ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MITSUBISHI COLT 1000 1963 JAPAN

MITSUBISHI COLT 1000 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 24 1/42 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.82m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 51HP 4段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースで三菱 コルトのミニカー検索

 

三菱 コルト 1000 日本

 

 コルト 600のモデルチェンジで1963年にコルト 1000が登場しました。三菱初の4ドア小型乗用車で、よく言えばシンプルな(何の特徴もない真四角の)セダン スタイルをしています。水冷4サイクル4気筒1L(51HP)エンジンをフロントに搭載し、4段変速で最高速80km/hの性能でした。2/4ドアセダンとバンの設定がありました。

 

 1965年に1.5L(70HP)エンジンを搭載しボディを拡大して丸型4灯式ヘッドライトを採用したコルト 1500が追加されました。1966年に1Lが1.1L(58HP)エンジンに切り替わり、1000のボディに1.5Lエンジンを搭載し全輪ディスクブレーキを採用した1500スポーツセダン(最高速145km/h)も登場しました。1968年のマイナーチェンジでセダンは角形ヘッドライトとなり、1.1Lエンジンが1.2Lに変更され、コルト 1200となりました。

 

 

 ミニカーはモデルペットの当時物で、シンプルな作りですが、実車の雰囲気を良く再現しています。これ以外の当時物としてはミクロペットのセダンとそのレース仕様がありました。三菱車としては初めてのミニカーですので、当時コルト1000はそこそこ人気があったようです。なお現在まで当時物以外のミニカーは作られていません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1031

   

HONDA S500 1963 JAPAN

HONDA S500 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 90 1/43 78㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m 全幅約1.43m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 531cc 44HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでホンダ Sのミニカー検索

 

ホンダ S500 日本

 

 技術者の本田宗一郎が1946年に静岡県浜松市に創立した本田技術研究所が自動車メーカー ホンダ(本田技研工業株式会社)の前身です。本田は陸軍の無線用小型エンジンを改良した2サイクルエンジン(50cc)を自転車に取り付けて原動機付自転車を開発し、その製造/販売を始めました。

 

 1947年にはA型エンジンを独自開発し、それを搭載した原動付自転車を完成させました。1948年に本田技研工業株式会社を設立し、翌1949年には初の自社設計2輪車「ドリームD型」(98cc)の生産を開始しました。1952年には原動機付自転車「カブF型」(50cc)を発売、1958年にはベストセラーとなった2輪車「スーパーカブC100」が発売されました。モータースポーツでは1959年にイギリスのマン島TTレースに初参加し、1961年には125/250ccクラスで5位までを独占する優勝を果たしています。その翌年の1962年には、三重県鈴鹿市に鈴鹿サーキットを開設しています。

 

 

 ホンダは1962年の自動車ショーにS360、S500、T360を展示し、4輪車への進出を表明します。翌年の1963年に発売されたのが、小型スポーツカーのS500でした。DOHCの高回転型エンジン(水冷4気筒531cc 44HP)、チェーンを使った後輪駆動といった2輪車のような設計がなされていました。乗車定員は2名で、4段変速で最高速130km/hの性能でした。イギリスのMG ミジェットを参考にして自社でデザインしたという、全長3.3mの小さなボディはなかなか魅力的なスタイルに仕上がっています。当時の価格は45.9万円と安価で、500台ほどが発売されたとのことです。

 ミニカーは国産名車コレクション(ノレブ製)で、最近の物です。S600やS800はたくさんあるのですが、S500はこれしかないようです。(ダイドーデミタスコーヒーのおまけの日本の名車シリーズとか、実車販売時のノベルティでホンダ純正?があるらしいが) 出来映えは値段相応と言ったところです。S500とS600との違いはフロントグリルとそれに合わせたバンパー形状ですが、その点はきちんとS500の形状になっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1049

   

 

HONDA T360 1963 JAPAN

HONDA T360 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 101 1/43 72mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 354cc 30HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでホンダ T/N360のミニカー検索

 

ホンダ T360 日本

 

 上述のS500発売より2ヶ月ほど早く、ホンダ初の4輪車として登場したのがT360でした。当時自動車メーカー認可の抑制方針が出されていたため、ホンダは4輪車発売を急ぐ必要があったようです。その為スポーツカー用に開発したエンジンをトラックに流用したことで、DOHCエンジンを搭載した初の国産車がこのトラックとなりました。さらにエンジンはシートの下にあったので、ミドシップ式エンジン搭載ということにもなります。

 

 水冷4気筒4連キャブレター354cc(30HP)の高性能エンジンは他社の軽自動車エンジンの約2倍の出力で、4段変速で最高速100km/hの性能でした。「スポーツトラック」と呼ばれたこの車は、あまりに精密すぎたエンジンのトラブルや値段が高かったことなどから、あまり売れなかったようです。

 

 

 1964年にS500のエンジンを搭載し荷台を拡大したT500が追加され、1967年にN360用エンジンとパワートレーンを流用したTN360が登場し、T360は生産中止となりました。

 T360の当時物のミニカーはありません。TN360はトミカが1971年にTN-IIIをモデル化しています。最近ではエブロがT360とTN360をモデル化しています。画像は国産名車コレクションの物で、多分エブロの型を流用していると思われ、全体的に良く出来ています。それ以外ではトミカ リミッテドがT360とTN360をモデル化しています。タルガ タッカーからも昭和おもひで軽トラ シリーズ(1/52)でT360がモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1051

   

SUBARU 360 1963 JAPAN

SUBARU 360 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43075 1/43 71mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2ストローク2気筒 360cc 18HP 3段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースでスバル 360のミニカー検索

 

