ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

VEICOLO DI VERBIEST 1672? CHINA

VEICOLO DI VERBIEST 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X06 不明 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 不明
エンジン 変速機:    
性能:    
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

フェルビーストの蒸気車 中国 1672?

 

 ブランドル地方(現在のベルギー当たり)出身のフェルディナント フェルビースト(Ferdinand Verbiest)は天文学や数学を収めた学者で、イエスズ会(カトリック教会の男子修道会)の宣教師として清代の中国を訪れました。彼は当時の皇帝であった康熙帝に信頼され、天文学や数学に関する講習を行いました。そのような科学的な講習の一環として、彼は古代中国の書物に書かれた「火車」を参考にしてして蒸気力で作動する蒸気車を設計して1672年頃に実験を行いました。

 

 それは水をいれた金属の釜を熱して蒸気を発生させ、ノズルから噴出する蒸気をギヤにあてて車輪を駆動するといったものでした。実験的な装置で大きさは60㎝程の物だったらしいので、物や人を乗せることは出来なかったようです。この話はフェルビースト自身が著書に記載しているのである程度は確かなようです。蒸気エンジンの歴史に関する書籍にはこの蒸気車が世界で初めて作成された蒸気車という記載をしているものがあります。実用性がなかったとはいえ、使用目的を考えるとこれが世界初の自動車といえるかもしれません。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたイタリアのブルム製です。ブルムの初期物で蒸気車ばかりをモデル化した「OLD FIREシリーズ」の一台です。実物がこのミニカーのような形状をしていたかどうかは不明ですので、ブルムが創作した部分があると思います。(実車諸元の参照画像は「火車」の図だと思います) ただいかにもそれらしい形状をしていますので、そのセンスは悪くないと思います。後輪を駆動するギヤは実際に可動します。この車の量産ミニカーはたぶんこれしかないと思います。 以下は各部の拡大画像とギヤの作動画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VEICOLO DI VERBIEST 1
VEICOLO DI VERBIEST 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1

   

NEWTON STEAM WAGON 1680? UK

NEWTON STEAM WAGON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X02 1/43? 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m?
エンジン 変速機:    
性能:    
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

ニュートンの蒸気車 イギリス 1680?

 

 イギリスの科学者 アイザック ニュートンが体系化した運動の3法則には、慣性の法則、運動の法則、作用/反作用の法則があります。1680年にアイザックニュートンは作用/反作用の法則の確認実験として蒸気で推進する車(蒸気ワゴン)を製作したそうです。実際に製作された物がどのようなものであったのはあまり明確ではないようですが、これはイタリアの科学博物館(Science and Technique Museum of Milan)が再現した物をブルムがモデル化したものだそうです。

 

 鉄製のホイールで支えられた台車に薪をくべる竈があり、その上に銅製のボイラーが据えられています。ボイラーから蒸気を噴出するノズルの方向と噴出する蒸気をコントロールするバルブはボイラーの前のベンチシートに座るドライバーが操作できるようになっています。後方に向けられたノズルから噴出する蒸気によって台車を推進させることを目指していました。しかしボイラーから噴出する蒸気の力が足りなかったので、台車は動作しなかったそうです。同時期におなじような試みが中国でも行われたようです。(参照→ フェルビーストの蒸気車) なお蒸気を使った動力装置(工場用)はその後1770年代に実用化されました。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたイタリアのブルム製です。ブルムの初期物で蒸気車ばかりをモデル化した「OLD FIREシリーズ」の1台です。実車諸元の参照画像は科学博物館が再現した物の画像だと思いますが、ミニカーはそれをモデル化しているのでしょう。画像とはかなり形状が違うところもありますので、そこはブルムが創作した部分だと思います。このニュートンの蒸気車の量産ミニカー?(模型)はこれしかないようです。自動車ではありませんが、先人の歴史的な実験を再現した面白いミニカーだとおもいます。以下は各部の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NEWTON STEAM WAGON 1
NEWTON STEAM WAGON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=2001

   

 

CARRO DI CUGNOT 1771 FRANCE

CARRO DI CUGNOT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X01 1/43? 140mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7m 車重 約3t
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 時速3km/h程度?
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

キュニョーの蒸気車 フランス 1771

 

 蒸気を利用するエンジン(蒸気機関)はイギリスのジェームズ ワットの考案で 1770年代に実用化されつつありました。その蒸気機関を自動車の動力として最初に採用したのはフランスでした。考案したのは、フランス軍の技術者であったニコラス ジョゼフ キュニョー(Nicolas-Joseph Cugnot)で、馬の代わりに大砲を運搬する車両として開発され、1769年に試作車が完成しました。この車両は前輪1輪/後輪2輪の3輪車で、前輪の前に取り付けた窯で蒸気を発生し蒸気で作動させる2つのピストンで前輪を駆動する構造でした。

