ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA 60HP CORSA 1911 ITALY

ALFA 60HP CORSA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R026 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 6.1L 70HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでアルファ ロメオ 初期のミニカー検索

 

アルファ 60HP コルサ (レーシングカー) イタリア 1911

 

 20世紀初頭にイタリアでフランスのダラック社の自動車の組立てが行われていました。ダラック社が経営不振となり、そのイタリア工場を買収して1910年に設立されたロンバルド自動車製造有限会社(A.L.F.A..:AnonimaLombardaFabbricaAutomobili)はその頭文字から製品をALFAと名づけました。これが後のアルファ ロメオ社の始まりと名前の由来です。1918年に実業家のニコラ ロメオがA.L.F.A.の株を買い取り、会社名がSocieta Anonima Italiana Ing. Nicola Romeo(ニコラ ロメオ技師株式会社)に代わり、この時にアルファ ロメオというブランド名ができました。さらに1930年に社名がS.A. アルファ ロメオ(S.A. Alfa Romeo)に変更されました。

 

 最初のアルファは24HPという名前の車(実車画像)で、4気筒 4084cc(45HP)エンジンを搭載し、4段変速機を介して最高速度100km/hの性能でした。この車は高性能でしたので、すぐにレースに挑戦しました。この24HPに続いて30HP(4気筒4.2Lエンジン)、40/60HP(4気筒6.1Lエンジン)がレースで活躍したことで、アルファ ロメオはスポーツカーメーカーとしての地位を確立していきました。

 

 

 ミニカーは1981年に発売されたブルム製で、自動車初期のレーシングカーのシリーズ物の一つです。まだアルファ ロメオというブランド名ではないアルファ 60HPのレース仕様車をモデル化しています。まだカーボンが使われていなかったので白い色をしているタイヤや、シート背後の「ALFA」のロゴが付いたタンクなどが再現され、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。これ以外の60HPのミニカーではポリトーイ初期のプラスチック製がありました。 以下はフロント/リアの拡大画像とコクピット周りの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA 24HP RACINGCAR 1
ALFA 24HP RACINGCAR 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=103

   

ALFA 40/60HP RICOTTI 1914 ITALY

ALFA 40/60HP RICOTTI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 55 1/43 127mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 4気筒 6082cc 70HP 4段変速
性能: 最高速139km/h
データーベースでアルファ ロメオ 初期のミニカー検索

 

アルファ 40/60HP リコッティ イタリア 1914

 

 1913年に発表された4気筒6.1Lエンジン搭載の高性能車40/60HPは主にレーシングカーとして活躍しました。このリコッティという名前の車は、アルファロメオの有力な後援者であったリコッティ伯爵の依頼で、40/60HPのシャーシにカロッツェリア カスターニャがアルミ製の流線型ボディを架装した空力的な実験車でした。当時はこのような涙滴型が最も空気抵抗が少ないと考えられていたのですが、ここまで徹底したボディを製作したのは画期的だったと思います。

 

 その実験の結果ですが、オリジナルの40/60HPは最高速が125km/hしか出なかったのですが、この車は最高速139km/hを記録し空力的な効果を証明したとのことです。実験車とはいえ、流線型ボディの中には4人分のシートがありヘッドライトもついているので、乗用車としても使えたようです。実際にこの車のトルペード(オープンカー仕様)に運転手とオーナー?が乗車している当時の写真がWEB上にありました。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1973年頃に発売されました。リオはちょっと変わった形をした自動車初期の速度記録車をいくつかモデル化しています。(型番56 ジェネラル 'グランプリ'や電気自動車 ジェナツィ 'ジャメ コンタント'など→リオのページ参照) このリコッティは流線形のボディがリアルに再現されていて、良い出来ばえです。またリオのミニカーに共通することですが、室内やエンジン/シャースなどのメカ部分もきちんと再現されています。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン部/俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA 40/60HP RICOTTI 1
ALFA 40/60HP RICOTTI 2

 以下は1985年に発売されたバリエーションのトルペード(型番81)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA 40/60HP RICOTTI 3
ALFA 40/60HP RICOTTI 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=104

   

 

 

ページ 1