ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

HANOMAG KOMMISSBROT COUPE 1924 GERMANY

HANOMAG KOMMISSBROT COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
R.W. MODEL 53 1/43 68㎜

 

ハノマーク コミスブロート クーペ ドイツ

 

 蒸気機関車製造で有名であったハノーファーシェ社が1924年にハノマーク(ハノマーグ)として発売したのがこの車です。オペル、BMW同様この車も小さな車ですが、当時のドイツは経済的に苦しい状況だったのです。500cc単気筒エンジンでリアをチェーン駆動するこの小型車はその形からKOMMISSBROT(コッペパン:美味しくないらしい)と呼ばれました。ただこの車は見た目よりも使えたので約15000台も生産されました。

 

 ミニカーはチィスの別ブランドであったR.W. MODEL製で、非常に良くできています。木製のホイールも感じがでていますし、リアのエンジンカバーは開閉できエンジンがちゃんと付いています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 単気筒 500cc 10HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=150

   

OPEL 4/14HP 1925 GERMANY

OPEL 4/14HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 976 1/46 78mm

 

オペル 4/14HP ドイツ

 

 実はラウプフロッシュは全く同じ発想で作られたシトロエン5CVとラジエータグリル以外はそっくり同じです。(実際上記エリゴールのミニカーもシトロエン5CVの型を流用してあります)技術提携したわけではなくコピーしたようで、シトロエンから告訴されています。その結果1925年にはエンジンを1016ccに拡大しホイールベースを延長した4/14HPにモデルチェンジされています。

 

 ミニカーはガマ(GAMA)製です。作りがやや大ざっぱですが、車体が長くなっていますのでモデルチェンジ後の4/14HPのモデルです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1016cc 14HP 3段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=146

   

 

OPEL 4/14HP LIMOUSINE 1925 GERMANY

OPEL 4/14HP LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 977 1/46 80mm

 

オペル 4/14HP リムジン ドイツ

 

 ホイールベースを伸ばしたことにより4/14HPは4シーターボディを載せることができるようになり箱形のリムジーンも追加されました。ラウプフロッシュは大成功し、オペルはその勢いで4気筒2.6Lの中型車タイプ80、6気筒4.2Lの大型車タイプ100、8気筒6Lの高級車レーゲントまでモデルを拡大しドイツ最大のメーカーになっていきました。

 

 上記と同じガマのラウプフロッシュのリムジーンタイプです。車が小さいのであまりリムジーンという名前が似合いませんが実車の写真をみてもやはりこんな感じの車です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1016cc 14HP 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=147

   

MAN DIESEL TRUCK 1925 GERMANY

MAN DIESEL TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 304 1/43 143㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約2.2m
エンジン 変速機: 4気筒 ?L 40HP 4段変速?
性能: 最高速 不詳 積載量4t?
データーベースでMANのミニカー検索

 

MAN ディーゼル トラック ドイツ

 

 MANは'Maschinenfabrik Augsburg?N?rnberg(アウクスブルク-ニュルンベルク機械工場)'の頭文字で、製鉄や建設などを行う重工業企業として1898年に誕生しました。1915年にスイスのザウラー社と共同でMAN-ザウラートラック社を設立し、トラックやバスの製造を始めました。その後MAN-ザウラートラックはMANの子会社となり、1925年に自社開発したトラックが登場します。

 1914年に第1次世界大戦が始まり、ガソリン自動車は馬に代わる輸送手段として欧米各国で軍用トラックの開発が進められていました。ドイツでは大量に必要となった軍用トラックの調達コストを下げる為、政府がトラックの統一基準を定め、すべてのメーカーに同じ規格のトラックを作らせるようにしました。また民間のトラックにも戦時には徴用できるという条件付きで購入に補助金を支給していました。

 

 MANは1923年に直噴式ディーゼルエンジンを開発し、ディーゼルエンジンを搭載したトラックを開発しています。第2次世界大戦中は戦車や潜水艦 Uボートのディーゼルエンジンを製造していました。戦後もトラックやバスなどの専門メーカーとして発展しました。現在はドイツのトラックメーカーとしてメルセデスに次ぐ2位のメーカーで、フォルクスワーゲンのグループ企業です。