 当時の車輪は木製で外周に鉄板を貼った滑り易いものでしたので、駆動力を路面に伝える為にこのように前輪荷重が掛かる構造となっていたのは合理的な設計でした。ただし操舵する前輪の上に重い窯を載せていたので操舵には大きな力が必要でそこにはギヤを使った減速機構が使われていましたので、素早い操縦はできない構造でした。

 

 この車両は試運転で時速3km/h程で走行したそうですが、途中で曲がり切れずに壁に衝突して壊れてしまったそうです。これは「世界初の自動車事故」として有名な逸話です。キュニョーは1971年に2号車を完成させましたが、開発は中止となり2号車は評価されないまま放置されました。その2号車が現在博物館に展示されているそうで、実際に走行させている動画があります。(キュニョーの蒸気車の走行動画) この車両が世界で初めて人工的な動力で走行したことから、歴史上最初の自動車とされています。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたイタリアのブルム製です。ブルムの初期物で蒸気車ばかりをモデル化した「OLD FIREシリーズ」の1台です。博物館に展示されているキュニョーの蒸気車 2号車をモデル化しています。細部まで実車に忠実にモデル化されていてとても良く出来ています。窯を載せた前輪部分は実際に向きが変えられるように出来ています。この蒸気車は歴史的に有名な車なのですが、量産ミニカーはこのブルム製しかないようです。 以下はフロント/リアなど各部の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CARRO DI CUGNOT 1
CARRO DI CUGNOT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=2

   

CARRO DI TREVITHICK 1803 GB

CARRO DI TREVITHICK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X04 1/43? 135mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 時速16km/h
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

トレヴィシックの蒸気車 イギリス 1803

 

 イギリスでは蒸気機関の実用化にジェームス ワット(James Watt)が取組んでいましたが、彼の協力者であったウィリアム マードック(William Murdoch)が蒸気機関で動作する自動車の実用化を目指していました。彼は実動する模型を1784年に製作しましたが、ジェームス ワットに将来性が無いと反対されその後の開発を断念したそうです。イギリスの技術者のリチャード トレヴィシック(Richard Trevithick)は子供の頃にマードックの近所に住んでいて、彼の蒸気車の実験に影響されて蒸気機関に興味を持ったそうです。

 

 成人したトレヴィシックは世界初の高圧蒸気機関を開発し、それを搭載した世界初の蒸気車を1801年に試作しました。彼は試作車を改良した蒸気車を1803年に完成させました。大型の馬車ボディに単気筒蒸気機関を搭載したこの蒸気車は信頼性が高く操縦性にすぐれていて、時速16km/hでロンドン市内を走行して注目を集めたそうです。この蒸気車は乗合馬車の代りに使うことが検討されましたが、馬車よりコストが高くつく為実現はしませんでした。この蒸気車は近年イギリスの自動車フェスティバルで復元されてロンドン市内を走行したそうですので、完成度は高かったようです。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたイタリアのブルム製です。ブルムの初期物で蒸気車ばかりをモデル化した「OLD FIREシリーズ」の1台です。トレヴィシックが1803年に完成させた蒸気車をモデル化しています。車体後部にある金色の箱が蒸気機関で、蒸気ピストンの動きをクランクで回転運動に変えて後輪をギヤ駆動しています。大きさの比較用に乗せたフィギュアとの対比でいかに後輪が巨大であったかが分かると思います。そばで見たら迫力があったでしょう。また高い位置にある客室に乗るのはたいへんだったと思います。(ドアが車輪に邪魔されてますので) ミニカーは巨大な後輪のギヤが実際に可動し前輪部分は向きが変えられるなど良く出来ています。なおフィギュアはこのミニカーの付属品ではありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と後輪部分/床下部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CARRO DI TREVITHICK 1
CARRO DI TREVITHICK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=3

   

ANFIBIO DI EVANS 1804 USA

ANFIBIO DI EVANS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X08 1/43? 170㎜

 

エヴァンスの水陸両用蒸気車 アメリカ 1804

 

 アメリカ最初の自動車 発明家オリヴァー エヴァンスが作った車輪をつけた蒸気駆動の浚渫船。ベルト駆動の車輪で路上を走り、水面ではベルトを架けかえて浚渫用のバケツと後ろに付いている外輪(黄緑色)を駆動したとのことです。ミニカーには浚渫するためのバケツが付いていないので、実際の車(船?)とは少し違うようで、これはその試作機なのかもしれません。いずれにせよ、あまり活躍しなかったようです。

