ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

VOLKSWAGEN GOLF VII GTI 2013 GERMANY

VOLKSWAGEN GOLF VII GTI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
HERPA 5G3099300ABFC 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ  220HP 6段変速/6段半自動変速
性能: 最高速246km/h  
データーベースでフォルクスワーゲン ゴルフ VIIのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ゴルフ VII GTI ドイツ

 

 ゴルフの7代目が2012年に登場します。サイズは少し大きくなっていますが、デザインはヘッドライトとバンパー下のインテークの意匠以外はほとんど先代と同じにみえます。ただ中身は新設計されたモジュール構造のシャーシで、サスペンションやエンジンも変わっています。ボディ形式は3/5ドアハッチバックとワゴンのバリアントで、派生車としてミニバンのSV(従来のプラス)があります。

 

 エンジンはDOHC 4気筒ターボ1.4L/1.6L/1.8L(北米向け)、高性能版GTI用のDOHC 4気筒ターボ2L(220HP)、さらに高性能な4WD仕様のR用のDOHC 4気筒ターボ2L(300HP)、4気筒1.6L/2L ターボディーゼル、高性能版GTD用の4気筒2L(184HP)ターボディーゼルなどがあります。高張力鋼板を多用し衝突安全性や車体剛性を向上し、レーザーで前方を監視する自動ブレーキなどの新技術も採用しています。2013年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤー、2013年の日本 カー オブ ザ イヤー(輸入車初)を受賞しています。2014年に電気自動車のe-ゴルフ(モーター 115HP 航続距離 190km)、2015年にプラグインハイブリッド仕様のゴルフ GTEが登場しています。

 

 

 ミニカーはヘルパ製のGTIです。ヘルパは最近フォルクスワーゲンのプロモーションモデルを担当しており、これもその一台です。(6代目ゴルフではシュコーがほとんどを担当していたのですが、シュコーはライセンスから外れたようです) 出来映えは先代のシュコーのものと遜色ありません。中国で製造しているのでどこが発注してもたいして変わらないのでしょうか。ヘルパは3/5ドアもモデル化しています。プロモーションモデルをレジン製で作るような動き(絶対に止めて欲しい)がありますので、スパークがRを作っているのが気になります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1372

   

MERCEDES-BENZ S-CLASS LIMOUSINE (W222) 2013 GERMANY

MERCEDES-BENZ S-CLASS LIMOUSINE (W222) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 450753800 1/43 123㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.25m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.7L ツインターボ 455P 7段自動変速 4WD仕様も有り
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W222のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ Sクラス リムジン (W222) ドイツ

 

 Sクラスの6代目W222が2013年に登場しました。先代のW221のデザインを継承していますが、フロントグリルが大きくなり、柔らかいルーフラインなど古典的な重厚さや優雅さを取り入れたデザインとなっています。ボディは大きさが批判された3代目W140と同じくらいのサイズになっています。

 灯火類はヘッドライトやメーター照明を含めすべてLED化されています。走行制御/操縦アシスト/衝突防止などに最新の技術が使われていて、路面の凹凸をステレオカメラで検出しそれに応じてサスペンションを制御して車体の水平を保つ機能までついています。エンジンはDOHC V型6気筒3Lターボ/3.5L(306HP) + モーターのハイブリッド、DOHC V型8気筒4.7L(455HP)ターボ、DOHC V型8気筒5.5L(585HP)ターボ AMG仕様、DOHC V型12気筒6L(530HP)ターボ、DOHC 4気筒2.2L(204HP)ターボディーゼル + モーターのハイブリッド、V型6気筒3L(258HP)ターボディーゼルなどがあります。

 

 2014年にV型12気筒6L(630HP)ターボ AMG仕様とV型6気筒3Lターボ + モーターにプラグインハイブリッド仕様が追加されました。2015年に最上級仕様として、マイバッハ Sクラスが設定されました。先代のマイバッハは独立したブランドでしたが、2代目はメルセデス ベンツのサブブランドとして登場しました。

