ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 1923 SWEDEN

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y16 1/49 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 3.5L 36HP 4段変速
性能: 最高速 不詳 乗車定員12名
データーベースでスカニア バスのミニカー検索

 

スカニア バビス 3241 郵便バス スウェーデン 1923

 

 スカニア社はスウェーデンの重工業会社で、1900年に設立されました。最初に2輪車を製造しすぐに自動車製造をはじめ、1902年にはトラック(1.5t)を製造しています。1911年に同じスウェーデンの乗用?/トラック メーカーのバビス社(VABIS)と合併し、スカニア-バビス社となり、同年にスウェーデン初の国産バスを製造しています。1939年に乗用車市場から撤退し商用車に特化しました。

 

 第2次世界大戦中は軍需対応で自動車以外に戦車も生産しました。1950年代には生産した車の半分以上が輸出されるようになり、国際的な企業に発展しました。1969?にスウェーデンの乗用車メーカー サーブ社(SAAB)と合併し、サーブ-スカニア社となりました。1995年にはサーブと分離し、スカニア社となりました。現在のスカニア社はフォルクスワーゲン グループに属し、ダイムラー、ボルボに次ぐ世界第3位の大型商業車メーカーです。1970年代までのトラックはL**という名前、それ以後はボンネット式はTやH(HAUBER)、キャブオーバー式はRやR TL(TOPLINE)という名前が付いているモデルが多いです。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのYシリーズの特別仕様品で1988年に発売されました。スカニア-バビス時代の3241型の郵便バスをモデル化しています。このバスは農村部にて郵便サービスや公共交通サービスに使われたそうです。前輪にソリを付け後輪はクローラー(キャタピラ)となっている雪上車仕様で、スウェーデンの厳しい風土を反映しています。実車諸元の参照画像と見比べてみると、実車をかなり忠実に再現していることがわかります。縮尺が1/49と中途半端なのが今一つですが、スカニア初期の雪上車仕様のバスということで、車種的に珍しく面白いミニカーです。バリエーションで同じモデルの屋根にもみの木を積んだクリスマス仕様や雪上車仕様でない郵便バスもモデル化されています。スカニアのミニカーはトラックやバスといった商用車がほとんどですが、ヘルパの1/87、ブレキナの1/87、コーギーの1/50と1/76、オックスフォードの1/76など結構たくさんモデル化されています。 以下はフロント/リアと運転席周りの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 1
SCANIA VABIS 3241 POST BUS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1885

   

VOLVO PV544 1958 SWEDEN

VOLVO PV544 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 822 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.58m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 60HP 4段変速
性能: 最高速137km/h
データーベースでボルボ PVのミニカー検索

 

ボルボ PV544 スウェーデン 1958

 

 ボルボ(VOLVO)はラテン語で「私は回る」という意味があり、スウェーデンのベアリング メーカーSKF社の子会社の名前でした。このSKF社によって自動車メーカーのボルボ社が1927年に創業されました。最初の車は4気筒2Lエンジンを搭載したオープンカーで、1929年には6気筒3Lエンジンを搭載した中型セダンのPV650が発売されています。1930年代にアメリカ GMの技術者を雇い入れ、その技術で小さなアメリカ車的な設計の車が開発されました。

 

 スウェーデンは過酷な環境の広大な国土を持つため、信頼性の高いエンジンを搭載した頑丈な車体が必要とされました。1930-1940年代のアメリカ車はまさにそのような条件を満たす車でした。スウェーデンは中立国でしたので、第2次大戦には参戦しておらず、ボルボは1946年にPV60シリーズを発表しました。PV60は6気筒3.7Lエンジンを搭載した大型車で、同時期のアメリカ車と同じようなスタイルをしていました。(実車画像→ ボルボ PV60 1946)

 

 

 1944年にボルボ初の小型車PV444が登場しました。PV444の444は4人乗り、40HP、4気筒(1.4L)エンジンを意味し、モノコックボディを採用し大量生産によって低価格で提供されました。デザインはやはりアメリカ車的なデザインで、3段変速で最高速100km/hの性能でした。1958年までに約20万台が生産され、信頼性や耐久性が高く評価されました。1958年にPV444を改良したPV544が登場しました。フロントとリアのウインドーが拡大され、室内は5人乗りになりました。4気筒1.6L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速が採用され最高速は137km/hに向上しました。PV544は1.8L(68HP)エンジンが追加されて1965年まで約24万台が生産された人気車種で、ラリーでも活躍しました。

