ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FORD F-150 SVT LIGHTNING PICUP 1999 USA

FORD F-150 SVT LIGHTNING PICUP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 80 1/50? 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.28m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 360HP 4/5段変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでフォード F-150のミニカー検索

 

フォード F-150 SVT ライトニング ピックアップ アメリカ 1999

 

 ピックアップは日本では物を運ぶ商用車として使われますが、アメリカでは乗用車的な使われ方をしています。最初のピックアップはフォード T型を改造して後部に荷台を追加したものでした。(参照フォード T型 ランチ) この車は農場で使われましたが、貨物用だけではなく乗用にも使われました。1950年代になるとフォード ランチェロやシボレー エルカミーノのようなデザイン重視のピックアップも登場するようになりました。州によってはピックアップの自動車税が割安であったので、財布の軽い若者がこぞって乗るようになり、乗用車的な使い方をするピックアップが普及していきました。
データーベースでフォード ランチェロのミニカー検索
データーベースでシボレー エルカミーノのミニカー検索

 

 フォードのピックアップを代表するFシリーズの初代は1948年に登場しました。F1からF8まで積載量の異なる8種類のタイプがあり、ピックアップ、パネルバン、ボンネットトラック、キャブオーバー式トラック、スクールバスなど様々なボディがありました。(1950年式 F3 実車画像)

 

 

 1953年に2代目登場、モデル名がF-100、F-110、F-250、F-260、F-350、F-360、F-500、F-900に変わりました。
 1957年に3代目登場、キャブオーバー式トラック(F-900)は大型トラックのCシリーズに統合されてなくなりました。1959年に4WD仕様が追加されました
 1961年に4代目登場、1965年にフロントサスペンションがソフトな物に変更され、4ドアのキャブが設定されるなど乗用車的な性格が強まりました。上級モデルとしてレンジャーが設定されました。 (1965年式 F-100 実車画像)
 1967年に5代目登場 1972年に小型ピックアップのクーリエが登場しました。(この車はマツダ Bシリーズ(プロシード)の流用)

 1973年に6代目登場 1975年に現在の主力モデルであるF-150が登場しました。(1975年式 F-150 実車画像)
 1980年に7代目登場 当時のモデルはF-100、F-150、F-250、F-350、F-600、F-700、F-800で、ディーゼルエンジン搭載車が登場しました。1982年にクーリエの後継車の名前がレンジャーとなりました。
 1987年に8代目登場 7代目のマイナーチェンジ的な変更でした。
 1992年に9代目登場 1993年にV型8気筒5.8L(240HP)エンジンを搭載する高性能スポーツ仕様のSVT ライトニングが追加されました。1999年にF-250以上のモデルがスーパーデューティーとして独立したので、それ以降のFシリーズはF-150だけとなりました。現在のFシリーズは13代目で、現在でもアメリカで一番売れているピックアップです。(2位はGM シボレー シルバラード →2017年式 実車画像)
データーベースでフォード Fシリーズ トラックのミニカー検索
データーベースでシボレー シルバラードのミニカー検索

 ミニカーは2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズで、メーカーはアンソンです。F-150 10代目(1997年登場)で限定生産された高性能スポーツ仕様のSVT ライトニングをモデル化しています。ミニカーの底板には縮尺1/43と表示されていますが、実際には1/50ぐらいで出来ているようです。フロント周辺の造形や太いタイヤなど実車の雰囲気がそこそこ再現されていて良い出来ばえです。ドアが開閉し、室内も結構再現されています。Fシリーズのミニカーはほとんどが最近発売されたものですが、様々な世代や種類の物がたくさんあります。特に初代のF1や2代目のF-100の人気が高いようです。以下はフロントとリアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD F-150 SVT LIGHTNING PICUP 1
FORD F-150 SVT LIGHTNING PICUP 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1922

   

