ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ASTON MARTIN DB7 VANTAGE 1999 UK

ASTON MARTIN DB7 VANTAGE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 50204 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.9L 420HP 6段変速
性能: 最高速265km/h
データーベースでアストン マーチン DB7のミニカー検索

 

アストン マーチン DB7 ヴァンテージ イギリス

 

 DB(デヴィッド ブラウン)グループからアストン マーチンの経営権を買い取った会社の経営が悪化し、経営権が別の会社に移ります。1975年に新会社「アストン マーチン ラゴンダ」が設立され、その後業績は回復しました。1990年代になって今度はフォードが株を買い占めて、アストン マーチン社はフォード傘下となります。この時代にデヴィッド ブラウンが役員として復帰したことで、またDBの名前が復活します。

 

 20年間生産され時代遅れとなったV8は1989年にヴィラージュ V8に切り替わります。ヴィラージュは外観は新しくなったものの、その実態はコストダウンで他社製パーツを流用したオリジナル性に乏しいものでした。またエンジンとシャーシは以前としてV8そのままでした。スーパーチャージャーで550HPにパワーアップした高性能版ヴァンテージが1993年に登場しましたが、この車はヴィラージュという名前が省かれ、その後1996年からはノーマル版もヴィラージュの名前が省かれるようになりました。ヴィラージュ V8は2000年まで生産されました。

 

 

 1993年にDB7が登場します。フォード傘下でTWR(トム ウォーキンショー レーシング)が開発を担当し、同じ傘下のジャガーのシャーシやエンジンを流用することでコストダウンしています。ボディの雰囲気がジャガー(XK8)に似ているのはこの為ですが、アストン マーチンらしさが感じられるデザインになっています。(ヴィラージュより魅力的) 従来はアルミ製だったボディがスチール製に変わり、スーパーチャージャー付 DOHC 6気筒3.2L(330HP)エンジン搭載 4輪独立サスペンションです。

 なお6気筒エンジンのDB7は8気筒のヴィラージュより車格は下でした。1996年にオープンのボランテが追加され、1999年のマイナーチェンジで6気筒エンジンから、DOHC V型12気筒5.9L(420HP)エンジンに切り替わり、名前に高性能版を意味するヴァンテージが追加されました。DB7は約7000台(アストン マーチンとしては最多)が生産され、2003年にDB9にモデルチェンジします。(DB8はV8と紛らわしいので避けたようです)

 ヴィラージュのミニカーは最近まで少量生産のウエスタン モデルしかなかったのですが、最近になってスパークがクーペとボランテをモデル化しています。画像のDB7のミニカーはオートアート製です。左ハンドルですから、北米用の輸出仕様でしょう。フロント周りの造形が巧みで、非常に良い出来です。オートアートは1998年創業で、ミニチャンプスの1/18を製造していた「UT モデル」が前身ですから作風がミニチャンプス的です。これ以外ではビテスのクーペとボランテ、シュコー ジュニアのクーペとボランテなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1313

   

JAGUAR S TYPE 1999 UK

JAGUAR S TYPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO JUNIOR 390021 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.86m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: V型6気筒 3L 238HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでジャガー S タイプのミニカー検索

 

ジャガー S タイプ イギリス

 

 ジャガーは1989年にフォードに買収され、フォードグループの高級車ブランドとなりました。1998年に登場したSタイプはフォード傘下となって初のニューモデルで、Sタイプという名前は1963年発売のMK IIで使われていました。ジャガーのエントリーモデルに位置づけられ、フォード リンカーン LS(1999年)をベースにした後輪駆動車でした。(フォード ヨーロッパの最上級車でもありました) デザインは初代のSタイプをモチーフにしたと思われるレトロな物です。4ドアセダンのみで、エンジンはV型6気筒2.5L/3L、V型8気筒4L(298HP)がありました。

 

