ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ISUZU (BU06) BUS TOKYO METRO BUS 1969 JAPAN

ISUZU (BU06) BUS TOKYO METRO BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 198 1/50 225㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約10.27m 全幅約2.49m
エンジン 変速機: 6気筒 9.2L ディーゼル 175HP 5段変速?
性能: 最高速100km/h?
データーベースでイスズ バスのミニカー検索

 

イスズ BU06型 バス 東京都営バス 日本 1969

 

 戦前の川崎航空機工業が戦後に川崎産業と改称し、バス車体製造を始めたのがいすゞバス製造の始まりでした。1950年にいすゞ自動車と提携し、その後同業他社との合併などで社名は何度か変わっていますが、主要な国産バス製造メーカーでした。1995年にいすゞバス製造に社名変更し、1997年にはいすゞ自動車の100%子会社となりました。2003年に日野自動車といすゞ自動車のバス部門が統合されジェイ バスが発足し、現在いすゞバス製造はジェイ バスの宇都宮事業所になっています。

 

 1960年代にはBU系大型バスが登場し、1960-1970年代に路線バスや観光バスとして使われました。特に川崎車体が架装した高速観光バスはその独特の?線型ボディとフロントウインドー形状の見た目から「オバQ」バスと呼ばれました 1980年にBU系の後継車のC系が登場しました。(「オバQ」を知らない人はWEBで検索してください)

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1973年に発売されました。BU06型の低床式都営バスをモデル化しています。箱には1/40と明記されていますが、ミニカーの寸法から逆算すると1/45から1/50ぐらいとなりますので、一応1/50ということにしています。当時の都バスのカラーリングや「ワンマン」などの各銘板が再現されていて、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。ギミックとしては折り戸ドア/リアスライドドア/リアパネルが開閉し、ボディを傾けることで前輪の操舵ができます。ボディ側面の青ラインや各銘板は紙のシールなのですが、このミニカーは保存状態が良いのできれいなままです。(リアのナンバープレートは最初から付いていたオリジナルです) バリエーションとして大阪市営バス仕様(実在しないようですが)と幼稚園バス仕様もありました。 以下はフロントの拡大画像と折り戸ドア/リアスライドドア開閉ギミック動作画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ISUZU (BU06) BUS TOKYO METRO BUS 1
ISUZU (BU06) BUS TOKYO METRO BUS 2

 以下はリアの拡大画像/リアパネルを開いたエンジン部の画像と前輪操舵ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ISUZU (BU06) BUS TOKYO METRO BUS 3
ISUZU (BU06) BUS TOKYO METRO BUS 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1875

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3