スバル 360 日本

 

 戦前に軍用機やそのエンジンを開発していた航空機メーカー「中島飛行機」は、戦後航空機開発が禁止されたことから、「富士産業」と名前を変えて民生品開発を始めました。進駐軍が使用していたスクーターを国産化し、1947年に「ラビット スクーター」と名付けて発売、このスクーターは使いやすかったことから人気を博しました。また航空機製造の技術を生かしてバスボディの架装を始め、1949年に日本初のモノコックボディのリアエンジンバス「ふじ号」を完成させています。その後富士産業は財閥解体の対象となり分社化されますが、1955年に中島飛行機系の6社が合併して、富士重工業株式会社が発足しました。富士重工業のシンボル「スバルの六連星」は、この6社合併を意味しています。

 

 富士重工業株式会社は普通乗用車の開発に着手し、1.5Lの4ドア車「スバル1500」の試作車を完成させましたが、採算面などの問題で市販化を断念しています。その後大人が4人乗れる軽乗用車開発に方針を変更し、1958年に市販されたのがスバル 360でした。

 

 

 スバル 360は大人4人を乗せて最高速80km/hを出すという当時としては高いレベルを目指していたので、かなり高度な設計がなされていました。非力な空冷2ストローク2気筒360cc(16HP)エンジンで速度80km/hを達成するには、車体の徹底的な軽量化が必要でした。それを可能にしたのが特徴的な丸っこいモノコックボディで、元航空機メーカーとしての軽量化技術が生かされたのでした。

 強度を得る為にボディ全体が丸みを帯びており、強度の不要な屋根はFRP製、リアウインドーはアクリル製と徹底的な軽量化がされています。(車重は385kgと非常に軽い) 駆動方式は前輪駆動も検討したようですが、技術的に時期尚早ということで、ドライブシャフトが不要なリアエンジン後輪駆動方式を採用しています。サスペンションは横置きトーションバーとコイルスプリングを組み合わせた、コンパクトで軽量な4輪独立懸架を採用しています。ステアリングはラック&ピニオン方式、タイヤは新規開発された10インチタイヤなどそこここに新規技術が採用されていました。

  1958年から販売された360は4人乗りで、3段変速、最高速度83km/hの性能でした。価格は約36万円で、軽量化と低コスト化の為、室内は簡素で最低限度の物しか装備されていません。実用的な自動車として大ヒットし、1961年に発売した360をベースにした商用車サンバーも大ヒットし、スバルは自動車メーカーとしての基礎を固めました。その後コンバーチブル、商用バンなどが追加され、性能や装備を充実させて軽自動車のベストセラーを長く維持しました。1968年には36HPにパワーアップしたスポーツ仕様のヤングSSが登場しましたが、さすがに時代遅れとなり1970年に生産中止となりました。この安価で本格的な軽自動車の登場で庶民には無縁の物と思われていた自動車が身近な物となりました。実際に私が中学生だったころ(1965年頃)、学校の先生がスバル360で通勤されていました。またその車が溝にはまった時に、大人が数人で持ち上げていたほど軽量でした。

   当時物ミニカーとしては1960年頃のミクロペットとモデルペットがありますが、いずれも極めてレアなお宝です。1980年代にトミカからモデル化され、ダイヤペットからもアンチモニー製限定品がでました。その後エブロから画像の物が発売され、その派生としてヤングSS、カスタム(バン)、サンバーも出ています。小スケールではコナミ、トミカ リミッテドからはセダン、カスタム、ヤングSS、レース仕様もモデル化されています。最近では国産名車コレクション(ノレブ製)でモデル化され、その本家ノレブからは珍しい初期型(1958式 デメキン)と後期型(1967年式)が出ています。(他にもまだあります データベースで検索)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1065

   

 

DAIHATSU MIDGET (MP) 1963 JAPAN

DAIHATSU MIDGET (MP) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 151 1/43 72㎜

 

ダイハツ ミゼット MP型 日本

 

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.17m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2サイクル単気筒 305cc 12HP 3段変速
性能: 最高速65km/h
データーベースでダイハツ ミゼットのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1433

   

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD (410) 1964 JAPAN

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD (410) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 25 1/42 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 55HP 3段自動変速
性能: 最高速120km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ダットサン ブルーバード 410型 日本

 

 1963年にブルーバード 410型が登場します。モノコックボディで前輪独立懸架、エンジンは4気筒1L(45HP)と1.2L(55HP)が設定され、3段変速で最高速120km/h(1.2L)の性能でした。ピニンファリーナのデザインしたボディはリアが尻下がりになっていることが不評で、販売台数でトヨタのコロナに追いつかれています。

 

 1964年にスポーツ仕様のSSや65HPのハイパワーエンジンが設定され、フロントグリルが変更され2ドアセダンが追加されます。1965年のマイナーチェンジで411型となり、エンジンが1.3L(62HP)に代わり、1.6L(90HP)エンジン搭載のスポーツ仕様1600SSSが追加されます。1966年には不評であったリアのデザインを変更しています。1966年のサファリ ラリーでクラス優勝するなど、モータースポーツにもチャレンジしています。

 

 

 ミニカーはモデルペット製の当時物で、グリルが変更された後期型をモデル化しています。銀塗装だけのグリルと軸が貫通したホイールが時代を感じさせます。タイヤが少し小さめながら、プロポーションはしっかりしていますので不評だったボディのデザインが良く再現されています。(不評であった理由がよく分かりませんが) 最近のミニカーでは、エブロ(後期型、サファリラリー仕様)、トミカ リミテッドヴィンテージ(後期型2ドア)、日産名車コレクション(前期型)があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=914

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...76 次へ »