ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MERCEDES-BENZ W25 1934 GERMANY

MERCEDES-BENZ W25 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPARK S1039 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.04m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 スーパーチャージャー 3.4L 354HP 4段変速
性能: 最高速270km/h以上
データーベースでメルセデス ベンツ W25のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ W25 ドイツ

 

 自動車の歴史にモータースポーツは欠かせないものですが、現在のF1(フォーミュラ1)のような規格化された車(グランプリカー)によるレースが始まったのは1930年代からです。それ以前にも緩い規格はありましたが、1934年に総重量が750kg以下、ボディ全幅850mm以下という規格(エンジンに関しては無制限 俗称:750㎏フォーミュラ)が決まり、1937年まで適用されました。

 それまでSシリーズでレースを席巻してきたメルセデス ベンツはこの規格に対応する車としてW25を開発します。W25は8気筒3.4Lエンジン搭載ながら徹底的な軽量化で重量を750㎏以下に抑え、流線形ボディ、全輪独立サスペンションを採用するなど古典的な設計のSシリーズとは全く異なる画期的な車でした。W25は緒戦から勝利を重ね、1935年には圧倒的な強さをほこり、ドライバーの R.カラッチオラはドライバーズ選手権チャンピオンとなりました。

 

 当時のドイツはヒットラーが率いるナチス党が政権を握っていました。ヒットラーは国威発揚の手段としてモータースポーツを利用することを決め、国策としてベンツとアウトウニオンを援助しました。それゆえ第2次世界大戦前のグランプリレースでドイツ勢は圧倒的な強さを発揮しました。

 

 

 W25のミニカーは最近まで戦前のメルクリン製(とてつもないレア物)しかありませんでした。1980年代に復刻版が作られており、たまにオークションなどに出品されているのは復刻版です。このミニカーはスパーク製で、画像はWEBサイトから借用しました。W25のボディはアルミ地肌の銀色ですが、これはプロトタイプをモデル化しているので白色になっています。なおスパークはW25の速度記録車仕様もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1710

   

AUTO UNION TYPE A 1934 GERMANY

AUTO UNION TYPE A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 5031300313 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: V型16気筒 4.36L スーパーチャージャー 295HP 5段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ A ドイツ

 

 1932年にホルヒ、アウディ、DKW、ヴァンダラーの民族系4社は協同でアウトウニオン社を結成します。アウトウニオンは自社を宣伝する為に750㎏フォーミュラ グランプリに出場することを決めました。また前述したようにナチス政権はメルセデス ベンツとアウトウニオンのグランプリレース活動をバックアップしていました。

 アウトウニオンはF.ポルシェ博士(フォルクスワーゲン ビートルの設計者)にレースカーの設計を依頼し、博士はV型16気筒エンジンをリアに搭載する世界初のミッドシップエンジン式レースカーを設計しました。この車はポルシェ博士の頭文字PをつけてPヴァーゲンと呼ばれ、タイプ Aからタイプ Dがありました。

 

 1934年にホルヒの工場でタイプ Aが作られました。最初のレースは1934年のドイツのアヴァス GPで、3位となっています。その後ドイツ GPで初勝利し、スイス GP 優勝、イタリア GP 準優勝などの成績でした。(メインのドライバーはH.スタック)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、アウディの特注品です。画像はアウディのWEBサイトから借用しました。画像で見ただけですが、よく出来ていると思います。これ以外のタイプ Aのミニカーはシュコーの1/24 組立てキットぐらいしかないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1715

   

 

AUDI FRONT 225 ROADSTER 1935 GERMANY

AUDI FRONT 225 ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS  437019130 1/43 113㎜

 

アウディ フロント 225 ロードスター ドイツ

 

 この当時のアウディは、アウディ、ワンダラー、ホルヒ、DKWの4社が連合したアウトウニオン グループの一員でした。車の名前のフロントとは、当時はまだ珍しかった前輪駆動車であることを示しています。この前輪駆動の技術はドイツ初の前輪駆動車を作ったDKWによるもので、エンジンはワンダラーの6気筒エンジン、ボディは高級車ホルヒの工場によるものでした。従ってこの車はアウトウニオン・グループの総力を結集した車でした。名前が示す2.25L(50HP)6気筒エンジンを搭載し、4段変速で最高速105km/hの性能でした。

 

 ミニカーはミニチャンプス製で2010年に発売されました。もともとはアウディ社の100周年記念モデルとして製作された物で、そちらは実車と同じ白のボディカラーで出来ているようです。(少量生産品ということで、レジン製です) メーカー特注品ということで、実車をよく調べてモデル化してあり、レベルの高い出来上がりとなっています。特に豆粒のようなサイズでワイパーモーターが再現されているのには感心します。(画像をクリックすると拡大表示) この時代のアウディ車のミニカーは珍しくその点でも貴重です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 55HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1107

   

MERCEDES-BENZ 150 SPORT ROADSTER 1935 GERMANY

MERCEDES-BENZ 150 SPORT ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCEDES-BENZ COLLECTION ALTAYA (IXO) 17 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 55HP 4段自動変速
性能: 最高速125km/h

 

メルセデス ベンツ 150 スポーツ ロードスター ドイツ

 

