ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT VIS A VIS (TYPE 3) 1891 FRANCE

PEUGEOT VIS A VIS (TYPE 3) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE 16 1/43 65mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.5m 全幅約1.35m
エンジン 変速機: ダイムラー製 V型2気筒 565cc 2HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速18km/h
データーベースで戦前のプジョーのミニカー検索

 

プジョー ヴィザヴィ (タイプ 3) フランス 1891

 

 19世紀からフランスで金属加工業を営んでいたプジョー家のアルマン プジョーは1880年代に会社としてのプジョーを設立し、当初は自転車の製造を行っていました。(現在でもプジョーは自転車を製造しています) 1889年に蒸気エンジンを使った3輪車(タイプ 1)を試作しましたが、これはまともに動きませんでした。その後ドイツのダイムラー社製ガソリンエンジンの製作権を持つ同じフランスのパナール ルヴァッソール社の協力で、そのエンジンを搭載する車を開発することになりました。1990年に完成した最初の試作車は「クアドリシクル(QUADRICYCLE 4輪車の意)」(タイプ 2)と呼ばる2人乗りの小型車で、V型2気筒565㏄(2HP)エンジンを運転席床下に搭載し4段変速、デフを介してチェーンで後輪を駆動し最高速18km/hの性能でした。この車(実車画像) は数台製作されました。

 

 1991年にはクアドリシクルを4人乗りとした「ヴィザヴィ(VIS A VIS)」(タイプ 3)が製作されました。「ヴィザヴィ」とは前後に向かい合って座る座席形式のことで、ドライバーの前に人が座ったときはドライバーは前が見づらくなります。この車は1891年の自転車競技のツール ド フランスの伴走車として、往復の1200㎞を平均時速13.5㎞/hでトラブル無しで走破しました。それがきっかけとなって1894年に史上初の自動車レース「パリ-ルーアン」が開催されました。このレースでプジョーは優勝しています。

 

 

 ミニカーはフランスのクラシックカー専門メーカーだったMINIALUXE製で材質はプラスチックです。(実際の発音とは違うようですがMINIALUXEはミニオールと呼んでます) 1960-1970年代に作られたミニカーですが、クラシックカーに付き物の灯火類や操作レバーがきちんと別パーツで取付けられているなど、当時のミニカーとしてはかなりリアルに作ってありました。また塗装ではないですが、白/赤のカラーリングも綺麗です。当時クラシックカーのミニカーを購入していたのは大人のマニアが中心でしたから、クラシックカー専門メーカーのミニカーは子供向けのミニカーとは違い結構スケールモデル的な出来ばえでした。これ以外のプジョー初期のミニカーは、同じクラシックカー専門メーカーのサフィール(SAFIR)、ドゥグー(DUGU)、ガマなどがありました。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT VIS A VIS 1
PEUGEOT VIS A VIS 2

 以下は同じフランスのサフィール製のヴィザヴィ 1892 (1/43 型番1)の画像です。ヴィザヴィに屋根(天蓋)を取りつけたものですが、これと同じような屋根を付けた車が1891年のツール ド フランスの伴走車として使われたようです。(→伴走車の実車画像) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VIS A VIS 3
PEUGEOT VIS A VIS 4

 以下は1970年代に発売されたドゥグー(DUGU)のヴィザヴィ 1894 (1/50 型番M02)の画像です。64台が生産された初期の量産化仕様をモデル化しています。ドゥグーのクラシックカーとしてはホイールなどの部品を共用し梱包箱を簡素化した廉価版の「Museo」シリーズの一つです。1/50なので少し小さいのですが、廉価版とはいえMINIALUXEやサフィールと同じぐらいの良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VIS A VIS 5
PEUGEOT VIS A VIS 6

