ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN DS5 2016 FRANCE

CITROEN DS5 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 155594 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.53m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L ターボ 156-210HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速202-235m/h
データーベースでシトロエン DS5のミニカー検索

 

シトロエン DS5 フランス 2016

 

 DSシリーズの最上級車としてDS5が2011年に登場しました。デザインは2005年のフランクフルト ショーで公開されたコンセプトカー C スポーツラウンジをベースにしており、ワゴンをスタイリッシュにしたような5ドアハッチバックです。「サーベルライン」と称するヘッドライトから三角窓まで伸びたクロームモールはユニークなデザインです。シャーシはC5ではなくC4のホイールベースを延長した物をつかっています。エンジンは4気筒1.6Lターボ、4気筒2Lディーゼルターボと4気筒2Lディーゼル+モータのハイブリッドを搭載しています。

 

 光軸が前輪と連動するヘッドライト、シトロエン初のスマートキーシステム、ヘッドアップディスプレイ、前後ソナー/バックカメラなどの先進装備が搭載されています。C6プジョー 607が生産中止となった現在、DS5はPSAグループの最上級車で、ディーゼルハイブリッド仕様車はオランド大統領の公用車にもなっています。2015年のマイナーチェンジでC3/4と同様にフロントグリルにDSのロゴが付き、DSブランドへ移行しました。

 

 

 PSAグループでプジョーは正統派の上質な実用車、シトロエンは個性的な実用車、DSはその上のプレミアムな車という位置づけとなるようです。グループ内でのプラットフォームの共用で近年のシトロエンは個性がなくなっていましたが、このDSシリーズ(特にDS5)ではシトロエンらしさが少しだけ復活したような気がします。ちなみにDSは「DIFFERNT SPIRIT(一味違う気分?)」の略だそうです。なお中国だけで販売するSUVのDS6も2014年に登場しています。

 ミニカーはノレブ製で、2015年にマイナーチェンジしたDS5をモデル化しています。前述したDS3/4同様かなり良い出来ばえです。「サーベルライン」、大きな全面ガラス製のサンルーフ、室内ではヘッドアップディスプレイやメーターパネルなどの細部が良く再現されています。DS5のミニカーもノレブが独占しており、マイナーチェンジ前のDS5やフランス国旗の付いた大統領公用車など約10種類をモデル化しています。
CITROEN DS5 1
CITROEN DS5 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1872

   

CITROEN C3 2016 FRANCE

CITROEN C3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 155268 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC 3気筒 1.2L 110HP 5段変速/6段自動変速
性能: 最高速188km/h
データーベースでシトロエン C3のミニカー検索

 

シトロエン C3 フランス 2016

 

 C32代目が2009年に登場しました。初代と同じ丸っこいボディで、ルーフまで伸びた大きなフロントウインドーによる広い視界が特徴でした。エンジンは4気筒1.1L/1.4L/1.6Lガソリンと4気筒1.4L/1.6Lのターボディーゼルがありました。ミニバンクサラ ピカソの小型版後継車としてC3のSUV仕様であるC3 ピカソが登場し、C3 2代目と同時開発された派生車のDS3も2009年に登場しました。

 

 C3の3代目が2016年に登場しました。2014年に登場した個性的なデザインのC4 カクタスと同じようなデザインです。カクタスほど個性的ではありませんが、C3も他車と一味違うシトロエンらしい感じがします。ドアの下にある黒いモールのような部分は「エアバンプ」と称する樹脂製バンパーでボディーの損傷を防ぐ機能があり、デザイン的なアクセントにもなっています。

 オーバーフェンダーのような太い樹脂モールや前後の樹脂バンパーも同様のアクセントとなっています。(エアバンプなどが付いていない仕様もあります) エンジンは3気筒1.2L(68HP/82HP/ターボ 110HP)と4気筒1.6L(75HP/100HP)ターボディーゼルが搭載されます。いずれも国産小型車並みの低燃費だそうです。

 

 

 ミニカーはノレブ製で、2016年に発売されたものです。ノレブらしい手堅い作りで、実車と同じカラーリングに仕上げています。灯火類や室内などの細部の仕上げは良好で、最大の特徴であるエアバンプもそれらしい質感でうまく再現しています。C3 2代目/3代目のミニカーはすべてノレブの物しかありません。最近のフランス車のミニカーはノレブが独占していて、少し前のミニチャンプスのドイツ車のようになりました。ノレブは老舗の玩具メーカーなので、ミニチャンプスのような傲慢なモデル展開や価格設定はやらないでしょう。したがって現状のノレブの独占でも良いのですが、できればソリドなどの他社が競作して欲しいとも思います。
データーベースでシトロエン カクタスのミニカー検索

CITROEN C3 1
CITROEN C3 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1873

   

 

PEUGEOT 3008 GT 2016 FRANCE

PEUGEOT 3008 GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 473882 1/43 mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボディーゼル 178HP 
6段変速/6段自動変速
性能: 最高速207km/h  
データーベースでプジョー 3008のミニカー検索

 

プジョー 3008 GT フランス 2016

 

 プジョー初のSUVとして4007が2007年に登場します。4007は三菱のアウトランダーをベースにした共同開発車で、グループ内のシトロエン C クロッサーは姉妹車です。 ボディと4WD関係のシャーシは三菱製、サスペンション関係はPSA グループが開発し、エンジンは三菱製の4気筒2.4L(170HP)とPSA グループの4気筒2.2Lディーゼル(156HP)を搭載していました。2012年まで生産され、後継車は三菱 RVRをベースにした4008です。

 

 4008よりも小型のクロスオーバーSUVの3008 初代は2009年に登場しました。3008は308をベースにしてプジョーが独自開発しています。駆動方式は4WDではなくFFですが、オフロードや雪道に応じて駆動力を制御するトラクションコントロールシステムが搭載されています。エンジンは308と同じ4気筒1.6Lガソリンと4気筒1.6L/2Lターボディーゼルを搭載しています。2016年に2代目にモデルチェンジし、最近のSUVに共通するデザインになりました。2017年 ヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 

 ミニカーはノレブ製で、3008 2代目の高性能版 GTをモデル化しています。ミニカーを持っていないので、画像はノレブのWEBサイトから拝借しました。ボディ後半が黒くなっている独特のカラーリングが再現されているなど、写真で見る限りノレブらしい良い出来ばえのようです。ノレブは初代3008など9種類の3008をモデル化しています。4007や4008もノレブがモデル化していて、最近のフランス車のミニカーはノレブの独占状態です。ライセンスの関係で複数のミニカーメーカーによる競作がなくなって久しいですが、このような1社独占はあまり好ましくないと思います。
データーベースでプジョー 4007のミニカー検索
データーベースでプジョー 4008のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1880

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 15  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15