 

 

 ミニカーはシュコー製で、2016年に発売されました。W222のロングホイールベース版のモデル化です。モデル名は単にSクラスとされているので、エンジン等の諸元はS500 ロングのデータを記載しました。ダイキャスト製なのでしっかりとした重量感があり、プロポーションは抜群です。フロントグリル/ヘッドライトガラスルーフと室内の造形ワイパーのリアルな形状など細部も非常に良くできています。1/43のダイキャスト製ミニカーとして値段は少し高いですが、値段に見合った出来ばえだと思います。ディーラー用特注品など色違いが数種類あります。これ以外のW222のミニカーではノレブの1/18、ヘルパの1/87、WELLYの1/24などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1889

   

 

VOLKSWAGEN PASSAT B8 2015 GERMANY

VOLKSWAGEN PASSAT B8 画像をクリック/タップすると画像が変わります
HERPA 3G5099300 C9X 1/43 

 

フォルクスワーゲン パサート B8 ドイツ

 

 

 

 解説は作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.77m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 103HP 6段変速/7段自動変速
性能:    
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1374

   

OPEL ASTORA K 5-DOOR 2015 GERMANY

OPEL ASTORA K 5-DOOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS  1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L ターボ 150HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速216km/h   
データーベースでオペル アストラのミニカー検索

 

オペル アストラ K 5ドア ドイツ

 

 アストラの4代目 アストラ J 2009年に登場
 当初は5ドアハッチバックのみ、2010年にスポーツツアラー(ワゴン)、2011年に3ドアクーペ GTCを追加 2013年にツイントップ(カブリオレ)の後継車 カスケーダ(CASCADA)がアストラ シリーズから独立して登場

 アストラの5代目 アストラ K 2015年に登場
 5ドアハッチバックとワゴンの構成 2016年度 EU カー オブ ザ イヤー受賞

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、これはオペル ディーラ向け特注品のようです。(画像はWEBサイトから借用しました) アストラ Jのディーラ向け特注品はミニチャンプスが担当していましたが、アストラ Kでもミニチャンプスが一部を担当しているようです。最近のミニチャンプスはF1以外はやる気がないようですので、これがカタログモデルで発売されることは期待薄です。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1688

   

 

PORSCHE 911R (991) 2016 GERMANY

PORSCHE 911R (991) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 410066225 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.55m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC 水平対向6気筒 4L 500HP 
6段変速
性能: 最高速323km/h
データーベースでポルシェ 991のミニカー検索

 

ポルシェ 911R (991) ドイツ

 

 911の7代目 991型が2011年に登場しました。レース車両として基本性能を向上させる為に、ホイールベース/全長とトレッドが拡大され、ボディが大型化されました。ボディは大型化しましたが、アルミ合金の採用拡大で先代より軽量化されています。エンジン、シャーシ、サスペンションなどの基本構造は先代同様ボクスター(981型)と共用していますが、評判が悪かったライトなどの外装部品の共用化は止めています。ベーシック版のカレラには先代より排気量が小さく高回転型の設定となった直噴式水平対向6気筒3.45L(350HP)エンジンが搭載され、高性能版のカレラSには3.8L(380HP)エンジンが搭載されました。

 

 変速機は7段マニュアルと7段半自動(PDK:デュアルクラッチ式)が設定されました。室内はホイールベースの拡大で、後席背面の荷物収納スペースが拡大され、サンルーフはアウタースライド式となりました。可動性リヤウイングは立上げ高さが増し拡大されました。当初に設定されたオープン仕様のコンバーチブルに加えて、2014年にはタルガ4/4Sが追加されました。

 

 

 2012年に4WDのカレラ4/4Sが設定されました。2013年に3.8L(475HP)エンジンを搭載したGT3、ツインターボで3.8L(520/560HP)にパワーアップした高性能版のターボ/ターボSが設定されました。2015年に4L(500HP)エンジンを搭載したGT3 RSが追加されました。2016年にGT3 RSをベースにして、スポイラーを外すなど軽量化した911Rが設定されました。2015年に997 II型にマイナーチェンジしました。