 ミニカーは1959年に発売されたテクノ製の当時物です。北欧デンマークのテクノは1950-1970年代にボルボやサーブなど他社がモデル化しない北欧車を多くモデル化しており、しっかりした塗装で独得の雰囲気がある高品質なミニカーを作っていました。このPV544も実車の雰囲気がうまく再現され細部も良く仕上げてあり、当時としてはかなりレベルの高いミニカーでした。なお現在のテクノはオランダに移転しており、主に商用車/トラックを1/50でモデル化しています。これ以外のPV544のミニカーはシュコー ピッコロの当時物 1/90、イクソのラリー仕様、ブッシュの1/87、ヴィーキングの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO PV544 1
VOLVO PV544 2

 戦前のボルボのミニカー→ データーベースで戦前のボルボのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=881

   

 

VOLVO 122S AMAZON 1958 SWEDEN

VOLVO 122S AMAZON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 184 1/45 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 85HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでボルボ アマゾン (120/130/220)のミニカー検索

 

ボルボ 122S アマゾン スウェーデン 1958

 

 ボルボの大型車として120シリーズ アマゾンが1956年に登場しました。当初のアマゾンという名前はギリシャ神話の女性戦士アマゾンに由来したものでしたが、車名に3桁数字を使うようになってからは120シリーズに改名されました。当初は4ドアセダンだけで、ボディはボルボで初めてフラッシュサーフェースを採用しそれまでのPVシリーズと同様にアメリカ車的なスタイルでした。ボルボ 121は4気筒1.6L(60HP)、122は1.6L(78HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速143km/h(122)の性能でした。

 

 1958年に85HPにパワーアップした高性能版の122Sが追加され、1961年には1.8L(82HP)エンジンに切り替わり2ドアセダン(131/132)や5ドアワゴン(221/222)が追加されました。1967年に追加された高性能版(104HP)の123GTはラリーで活躍しました。合わせガラスを使ったフロントウインド、クラッシュパッドが貼られたダッシュボード、世界初の3点式シートベルトの採用など120シリーズにはボルボの安全に対する進んだ姿勢が見られました。2Lエンジンが追加され1970年まで生産されました。総生産台数は約67万台でした。

 

 

 ミニカーは1961年に発売されたディンキー(英)製の当時物です。高性能版の122Sをモデル化しています。縮尺は明記されていませんが、1/43よりすこし小さめで1/45ぐらいで出来ています。60年以上も前に発売されたビンテージミニカーですので素朴な作りですが、プロポーションは良く実車に忠実な造形で1960年代のミニカーとしては良く出来ていました。これ以外の120シリーズの当時物ミニカーはテクノ(同じ型番で4ドアと2ドアがある)やスポットオンがありました。当時物以外ではブレキナの1/87、イクソ(ホワイト ボックス)のセダンとワゴン、国産名車コレクション、ミニチャンプスのセダンとワゴン、オックスフォードの1/43と1/76などたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO 122S AMAZON 1
VOLVO 122S AMAZON 2

 以下は2016年に発売された国産名車コレクション製のボルボ 122S アマゾン (1/43 No.267)の画像です。メーカーはイクソで、イクソは別ブランドのホワイト ボックスでアマゾンを発売していますのでそれを流用しています。雑誌付きの安価なミニカーですので、室内の仕上げは簡素化されていますが、プロポーションが良く細部の仕上げも値段相応以上でよく出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 122S AMAZON 3
VOLVO 122S AMAZON 4

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 122S AMAZON 5
VOLVO 122S AMAZON 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=882

   

VOLVO P1800 1960 SWEDEN

VOLVO P1800 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 825 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 100HP 4段変速
性能: 最高速166km/h
データーベースでボルボ P1800のミニカー検索

 

ボルボ P1800 スウェーデン 1960

 

 ボルボ初のスポーツカーとしてP1800が1960年に登場しました。ボルボ アマゾンのシャーシにイタリアのカロッツェリア フルアがデザインした2+2の美しいクーペボディを架装したもので、ボルボには生産工場の余裕がなく当初の生産はイギリスのジェンセンに委託されました。ボルボ自製の4気筒1.8L(100HP)エンジンを搭載し、4段変速機で最高速166km/hと高性能でした。美しいスタイルと高性能でアメリカを中心に人気がありました。