 150は前述した130Hをベースにして開発された2シーター クーペ/ロードスターで、ごく少数が生産されました。私の持つ古い資料では、この車のシャーシは130Hと同じで、後車軸より後ろにエンジンが配置されていると記載されていました。今回この車についてWEBなどで調べたところ、エンジンがミドシップ配置されていたことが分かりました。(WEB上の解説ページ) つまりこの車は世界初のミッドシップ式エンジンのスポーツカーだったことになります。

 

 130Hと同じエンジン配置にしてはリアシートの後ろのスペースが大きすぎるようには思っていたのですが、ミドシップ配置であったことが分かり納得しました。またエンジンも排気量の拡大だけではなくバルブがサイドからオーバーヘッドに変更され55HPの高出力で、かなり本格的なスポーツカーを目指していたようです。ただこの時代に価格が130Hの倍もする小型スポーツカーを買うような人はおらず売れませんでした。

 

 

 ミニカーはイクソ製で元々はミニカー付き雑誌「MERCEDES-BENZ COLLECTION」(アルタヤ)用に作られた物(ボディカラーは赤)で、これはその色違いとなります。またイクソのミュージアム シリーズでは型番MUS018(ボディカラーは銀で仕上げがレベルアップしている)で発売されています。グリルの無いフロント、スリット/開口部のあるリアの造形、サイドのスペアタイヤなど実車がよく再現されています。130H同様に150もこれが初めての量産ミニカーであり、ベンツ車の歴史を知る上で貴重なミニカーとなります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1302

   

 

MERCEDES-BENZ 500K (W29) Autobahn-Kurier 1935 GERMANY

MERCEDES-BENZ 500K (W29) Autobahn-Kurier 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS021 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.17m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: 8気筒 5L 160HP 5段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 500K/540Kのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 500K (W29) アウトバーン クリエール ドイツ

 

 ポルシェが設計したスポーツカー Sシリーズの後継車380K(8気筒3.8L 120HP)は1933年に登場し、翌年には500K(5L 160HP)、1936年には540K(5.4L 180HP)と排気量を拡大していきました。KはKompressor(過給器)の意で、スーパーチャージャーを備えていました。全輪独立懸架、全輪サーボ付油圧ブレーキなど先進的な技術が使われていました。Sシリーズはレーシングカーとしても活躍したのですが、Kシリーズは純粋な高級ツーリングカーでレースで使われることは無かったようです。

 

 モデルとなっている500Kはアウトバーンを使って高速(最高速160km/h)で移動することを想定した車で、「アウトバーン クリエール」(アウトバーンの急使)と呼ばれています。V字に折れたウインドースクリーン、スパッツの付いたリアフェンダー、滑らかに後方に伸ばされたキャビンなど当時最新の流線形スタイルです。数台しか作れらなかったようで、当初のエンジンは500Kの8気筒5L(160HP)、後に540Kの8気筒5.4L(180HP)でした。画像参照リンク先の実車画像には後部座席が無いのですが、ミニカーにはリアシートが付いています。外観が異なる別の実車の画像もありますので、リアシートが付いた車もあったのでしょう。

 

 

 ミニカーはイクソ製です。元々フランスのミニカー付き雑誌「Mercedes-benz Collection」用に作られた物ですが、イクソのカタログ モデルとして発売されたこの型番MUS021は細部の仕上げがレベルアップされています。プロポーションが良く、エッチング材を使ったフロントグリルなど細部も良く再現されています。ベンツのKシリーズのミニカーのほとんどは見栄えがする540Kのロードスターやカブリオレですので、この一風変わった500Kのクーペは目新しさがあって面白いと思います。(ホワイトボックス ブランドでもモデル化されていますが、同じミニカーの仕様変更品です)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1304

   

AUTO UNION TYPE B 1935 GERMANY

AUTO UNION TYPE B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM 5031300313 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: V型16気筒 4.95L スーパーチャージャー 375HP 5段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ B ドイツ

 

 1935年 タイプ Bはエンジン排気量を拡大してパワーアップし、ホイールベースを伸ばしトレッドを広げて操縦性を向上させました。またリアサスペンションがリーフからトーションバーに変更されました。タイプ AとBはほとんど同じに見えますが、タイプ Bはコクピット左側のえぐりが深く左右非対称になっています。

 

 1935年はメルセデス ベンツ W25が圧倒的に強かったので、アウトウニオンはあまり活躍できませんでした。主なレース結果は、ドライバー H.スタックがイタリア GPで優勝 ドイツ GPで2位でした。新しいドライバーとしてB.ローゼマイヤーが参入し、彼はスイス GPでは3位となり、シーズン最後のチェコスロバキア GP (マサリク サーキット)で初優勝しています。なおハイパワーエンジンをリアに搭載するアウトウニオンの操縦はきわめて難かしかったとのことです。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、タイプ Aと同じくアウディの特注品です。画像はアウディのWEBサイトから借用しました。同じ型のドイツ GP 準優勝車仕様は一般市販されています。これ以外のタイプ Bのミニカーとしては、コクピットやリアタイヤをカバーした流線形の速度記録車仕様をミニチャンプスとブルムがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1716

   

 

 

ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  ...62 次へ »