ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE PHANTOM II 1932 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 39 1/43 138㎜

 

ロールス ロイス ファントム II イギリス (アメリカ)

 

 1929年に発表されたファントム IIはファントム Iと同じ6気筒エンジンを搭載し、サスペンションなどをリファインし性能を向上したものです。ロールス ロイスとしては異色のモデルで、左ハンドルとなっていることや当時のパッカードとそっくりなボディデザインから、アメリカで生産された「アメリカン ロールス」の最後の頃のモデルだと思われます

 

 なお「アメリカン ロールス」とは1921年から1933年にかけてノックダウンではなくアメリカ製部品で、マサチューセッツ州で約3000台が生産されたロールス ロイスのことです。ミニカーはリオ製で、「アメリカン ロールス」のミニカーは非常に珍しいと思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 6気筒OHV 7668cc 約120HP 4段変速
性能: 最高速148km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=199

   

GM CADILLAC V16 SPORT PHAETON 1932 USA

GM CADILLAC V16 SPORT PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DANBURYMINT  1/24 243mm

 

GM キャディラック V16 スポーツ フェートン アメリカ

 

 同じV16のキャディラックですが、こちらは特別注文でたった2台しか製作されなかったというスポーツ フェートンです。アメリカではオープンカーの人気が高く、このように後席にもスクリーンが装備されているダブル カウル フェートンはそのなかでも高級なボディ形式です。

 

 ミニカーはフランクリンミントと同じような精密なモデルを製作しているダンバリーミント製です。両社の1/24大スケールミニカーはプラスチック製部品が少なく重厚で、何れも素晴らしい出来となっています。マスコットの鳥と立派なフロントグリルを拡大画像で見てください。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=315

   

 

FORD V8 ROADSTER 1932 USA

FORD V8 ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1200 1/43 105㎜

 

フォード V8 ロードスター アメリカ

 

 T型の後継車A型は4気筒エンジンでしたが、ライバルであったGMのシボレーが6気筒を搭載していたことに対抗して、1932年にV型8気筒 3.6L(65HP)エンジンを搭載したモデル V8が追加されます。V8エンジンは現在でも高級車のエンジンですから、ずいぶん思い切った戦略をとったものです。(カローラにV8を載せるようなものですから) 画像は人気車種であったロードスターでシンプルで魅力的なスタイルをしています。

 

 ミニカーはエリゴール製で、スカットル横に生えた小さなライト(ウインカー?)やホイールなどの細部もよく再現されていて実車の雰囲気がよく再現された傑作です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.6L 65HP 3段変速
性能: 最高速122km/h
データーベースでフォード V8のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=332

   

CHRYSLER IMPERIAL LEBARON 1932 USA

CHRYSLER IMPERIAL LEBARON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32116 1/32 162mm

 

クライスラー インペリアル ルバロン アメリカ

 

 GMのビュイック部門の責任者であったウオルター P クライスラーはGMから離れたあと、経営危機にあった小型車メーカーのマックスウェル社の再建に着手し6気筒エンジンのクライスラー シックスを開発します。この車は大ヒットし1925年にクライスラー社が創立されます。

 クライスラーはその後ダッジやプリムスなどを傘下に加えフォード、GMに次ぐ自動車メーカーになっていきます。ルバロンとは元々コーチビルダーの名前でしたが現在では車名になっています。

 

 ミニカーはシグネチュア製(ヤトミン)で、サイズが中途半端ですがなかなか良くできています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: 8気筒 6.3L 125HP 3段変速
性能: 
データーベースでクライスラー インペリアルのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=337

   

 

GM CADILLAC V16 452C FLEETWOOD 1933 USA

GM CADILLAC V16 452C FLEETWOOD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32302 1/32 163㎜

 

GM キャディラック V16 452C フリートウッド アメリカ

 

 V16とV12エンジンは1937年まで生産され、その後Vバンク角を変えたV16が1940年まで500台ほど生産され、その後キャディラックはV8エンジンが主流となります。この車はフリートウッドというコーチビルダーによる特注フェートン ボディで、かつてのハーラー自動車ミュージアムの資料によると有名なジャズ歌手の為に作られた車のようです。

 

 ミニカーはシグネチャ製 1/32と中途半端ですが、ドアとボンネットの開閉や前輪の操舵ギミックが付いていて全体的な出来映えもなかなかのものです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=316

   

DUESENBERG J VICTORIA 1933 USA

DUESENBERG J VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT RU77 1/24 252㎜

 

デューセンバーグ J ビクトリア アメリカ

 

 この車は往年の名女優グレタ ガルボ(もう知らない人が多いでしょうが)が所有していたデューセンバーグです。全長が6mを越える長い車で少し奇抜なデザインですが、最も優美なデューセンバーグとも言われています。極端に低いウインドシールドと大きなドアを持ち、リアには巨大なトランクと2本のスペアタイヤを背負っています。

 

 ミニカーはフランクリンミント製で素晴らしい出来です。フロントグリルの上の尖ったマスコットは鷲をデザインしたもので「デューセンバード」と言われています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=325

   

 

ページ  « 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  ...38 次へ »