FORD LINCOLN TOWNCAR STRETCH LIMOUSINE 2000 USA

FORD LINCOLN TOWNCAR STRETCH LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SUN STAR 10111 1/43 167mm

 

フォード リンカーン タウンカー ストレッチ リムジン アメリカ 2000

 

 リンカーンの最上級車 タウンカーの3代目 1998年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7.2m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.6L 205HP 4段自動変速
性能: 最高速200km/h?
データーベースでリンカーン タウンカーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1505

   

 

FORD EXCURSION 2000 USA

FORD EXCURSION 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO (ANSON) 83 1/50? 118mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.76m 全幅約2.03m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 225HP 4/5段自動変速 2WD/4WD
性能: 最高速160km/h?
データーベースでフォード エクスカージョンのミニカー検索

 

フォード エクスカージョン アメリカ 2000

 

 フォードのピックアップトラックを代表するFシリーズは1940年代後半に登場し、現在まで続いています。(2015年式F-150) そのFシリーズをベースにしたSUVがブロンコで、初代は1960年代に登場しました。さらにF-250 スーパーデューティ ピックアップをベースにした大型SUV エクスカージョン初代が1999年に登場しました。エクスカージョンは中型SUVのエクスペディション(ブロンコの後継)やエクスプローラーよりも大きく、当時世界最大のSUVといわれました。同クラスのライバルとしてはGMのサバーバンなどがありました。

 

 エンジンはV型8気筒5.4L、V型10気筒6.8L(310HP)、V型8気筒7.3L ターボ ディーセル(250HP)などを搭載していました。全長5.7m車高約2mの大きなボディは3列シートの9人乗りで、リアゲートの下半分は左右に開きます。駆動方式は2WDと4WDがありました。ホイールベースを延長した巨大なストレッチリムジーンもありました。当初の販売は好調でしたが、ガソリン価格の上昇で巨大なサイズ故の燃費の悪さが災いし、その後の販売は伸び悩みました。最終的にエクスペディションに統合され、2005年に生産中止となりました。
データーベースでフォード エクスペディションーのミニカー検索
データーベースでフォード エクスプローラーのミニカー検索
データーベースでフォード ブロンコのミニカー検索

 

 

 ミニカーはデルプラドの世界の名車シリーズで、メーカーはアンソンです。 ミニカーの底板には縮尺1/43と表示されていますが、実際には1/50ぐらいで出来ているようです。フロント周辺の面構えやごついタイヤなど実車の雰囲気が良く再現されていて結構良い出来ばえです。リアゲートは実車と同じように開閉し、室内もそれなりに作ってあります。車種的にあまりモデル化されていないので、世界の名車シリーズの中でも買って損はないミニカーです。なおアンソンのブランドでも発売されていますが、国内販売されたかどうかは不明です。以下はフロントとリアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD EXCURSION 1
FORD EXCURSION 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1504

   

GM CADILLAC ESCALADE 2002 USA

GM CADILLAC ESCALADE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO (ANSON) 82 1/50? 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.1m 全幅約2.04m
エンジン 変速機: V型8気筒 6L 350HP 4段自動変速 フルタイム4WD
性能: 最高速177km/h
データーベースでキャディラック エスカレードのミニカー検索

 

GM キャディラック エスカレード アメリカ 2002

 

 高級車のSUVとして1997年に登場したフォード リンカーン ナビゲーターが大ヒットしたことに対抗して、GMも高級車キャディラックのSUV エスカレード 初代を1998年に登場させました。GMCのSUV ユーコン(YUKON 1992年登場 1980年代のシボレー ブレイザーの後継)の豪華版1998年 ユーコン デナリー(YUKON DENALI)をベースにしており、外観はユーコンとほぼ同じでした。ただし内装は革張りシートや木目調ダッシュボードなど豪華に仕立てられていました。エンジンはV型8気筒5.7Lで、4段自動変速で駆動方式はフルタイム4WDでした。外観がユーコンのままだったので、キャディラックらしくないと不評で販売は低調だったそうです。
データーベースでリンカーン ナビゲーターのミニカー検索