 以下は1960年代に発売されたガマのヴィザヴィ 1892 (1/46? 型番988)の画像です。上記のサフィール製のヴィザヴィと同じ車をモデル化しているようです。ただしガマのヴィザヴィはあまりリアルにモデル化しているわけではなく、サイズはかなり大きめですし、フロント部分の造形やハンドルが丸ハンドルになっている点は正しくありません。(どちらかというと子供向けの玩具的な作りです) ガマのヴィザヴィには屋根の付いていないタイプもあるのですがそちらも同様です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VIS A VIS 5
PEUGEOT VIS A VIS 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=28

   

PEUGEOT VICTORIA 1894 FRANCE

PEUGEOT VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 3 1/43 75mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.75m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: ダイムラー製 V型2気筒 1282cc 3HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速18km/h
データーベースで戦前のプジョーのミニカー検索

 

プジョー ビクトリア フランス 1894

 

 前述した1894年の「パリ-ルーアン」トライアルの翌年には、史上初の自動車レース(スピードを争う)「パリ-ボルドー」(全行程1180km!)が開催されました。このレースで優勝したのはプジョーで、平均時速20km/hで走破しています。このレースは蒸気車(ド ディオン ブートンなど)も出場したのですが、完走したのはガソリン車のみで、ガソリン車の優位性が明らかにされました。このレースで使われたプジョーのエンジンはパナール ルヴァッソール社から供給されたダイムラー製でしたが、1896年には並列2気筒1645cc(4HP)エンジンを自社開発してタイプ 14に搭載し、以後はプジョー内製のエンジンに切り替えました。

 

 プジョー ビクトリア(タイプ 8)は前述した前後向い合せの座席を持つヴィザヴィ(タイプ 3)のシャーシ前端をのばして、ドライバーが前に座れるように改良したものでした。(ドライバーの前方視界が確保された) この当時自動車を生産していたのは、プジョーと同じフランスのパナール ルヴァッソールだけでした。プジョーは排気量が異なる2気筒エンジンを搭載した数種類のモデルがあったそうで、1900年の生産台数は約500台でした。エンジンを開発した本家ドイツ(ダイムラー)では自動車生産が本格化していなかった時期に、フランスでは自動車生産の企業化が確立されつつありました。

 

 

 ミニカーは1960年-1970年代に発売されたフランスのクラシックカー専門メーカーのサフィール(SAFIR)製です。サフィールのクラシックカーは当時のミニカーとしてはスケールモデル的なリアルな作風で、細かいところまで良く再現され、かなり良い出来ばえでした。このプジョー ビクトリアも灯火/操作レバーなどがメッキパーツで再現され、黒/赤/白のカラーリングが綺麗で見栄えのするミニカーです。 以下はフロント/リア/キャビンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT VICTORIA 1
PEUGEOT VICTORIA 2

 以下は同じサフィール製のバリエーションでプジョー ビクトリア 1894 (1/43 型番2)の画像です。運転席についているパラソルはいかにもそれらしい雰囲気で悪くないですが、実車の写真ではこのようなパラソルが付いているものは見たことがありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VICTORIA 3
PEUGEOT VICTORIA 4

 以下は1960-1970年代に発売されたMINIALUXE(ミニオール)製のプジョー ビクトリア 1894 (1/43 型番22)の画像です。材質は全てプラスチックで塗装はされていません。灯火類や操作レバーなどの細部がそこそこ再現されていてまずまずの出来ばえです。プラスチックの経年変化によるボディの変形が少しだけあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VICTORIA 5
PEUGEOT VICTORIA 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=30

   

 

PEUGEOT COUPE (TYPE 27) 1900 FRANCE

PEUGEOT COUPE (TYPE 27) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 3 1/43 75mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.1m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 2気筒 1056cc 7HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速35km/h
データーベースで戦前のプジョーのミニカー検索

 

プジョー クーペ (タイプ 27) フランス 1900

 

