ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

CITROEN GS 1971 FRANCE

CITROEN GS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 193 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1015cc 56HP 4段変速
性能: 最高速147km/h
データーベースでシトロエン GSのミニカー検索

 

シトロエン GS フランス

 

 上記アミ 8の後継車でより上級な車として、1971年に登場したのがGSでした。ハイドロニューマチック システムを使ったサスペンションとブレーキ、空力に優れたボディなどDSの技術を盛り込んだ高度な内容の車で、シトロエンとして初めてヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。空冷水平対向4気筒1015cc(56HP)エンジンを搭載し、最高速147km/hの性能でした。

 

 翌年には1.2L(60HP)エンジンが追加され、1973年にはロータリーエンジンを搭載したビロトールが追加されました。(ビロトールはほとんど売れてませんが) GSは商業的に成功し、1979年にはボディがハッチバック化され1.3L(64HP)エンジンを搭載したGSAに発展し、1986年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドの最盛期のものなので、非常に出来がよく、GSの雰囲気の再現ではベストといえるでしょう。

 
 

ALPINE RENAULT A310 1971 FRANCE

ALPINE RENAULT A310 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1411 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.18m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 127HP 5段変速
性能: 最高速210km/h

 

アルピーヌ ルノー A310 フランス

 

 1971年に発表されたA310はA110とは異なる性格の車です。リア エンジンでFRP製ボディという構造は同じですが、A310は純粋なスポーツカーというよりも豪華なGTカーという性格を持つ車です。ライバルは同じリア エンジンのポルシェで、4気筒1.6L(127HP)エンジンを搭載し最高速210km/hとかなりの高性能でした。

 

 性能もさることながら、この車の魅力は前衛的なフロントの6灯式角形ヘッド ライトやウエッジの効いた独特のスタイルでした。1977年にはライトが4灯式に変えられ、6気筒のPRVエンジン(2.7L 150HP)が搭載されました。その後もエンジンをパワーアップし1985年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。特徴的な角形ヘッドライトも当時としては結構それらしく再現してあります。

LIGIER JS2 1971 FRANCE

LIGIER JS2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 818 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.25m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.7L 178HP 5段変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでリジェのミニカー検索

 

リジェ JS2 フランス

 

 レーシング ドライバーだったギ リジェ(Guy Ligier)が、スポーツカーを製作するリジェ社を1969年に創業しました。最初の車 JS1はフォード コスワース 1.6Lエンジンをスペースフレームにミドシップ搭載したスポーツカーでした。車名のJSはギ リジェの親友でレース中に事故死したジョー シュレッサーの名前に由来しています。JS1は1970年のルマンに参戦しています。(結果はリタイアですが)

 

 1970年に後継車のJS2が登場します。JS2はマセラティのV型6気筒2.7L(178HP)をミドシップ搭載する2シーター スポーツカーで、プジョーやシトロエンのパーツを多く流用していました。1971年のルマンにリジェ初のレーシングカーJS3で初参戦しています。1972年のルマンからはJS2のレース仕様で出場し、1975年にはフォード コスワース 3Lエンジンを搭載したJS2が総合2位を獲得しています。JS2は1975年まで生産され総生産台数は約200台でした。

 

 

 レース活動を中止したマトラから技術者がリジェに移籍し、マトラ製V型12気筒3Lエンジンを搭載したJS5で1976年からF1に参戦することになりました。JS5は初年度から活躍し、コンストラクターズ5位となりました。1977年にはJS7が登場し、スウェーデンGPで初優勝しています。その後JS9、JS11、JS17、JS19、JS21と発展し、1990年代までF1で活躍しています。

 ミニカーはノレブ(JET CAR)の当時物です。JET CARシリーズはノレブがプラスチック製からダイキャスト製に移行した時期の廉価版ミニカーです。ホイールが安っぽいですが、プロポーションは悪くなく、当時のミニカーとしてはそこそこの出来ばえです。ルマン仕様などバリエーションが数種類あります。JS2はイクソやスパークもモデル化しています。またJS3の当時物ミニカーをソリド、ノレブが出しています。リジェのF1もたくさんモデル化されています。

