ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ SS TORPEDO (W06) 1928 GERMANY

MERCEDES-BENZ SS TORPEDO (W06) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 137 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 7L 140HP(過給時200HP) 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでメルセデス ベンツ SSのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ SS トルペード (W06) ドイツ

 

 前述したレースカーのスーパーチャージャーエンジンを成功させたフェルディナンド ポルシェ博士は6気筒スーパーチャージャーエンジンを設計し、ベンツのツーリングカーに搭載していきました。1926年に登場した最初のモデルは「Kヴァーゲン」と呼ばれ、6気筒6.3L(110HP 過給時160HP)エンジンを搭載し、当時最速のツーリングカーでした。それをさらに発展させたのが「Sヴァーゲン」で、ベンツのスポーツカー Sシリーズの最初のモデルとなります。Sヴァーゲンは6気筒6.8L(120HP 過給時180HP)エンジンを搭載し、さらにそのエンジンを6気筒7L(140HP 過給時200HP)にパワーアップしたのがSSでした。

 

 ミニカーはフランスのソリド製です。ソリドが1960年代に発売したクラシックカーシリーズ(約10種類)は当時としては非常に出来が良いミニカーでした。このベンツ SSもその一つで型番を4137に変更して、その後20年以上も生産された傑作でした。ソリドの別ブランドのベレム(VEREM)でも発売されています。ソリド以外のミニカーとしては、古いマッチボックスのYシリーズ、イクソとその廉価版ホワイトボックス( WHITE BOX)の物があります。イクソの物は元々はフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」(No30)用として作られた物でした。

 

 

 以下はソリドのバリエーションで幌を立てたSS(型番132)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
 

MERCEDES-BENZ SS 1
MERCEDES-BENZ SS 2

 以下はマッチボックスのYシリーズ(型番Y16-2)の画像です。ヘッドライトがグリル横から生えているなどマッチボックス流の簡素化が行われていますが、全体の雰囲気がベンツ SSから外れていないのはさすがです。当時の安価なクラシックカーのミニカーとしては上出来でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ SS TORPEDO 3
MERCEDES-BENZ SS TORPEDO 4

 以下は前述したイクソ製の「VOITURES CLASSIQUES」シリーズの2シーター仕様SSの画像です。このシリーズは雑誌付きミニカーながら、いずれもかなり良い出来ばえです。このSSも細かいところが結構再現されていて、銀/黒のツートンカラーもセンスが良く、SSの量産ミニカーとしてはベストの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ SS 3
MERCEDES-BENZ SS 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=142

   

BMW DIXI 1928 GERMANY

BMW DIXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 82229417892 1/43 71mm

 

BMW ディキシー ドイツ

 

 BMWとはBayerishe Motoren Werke(バイエルンモータ製造会社)の略称で第一大戦後に航空機エンジンの会社として出発し、まず水平対向エンジン付きの2輪車で有名になります。それ故BMWのエンブレムは高速回転している飛行機のプロペラのデザインです。1928年にイギリスのオースティン セブンのライセンス生産をしていたディキシー社から製造権を得て4輪車のディキシーを発表します。

 

 ミニカーはシュコー製で、小さいながらもしっかりした出来です。画像がモノクロに見えますが、フロントグリル上の青いエンブレムで分かるようにカラー画像です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 750cc 15HP 3段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースでBMW ディキシーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=148

   

 

OPEL 10/40HP MODEL 80 1928 GERMANY

OPEL 10/40HP MODEL 80 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS056 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 4気筒 2.6L 40HP 3段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースでオペル 戦前のミニカー検索

 

オペル 10/40HP モデル 80 ドイツ

 

 オペル初の中型車 モデル 80 10/40HP(税制上馬力/実馬力の意)は1925年に登場しました。ミニカーの室内を見るとリアシートの前にも補助席のようなシートがあるので、これは3列シートで6/7人乗りのロングホイールベース版をモデル化しているようです。オペルはフォード式生産ラインを採用したドイツ初のメーカーでした。その為この車は低価格で、1920年代のドイツでは一番ポピュラーな中型車だったようです。

 

 外観はそっけない四角い箱型ですが、これは同時期にフランスでフォード式生産ラインを採用したシトロエン B2によく似ており、当時の量販車に共通するデザインです。なおアメリカ系メーカーがドイツ市場に本格的に進出してくると、オペルは対抗することが難しくなり1929年にはGMと提携しGM傘下となりました。

 

 