 

 ジェンセンが生産したボディには塗装等に問題があり、1963年からは生産が内製に切り替わりました。これ以後スウェーデンで生産したという意味で名前にSが追加され1800Sとなり、エンジンも108HPに強化されました。1969年にはエンジンが2L(118HP)に切り替わり、最高速も180km/hに向上しました。1972年にワゴンスタイルを採用した1800ESが追加されデザインが一新されましたが、1973年に生産中止となりました。P1800シリーズの総生産台数は約4.7万台でした。

 

 

 ミニカーは1960年頃に発売されたテクノ製のレアな当時物です。北欧デンマークのテクノは1950-1970年代にボルボやサーブなど他社があまりモデル化しない北欧車を多くモデル化しており、しっかりした塗装で独得の雰囲気がある高品質なミニカーを作っていました。このP1800は1960年代前半のビンテージミニカーなのでグリルやバンパーに金属製パーツが使われ、テクノらしい頑丈なミニカーに仕上がっています。(開閉ギミックはありません) このミニカーは実車のデザインを強調する為にキャビン部分が意図的に小さくデフォルメされていると思っていましたが、今回実車の外形図とミニカーの外形を比較してみたところ、かなり実車の寸法に正確であることがわかりました。これは個人的には予想外の結果で、このビンテージ物のミニカーがリアルに出来ていることを再認識しました。P1800の当時物ミニカーはディンキー、コーギー、スポットオン、ノレブの初期物(プラスチック製)がありました。当時物以外ではミニチャンプス、イクソ(プレミアムX ホワイトボックス)、オックスフォードの1/76、ヘルパの1/87、ノレブなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO P1800 1
VOLVO P1800 2

 以下はミニカーの側面画像に実車の外形線(一番外側の線は緑色)を重ね合わせた画像です。フロントグリルとテールライトの外形が少し外れていますが、全体的には実車の外形線と良く一致しています。したがってキャビン部が小さめに出来ているという印象は正しくないようです。(たぶんピラーが太いことでウィンドーの面積が小さくなっているのでそのように感じるのでしょう) (画像のマウスオーバー又はタップで実車の外形線が表示されます)
VOLVO P1800 30

 以下は1966年に発売されたディンキー(英)製の当時物 ボルボ P1800 (1/42 型番116)の画像です。フロントグリルとバンパーがメッキしたプラスチック製パーツで構成されラインストーンのヘッドライトが使われているなど、当時のディンキー(英)の代表的な仕上げで良く出来ています。またボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミックとなっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO P1800 3
VOLVO P1800 4

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/トランク開閉の画像です。なおこの当時のディンキー(英)のミニカーのほとんどにはナンバープレート(紙シール)が付いていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO P1800 5
VOLVO P1800 6

 以下は1965年に発売されたコーギー製の当時物 ボルボ P1800 THE SAINT (1/46 型番258)の画像です。コーギーは1962年に型番228でボルボ P1800をモデル化しているのですが、これはそれをベースにしてイギリスのTVドラマ THE SAINT(邦題「セイント 天国野郎」)で主人公が乗っていたP1800に仕立てたキャラクター物です。ボンネットに張られている赤い紙シールはTHE SAINTのロゴです。縮尺が1/46なので1/43より少し小ぶり(全長94㎜)に出来ていますが、プロポーションが良くP1800の当時物ミニカーとして良く出来ていました。(ただし1/43用のホイールがややオーバーサイズになっていますが) 室内には主人公(通称セイント 俳優はロージャー ムーア)と思われる人物のフィギュアが乗っています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO P1800 7
VOLVO P1800 8

 以下は2000年頃に発売されたミニチャンプス製の ボルボ P1800 (1/43 型番430171622)の画像です。ミニチャンプスらしいそつのない造形で、フロントグリル、灯火類、室内インパネなどの細部がリアルに再現されています。上述したようにテクノのミニカーはキャビンが小さめに感じるのですが、このミニチャンプスのミニカーのキャビンはフロントウィンドーが大きいので、キャビンの大きさが一番正確に出来ているように感じます。ただし寸法的に正確に縮小すれば実車のイメージが再現されるというわけではなく、その辺の出来ばえの良し悪しは型職人の腕の見せ所なのです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO P1800 9
VOLVO P1800 10