 

 ミニカーはクラシックカーのミニカーを主力にしているイタリアのブルム(BRUMM)製で蒸気車をモデル化している「OLD FIREシリーズ」のものです。水上走行用の外輪が回転します。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約8m
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 
データーベースで蒸気車のミニカー検索
 

ANFIBIO DI EVANS 1
ANFIBIO DI EVANS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=4

   

 

VETTURA DI PECQUER 1828 FRANCE

VETTURA DI PECQUER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X07 1/43? 130㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 最高速 不詳
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

ぺックールの蒸気車 フランス 1828

 

 世界初の蒸気車は1771年に製作されたフランスのキュニョーの蒸気車でしたが、この車はその後開発が中止となっていました。フランスでキュニョーの後を継いだのは、機械技術者で時計職人であったオネシフォール ぺックール(Onesiphore Pecqueur)でした。彼は1828年に当時としてはかなり高度な技術を使った蒸気車を完成させました。キュニョーの蒸気車は3輪車でしたが、ペックールの蒸気車は前輪2輪で操舵を行い、車の前部に搭載した蒸気機関で後輪をチェーン駆動する4輪車で全体的な構成は現在の自動車に近いものでした。

 

 全体的な構成だけではなく前輪のステアリング機構も現在の自動車に近いもので、さらに後輪にはコーナリング時の後車輪の左右の回転速度の違いを調整する差動機構(デファレンシャルギヤ)が備えられていました。彼が特許出願したこのプラネタリー(遊星)ギアを使う差動機構は、現在の自動車に使用されているデファレンシャルギヤの基本技術となりました。彼は時計職人だったのでこのような巧みなギヤの使い方が考案できたのでしょう。この蒸気車は完成度が高かったのですが、残念なことにその後の進展はなかったようです。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたイタリアのブルム製です。ブルムの初期物で蒸気車ばかりをモデル化した「OLD FIREシリーズ」の1台です。実車諸元の参照画像はぺックールの特許関係の図面だと思いますが、ミニカーはそれに基づいてモデル化しているようです。後輪のチェーン駆動、後車軸の差動機構、前輪の操舵機構などこの車の特徴的なメカ部分がよく再現されていてかなり良い出来ばえです。この車は進展がなかったのであまり知られていないようです。量産ミニカー?(模型)はブルム製のこれしかありません。 以下は各部の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VETTURA DI PECQUER 1
VETTURA DI PECQUER 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=5

   

DILIGENZA A VAPORE DI GURNEY 1828 GB

DILIGENZA A VAPORE DI GURNEY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X03 1/43? 168㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7メートル
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 時速約20km/h
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

ガーニーの乗合い蒸気車 イギリス 1828

 

 イギリスの医師であり科学者でもあったゴールズワース ガーニー(Goldsworth Gurnny)は、前述したトレヴィシックの蒸気車を見たことで影響を受け、蒸気機関による馬なし馬車の特許をとりました。彼が考案したとされる蒸気機関内の空気の流れを効率化するブラストパイプは蒸気機関の性能を向上させるものでした。ガーニーは1825年に「ガーニー蒸気乗合自動車会社」を設立し蒸気車の設計/製造を始めました。1829年頃の彼の蒸気車はロンドンから保養地バースまでの往復約160kmを給水/燃料補給を行いながら、平均時速20km/hほどで走行したそうです。

 

 この蒸気車は全長が7mもある大きなもので、室内に6人外に12人分の席があり後部には煙突の付いたボイラーを搭載していました。この頃の蒸気機関には爆発の危険性があり、この構造は乗客が危険を感じるものでした。そこで蒸気機関を搭載したトラクターで客車を牽引する形式の車両での運行が行われましたが、結局ガーニーの事業は成功しませんでした。その後も発明家ウォルター ハンコック(Walter Hancock)などが蒸気車運送事業を行いましたが、沿線への騒音や既存の馬車業界との対立から、蒸気車の走行を規制する「赤旗法(赤旗を持った人が自動車を先導して徐行することを義務付けた」が1865年に成立し、イギリスにおける自動車普及の障害となりました。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたイタリアのブルム製です。ブルムの初期物で蒸気車ばかりをモデル化した「OLD FIREシリーズ」の1台です。ガーニーが製作したロンドン-バース間を運行した乗合い蒸気車をモデル化しています。(DILIGENZAとはイタリア語で駅馬車の意) 側面の画像で大きさの比較の為に乗せたフィギュアとの対比で大型バスぐらいのサイズであったことが分かります。中央の客室は馬車と同じような形式でソファーのような座席があります。床下部分をみると大きな2本のシリンダーとクランク機構で後輪を駆動していることが分かります。なおフィギュアはこのミニカーの付属品ではありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰/床下部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DILIGENZ A VAPORE DI GURNEY 1
DILIGENZ A VAPORE DI GURNEY 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=6