 ミニカーはイクソのミュージアムシリーズです。このミニカーはドイツのミニカー付雑誌「OPELCOLLECTIO」のNo.38でモデル化された物のカタログモデルです。この手の地味なセダンがモデル化されるのはミニカー付雑誌ならではのことです。実車の雰囲気をうまく再現してあり、大きめなグリル上のマスコット、細いクロームモール、エッチング材の繊細なワイパーなど細部もイクソのこのシリーズに共通する良い出来です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1628

   

MERCEDES-BENZ NURBURG 1929 GERMANY

MERCEDES-BENZ NURBURG 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1043 1/43 108㎜

 

メルセデス ベンツ ニュルブルク ドイツ

 

 1926年にダイムラーとベンツが合併してダイムラー ベンツとなります。この当時のベンツの乗用車は、6気筒 2Lの「シュトゥットガルド」、3Lの「マンハイム」でそれぞれダイムラーとベンツの本拠地の地名がつけられていました。1928年には最高級車8気筒 4.6Lの「ニュルブルク」が追加されます。ツートンカラーはしゃれていますが、いかにも実用的な素っ気ないデザインのリムジーンボディです。

 

 ミニカーはクラシックカーを多くモデル化しているフランスのエリゴール(ELIGOR)製です。ボディが少し小さめにできているように思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 8気筒 4.6L 80HP 
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=144

   

 

MERCEDES-BENZ 770K 1930 GERMANY

MERCEDES-BENZ 770K 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX (DINKY) YY053/SA-M 1/48 120㎜

 

メルセデス ベンツ 770K ドイツ

 

 1930年に国家元首用の最上級高級車770K「グロッサー メルセデス」が発表されます。Kは過給器(コンプレッサ)付きエンジンを意味し 8気筒 7.66L 150HP(過給時200HP)で160km/hの性能です。このような高級車にも過給器を付けてしまうところがベンツのすごいところです。この車は日本の宮内庁にも納入され御料車として使用されています。

 

 ミニカーはディンキーのブランドが併記されたマッチボックスです。Aピラーのすぐ下についている銀色の部品は腕木式方向指示器のようです。(腕木式が分からない人はWEBで調べてみて)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: 8気筒 7.66L 150HP(過給時200HP) 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 770Kのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=217

   

MERCEDES-BENZ SSKL (W06) 1931 GERMANY

MERCEDES-BENZ SSKL (W06) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 79 1/43? 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 7.1L 300HP 4段変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでメルセデス ベンツ SSKLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ SSKL (W06) ドイツ

 

 SSKLは前述したSSKの純粋なレーシング仕様でファクトリーチーム用に数台が製作されました。SSKLのLはドイツ語のLeicht(軽いの意)で、徹底的な軽量化をするためにフレーム各部に軽減穴が開けられていました。スーパーチャージャーを大型化して過給圧を上げベンゾール系燃料を使い最高出力300HP 最高速235km/hと極めて高性能で、各種レースに勝ち続けました。こんな細いタイヤの車で300HPもあったのですから、とてもすさまじい操縦性であったと思います。

 

 ミニカーはイタリアのリオ(RIO)製で、1983年頃に発売されました。リオのクラシックカーはほとんどが1990年以前に作られていますが、いずれも当時のミニカーとしては非常に出来が良いものでした。このSSKLは前述したSKLをベースにして、SSKLに仕立てたもので、SSKLの特徴である軽減穴がボディ下部シャーシに追加されています。SSKが最近まで1/43サイズではベストの出来ばえであったので、このSSKLも同様にベストの出来ばえです。ただ1/43よりも少し大きめにできているので、1/43でできたミニカーと並べた場合に少し違和感があるのが唯一の難点です。型番SL001でミッレ ミリア仕様があり、最近でもSSK/SSKLのバリエーションが作られていますが、国内には輸入されていないようです。

 

 

 リオ以外のSSKLのミニカーでは、ソリドのスタンダードとミッレ ミリア仕様、ニューレイ、ブラーゴの1/18、CMCの1/18などがあります。以下はソリドのミッレ ミリア仕様(型番4004)の画像です。ソリドのSSKLはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ SSKL (W06) 1
MERCEDES-BENZ SSKL (W06) 2

 以下はブラーゴの1/18(型番3002)の画像です。1980年頃に発売されたブラーゴの初期の物ですが、当時の大スケールのミニカーとしては良くできていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ SSKL (W06) 3
MERCEDES-BENZ SSKL (W06) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=216

   

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  ...62 次へ »