 前述したように1989年にガソリンエンジン搭載の4輪車を開発したアルマン プジョーは1891年に「LES FILS DE PEUGEOT FRERES(プジョー兄弟の息子達)」社を設立しました。同年には自動車の生産を始めて車種を拡大していきました。1896年にアルマンは兄弟の会社から独立して乗用車/トラックの生産を行う「AUTOMOBILES PEUGEOT(オートモビル プジョー)」社を設立しました。兄弟の会社は工具/自転車/オートバイの生産を続けましたが、1906年には単気筒エンジンを搭載した小型自動車の生産を始めました。アルマンのプジョー車と区別する為、兄弟の会社の車は「リオン プジョー(LION-PEUGOET)」と名乗りました。その後1910年には両社は合併して「ANONYME DES AUTOMOBILES ET CYCLES PEUGEOT(オートモビル サイクル プジョー)」社となりました。

 

 1900年頃のプジョーの車種ラインナップはタイプ 14 (2人乗り小型車)、タイプ 15 (4人乗りフェートン型小型車)、タイプ 16 (4人乗り対面シート小型車)、タイプ 17 (2人乗り小型車)、タイプ 20 (8人乗りワゴン車)、タイプ 21 (リムジン)、タイプ 25 (トラック)、タイプ 27 (密閉式キャビン付小型車)などがあり、いずれもプジョー社製2気筒エンジンを搭載していました。1900年の生産台数は約500台でした。エンジンを開発した本家ドイツ(ダイムラー)では自動車生産が本格化していなかった時期に、フランスでは自動車生産の企業化が確立されつつありました。

 

 

 ミニカーは1960年-1970年代に発売されたフランスのクラシックカー専門メーカーのサフィール(SAFIR)製です。サフィールのクラシックカーは当時のミニカーとしてはスケールモデル的なリアルな作風で、細かいところまで良く再現され、かなり良い出来ばえでした。このプジョー クーペはフロントのカーブしたダッシュボードやキャビン部など実車の雰囲気が良く再現された良い出来ばえです。フランスの自動車博物館に保存されている実車(タイプ 27)をモデル化したもので、クーペという名前はガラス窓付の密閉式キャビン(後部は幌ですが)を意味していて、密閉式キャビンを持つ自動車としては最も古いものだそうです。エンジンはキャビンの下に搭載されていて、フロント下部にはラジエーターらしき物があります。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン/運転席の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT COUPE 1
PEUGEOT COUPE 2

 以下は同じサフィール製のプジョー パリ-マルセイユ 1896年 (1/43 型番4)の画像です。前述したパナールが1-2-3フィニッシュしたパリ-マルセイユ都市間レースで、パナール、ドライエに次いでフィニッシュしたプジョーをモデル化しているようです。フロントに予備のガソリンタンクらしきものを搭載しています。またリアシート背後のメッキされたタンクのようなものは初期の原始的なキャブレターだと思います。これは派手な緑/赤のカラーリングで仕上げられた1970年代に作られた後期型ですが、おとなしい地味なカラーリングで仕上げられた初期型もありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT PARIS-MARSEILLE 3
PEUGEOT PARIS-MARSEILLE 4

 以下は上記と同じものですが、初期に作られたものです。くすんだ緑のカラーリング、白タイヤ(初期の車は本来はこのような白タイヤでした)、ホイールの構造、プラスチックのメッキ処理などかなり大幅に仕上げレベルが違っていることが分かります。昔のミニカーは初期型と後期型ではこんなに違いがあったのです。どちらが良いかは好みの問題ですが、個人的には初期型のほうがクラシックカーらしくて好きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT PARIS-MARSEILLE 1
PEUGEOT PARIS-MARSEILLE 2

 以下は1960年-1970年代に発売されたMINIALUXE(ミニオール)製のプジョー ヴィザヴィ 1891年 (1/43 型番25)の画像です。ヴィザヴィ(対面シート)に天蓋を追加した車で、これもフランスの自動車博物館に保存されている実車をモデル化しているようです。ミニカー箱の表記に従って1891年式としていますが、当方の文献によると実際には1897年式だそうです。ライトが付いていることと以下の型番20のヴィザヴィと良く似ていますので、1897年式というのが正しいようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VIS A VIS 1
PEUGEOT VIS A VIS 2