 

 キャディラック エスカレードの2代目は2002年に登場しました。初代と同じくベースはユーコンですが、不評だった外観はキャディラック デビル(2000年式)と良く似たイメージのフロントを採用してキャディラックらしい雰囲気に変わりました。、内装も一層豪華にし、エンジンは専用のV型8気筒6L(350HP)を設定しています。この2代目が営業的に成功したことで、エスカレードは高級SUVとしての地位を確立しました。2007年に3代目にモデルチェンジしました。なおエスカレードよりも小さいSUVとしてキャディラック SRXが2003年に登場しています。
データーベースでキャディラック SRXのミニカー検索

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズで、メーカーはアンソンです。ミニカーの底板に縮尺1/43と銘記されていますが、実際には1/50でモデル化されているようです。したがって少し小さめなのが残念ですが、室内のメーターパネルが再現されているなど、雑誌付きのミニカーとしてはそこそこ良く出来てます。ボンネットが開閉するギミックも付いています。なおアンソンは1/18でもエスカレードをモデル化しています。これ以外ではソリドの1/43、JADA TOYSやWELLYの1/24などがあります。以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いた拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC ESCALADE 1
GM CADILLAC ESCALADE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1501

   

CRYSLER PT CRUISER GT 2003 USA

CRYSLER PT CRUISER GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MAISTO 21001 1/39 107㎜

 

クライスラー PT クルーザー GT アメリカ 2003

 

 PT クルーザー 1999年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.4L ターボ 215HP 4段自動変速
性能: 最高速192km/h (リッミッター有)
データーベースでPT クルーザーのミニカー検索
 

CRYSLER PT CRUISER GT 1
CRYSLER PT CRUISER GT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1514

   

 

GM CHEVROLET CORVETTE C6 CONVERTIBLE ’Street Appearance’ 2005 USA

GM CHEVROLET CORVETTE C6 CONVERTIBLE ’Street Appearance’ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 900004 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.93m
エンジン 変速機: V型8気筒 6L 400HP 6段変速/4段自動変速
性能: 最高速300km/h(リミッター解除)
データーベースでコルベット C6のミニカー検索

 

GM シボレー コルベット C6 コンバーチブル ’ストリート アピアランス’ アメリカ 2005

 

 コルベットの6代目C6が2005年に登場しました。デザインの基本は先代と同じですが、ボディ全体にエッジを効かせたよりシャープなデザインとなりました。衝突安全性対策や軽量化の為、リトラクタブルヘッドライトが廃止され固定式ヘッドライトが採用されました。先代より全長100mm、 全幅10mmのサイズダウンが行われ、ホイールベースは逆に30mm延長されたことで操縦安定性が向上しています。先代と同じ変速機をリアに配置するトランスアクスル方式が採用され前後重量配分は51:49と優れています。なおコルベットの伝統であるフレーム構造にFRP製ボディ、横置きリーフスプリングのサスペンションを継承していることには、老舗ブランドの拘りを感じます。

 

 エンジンは先代と同じV型8気筒で排気量を6L(400HP)に拡大しています。2008年に排気量を6.2L(436HP)に拡大しています。先代同様に設定された高性能版のZ06はV型8気筒7L(511HP)エンジンを搭載しタイヤ/ブレーキが強化されています。限定モデルとして販売された、さらに高性能なZR-1はスーパーチャージャーを追加したV型8気筒6.2L(647HP)エンジンを搭載し、ボディを軽量化しタイヤ/ブレーキをさらに強化しています。2013年に7代目コルベット C7にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはノレブ製で、2006年頃に発売されました。「ストリート アピアランス」という名前のパッケージ仕様をモデル化しているようです。実車画像をみるとこのパッケージ仕様はシート背後にガラス製ウインドディフレクターが設定されています。ミニカーはそのウインドディフレクターも含めて室内が良く再現されていて、ノレブらしいそつのない良い出来ばえです。ノレブはC6 クーペもモデル化しています。これ以外のC6のミニカーではオートアートの1/18、フランクリンミントの1/24、イクソのレース仕様、スパーク(レジン製)のレース仕様、ミニチャンプスのレース仕様などたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CHEVROLET CORVETTE C6 CONVERTIBLE 1
GM CHEVROLET CORVETTE C6 CONVERTIBLE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1957