 
 

RENAULT 5 1972 FRANCE

RENAULT 5 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 349 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.52m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 950cc 44HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでルノー 5のミニカー検索

 

ルノー 5 (サンク) フランス

 

 4とは異なる新しいコンセプトの小型車として1972年に登場したのが5でした。縦置エンジンの前輪駆動、全輪独立懸架などは4を踏襲していましたが、ボディはきわめてモダンな2ボックス スタイルで市販車初の樹脂製バンパーなどきわめて斬新な車でした。このスタイルは好評で、1980年代までフランスのベストセラーカーとして大ヒットしました。

 

エンジンは当初4気筒800cc(33HP)と950cc(44HP)の2種類で、4段変速で最高速が135km/h(950cc)の性能でした。後に850cc(36HP)、 1300cc(46HP)エンジンが追加され、5ドアも追加されています。

 

 

 ミニカーはオートピレン製で、ソリドをコピーしています。コピーされたソリドも良くできているのですが、ピレンがボンネットとリアハッチを開閉可能とするなど改良を加え、より完成度の高いミニカーに仕上げています。

CITROEN DS 23 1972 FRANCE

CITROEN DS 23 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(ES) 530 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2.3L 130HP 5段変速
性能: 最高速188km/h
データーベースでシトロエン DS 23のミニカー検索

 

シトロエン DS 23 フランス

 

 DSは1970年にボッシュの電子制御燃料噴射をフランス車で初めて採用し、翌年には3段自動変速が設定されました。1972年には排気量を2347ccに拡大しDS 23となりました。(トルク重視の設定で2.2Lの139HPから130HPに少しパワーダウンするも最高速は同じ) このように改良が行われてきたDSですが、基本設計が古いことはいかんともし難く後継車CXの登場により1975年に生産中止となりました。

 

 DSは1955年の登場から1975年まで20年間生産され、IDを含めた総生産台数は約146万台(本国生産は約133万台)でした。DSは世界の名車を選考したカーオブ ザ センチュリー(名車100選)において、1位のフォード T型、2位のモーリス ミニに次いで3位という評価を受けています。私は学生時代に一度だけDS 23に乗せてもらったことがありましたが、当時の国産車とは全く別物のしなやかな乗り心地でした。

 

 

 ミニカーはスペインのオートピレンがディンキー(仏)のライセンスで生産した いわゆるスペイン ディンキーです。ただ本家のディンキー(仏)にはDS23はないので、これはオートピレンが型を起こしたものです。ほとんど同じ出来映えのオートピレン製もありますが、そちらはホイールが車軸が貫通していないディスクタイプとなっています。 DS/IDのミニカーは非常にたくさんあり、現在でも新製品としてモデル化されています。昔のミニカーですがリオはDS/IDを約120種類もモデル化しています。その中にはDS 23の生産100万台記念モデル最終生産記念モデルまであります。
データーベースでシトロエン DS/IDのミニカー検索

 
 

PEUGEOT 104 1972 FRANCE

PEUGEOT 104 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 12 1/43 83mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.62m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 45HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプジョー 104のミニカー検索

 

プジョー 104 フランス

 

 1972年にプジョーのボトムエンドとして104が登場しました。204と同じ横置きエンジンの前輪駆動車でしたが、プジョー初の2ボックススタイルを採用していました。エンジンは4気筒1L(45HP)で、4段変速、最高速135km/hの性能でした。当初はトランクリッドがある4ドアセダンのみでしたが、1976年にハッチバックの5ドアも追加され、その後204の1.1Lが追加されました。

 

 さらに1.2、1.4Lエンジンも追加され、1988年まで生産されました。小さいながらもピニンファリーナのデザインによる端正なスタイルをしています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。プロポーションが良いので、テールライトの塗装処理がされていないのが残念です。この頃のソリドはコストのかかる手作業の塗装処理をほとんどやっていません。

 

ページ  « 前へ 1...33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  ...50 次へ »