ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

HONDA CR-Z 2010 JAPAN

HONDA CR-Z 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO J-COLLECTION JC63002SM 1/43 95mm

 

ホンダ CR-Z 日本

 

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.08m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 118HP + 電動モーター 15KW(20HP) 
6段変速/CVT無段変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様) ハイブリッド車
データーベースでホンダ CR-Zのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1406

   

HONDA VEZEL HYBRID 2015 JAPAN

HONDA VEZEL HYBRID 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 276 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 132HP + 電動モーター 22kW(30HP) 
7段自動変速(DCT) (4WD有)
性能: 最高速185km/h (輸出仕様) ハイブリッド車
データーベースでホンダ ヴェゼルのミニカー検索

 

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド 日本

 

 3代目フィットをベースにした小型SUV ヴェゼル 2013年 登場 SUVながらクーペ風のルーフでキャビン部を仕上げた流行のデザインです。エンジンは4気筒1.5L(132HP)で、ハイブリッド仕様があります。ハイブリッド システムはモーター 22kW(30HP)だけの走行が可能な「SPORT HYBRID i-DCD」を採用、ホンダらしくエンジン主体でモーターは加速時にアシストする味付けのようです。変速機はエンジン仕様がCVTで、ハイブリッド仕様は7段自動変速(DCT) 後輪駆動力を電子制御する4WDの設定があり、ハイブリッドの4WDはホンダ初とのこと。

 ヴェゼルはホンダの世界戦略車で、アメリカやブラジルなどでも製造されています。北米、南米ではHR-Vの名前で(HR-V 初代は国内で1998年から2006年まで販売)、中国ではVEZELの名前で販売されています。なおハイブリッド仕様は国内だけのようで?、海外では1.8Lエンジンや6段変速の仕様も設定されています。

 

 ミニカーは国産名車コレクションのもので、製造はイクソです。ハイブリッド仕様のモデル化で、リアパネルにHYBRIDのエンブレムが付いてます。イクソ プレミアムXの型番PRD529W(未発売)でベゼルがありますので、それの廉価版です。雑誌付属のミニカーですので内装の彩色は省かれていますが、それ以外は細部もそこそこ再現されていて良い出来ばえです。ベゼルは2015年のSUV国内販売台数トップで人気があるのでモデル化されたようですが、国産名車コレクションはこの手の大衆車をもっとモデル化してほしいです。(外国車は減らして) これ以外のベゼルのミニカーではホンダ特注品の1/18(PAUDI MODEL製)があるようです。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1793

   

 

HONDA NSX CONCEPT 2013 JAPAN

HONDA NSX CONCEPT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 45319 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.94m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3.5L ツインターボ 507HP + 電動モータ (48HP + 37HPX2) 9段半自動変速
性能: 最高速308km/h (輸出仕様)  
データーベースでホンダ NSX 2代目のミニカー検索

 

ホンダ NSX コンセプト 日本

 

 2013年の東京モーターショーにNSXの2代目のプロトタイプ NSX コンセプトが公開され、2016年に国内で市販化されました。デザインは最近のミドシップエンジン搭載のスーパーカーに共通する低く幅広いスタイルで、細長いヘッドライトが特徴的です。ミドシップに縦置きされるエンジンはV型6気筒3.5Lで、それに3つのモーターを組合わせたハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用しています。このエンジンはホンダ製ではなく、高性能で少量生産という理由からホンダがレースで有名なコスワースに製造を依頼しているそうです。(少しがっかりです) なお車の製造も国内ではなく北米の専用工場で行うとのことでこれもなんとなく寂しい気がします。

 

 ハイブリッドシステムは後輪をエンジンとモーターで、前輪2輪は2つのモーターで駆動します。前輪左右の駆動トルクを独立し制御することで、優れた操縦性を発揮するようです。システムの最高出力は581HPと恐ろしく速いのですが、上述したシステムの制御でその挙動は極めてスムーズだそうです。価格は約2400万円とポルシェ 911並みで、国内で販売される日本メーカーの車としては最高金額です。(ただ内装の仕上げなどは評判が悪いようですが)

 

 

 ミニカーはエブロ製のNSX コンセプトで、2015年に発売されました。エブロらしい手堅い作りで、良くできています。ただ内装はやや物足りないレベルです。また台座から外して底板を見ると、シャーシなどの造形がなくのっぺらぼうの状態でがっかりしました。これはエブロらしくないレベルで、多分シャーシの実車データが得られなかったからだと思います。ただ最近、底板の造形を省略するミニカー(特に新興レジン製)が増えているのは好ましくない傾向です。トミカなどの小スケールでもそれなりに造形していますから、1/43でシャーシやサスペンションの造形を省略するのは私に言わせると手抜きです。

 これ以外のミニカーでは、トミカ、京商の1/64、MARK43、ホビージャパンの1/18、エブロのレース仕様などがあります。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA NSX CONCEPT 1
HONDA NSX CONCEPT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1924

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9