 2002年のマイナーチェンジで、内装の品質を上げるなどジャガーらしさを高め、8気筒が4.2Lに変更されました。さらにスーパーチャージャー付のV型8気筒4.2L(298HP)エンジンを搭載し、リアスポイラーなどの空力パーツを追加した高性能版のSタイプ Rが追加されました。2007年に生産中止となり、後継のXFシリーズにモデルチェンジします。Sタイプはジャガーとしては安い値段(それでも500万円以上しますが)ゆえにヒットしました。 ちなみにもっと安いXタイプが2001年に登場していますが、こちらは売れなかったようです。

 

 

 ミニカーはシュコー製(ジュニア シリーズ)で、ジュニアは廉価版ミニカーの類です。同じ型でホンウェル(カララマ)の物もあります。ただ廉価版とはいえ、プロプーションは悪くなくそこそこの良い出来映えです。シュコーはV8 スターのレース仕様も数多くモデル化しています。これ以外ではヤトミンのSタイプ R(1/72)などがあります。また他社が手掛けていない車種を得意にしているNEO(レジン製少量生産)が最近モデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1285

   

 

ROVER 75 1999 UK

ROVER 75 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4592 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2L 150HP 5段変速/5段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでローバー 75のミニカー検索

 

ローバー 75 イギリス

 

 品質低下で販売低迷していたローバーは1979年にホンダと資本提携しました。1980年代にはホンダ車をベースにした車がローバーグループから発売されています。バラードをベースとしたトライアンフ アクレイム(後継は200シリーズ)、シビックをベースにした400シリーズ、アコードをベースにした600シリーズ、レジェンドをベースとした800シリーズ(北米仕様はスターリング)などがありました。ブリティッシュ レイランドは1986年にローバー グループに改名され、1988年にはブリティッシュ エアロスペース(航空会社)に売却されました。

 

 その後1994年にブリティッシュ エアロスペースはローバーをBMWに売却しました。(ホンダとの提携は解消) BMWはローバーグループを解体し、「ミニ」「トライアンフ」のブランドを自社で保有し、「ランドローバー」ブランドは米国フォードに売却し、残りの「MG」などのブランドは英国の投資家グループ フェニックス コンソーシアムに売却されました。2000年にMG ローバー グループとして再出発した会社も経営不振で2005年に倒産しました。現在、ローバー ブランドはインドのタタ自動車が保有しています。

 

 

 600と800の後継車としてBMW傘下で新規に設計された75が1998年に登場します。75という名前は1950年代のP5時代の名前を復活させたもので、デザイン的にも丸型4灯式ヘッドライトなどレトロな雰囲気に仕上げています。横置きエンジンの前輪駆動車で、当初はセダンのみで2001年にワゴン(ツアラー)が追加されました。エンジンはDOHC 4気筒1.8L(120HP)、DOHC V型6気筒2L/2.5L(177HP)、4気筒2L(116HP)ターボディーゼルなどがありました。

 2001年にエンジンやサスペンションをチューンしたスポーツ仕様の姉妹車が、MGブランドのMG ZT(ツアラーはZT-T)として登場します。ZTにはフォード製 V型8気筒4.6Lエンジンを搭載したZT Xパワーなどの高性能版が設定されました。2004年のマイナーチェンジで、75/MG ZTはヘッドライトが変更されてスポーティなイメージのフロントに変わりました。75は多くが政府公用車として使われストレッチリムジンも設定されるなど、保守的な層には評判が良かったようです。2005年のMG ローバー グループの倒産で生産が終了しました。(総生産台数は約21万台)

 1980年代後半から1990年代前半のローバー車(200、400、600、800など)はミニカーがほとんどありません。ミニカーがあまり作られなかった時期なのですが、実車も人気がないようです。最高級車のローバー 800はコーギーの1/36、ウエスタンモデルの1/43でモデル化されています。 画像の75のミニカーはシュコーの当時物で、シュコーらしい良い出来映えです。この時期のシュコーとしては珍しいイギリス車ですが、親会社BMWの意向でプロモーション用として作られたのではないかと思います。これ以外ではバンガーズがモデル化しています。またMG ZTもバンガーズがモデル化しています。 データーベースでMG ZTのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1335

   