   

FORD MUSTANG GT 2005 USA

FORD MUSTANG GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400084122 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.77m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.6L 300HP 5/6段変速/5段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでマスタング 5代目以降のミニカー検索

 

フォード マスタング GT アメリカ 2005

 

 マスタング 3代目は1979年に登場しました。新しく開発された中型車用の「FOXプラットフォーム」(後輪駆動)を採用し、ハッチバッククーペとクーペがありました。デザイン的にはリアクオーターパネルのスリット処理が特徴的でした。1983年にはオープンのコンバーチブルが復活しました。当初のエンジンは4気筒2.3Lとそのターボ仕様(140HP フォード初の採用)、V型6気筒2.8L(109HP)、V型8気筒4.9L(140HP)などがありました。1984年にはターボ車に高性能版のSVO(175HP)が設定されました。1993年まで長く生産されました。
データーベースでマスタング 3代目のミニカー検索

 

 マスタング 4代目は1994年に登場しました。「FOXプラットフォーム」を改良してホイールベースが少し長くなり、クーペとコンバーチブルがありハッチバックはなくなりました。当時のフォード流のエアロルックというフロントのデザインで、リアフェンダーには初代を意識したエアダクトが付いています。当初のエンジンはV型6気筒3.8L(145HP)、GT用のV型8気筒4.6L(215HP)とその高性能版 コブラ(240HP)などがありました。1997年にDOHC V型8気筒4.6Lエンジン(305HP)を搭載した高性能な SVT コブラが追加されました。1999年のマイナーチェンジでホイールアーチが大きくなるなど外観が大きく変わっています。
データーベースでマスタング 4代目のミニカー検索  

 

 

 マスタング 5代目が2005年に登場しました。フロント グリルの造形やテールライトの形状に初代のイメージを現代風にアレンジしたデザインを採用しています。ただ現在の車は無駄なスペースがないので昔風のロングノーズ/ショートデッキではないですが、かつてマスタングにあこがれた熟年層などには受けそうです。初代より少し大きい外形寸法(4770X1880X1380mm)に、V型6気筒4L(210HP)、GT用のV型8気筒4.6L(300HP)エンジンを搭載していました。2011年にエンジンはV型6気筒3.7L(305HP)、GT用のV型8気筒5L(412HP)に変わりました。

 マスタング 6代目が2015年に登場しました。幅を拡大したボディは、5代目のデザインを踏襲していますが、フロントはヘッドライトが変わりダイナミックな面構えになっています。エンジンは4気筒2.3L(310HP)、V型6気筒3.7L(300HP)、GT用のV型8気筒5L(435HP)/5.2L(526HP)などがあります。

 ミニカーはミニチャンプス製の5代目マスタング GTです。最初は赤色が2005年に発売され、この青は2008年の発売でした。細部をリアルに仕上げたミニチャンプスらしい良い出来ばえで、室内も良く再現されています。なおこのようにサイドウインドーが開いた状態になっているのは、室内が良く見えるようにしているのです。2012年頃からミニチャンプスは室内の造形に手を抜くようになり、その頃からサイドウインドーは閉じた状態になりました。以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン/室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD MUSTANG GT 1
FORD MUSTANG GT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1510

   

GM CADILLAC STS-V 2006 USA

GM CADILLAC STS-V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 910016 1/43 117mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.4L スーパーチャージャー 469HP 6段自動変速
性能: 最高速246km/h (リミッター制限)
データーベースでキャディラック STS/CTSのミニカー検索