 以下は1960年-1970年代に発売されたMINIALUXE(ミニオール)製のプジョー バルダ ヴィザヴィ 1895 (1/43 型番20)の画像です。これもヴィザヴィ(対面シート)に天蓋を追加した車で、フランスの自動車博物館に保存されている実車をモデル化しているようです。バルダ(BALDA)とはこのようなカーテンの付いた天蓋を意味しているようですが、別の意味があるのかもしれません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT BALDA VIS A VIS 1
PEUGEOT BALDA VIS A VIS 2

 以下は1960年-1970年代に発売されたRAMI(ラミー)製のプジョー クーペ 1898 (1/43 型番14)の画像です。これも前述したサフィール製がモデル化しているクーペ(タイプ 27)をモデルしていると思われますが、キャビン部分の形状が少し違っています。ラミーはサフィールよりも製作時期が古いので、プラスチック製のパーツが少なく幌部分も金属製です。50年以上も前に作られたビンテージ ミニカーで、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT VIS A VIS 1
PEUGEOT VIS A VIS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1976

   

PEUGEOT 1906 FRANCE

PEUGEOT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE 9 1/43 95mm

 

プジョー フランス 1906

 

 この時期のプジョーにはアルマン プジョーが最初に始めた旧プジョー(1906年からLION-PEUGEOT:ライオン プジョーと称した)とアルマンが会社を離れて1897年に設立した新プジョーの2つがありました。なお1910年には両社は合併してひとつになっています。

 

  このミニオール製のミニカーは新プジョーのタイプ 81をモデル化しているようです。4気筒 2.2Lエンジンを搭載した中型車で4段変速機でチェーンドライブでした。ただラジエータの形状(裾が開いた台形)が実車の画像とは違っているので、年式がもっと後の旧プジョーをモデル化しているのかもしれません。現在のプジョーのシンボルはライオンですが、この当時からの継承です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 15HP 4段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=85

   

 

PEUGEOT 12/16CV 1907 FRANCE

PEUGEOT 12/16CV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y05 1/43 90mm

 

プジョー 12/16CV フランス 1907

 

 上記と同じプジョー タイプ 81をモデル化しているようが、こちらはラジエータの形状が同時期のメルセデスとよく似た角の取れた正方形をしています。シャーシ構造などはメルセデスをお手本にしていたそうです。1906年に発表された4気筒エンジンを搭載した12/16CVで、チェーンドライブにて最高速は34マイル(55Km/h)でした。

 

 ミニカーは老舗マッチボックスのクラシックカーブランドYESTERYEARシリーズのものです。このシリーズは細かい部分が省略されていてややラフな作りですが、それなりに貴重なシリーズです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 15HP 4段変速
性能: 最高速55km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=86

   

PEUGEOT LION DOUBLE PHAETON 1908 FRANCE

PEUGEOT LION DOUBLE PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RAMI 3 1/43 76mm

 

プジョー (ライオン プジョー) ダブル フェートン フランス 1908

 

 これも同時期のプジョーで、旧プジョーがライオン プジョーという名前で造った最初の車です。上で紹介したプジョーよりサイズ的に小さい車で、単気筒 785cc(又は1045cc)エンジンを搭載し3段変速機でチェーンドライブでした。

 

 ミニカーはこの時代の車を多くモデル化しているラミー製で底板にはっきりとLION-PEUGEOTと刻印されています。フロントグリルが裾が開いた台形の形状になっていて、これがライオン プジョーの特徴です。ミニカーでは再現されていませんがグリルの上部にライオンのエンブレムが付いていました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 単気筒 785cc(1045cc) 3段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=87

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »