ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

RENAULT CELTAQUATRE 1934 FRANCE

RENAULT CELTAQUATRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 519153 1/43 105mm

 

ルノー セルタカトル フランス

 

 1934年に登場した新しい小型車がセルタ カトルで、4気筒1.5L(29HP)エンジンを搭載しています。ボディは角が曲面になり流行の流線型を取り入れていますが、このページの同時期のライバルに較べると今ひとつ古くさいです。中身も独立でない前輪サスペンションやフレーム構造など技術的にはライバルから遅れていましたが、値段が安い車としてそこそこ成功したようです。

 

 ミニカーは2005年発売のノレブ製で、細かい所までよく再現されています。特にフランス車の特徴である黄色のヘッドライトがいいですね。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 29HP 3段変速
性能: 最高速99km/h
データーベースでルノー カトルのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=259

   

RENAULT VIVA GRAND SPORT CABRIOLET TYPE ACX2 1935 FRANCE

RENAULT VIVA GRAND SPORT CABRIOLET TYPE ACX2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBIES 67147 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: 6気筒 4.1L 95HP 3段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでルノー ヴィヴァのミニカー検索

 

ルノー ヴィヴァ グラン スポール カブリオレ タイプ ACX2 フランス

 

 1930年代のルノーのラインナップは、8気筒エンジン搭載の最上級車スープラステラ、その下の6気筒エンジン車にネルヴァステラ(NERVASTELLA)、ヴィヴァステラ(VIVASTELLA)、前述したヴィヴァスポール、プリマステラ(PRIMASTELLA)があり、その下の4気筒エンジン車にはプリマカトル、セルタカトルなどがありました。1934年に登場したヴィヴァ グラン スポール(当初はヴィヴァステラ グラン スポール)はヴィヴァステラの上級車で、1930年代の最後に登場した6気筒車でした。

 

 4ドアセダン以外に画像のような派手な2ドアカブリオレやクーペもありました。1937年のマイナーチェンジでアメリカ車風の派手なフロントグリルが採用され、ヘッドライドがフェンダーと一体化しています。1939年の生産中止までに約1万台ぐらいしか生産されていないので、当時としてはかなり高級な車だったのでしょう。ちなみに戦後のルノーでは1975年の30まで6気筒車が登場しませんでした。

 ミニカーはユニバーサルホビー製です。もともとはフランスのミニカー付き雑誌「RENAULT COLLECTION」のNo.73として作られたもののようです。センスの良い出来栄えから設計はノレブが担当したと思われ、スポーティで魅力的な1930年代のフランス車が再現されています。

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1625

   

 

RENAULT JUVAQUATRE 1938 FRANCE

RENAULT JUVAQUATRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1014 1/43 88mm

 

ルノー ジュヴァカトル フランス

 

 1937年に全く新しい設計の小型車ジュヴァカトルが発表されました。モノコック構造ボディに4気筒1L(24HP)エンジンを搭載、前輪独立懸架を採用し最高速度91km/hの性能でした。ライバルに技術的に追いついたこの車は、1938年に約1万台販売されて当時のルノーとしてはかなり成功した車となりました。またルノーが民営化された戦後も1950年代まで生産されていたロングセラーの車です。

 

 ミニカーはエリゴール製 良く出来たノレブ(プラスチック製)の型を流用してダイキャスト製で作られたものです。この当時のスペアタイヤの格納方法がよくわかる面白いギミックがついています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 24HP 3段変速
性能: 最高速91km/h
データーベースでルノー カトルのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=260

   

RENAULT SUPRASTELLA 1939 FRANCE

RENAULT SUPRASTELLA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO  1/43 118mm

 

ルノー スープラステラ フランス

 

 レナステラの後継として戦前のルノー最後の旗艦となったのがスープラステラ(8気筒5.4L)で、戦後もしばらくの間は大統領専用車として使われました。フロントグリルは同時期のアメリカ車を真似たデザインで、高い位置にあるボンネットと広い車幅などが相まって押し出しの強い迫力のあるスタイルとなっています。ちなみにスープラステラとは英語に直すと「Super Star」ということになると思います。

 

 ミニカーはイクソ製でフランスのミニカー付き雑誌のものです。大きな2ドアのカブリオレ仕様となっています。このボディ形式でもかなり大きなサイズのミニカーに仕上がっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 8気筒 5.4L 110HP 
性能: 最高速140km/h
データーベースでルノー ステラのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=257

   

 

RENAULT COLORALE SAVANE 1950 FRANCE

RENAULT COLORALE SAVANE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 067C 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 4気筒 2.4L 46HP 4段変速
性能: 最高速98km/h
データーベースでルノー コロラールのミニカー検索

 

ルノー コロラール サバン フランス

 

 ルノー コロラールは1950年に登場した、中型の乗用/商用車です。コロラールという名前はフランス語の'COLONIALE(植民地)'と'RURALE(田舎)'を組み合わせた造語で、フランスの植民地や田舎で使用する多目的車という意味合いがあるようです。当時のルノーは4CVなどの小型車が主力でしたが、コロラールは中型車市場への参入を目指した車であり、ほぼ同時期に高級中型車のフレガトも登場しています。

 

 コロラールにはプレイリーとサバンの2タイプがありました。プレイリー(PRAIRIE)は4ドア ブレーク(ワゴン)で、3列シートの6-7人乗りでした。(後席を畳んで荷物が積めます) プレイリーにはタクシー専用モデルがあり、室内は運転席と客席の間に仕切りがあり中央に補助席があるリムジーン仕様となっていました。サバン(SAVANE サバンナ(大草原)の意)は2ドア ブレークで、主に商用バンとして使われました。後席の窓はキャンバスが張られていて、キャンバスを巻き上げて窓を開けるといった仕様から分かるように熱帯地方(植民地)で使われることを想定していたようです。コロラールは1952年に新型2Lエンジン(58HP)に変わり、4WD仕様まで設定されています。ただ同じような価格の車に比べると性能が低く見た目も良くなかったので人気が無く、商業的には失敗しました。1957年まで生産され、総生産台数は約4万台でした。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1997年頃に発売されました。当時としては標準的な出来ばえで、サバンをモデル化しているので前方に開いたウインドスクリーンや巻き上げられたキャンバスなどが再現されていています。ビテスはプレイリーやタクシー仕様など数種類のバリエーションを作っています。イクソ系のミニカー付雑誌「世界のタクシー」やCOFRADIS ブランドのミニカーもビテスの型を使っているようです。これ以外ではソリドとノレブもモデル化しています。なお当時物としてはCIJの古いレア物があるのですが、ノレブが2006年頃に復刻版を出しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1797

   

RENAULT FREGATE AMIRAL 1953 FRANCE

RENAULT FREGATE AMIRAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOSTALGIE 14 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 56HP 4段変速
性能: 最高速132km/h
データーベースでルノー フレガートのミニカー検索

 

ルノー フレガート アミラル フランス

 

 1951年に登場した戦後ルノー初の中型車で、戦後の新型車として当初予定されていた2Lクラスを実現させた物でした。全長4.7mの大柄なボディに4気筒2L(56HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速132km/h の性能でした。このアミラルはデラックス仕様で、1956年には最上級仕様のグラン バブワやステーションワゴンのドメンが追加されましたが、

 

1960年には生産中止となっています。その後1975年にルノー 30が登場するまでルノーには中型車が無くなるのですが、これは1955年に登場して大ヒットしたシトロエン DSの影響だったと思われます。

 

 

 フレガートもあまり知られていない車のせいか、ミニカーは少ないです。これはフランス COFRADIS社のノスタルジーというブランドで、製造はイクソのようです。ノスタルジーのフランス車は素朴な感じがあってそこそこ良くできてます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=574

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...12 次へ »