 

GM キャディラック STS-V アメリカ 2006

 

 セビル 5代目にはスポーティ仕様のSTS(SEVILLE TOURIG SEDAN)と豪華仕様のSLS(SEVILLE LUXURY SEDAN)がありました。2005年にセビルの後継車としてSTSがセビルの名前を外して登場しました。セビルは2代目から前輪駆動車でしたが、STSは後輪駆動車となり、スポーティ志向を明確にしました。(キャディラック セダンでは初の4WD仕様もあった)

 

 2002年のCTSから始まった伝統的な縦型ヘッドライトを特徴とするスポーティなデザインをSTSも採用しています。エンジンはV型6気筒3.7L(255HP)とV型8気筒4.4L(320HP)で、2006年にはV型8気筒4.4L スーパーチャージャー(469HP)を搭載するSTS-Vが追加されました。2008年のマイナーチェンジで、フロントグリルに太い格子が追加され、前フェンダーにクロームモールの通気口が追加されました。2011年に生産中止となり、後継車はSTSの下級車CTSの3代目と、上級車のDTSとSTSを統合したXTSとなりました。なおSTSの中国仕様としてSLSが2007年から2013年まで生産されました。

 

 

 2000年代になってキャディラックの車名はアルファベット3文字に変わっていきました。(SUVのエスカレードだけ3文字でない) 以下にまとめました。

 ミニカーはノレブ製で、2006年に発売されました。高性能版のSTS-Vをモデル化しています。ノレブらしいそつのない作りで、全体的に良い出来ばえです。フロントグリルや灯火類、室内などの細部も良くできています。欧州のミニカーメーカーは最近のアメリカ車をあまりモデル化しないのですが、ノレブはキャディラック BLS、CTS、STS、SRX、XLR、クライスラー 300C、ダッジ バイパーなどもモデル化しています。ノレブ以外のSTS/CTSのミニカーとしては、京商の1/18やLUXURY(レジン製)の1/43などがあります。以下はフロントとフロントグリルの拡大画像、リアと室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC STS-V 1
GM CADILLAC STS-V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1502

   

 

GM CHEVROLET CAMARO 2012 USA

GM CHEVROLET CAMARO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC173 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L 432HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速248m/h
データーベースでシボレー カマロ 4代目以降のミニカー検索

 

GM シボレー カマロ アメリカ 2012

 

 1993年にカマロ 4代目が登場しました。先代のボディを曲線的なラインで置き換えたような空力的なスタイルに変わりました。2ドアハッチバッククーペとコンバーチブルがありました。標準のエンジンはV型6気筒3.4L(160HP)で、高性能版Z28にはコルベットと同じV型8気筒5.7L(275HP)が搭載され、6段変速機で最高速255㎞/hの性能でした。

 

 1998年の大幅なマイナーチェンジで、フロントのデザインが大きく変更されました。(カマロ 1998) Z28のエンジンは新開発のV型8気筒5.7L(305HP)に変更され、このエンジンをさらに320HPにパワーアップしたSSもありました。スポーツクーペの販売が低迷したことから、2002年でカマロは生産中止となりました。

 2005年に初代フォード マスタングのデザインをモチーフにしたマスタング 5代目が登場し話題となりました。これに対抗して初代カマロのデザインをを現代風にアレンジしたカマロのコンセプトカーが2006年に公開されました。このコンセプトカーは映画 トランスフォーマー(2007年公開)に登場しています。コンセプトカーをベースにしたカマロ 5代目が2010年に登場しました。

 

 

