ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GM CADILLAC V16 CABRIOLET 1931 USA

GM CADILLAC V16 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 77 1/43 135mm

 

GM キャディラック V16 キャブリオレ アメリカ

 

 キャディラックといえどもV型16気筒エンジン搭載車は特別な車で年間数百台生産された程度で、販売の中心は8気筒エンジン車でした。同時期のライバルであるリンカーンやパッカードも8気筒エンジン車でこれらの車は年間数万台生産されていました。現在16気筒エンジンを搭載している市販車はブガッティ ヴェイロン(価格1.6億円)ぐらいです。

 

 ミニカーはリオ製でV16を搭載したキャディラックのロードスターです。巨大なボディに2人しか乗らない究極の高級車です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=314

   

DUESENBERG J SEDAN 1931 USA

DUESENBERG J SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 156 1/43 130mm

 

デューセンバーグ J セダン アメリカ

 

 ドイツから移住してきたデューセンバーグ兄弟が1914年に設立したのがデューセンバーグ社で、レーシングカーを開発しインディ500に優勝するなど活躍しました。その後ビンテージ期で述べたエレット ローバン コードの「コード帝国」に組み込まれ、1928年に発表されたモデルJはデューセンバーグを一躍有名にしました。

 8気筒DOHC 6.9L 265HPの高性能エンジンで最高速186km/h 値段はT型フォードの50倍以上という超弩級の高級車はハリウッドの大スターや王侯貴族に愛用されました。

 

 ミニカーはソリド製で、1960年代に作られたクラシックカーシリーズの一つです。デューセンバーグとしてはおとなしいオーソドックスなセダンをモデル化していますが、非常に素晴らしい出来栄えです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=322

   

 

DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 1931 USA

DUESENBERG J DOUBLE COWL PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO CS2 1/43 130mm

 

デューセンバーグ J ダブル カウル フェートン アメリカ

 

 デューセンバーグが輝いていたのはほんの数年程ですが、この車は1930年代の偉大な名車として自動車史上にその名前を残しています。そういう訳でミニカーもたくさん作られています。巨大で豪華なボディのこの車はミニカーとしてもずいぶん見栄えがするモデルとなります。

 

 ミニカーは上記ソリドのファンクラブ限定品で後席にもスクリーンが付いたダブル カウル フェートン(2つのスクリーンが付いた4座オープン)としてモデル化しています。キャビン部分が変更されリアに荷物棚が追加されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=323

   

DUESENBERG J SPIDER 1931 USA

DUESENBERG J SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 35 1/43 130mm

 

デューセンバーグ J スパイダー アメリカ

 

 モデル Jはエンジン、ボディスタイル、内装品など全てにおいて最高級を目指した車でした。エンジンはレーシングカー並ですし油圧ブレーキや全自動グリースアップ装置など最先端の装備が使われていました。ボディは有名なコーチビルダーが担当し華麗なデザインのボディが載せられました。特にフェートン(4座オープン)のボディは価格が2万ドルであったことから「トゥエンティ グランド」と呼ばれていました。

 

 ミニカーは上記ソリドのバリエーションです。2座オープンで大きなボディに小さなキャビンという贅沢なスペース配置で、いかにもアメリカ的なデザインです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=324

   

 

STUDEBAKER PRESIDENT CONVERTIBLE ROADSTER 1931 USA

STUDEBAKER PRESIDENT CONVERTIBLE ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BROOKLIN 88 1/43 112㎜

 

スチュードベーカー プレジデント ロードスター アメリカ

 

 スチュードベーカー社は18世紀から馬車製造を行っていた歴史のある会社で、19世紀には世界最大の馬車メーカとなっていました。1914年に自動車生産を開始し、1920年代には3車種の6気筒車を年間数万台生産していました。1929年には高級車のピアス アロー社を吸収合併しています。画像の車は1928年発表の8気筒エンジンを搭載したプレジデントで、大げさな名前ですが別に大統領車だったわけではありません。

 

 ミニカーはこの時代のアメリカ車を多くモデル化しているイギリスのブルックリン製です。材質はホワイトメタルでプラスチックパーツが少なく、手に持つとずっしりと重く存在感があります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 8気筒 5.5L 122HP 3段変速
性能: 
データーベースでスチュードベーカー プレジデントのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=343

   

STUTZ DV32 BEARCAT 1931 USA

STUTZ DV32 BEARCAT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y14 1/44 111mm

 

スタッツ DV32 ベアキャット アメリカ

 

 ブラックホークと同時期にスタッツ 8にスーパーチャージャーを追加した高性能版も登場し、こちらには1910年代の名車ベアキャットの名前を復活させています。しかし1930年代にはキャディラック、リンカーンなどからV型16/12気筒の高性能車が発売され、スタッツも新しいDOHC32バルブ8気筒を搭載したDV32を発売して対抗しますが、自動車初期の唯一のアメリカン スポーツカーであったスタッツは結局1935年に倒産しました。

 

 ミニカーはマッチボックス製でDV32 ベアキャットをモデル化しています。マッチボックスのYシリーズのなかでも、このベアキャットは特に出来の良いモデルです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 5L 155HP 3段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでスタッツのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=346

   

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  ...38 次へ »