2ドアをモデル化しています。雑誌付きミニカーながら良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA CAROL 3
MAZDA CAROL 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1011

   

MITSUBISHI MINICA  1962 JAPAN

MITSUBISHI MINICA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 19 1/43 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2サイクル2気筒 359cc 17HP 4段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースで三菱 ミニカのミニカー検索

 

三菱 ミニカ 日本 1962

 

 1961年に三菱初の軽自動車として商用バン/ピックアップの三菱 360が登場します。軽3輪レオの経験を生かして開発された360は、通常のフロントエンジンのFR方式を採用し、サスペンションもリーフ方式の保守的なもので、ボディもごくオーソドックスなデザインでした。空冷2サイクル2気筒359cc(17HP)エンジンで、4段変速で最高速80km/hの性能でした。保守的な設計が良かったのか、360は商業的に成功しました。

 

 360をベースにして乗用車ミニカが1962年に登場します。車体後部をノッチバックにし、4人乗りに仕立ています。エンジンなど性能は商用車360とほぼ同じです。当時の軽はRR車が一般的であったので、FR方式は異色な存在で、トランクが一番広かったそうです。ライバルのスバル360やマツダR360クーペに比べると、乗用車としてはデザインが保守的で地味だったようです。

 

 

 当時物のミニカーはありません。画像は国産名車コレクション(ノレブ製)のもので、ノレブからカタログモデルとしても出ていることもあって、プロポーションや細部などかなり良い出来映えです。国産初期の自動車として貴重なモデルですが、国産名車コレクションでなければモデル化されなかったでしょう。(トミカ リミッテドは、このようなマイナーな車?は多分モデル化しないでしょう。 ただプロモーションがらみで出るかもしれませんが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1030

   

 

ISUZU BELLEL 1962 JAPAN

ISUZU BELLEL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 53 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 85HP 3段変速
性能: 最高速136km/h
データーベースでイスズ ベレルのミニカー検索

 

イスズ ベレル 日本 1962

 

 ヒルマン ミンクスのノックダウン生産でノウハウを蓄積したイスズは、初の自社開発乗用車としてベレルを1962年に発売しました。当時の主たる需要であったタクシー用中型セダンで、トヨタ クラウン/日産 セドリックがライバルでした。ヒルマン ミンクスを踏襲した前輪独立/後輪固定サスペンションを持つオーソドックスな構造でした。ボディは欧州風のシンプルなデザインで、三角形のテールライトが特徴です。4気筒2Lディーゼル、4気筒1.5/2L(85HP)エンジンを搭載し、3段変速、最高速度136km/h(2L)の性能でした。

 

 発売初期の製造不良やライバル(クラウン/セドリック)より古臭くみえるデザインのため、ベレルの販売は芳しくありませんでした。1965年には、縦型2灯式のヘッドライトを採用するなどしてデザインを一新しましたが、装備や性能で見劣りするベレルに勝ち目はなく、1967年に一代限りで生産中止となりました。

 

 

 ベレルの当時物ミニカーはモデルペットとミクロペットがありますが、めったにお目にかかれないレアものです。1980年頃にカドーがこの当時物の復刻版的なミニカーを発売しています。画像は最近発売された国産名車コレクション(ノレブ製)のもので、プロポーションが良く実車に即したカラーリングで実車の雰囲気がうまく再現されています。(初期の国産名車コレクションのミニカーにはこのベレルのような独自性が高い物があったのですが、最近は。。。)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1071

   

DAIHATSU 3-WHEELER TRUCK (CM) 1962 JAPAN

DAIHATSU 3-WHEELER TRUCK (CM) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43931 1/43 123㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.70m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 68HP 4段変速
性能: 最高速100km/h 積載量 1.5t
データーベースでダイハツの3輪車(ミゼット以外)のミニカー検索

 

ダイハツ 3輪トラック CM型 日本 1962

 

 エンジンの国産化を目指して、大阪の技術者が中心となって1907年に設立した「発動機製造株式会社」が ダイハツ工業の前身でした。同じような車名の会社があったので区別する為「大阪の発動機」と呼ばれ、それが略されて「大発(ダイハツ)」となったそうです。1930年に空冷単気筒エンジンを搭載した3輪トラック HA型を開発し、自動車市場に参入しました。その後3輪トラックのメーカーとして発展し、1957年に発売した軽規格の3輪トラック ミゼットは大ヒットしました。1951年には現在の「ダイハツ工業株式会社」に社名変更しました。1963年には初の4輪車コンパーノを発売し、1967年にトヨタと業務提携しています。

 

 3輪トラック CM型は1962年に発売されました。3輪トラックは4輪トラックに押されて1960年代には需要が低迷していましたので、このCM型はダイハツの3輪トラックとしては最終型に近いモデルでした。(最終型は1963年発売のCO型) 水冷4気筒1.5L(68HP)エンジンを搭載した最大積載量1.5tのトラックで、3人掛けシートで乗車定員は3名、最高速度は100km/hでした。当時の価格は約50万円だったそうです。私が小学生の頃はまだこの類の3輪トラックがたくさん走っていたのを憶えています。この車は丸いハンドルが付いていますが、古いタイプは2輪車と同じバーハンドルが付いていたものでした。

 

 

 ミニカーは2008年に発売されたエブロ製です。ほとんどがプラスチック製パーツで出来ているので、ミニカーというよりも完成品のプラモデルといったところです。プロポーションが良く、実車に即した塗装が当時の雰囲気を良く再現していると思います。前後輪のサスペンションや床下のシャーシ部分などもリアルに再現されています。(その反面壊れやすいので台座から外すだけでも注意が必要) 同じような3輪トラックのミニカーは数年前にサピ(SAPI)、トミカ、トミカ リミッテド、エブロなどからたくさん発売されました。ダイハツの3輪トラックとしては最終型のCO型をトミカ リミッテドとトミーテックのザ カーコレクション(1/150)がモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内と車体底シャーシ部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DAIHATSU 3-WHEELER TRUCK (CM) 1
DAIHATSU 3-WHEELER TRUCK (CM) 2
DAIHATSU 3-WHEELER TRUCK (CM) 3

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1432

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...78 次へ »