 当初はクーペだけでしたが、2011年に電動開閉式ソフトトップを持つコンバーチブルが追加されました。エンジンはLSとLTにV型6気筒3.6L(312HP)、高性能版SSにはV型8気筒6.2L(426HP)が搭載され、変速機は6段変速/6段自動変速でした。2012年にカマロとしては最強のV型8気筒6.2Lスーパーチャージャー付(580HP)エンジンが搭載されたレース仕様のZL1が追加されました。2013年のマイナーチェンジで、フロントとリアの意匠が少し変更され、V型8気筒7L(505HP)エンジンが搭載されるZ/28が追加されました。2016年にカマロ 6代目にモデルチェンジしました。デザイン的には5代目を踏襲しています。

 ミニカーはイクソ製で、2015年に発売されました。プロポーション的にはウエストラインから下の部分が少し大き目でややアンバランスです。(以下の実車との側面比較画像参照) グリルや灯火類などの細部はイクソの標準的な出来ばえです。イクソは WTCC セーフティカーやドバイ 警察仕様などもモデル化しています。おなじイクソ製の国産名車コレクションではカマロ SSやマイナーチェンジ後のコンバーチブルもモデル化されています。それ以外では、トミカ リミッテド、WELLYの1/24、グリーンライトの1/64などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と実車と側面を比較してみた画像です。側面画像ではミニカーの緑色輪郭線が実車の輪郭線よりも下にはみ出しているので、ボディ下半分が大き目にできていて車高が高いことが分かります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CAMARO 1
GM CHEVROLET CAMARO 1


 以下は国産名車コレクションのカマロ コンバーチブル 2014年式の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CAMARO CONVERTIBLE
GM CHEVROLET CAMARO CONVERTIBLE

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1500

   

GM CHEVROLET VOLT 2012 USA

GM CHEVROLET VOLT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO KG004S 1/18 mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 電動モーター 111kW(149hp)
エンジン DOHC 4気筒 1.4L (103HP) 電気式無段変速
性能: 最高速160km/h  
データーベースでGM シボレー ボルトのミニカー検索

 

GM シボレー ボルト アメリカ 2012

 

 GMの電気自動車ボルトが2011年に登場します。ボルトには電池とモーターだけで動作するモードがあるので、GMはレンジエクステンダー付電気自動車と称しています。(レンジエクステンダーとはエンジンで発電しながらその電力で走行すること) この車はトヨタ プリウスのようなモーターとエンジンを併用するモードもあり、商用電源で充電できることからプラグインハイブリットカーとも言えます。電池は韓国製のリチウムイオン電池で容量16kWh 電池だけで約50kmの走行が可能とのことで、ガソリンが満タンであれば約550kmの走行が可能だそうです。プリウス プラグインハイブリットの電池容量は5.2kWhで約20kmの電動走行が可能ですから、ボルトはより電気自動車的です。

 

 1998年にアメリカ カリフォルニア州で制定されたZEV法は州内で販売する自動車の2%、2003年には10%をZEV(Zero Emission Vehicle:排ガス0の車=電気自動車)とする事を義務付けるものでした。当時これに対応して電気自動車トヨタ(RAV4 EV)/日産自動車(アルトラEV)/ホンダ(EV PLUS)が販売されました。GMはEV1という電気自動車を1996年にリース方式で販売しました。

 

 

 EV1はスタイリッシュな2ドアクーペ(2シーター!)で、モーター102kW(137HP)による前輪駆動 航続距離 約120km(初期の鉛蓄電池)-240km(ニッケル水素電池)といった性能でした。ただこの性能では市場に受け入れられず、1999年に生産中止となりました。その後ZEV法は実情に合わせて排ガスがクリーンな車やハイブリット車もZEVに含めるなど規制緩和が行われました。現在、アメリカではステラ社の高級電気自動車が売れるなど、ハイブリッド車も含めてZEV法に関係なく新たな電動車の需要が生まれているようです。 

 ミニカーは京商のマスターピースコレクション 1/18です。画像は京商のWEBサイトから借用しました。ドア/ボンネット/トランクが開閉できるフルギミックで、1/18としては標準的な出来映えのようです。これ以外ではGREENLIGHやマイストが1/64でモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1371

   

 

  ページ  « 前へ 1...10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.