 ミニカーはミニチャンプス製で、2017年に発売されました。高性能版911Rをモデル化しています。ミニチャンプスのポルシェですから、全体的な雰囲気や細部の再現も申し分ない出来ばえで、ボディが大型化していることがミニカーでもわかります。(ただこのポルシェに限りませんが、室内の仕上げは数年前よりもやや簡素化されてますが) ミニチャンプスはカブリオレ、ターボ、タルガ、GT3、GT3 RSやレース仕様など約100種類をモデル化しています。ミニチャンプス以外では、トミカ、京商、シュコー、ヘルパ、レジン製ではスパークなどたくさんモデル化されています。 以下はミニチャンプスの911Rのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 911R (991 II) 1
PORSCHE 911R (991 II) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1942

   

PORSCHE 911 (991 II) GT3 2017 GERMANY

PORSCHE 911 (991 II) GT3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 410066024 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC 水平対向6気筒 4L 500HP 
6段変速/7段半自動変速
性能: 最高速320km/h
データーベースでポルシェ 991のミニカー検索

 

ポルシェ 911 (991 II) GT3 ドイツ

 

 911の7代目 991型が2011年に登場しました。レース車両として基本性能を向上させる為に、ホイールベース/全長とトレッドが拡大され、ボディが大型化されました。ボディは大型化しましたが、アルミ合金の採用拡大で先代より軽量化されています。エンジン、シャーシ、サスペンションなどの基本構造は先代同様ボクスター(981型)と共用していますが、評判が悪かったライトなどの外装部品の共用化は止めています。ベーシック版のカレラには先代より排気量が小さく高回転型の設定となった直噴式水平対向6気筒3.45L(350HP)エンジンが搭載され、高性能版のカレラSには3.8L(380HP)エンジンが搭載されました。

 

 前期型のモデルについては911Rの解説に記載しましたので、ここでは2015年にマイナーチェンジした後期型の997 IIについて記載します。外観的にはほとんど同じで、ヘッドライト(LEDデイライト付)、フロントバンパー、テールライト、リアパネルなどの意匠が変更されています。一番大きな変更は、ベーシックのカレラ/カレラSのエンジンがツインターボ化され3Lにダウンサイジングされたことです。ただし出力は370HP/420HPとパワーアップし、燃費も向上しています。またオプション設定であったダンパーを電子制御するPASM(ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム)が全モデルに標準装備されました。

 

 

 前期型と同様タルガ4/4S、ターボ/ターボS、GT3なども順次フェイスリフトされました。2017年にカレラとカレラSの間を埋める カレラ T(ツーリング)が追加されました。同年にターボ S(3.8L 580HP)を607HPにパワーアップしたターボ S エクスクルーシブ シリーズが限定生産され、さらにこれを700HPまでパワーアップした911シリーズで最も高性能なGT2 RSが追加されました。このGT2 RSはニュルブルグリングで量産車最速のラップタイムを記録しています。

 ミニカーはミニチャンプス製の911 GT3 後期型のモデルで、2017年に発売されました。前期型との見分け方で一番分かりやすいのはフロントバンパー左右にあるスモールライトの形状の違い(後期型は小さい)です。前述した911Rと同様に全体的な雰囲気や細部の再現も申し分ない出来ばえです。(ただこのポルシェに限りませんが、室内の仕上げは数年前よりもやや簡素化されてますが) 2018年3月時点でミニチャンプスの991 IIはこれしかないようです。ミニチャンプス以外の991 IIではヘルパの1/43、レジン製ではスパークがモデル化しています 以下はGT3 後期型のフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 911 (991) GT3 1
PORSCHE 911 (991) GT3 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1943

   

 

ページ  « 前へ 1...52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62