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO P1800 11
VOLVO P1800 12

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=883

   

VOLVO FB88 TRUCK 1965 SWEDEN

VOLVO FB88 TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 425  1/50 170㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約8.5m? 全幅約2m
エンジン 変速機: 6気筒 9.6L ターボディーゼル 260HP 8段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでボルボ トラックのミニカー検索

 

ボルボ FB88 トラック スウェーデン 1965

 

 スウェーデンのベアリング メーカー SKF社によって自動車メーカーのボルボ社が1927年に創業されました。1928年に最初のトラックシリーズ1(4気筒エンジン搭載 積載量1.5t)を発売しました。このトラックは密閉された運転室(キャビン)を持つ頑丈な構造で、スウェーデンの気候と道路事情を考慮した信頼性の高い設計でした。このトラックは高い評価を受けて大ヒットし、ボルボの業績に寄与しました。 

 

 その後国内だけではなくヨーロッパ各国へと輸出されるようになり、ボルボ社の生産する車の中でトラックは大きな割合を占めていました。1980年代にボルボはアメリカのトラック会社のホワイト社と提携し、ボルボ ホワイト トラック社となり、さらに1980年代後半にはGMCの大型トラック部門も加わりました。2001年にはアメリカのマックを傘下に持つルノーのトラック部門を買収し、2006年に日産ディーゼル工業(現在はUDトラックス)も傘下に収めています。

  現在ボルボ トラックス社はダイムラー(メルセデス ベンツ ブランド)に次ぐ世界第2位の大型トラックメーカーです。ちなみに3位は同じスウェーデンのスカニアです。ボルボの乗用車部門は1999年にフォードに買収されてボルボ カーズとしてフォード傘下のブランドとなり、2010年には中国企業に売却されています。

 

 

 ボルボのトラックの型式名について説明すると、Nがボンネット型でFはキャブオーバー型です。概略ですがFHが一番大きなトラクター系、FMが中型で平ボディやバンのカーゴ系、FLが小型となります。またアルファベットの後の数字は1980年代以降のモデルではエンジン排気量(単位L)を示します。つまりFH16とはキャブオーバーの大型トラックで排気量が16Lとなります。

 ミニカーはテクノ製(デンマーク)の当時物で、1968年頃に発売されました。1965年に登場した当時の傑作大型トラックであったF88をモデル化しています。FB88のFはキャブオーバー型、Bは3車軸、88はシリーズ名を示します。車体に表示された「ASG TRANSPORT SPEDITION」とはスウェーデンの物流会社ASG社のロゴです。テクノのミニカーはプロポーションが良く、プラスチック製パーツをあまり使わないがっちりとした作りで、塗装もしっかりしています。このFB88も縮尺が1/50と少し小さめに出来ていますが、テクノらしい素晴らしい出来ばえです。(脱着できる幌はプラスチックではなく板金製で頑丈です)

 このミニカーには色々な企業のプロモーション用モデルのバリエションがあったようです。F88のこれ以外の当時物ミニカーはないようで、最近の物ではコーギーやイクソなどがあります。現在の主流であるFHシリーズはヘルパやAWMが約200種類以上をモデル化しています。

 以下はドアの開閉ギミックとキャブのチルトギミックの画像です。ドアが開閉し室内もリアルに再現され、キャブをチルトさせるとエンジンが金属パーツで再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO FB88 TRUCK 1
VOLVO FB88 TRUCK 2

 テクノのミニカーは前輪が操舵できるものが多いのですが、このFB88もボディを傾けることで前輪が操舵できます。また別売で専用のトレーラー(型番452)があり、金属製の連結金具でトレーラーを接続すると全長338㎜のフルトレーラーになります。以下は前輪の操舵ギミックと別売りのトレーラーを接続してフルトレーラー状態にした画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO FB88 TRUCK 3
VOLVO FB88 TRUCK 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1868

   

 

SAAB 96 1965 SWEDEN

SAAB 96 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 827 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 2サイクル3気筒 841cc 42HP 3段自動変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでサーブ 96のミニカー検索

 

サーブ 96 スウェーデン 1965

 

