ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

JAGUAR XK (X150) COUPE 2006 UK

JAGUAR XK (X150) COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 271 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.79m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.2L 304P 6段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでジャガー XKのミニカー検索

 

ジャガー XK (X150) クーペ イギリス

 

 XKの2代目 2006年 登場
 初代XKと同様にE タイプの楕円形グリルをモチーフにしていますが、よりダイナミックで現代的なデザインになっています。クーペとコンバーチブルの構成で、ボディはアルミニウム製モノコックで軽量化されています。路面状況に応じてダンパー設定を自動制御するサスペンションや車速感応式パワーステアリングなど操縦性を総合制御するシステムを採用しています。  

 

 2007年にスーパーチャージャーで426HPにパワーアップしたXKRが登場しました。2009年のマイナーチェンジで外観が小変更され、エンジンが5Lに変更されました。2011年にフロントのデザインを変更し、エンジンを5L スーパーチャージャー付 550HPにパワーアップしたXKR-S(最高速299km/h ジャガー史上最速)が登場しました。同年のマイナーチェンジでXKも内外装が変更され、2014年まで生産されました。後継車は2013年登場のF タイプです。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションで、2016年発売、メーカーはイクソです。室内の仕上げなどが簡素化されていますが、このシリーズとしては結構良い出来ばえで、値段を考えるとお得なミニカーです。イクソ ブランドではクーペ、カブリオレ、XKR-Sがモデル化されています。イクソ以外ではオート アート、ミニチャンプス、オックスフォードなどでもモデル化されています。

 
 

ROLLS ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE 2007 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436134730 1/43 131㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.61m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.8L 460HP 6段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム ドロップヘッド クーペ イギリス

 

 前述したファントムに全長6.08mのロングホイールベース仕様 EWB(エクステンディッド ホイールベース)が2005年に追加されます。2004年にロールス ロイス 100周年記念として製作された2ドアのコンセプトカー 100EX/101EXが公開されました。その100EXをほぼそのまま市販化したのが、電動ソフトトップを装備するオープンカーのドロップヘッドクーペで2007年に登場しました。さらにハードトップクーペの101EXも2008年にクーペとして追加されます。ドロップヘッドクーペ/クーペはホイールベースが短縮され全長は5.6m、ファントムと同じコーチドアと称する通常とは逆の後ろヒンジで開くドアを採用しています。

 

 全長は短くなっていますが、車重(約2.5t)はセダンとあまり変わりません。エンジンはセダンと同じですので動力性能はほぼ同じですが、ホイールベースが短い分だけ操縦性はスポーティになっています。(クーペの加速性能は0-97km/h 5.8sとのこと) セダンと同じく2013年のマイナーチェンジでII型になりフロントの丸いヘッドライトがLED式の角形に変わっています。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、ミニチャンプスとしては初のロールス ロイスのモデル化です。実車発売直後の2008年にモデル化されているので、プロモーション用だったのかもしれません。細部がうまく再現されたミニチャンプスらしい良い出来のミニカーです。ミニチャンプスはドロップヘッドクーペしかモデル化していませんが、2013年から京商がセダン/ドロップヘッドクーペ/クーペ(全て初期型)をモデル化しています。京商のドロップヘッドクーペを保有しているので、ミニチャンプス製と較べてみました。(比較画像1比較画像2)

 外形寸法は全く同じで細かな部分の造形もそっくりなので、ボディは同じ型を使っていると思われます。ただ京商はホイールが大きめにできているので、車高がミニチャンプスより高くなっています。キャビン部分は独自に型を起こしているようで、ミニチャンプスは右ハンドル仕様で京商は左ハンドル仕様です。(個人的にはミニチャンプスのほうが全体的に洗練されているように思います) なおイクソもセダン/ドロップヘッドクーペ/クーペをモデル化していますが、それらは京商と同じ型を使った仕様変更品だと思われます。

JAGUAR XJ (X351) 2011 UK

JAGUAR XJ (X351) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC148 1/43 119㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.12m 全幅約1.89m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5L スーパーチャージャー 510HP 6段自動変速
性能: 最高速250km/h(リミッター付)
データーベースでジャガー XJ(X351)のミニカー検索

 

ジャガー XJ  (X351) イギリス

 

 2003年にXJシリーズの3代目(X350)が登場しました。丸形4灯ヘッドライトなど基本的なデザインが踏襲され、アルミニウム製ボディを採用して大幅に軽量化されました。エンジンはV型8気筒3.6L/4.2L(300HP/390HPスーパーチャージャー付)で、6段自動変速、最高速250km/h(リミッター付)の性能でした。この際にディムラー版は一時的になくなりましたが、2005年にスーパー8の名前で復活しました。2004年にV型6気筒3L(240HP)エンジンを搭載したXJ6が追加され、XJ8にロングホイールベース版が追加されました。2007年のマイナーチェンジでX358となり、前後バンパー形状がややごつい物に変更され、フロントフェンダー側面にエアベントが追加されました。

 