   

CARRO DI BORDINO 1854 

CARRO DI BORDINO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X05 1/43? 170㎜

 

ボルディーノの蒸気車 イタリア 1854

 

 蒸気エンジンの技術者ヴィルジニオ ボルディーノが馬車を改造して作った蒸気車 時速8km/hで走行したそうです。実物はイタリアのビスカレッティ自動車博物館に展示されてます。 フィギュアとの対比で、この車も巨大な車であることが分かります。(現在のベンツ プルマン ストレッチドリムジーンよりも長いし、高さはバス並み!)

 

 ミニカーはクラシックカーのミニカーを主力にしているイタリアのブルム(BRUMM)製で蒸気車をモデル化している「OLD FIREシリーズ」のものです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約7メートル
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 時速8km/h
データーベースで蒸気車のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=7

   

 

AMEDEE BOLLEE LA MANCELLE (STEAM ENGINE) 1878 FRANCE

AMEDEE BOLLEE LA MANCELLE (STEAM ENGINE) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RAMI 30 1/43 90mm

 

アメデー ボレ ラ マンセル (蒸気車) フランス 1878

 

 フランスの鐘職人アメデー ボレが作った蒸気車「ラ マンセル」です。この車はかなり実用的であったようで何台かが製造されています。それらの車の一台はロシアのぺテルブルグまでデモンストレーション旅行したとのことです。アメデー ボレはその後も蒸気車やガソリン車を製作しており、フランス自動車史上に優れた功績を残しています。

 

 ミニカーはクラシックカー専門のフランスのラミー(RAMI)製で、昔のミニカーですが実車に忠実にできていて雰囲気も良く出ています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4メートル
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 最高速約35km/h
データーベースで蒸気車のミニカー検索
 

AMEDEE BOLLEE LA MANCELLE (STEAM ENGINE) 1
AMEDEE BOLLEE LA MANCELLE (STEAM ENGINE) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=9

   

DELAMARE DEBOUTTEVILLE ET MALANDIN 1884 FRANCE

DELAMARE DEBOUTTEVILLE ET MALANDIN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR  1/43 58mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.5m
エンジン 変速機: 2気筒 4L 約8HP 後輪チェーン駆動
性能: 

 

ドラマール ドブットビルとマランディン(の試作車) フランス 1884

 

 内燃機関を搭載した実用的な自動車の発明は一般的にはドイツのカール ベンツが1886年に発明したベンツ 3輪車ということになっていますが、フランスはこれに異を唱えています。1884年にフランスのドラマール ドブットビルと彼のアシスタントのマランディンがガソリン自動車の試作に成功しており、これが世界初の自動車だと主張しています。この車は2気筒4L(約8HP)エンジンを搭載し、エンジン回転はチェーンでデファレンシャルギヤの付いた後輪駆動シャフトに伝達され、その後輪駆動シャフトから左右後輪をチェーンで駆動する構造でした。

 

 実際にこの車が特許を取得したのはベンツ 3輪車より早かったのですが、この試作車は試運転中に故障するなど実用性がありませんでした。さらにその後に市販されるなどの実質的な進展もありませんでした。したがってこの試作車が世界初の実用的な自動車であるとのフランスの主張にはやや無理があります。自動車黎明期の実用化段階においてはフランスのプジョーなどがドイツよりも進んでいたことは事実ですが、それでも世界初の自動車を発明したのはドイツということになっています。

 

 

 ミニカーはフランスが1984年に開催した「フランス自動車百周年」を記念して作られたものです。メーカー名はどこにも表示されていないのですが、ミニカーの箱がエリゴールの物なので、エリゴール製だと思われます。スケールモデル的にリアルな造形ではありませんが、ステアリング機構、ベルト駆動する後輪、荷台の横掛け式座席などの構造がこのミニカーから分かります。前輪は実物同様に操舵することができます。 以下はフロント/リアの拡大画像と「100 ANS D'AUTOMOBILE FRANCAISE(フランス自動車百周年)」のラベルの付いた台座の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DELAMARE DEBOUTTEVILLE ET MALANDIN 1
DELAMARE DEBOUTTEVILLE ET MALANDIN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=27

   

 

  ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...184 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.