 サーブ社「Svenska Aeroplan AB」(スウェーデン航空機会社)はスウェーデンの軍用航空機の製造を目的として1937年に設立されました。、第2次大戦中は軍用機を製造していましたが、戦後に自動車製造に進出しました。1949年に完成した最初の量産車は2サイクル2気筒764cc(25HP)エンジンを前車軸上に横置き搭載した前輪駆動車のサーブ 92でした。航空機メーカーらしさが感じられる流線型のモノコックボディは、当時としては珍しく風洞実験で決められたものでした。3段変速で最高速105km/hの性能でした。(実車画像→ サーブ 92 1951)

 

 サーブ 92は1955年に3気筒750cc(33HP)エンジンを縦置き搭載に変更した93に、1960年には3気筒841cc(42HP)エンジンを縦置き搭載してリアウインドーを拡大した96に発展しました。1965年にはラジエーター搭載位置をエンジン後方から一般的なエンジン前面に変えたので、フロントグリル開口部が大きくなりました。サーブ 92のラジエータがエンジン後部にあったのは寒冷地の北欧では都合が良かったのですが、寒冷地ではない輸出先ではオーバーヒートが問題となったのでラジエーター搭載位置を変えたのでした。

 

 

 1966年にはエンジンがドイツ フォード製の4サイクルV型4気筒1.5L(65HP)に切り替わり、4段変速で最高速148km/hと性能が向上しました。1969年に前後ウィンドーが拡大されヘッドライトが角型に変更されました。サーブ 96は頑丈な足回りと優れた操縦性により1962年と1963年のモンテ カルロ ラリーで連続優勝するなどラリーで大活躍しました。サーブ 96は基本的な構造はほとんどそのままで安全基準対応などの改良がおこなわれ、1980年まで長い間生産されました。総生産台数は約54万台でした。

 ミニカーは1965年に発売されたテクノ製の当時物です。フロントグリルの形状から1965年式をモデル化しています。50年以上昔に作られたビンテージミニカーなので金属パーツが主体の素朴な造形です。この当時のテクノは非常に品質の高いミニカーを作っていました。この96もプロポーションが正確で実車の雰囲気がうまく再現され、1960年代のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。普通に箱に入れたまま保管していましたが、現在でも錆がなく塗装に艶まで有るのですから、昔のミニカーの品質はたいした物です。なおテクノはサーブ 96の初期型を1962年にモデル化していて、これはそれを1965年式に変更したものです。(型番の変更なし) フロントグリル部の造形が初期型の金属製パーツのグリルにグリル開口部を追加した形になっていることがそれを示しています。これ以外のサーブ 96のミニカーはディンキー(英)の当時物、コーギー、トロフューのストリート/ラリー仕様、イクソ(ホワイトボックス、プレミアムX、国産名車コレクション)、ブレキナの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SAAB 96 1
SAAB 96 2

 以下は1966年に発売されたディンキー(英)製の当時物 サーブ 96 (1/43 型番156)の画像です。これもフロントグリルを変更した1965年式をモデル化しています。メッキしたプラスチック製パーツを使ったフロントグリル部がやや目立ちすぎる感じですが、プロポーションが良くこれも1960年代のミニカーとして良く出来ていました。ドア開閉ギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 96 3
SAAB 96 4

 以下は1990年頃に発売されたコーギー製のサーブ 96 (1/43 型番D711)の画像です。これはサーブ 96 初期型をモデル化しているので、フロントグリルの形状が上述した1965年式と異なっています。コーギーが1990年代ごろに発売していた「CLASSIC CARS」というシリーズの一つで、このシリーズはマニア向けで1950-1960年代のクラシックカーを昔のコーギー流の作風で再現した物でした。レトロな造形ながら細部はそこそこリアルに仕上げてありよく出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 96 5
SAAB 96 6

 以下は2015年に発売された国産名車コレクション製の サーブ 96 V4 (1/43 No.241)の画像です。エンジンがフォード製V型4気筒エンジンに変更された96 V4をモデル化しています。ミニカーの台座には1971年と表示されていますが、フロントグリル形状が96 V4の形状でヘッドライトが丸形ですので1966年とするのが正しいと考えます。メーカーはイクソで、イクソはカタログモデルとして96 V4をモデル化していますのでそれを流用しています。プロポーションが良く、最近のミニカーですので灯火類やドアミラーなどの細部も良く再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 96 7
SAAB 96 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=892

   

VOLVO 144 1966 SWEDEN

VOLVO 144 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 835 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.64m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 68HP 4段変速
性能: 最高速143km/h
データーベースでボルボ 140シリーズのミニカー検索

 

ボルボ 144 スウェーデン 1966

 

 ボルボ P120シリーズ(アマゾン)の後継車として140シリーズが1966年に登場しました。信頼性が高く頑丈と言った基本的な構造はP120シリーズを踏襲し、ボディはオーソドックな3ボックスセダンスタイルの近代的なデザインになりました。前後にクラッシャブルゾーンを設けたボディ、側面衝突を考慮した分厚いドア、衝撃吸収式ステアリングコラム、2系統式の4輪ディスクブレーキなどボルボ流で安全性が強化されました。4気筒1.8L(68HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速143km/hの性能でした。

 

 当初は4ドアセダンの144とその高性能版の144Sだけでしたが、1967年に5ドアワゴン(コンビ)の145、1968年に2ドアの142が追加されました。(ボルボの型式名の末尾はドア枚数を示しています) 1968年にフロント部分を拡張して6気筒3Lエンジンを搭載し、フロントデザインを重厚にした上級車のボルボ 164が登場しました。1970年のマイナーチェンジでフロントグリルが黒に変更されエンジンが2L(82HP)に拡大されました。1973年の最終モデルには米国安全基準に対応した大型の衝撃吸収バンパーが付き、1974年に後継車の240/260シリーズにモデルチェンジしました。総生産台数は約120万台でした。

 

 

 ミニカーは1969年に発売されたテクノ製の当時物です。140シリーズの4ドアセダン初期型をモデル化しています。プロポーションが正確で、実車の雰囲気が実にうまく再現されています。また1960年代のミニカーですのでフロントグリルやバンパーがまだ金属パーツで作られていて、塗装が厚く丈夫な作りになっていました。(テクノは当時のミニカーの中でも高品質で、それ故に少し高価でした) ボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミック付きです。さらにこの頃のテクノ製のミニカーは前輪操舵ギミックも付いていて、前輪には直進状態に戻すセンタリング機能と実車同様のキャスター角が付いているといった凝った構造になっていました。これ以外のボルボ 140シリーズのミニカーはナコラルの当時物でセダンとワゴン、イクソ(ホワイトボックス、トリプル9、プレミアムX)のセダンとワゴン、ブレキナのセダンとワゴン 1/87などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア(トランク開閉)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO 144 1
VOLVO 144 2

 以下はドアを開いた室内の画像と前輪操舵ギミックと床下部分の画像です。ボディを左右どちらかに押し付けて傾けることで前輪を操舵できます。前輪操舵部の構造は金属製のかなり本格的なもので、どんなにラフに扱っても壊れるようなことはまずありません。(この辺りの設計にはボルボ実車に通じる北欧製造業のポリシーを感じます) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 144 3
VOLVO 144 4

 以下は上記と同時期に発売されたバリエーションで ボルボ 144 ポリス (1/43 型番835)の画像です。青色の回転灯とサーチライトが屋根に追加され、スウェーデンのポリスですのでPOLISと表示されています。警察官のフィギュアが2体付いていますが、このフィギュアは当時のテクノ製のミニカーで共通に使われていたものです。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 144 POLIS 1
VOLVO 144 POLIS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=885

   

SAAB 99 1967 SWEDEN

SAAB 99 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 837 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 80HP 4段自動変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでサーブ 99のミニカー検索

 

サーブ 99 スウェーデン 1967

 

 1967年にサーブ 96の後継車としてにサーブ 99が登場しました。ボディが一回り大きくなり、エンジンはイギリスのトライアンフ製4気筒1.7L(80HP)が採用されました。エンジンを縦置きする前輪駆動方式を踏襲し全輪にサーボ付ディスクブレーキを装備し、4段変速で最高速155km/hの性能でした。先代同様に空力的に優れたボディは独得の雰囲気があり、その後のサーブ車のボディスタイルの原点となりました。当初は2ドアだけでしたが、1970年に4ドア、1974年に全長が少し長い3ドアハッチバック(コンビクーペ)、1976年に5ドアハッチバックが追加されました。

 