 2009年にXJシリーズの4代目(X351)が登場しました。伝統的な丸形4灯ヘッドライトやキャビン形状が一新され、高級セダンに流行りのクーペ風キャビンを持つ従来とは全く異なるデザインとなりました。内装はレザー張りで、12インチ液晶ディスプレーでスピードメーター/タコメーターを表示するiTechと称するインパネを採用しています。大きな開口部を持つサンフーフも採用しています。エンジンはDOHC V型6気筒3L(275HP)ターボディーゼルとDOHC V型8気筒5L(385HP/510HP スーパーチャージャー付)で、6段自動変速、最高速250km/h(リミッター付)の性能です。2013?にはダウンサイジングで、4気筒2L(240HP)ターボとV型6気筒3L(340HP)スーパーチャージャーが追加されました。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2013年に発売されました。プロポーションが良く、エッチング材を使ったフロントグリルやリアのエンブレムなど細かいところも再現されています。ただ室内の仕上げがいまひとつなのがやや残念です。(色違いのメタリック灰色はシートが白に彩色されるなど多少まし) これ以外のXJ(X351)のミニカーは、同じイクソのジャガー特注品、オックスフォードの1/76、GREAT LIGHTNING(レジン製)のロングホイールベース版リムジーンぐらいしかないようです。なおジャガー特注品は内装の仕上げがもう少し良くなっているようですが、ずいぶん高価で売られているようです。

 
 

LAND ROVER RANGE ROVER EVOQUE  2012 UK

LAND ROVER RANGE ROVER EVOQUE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 285 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.9m 全高 1.64m
エンジン 変速機: 4気筒2.2L ディーゼル ターボ  187HP 6段自動変速 4WD
性能: 最高速198km/h
データーベースでレンジローバー イヴォークのミニカー検索

 

ランドローバー レンジローバー イヴォーク イギリス

 

 ローバーのSUV レンジローバー イヴォークが2011年に登場しました。2008年の北米国際自動車ショーで発表されたクーペ風のスタイリッシュなデザインのコンセプトカー LRXをベースとしています。コンセプトカーと同じ3ドアと5ドアのモデルがあります。レンジローバーの名前が付いていますが、レンジローバーよりも小型で、同社のフリーランダーのシャーシをベースにしています。低燃費を実現する為、アルミ製ボンネットやプラスチック製リアハッチを採用し、フリーランダーより100㎏軽量化しています。

 

 エンジンは低燃費の4気筒2L/2.2Lディーゼル ターボと4気筒2Lガソリン ターボがあります。トランスミッションはアイシン製の6段変速/自動変速で、駆動方式は前輪駆動の2WDとフルタイム4WDがあります。面白い装備として、小さなリアウインドーで制限される後方やオフロードでの車外の状況を5台の車外カメラの画像でドライバーに知らせるシステムが備わっています。2014年に世界初の乗用車用9段自動変速機(ZF製)が搭載されました。2012年のジュネーブモーターショーで電動ソフトトップを持つコンバーチブルのコンセプトカーが発表され、2015年から量産化されました。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションでイクソ製、2016年に発売されました。雑誌付きミニカー故に内装の仕上げは省略されていますが、プロポーションは良く大きな半透明のサンルーフやフロントグリル/灯火類は結構うまく再現されています。イクソはカタログモデルとして3ドア、5ドア、コンバーチブル(レジン製)も発売しています。イクソ以外ではオックスフォード(1/76)やWELLY(1/24)などがあります。

JAGUAR XE 2015 UK

JAGUAR XE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
PREMIUMX PRD410 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L スーパーチャージャー 335HP 8段自動変速
性能: 最高速249km/h
データーベースでジャガー XE/XFのミニカー検索

 

ジャガー XE イギリス

 

 前述した2001年登場のXタイプはほとんど売れず2008年に生産中止となり、ジャガーは経営不振となりました。ジャガー/ランドローバーブランドを保有していたフォードは、2008年にブランドをインドのタタに売却しました。タタ傘下でXタイプの後継車XEが開発され、2014年に登場しました。XEはメルセデス ベンツ CクラスやBMW 3シリーズなどをライバルとする中型高級車です。

 

 アルミ使用率75%の軽量アルミ複合ボディで、デザインは上級車XFと同じジャガーの新しいスタイルを採用しています。エンジンはXF用のV型6気筒3Lスーパーチャージャー(335HP)、4気筒2Lターボ(240HP)、「インジニウム」と称する超低燃費の4気筒2Lターボディーゼル(180HP)の3タイプで、8段自動変速の後輪駆動車です。2016年に4WD(AWD)仕様が追加されました。伝統的なジャガーの路線とは異なり低燃費ディーゼルを売り物にする良くも悪くも現代流の高級車です。

 

 

 ミニカーはイクソ プレミアムX製で、2015年の発売です。出来ばえはイクソの標準的なものですが、フロントの雰囲気がいまひとつのような気がします。XEのミニカーは現時点(2016年)でプレミアムXしかモデル化していないようです。上級車のXFはミニチャンプス、イクソ、オックスフォードなどがモデル化しています。

 

ページ  « 前へ 1...27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37