 

 

 ミニカーはZISS(チィス)製で、1960年代に発売されました。MANが独自開発したディーゼル トラックをモデル化しています。ZISSはプラスチック部品をあまり使用せず、がっちりとしたつくりで独特の雰囲気があります。後輪駆動のチェーンなど細かい部分もある程度再現されていて当時としては出来の良いミニカーでした。ZISSはバリエーションとしてタンクローリーバスもモデル化しています。またフロントグリルを変更して、同時代のトラックメーカー ヘンシェル(HENSCHEL)のトラックとタンクローリーもモデル化しています。(→ZISSのページ参照) トラック規格が標準化されていたので、MANとヘンシェルはほとんど同じ物だったようです。同様の理由で同時期のメルセデス ベンツのトラックもよく似ています。MANのミニカーはリーツェ、AMW、ヘルパなどが大型トラックやバスなどを非常にたくさんモデル化しています。

データーベースでMAN バスのミニカー検索
データーベースでMAN バス以外のミニカー検索<

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1883

   

 

MERCEDES-BENZ SSK (W06) 1927 GERMANY

MERCEDES-BENZ SSK (W06) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 80 1/43? 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 7L 過給時225HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでメルセデス ベンツ SSKのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ SSK (W06) ドイツ

 

 前述したベンツ SSのホイールベースを短縮しサーキットでの性能を高めたのが「SSK」です。Kはドイツ語のKURZ(短いの意)です。エンジンは225HPに強化され最高速200km/hで、ヘッドライト/フェンダーなどを取り外せば即レーシングカーになりました。当時のグランプリレースはレーシングカーやスポーツカーが混在する状態でしたので、レースを意識して開発されたSS、SSKは各種レースで大活躍していました。

 SSKの純粋なレーシング仕様でファクトリーチーム用にSSKLが数台だけ製作されました。SSKLのLはドイツ語のLeicht(軽いの意)で、徹底的な軽量化をするためにフレーム各部に軽減穴が開けられていました。

 

 ミニカーはイタリアのリオ(RIO)製で、1984年頃に発売されました。リオのクラシックカーはほとんどが1990年以前に作られていますが、いずれも当時のミニカーとしては非常に出来が良いものでした。このSSKも最近までこれを上回る出来ばえの1/43サイズの量産ミニカーはありませんでした。スケールモデル的な観点で見ると、ボンネット部の高さが少し高めなのですが、これは迫力を出すための意図的なデフォルメだと思います。また1/43よりも少し大きめにできているので、1/43でできたミニカーと並べた場合に少し違和感があるのが唯一の難点です。リオは同じ型を使ってSSKLもモデル化しています。

 

 

 リオ以外では1980年代以前の古いものばかりですが、ラミー、ガマ、ノレブのプラスチック製、ブラーゴの1/18などがあります。2008年にイクソ製がSSKをモデル化し、現時点の1/43サイズの量産ミニカーではイクソ製がベストの出来ばえとなりました。 以下はイクソのSSK(型番MUS016)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ SSK 1
MERCEDES-BENZ SSK 2

 以下はラミー(型番38 赤)とノレブ(型番150 薄黄)の画像です。ノレブは経年変化で少しボディが変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ SSK 3
MERCEDES-BENZ SSK 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=143

   

BMW DIXI 1927? GERMANY

BMW DIXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
R.W. MODEL 57 1/40? 77mm

 

BMW ディキシー ドイツ

 

 ディキシーの標準モデルは4気筒750cc 75km/hですが、最高速105km/hのスポーツモデルなどのバリエーションが追加され、1932年までに2万台以上が生産されBMWの基礎を固めました。スポーツモデルが1930年のモンテカルロラリーでクラス優勝するなどディキシーは本家のセブン同様にレースで大活躍しています。

 

 ミニカーはチィスの別ブランドであったR.W. MODEL製です。スポークホイールを履いたスポーティなカブリオレのモデルで少し大きめのサイズ 色使いから玩具ぽっくみえますが出来は悪くないです。(底に刻印された年式1927は?です)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 750cc 15HP 3段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースでBMW ディキシーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=149

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...62 次へ »