 当初のトライアンフ製エンジンは信頼性の問題が発生したので1972年からはサーブが内製した2Lエンジンに変わり、2ドアの高性能版EMSには燃料噴射式2L(110HP)エンジンが搭載されました。1978年には量産車として世界初の2Lターボエンジン(145HP)を搭載した99 ターボ(コンビクーペ)が登場し、この車は最高速198km/hと高性能でした。サーブ 99は様々な改良が加えられ1984年まで約60万台が生産され、アメリカ市場を中心に人気を博しました。後継車は1978年に登場したサーブ 900でした。

 

 

 ミニカーは1968年に発売されたテクノ製の当時物です。微妙なボディラインを持つサーブ 99のボディを実にうまく再現しています。角型のラインストーンをヘッドライトに使ったフロントグリルや室内などの仕上げレベルも高く当時のミニカーとしてとても良い出来ばえでした。実車同様に大きく前方に開くボンネットとドアの開閉ギミック付きです。エンジンルーム内にはエンジンが金属パーツで再現されていますが、金属パーツで作られたエンジンはメッキされたプラスチック製パーツのエンジンよりリアリティがあります。これ以外のサーブ 99の当時物ミニカーはポリスティルのセダン、ナコラルのコンビ クーペがありました。当時物以外ではトロフュー、イクソ(プレミアムX)のセダンとラリー仕様、ネオ(レジン製)のコンビクーペなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SAAB 99 1
SAAB 99 2

 以下は2017年に発売されたアシェット製の国産名車コレクションのサーブ 99 ターボ 1978 (1/43 No.303)の画像です。99 ターボはコンビクーペに設定されたモデルでしたので、リアがファーストバックで全長がセダンより長い(4.53m)コンビクーペをモデル化しています。メーカーはイクソで、イクソは型番CLC343Nで99 ターボをモデル化していますので、それを流用した廉価版です。プロポーションはしっかりしていて、実車の雰囲気がうまく再現されています。廉価版とはいえ室内の仕上げレベルを落としただけですから、フロントグリルや灯火類などの細部は結構リアルに出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 99 TURBO 1
SAAB 99 TURBO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=893

   

 

VOLVO 164 1968 SWEDEN

VOLVO 164 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 838 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.71m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 130HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでボルボ 164のミニカー検索

 

ボルボ 164 スウェーデン 1968

 

 1968年にボルボ 144のフロントを延長して6気筒3L(130HP)エンジンを搭載した上級車ボルボ 164が登場しました。独立したフロントグリルなど顔つきが高級車らしい重厚なデザインに変更され、144とは別物に見えました。内装は木目調のインパネやオプション設定の本革シートなど豪華に仕立てられ、自動変速機やパワーステアリングも装備されていました。164は4ドアセダンだけの設定で、4段変速/3段自動変速で最高速175km/hの性能でした。

 

 1972年にボッシュの電子式燃料噴射システムを採用して164Eとばなり、158HPへのパワーアップと排ガス規制をクリアしました。1973年のマイナーチェンジで、リアライト形状など前後の意匠と内装が変更されました。1974年にドアが強化され3角窓が廃止され、アメリカの安全基準に対応して大型の衝撃吸収バンパーが標準仕様になりました。1974年にエアコンなどの豪華装備を標準で装備した限定版の164TEが追加されました。1974年に後継車のボルボ 264が登場し164Eは1975年までに生産されました。総生産台数は約15万台でした。

 

 

 ミニカーは1970年に発売されたテクノ製の当時物です。前述したテクノ製の144をベースにして164の初期型をモデル化しています。テクノ(デンマーク)のミニカーとしては後期の物で、それまでは金属製であったフロントグリル/バンパーにメッキしたプラスチックを使用しています。このフロントグリルの出来があまりよくありませんので、フロントの雰囲気がテクノのミニカーとしては今一つなのですが、それ以外は当時のミニカーとしてよく出来ていました。ボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミックで、144と同じ前輪操舵ギミックも付いています。これ以外の164の当時物ミニカーはポリスティルの1/43と1/25がありました。当時物以外ではイクソ(ホワイトボックス、プレミアムX)とネオ(レジン製)などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/トランク開閉の画像です。エンジンルーム内には簡単な造形ですが金属製で6気筒エンジンが再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLVO 164 1
VOLVO 164 2

 以下はドアを開いた室内の画像と前輪操舵ギミックと床下部分の画像です。前述した144ではプラスチックでドアの内張を再現していましたが、この164ではコストダウンで省略されています。ボディを左右どちらかに押し付けて傾けることで前輪を操舵できます。前輪操舵部の構造は144と同じですが、金属であったジョイント部分が黒いプラスチックに変更されています。これでもラフに扱って壊れるようなことはないでしょうが、ここもコストダウンされています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 164 3
VOLVO 164 4

