ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT 172 R 1927 FRANCE

PEUGEOT 172 R 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 8 1/43 78mm

 

プジョー 172 R フランス 1927

 

 プジョーは第一次大戦後の1921年に大型高級車156と小型車161を発表します。161は前後2座席という幅の狭い超軽量ボディに4気筒 667cc 8HPのエンジンを搭載した画期的な小型車で、性能はともかく価格が安かったので2年間で3500台を販売して成功しました。

 そしてこの成功がシトロエン5CVなどの小型車開発のきっかけとなっています。161は改良されて1922年に172になり、その後も172BC、BS、R、Sなどと1929年まで派生モデルが作られシトロエン5CVにつぐヒット車となります。

 

 ミニカーはノレブのプラスチック製です。172の後期のR型をモデル化しており、前席に2座席ありますが後席は荷物置き場か非常用のようです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m
エンジン 変速機: 4気筒 667cc 10HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=168

   

 

ページ 1