 以下は1977年頃に発売されたポリスティル(ポリトーイ)製の当時物 ボルボ 164E 1974 (1/43 型番CE57)の画像です。衝撃吸収バンパーが付いた1974年式の164Eをモデル化しています。紙箱に1/43と表記されていますが、全長が98㎜ほどなので縮尺は1/48ぐらいになります。型番CEから始まるCEシリーズは廉価版ミニカーの類で、安っぽいホイールなど簡素な仕上げです。ただ当時はこのような廉価版ミニカーが多かったので、164の当時物ミニカーとしては値段相応でまずまずの出来ばえです。ドア開閉ギミック付きです。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 164 5
VOLVO 164 6

 以下は1975年に発売されたポリスティル(ポリトーイ)製の当時物 ボルボ 164E 1974 (1/25 型番S20)の画像です。これも衝撃吸収バンパーが付いた1974年式の164Eをモデル化しています。型番がSから始まるSシリーズは1/24の大スケールミニカーでした。全長が190㎜ほどですので、これはほぼ正確に1/24サイズでできています。衝撃吸収バンパーがやや目立ちすぎですが、全体的なプロポーションは良く当時の大スケールミニカーとしては結構良く出来ていました。ボンネット/4ドア/トランクが開閉するフルギミックで、特に4ドア開閉は前席ドアを閉じた状態で後席ドアだけが開くようにできています。(昔のミニカーはドアのヒンジ構造の制約で、前席ドアを開けないと後席ドアが開かない構造の物が多かったのですが、この164はうまく作ってあります) 室内もそれなりに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 164 7
VOLVO 164 8

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/トランク開閉の画像です。エンジンルーム内は結構リアルにできていてポリトーイらしいです。衝撃吸収バンパーは横幅がやや大きすぎる気がしますが、これも凝った作りです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLVO 164 9
VOLVO 164 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=886

   

SAAB SONETT III 1970 SWEDEN

SAAB SONETT III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBIES 3756 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 65HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでサーブ ソネットのミニカー検索

 

サーブ ソネット III スウェーデン 1970

 

 ラリーで活躍したサーブ 93をベースにしたレース仕様車として、ソネットが企画されました。初代のソネットはサーブ 93のエンジンをチューンしてグラスファイバー製の2座オープンボディを載せたスポーツカーで、1956年に発表されましたが、量産には至りませんでした。2代目ソネット IIはアメリカ向けのスポーツカーとしてサーブ 96をベースにして開発され、1966年に発表されました 。FRP製のクーペボディに、2サイクル3気筒841cc(60HP)エンジンを搭載し、最高速度150km/hの性能でした。 1967年にはベースのサーブ 96と同様にドイツ フォード製の4サイクルV型4気筒1.5L(65HP)エンジンに変更したソネット II V4に発展しました。ソネット 2代目は1969年までに約3500台が生産されました。(実車画像→ ソネット V4)

 

 1970年にはデザインを一新した3代目のソネット IIIが登場しました。先代も個性的でしたが、そのスタイルを発展させたやや奇抜なデザインでした。当初は4気筒1.5Lエンジンでしたが、排ガス規制による性能低下を補うべく1.7L(65HP)に拡大し、最高速170km/hの性能でした。1974年までに約1万台が生産されましたが、当時のアメリカ市場でライバルであった日産 フェアレディ Zとは販売台数で勝負になりませんでした。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたユニバーサルホビー製です。現在のユニバーサルホビーのミニカーは農耕用トラクターと建機がメインですが、2010年頃までは乗用車(1/43)もモデル化していました。それらは数が少ないですが、いずれも比較的安価ながらかなり良い出来ばえでした。このソネット IIIもその1台ですが、実車の個性的なスタイルがうまく再現されていて、室内などの細部もよく出来ています。(当時の定価は2800円と安かったです) これ以外のソネット IIIのミニカーはマッチボックスの小スケールがありました。ソネット Iはノレブとイクソ プレミアムXが、ソネット II V4はネオ(レジン製)がモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SAAB SONETT III 1
SAAB SONETT III 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=895

   

 

  ページ 1  2  3   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.