ASTON MARTIN V12 VANQUICHE 2001 UK

ASTON MARTIN V12 VANQUICHE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC022 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.9L 460HP 6段半自動変速
性能: 最高速305km/h
データーベースでアストン マーチン ヴァンキッシュのミニカー検索

 

アストン マーチン V12 ヴァンキッシュ イギリス

 

 2001年に登場したV12 ヴァンキッシュはDB7より車格が上のアストン マーチンの最上級車で後輪駆動スポーツカーです。DB7をよりダイナミックにしたデザインで、このスタイルが新しいアストン マーチンのベースとなりました。2シーターが基本で、オプションで2+2も可能でした。シャーシはカーボンファイバーとアルミの複合材で構成され、ボディはハンドメイドのアルミパネルです。エンジンはDB7 ヴァンテージと同じDOHC V型12気筒5.9L(460HP)を搭載し、変速機はパドルシフトの6段半自動のみです。

 

 2004年にエンジンを528HPにパワーアップし最高速321km/hの高性能版V12 ヴァンキッシュ Sが登場します。外観的にはフロントグリルの開口部が大きくなり、フロント/リアにスポイラーが追加されています。2007年に生産中止となり、後継車はDBS V12でした。なお2012年にはDBS V12の後継車としてヴァンキッシュの名前が復活しました。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、ダイナミックなボディが良く再現されていてなかなか良い出来映えです。多分同じ型だと思いますが、ビテスでもモデル化しています。それ以外では映画「007 ダイ アナザー デイ(2002年)」のボンドカー仕様が、コーギー(1/36)、アオシマ(1/18)、京商(1/12、1/72)、ミニチャンプスからモデル化されています。ミニチャンプスはヴァンキッシュ Sもモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1314

   

 

BENTLEY ARNAGE T 2003 UK

BENTLEY ARNAGE T 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139070 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.93m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.8L ツインターボ 458HP 4段自動変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでベントレー アルナージのミニカー検索

 

ベントレー アルナージ T イギリス

 

 1980年にロールス ロイス シルバー シャドウがシルバー スピリットにモデルチェンジしたのに合わせて、ベントレー T2は後継車のミュルザンヌにモデルチェンジしました。ミュルザンヌにはその後、装備を簡略化したエイト(後にブルックランズ)、ターボでパワーアップしたターボ R、ターボのないSなどが設定されました。ミュルザンヌをベースにしたクーペタイプのコンチネンタル Rが1991年に追加され、そのコンバーチブル仕様のアズールが1995年に追加されました。

 

 1998年にロールス ロイス(ベントレー)の売却に関してフォルクスワーゲンとBMWが争った結果、ロールス ロイスはBMW傘下、ベントレーはフォルクスワーゲン傘下となりました。したがって従来のロールス ロイスのスポーティ版がベントレーといった関係が無くなりました。その1998年にロールス ロイス シルバー セラフが登場していますが、これに合わせてベントレーもミュルザンヌ ターボ Rがアルナージにモデルチェンジします。

 

 

 ロールス ロイス シルバー セラフとベントレー アルナージはまだ姉妹車でしたので、外観はよく似ています。当初のエンジンはBMW製DOHC V型8気筒4.4L ツインターボ (354HP)で、これはグリーンレーベルと呼ばれ、2000年には無くなりました。1999年にターボ R用だったロールス ロイス製 V型8気筒6.8L ターボ (405HP)エンジンを搭載したレッドレーベルと呼ばれるモデルが追加され、レッドレーベルは2002年にツインターボ化したアルナージ Rとなり、さらに458HPにパワーアップしたアルナージ Tも登場しました。2005年にはオープンカー仕様のアズールが追加されました。

 1980年代以降のベントレーもロールス ロイスほどではないですが、あまりミニカーがありません。ミニチャンプスがコンチネンタルやターボをモデル化していますが → データーベースでベントレー(1980年以降)のミニカー検索

 画像はミニチャンプス製のアルナージです。ミニチャンプスの絶頂期のモデルですから、全般的にレベルが高い仕上げで良く出来ています。この当時のミニチャンプスのミニカーはサイドウインドーが開いているものが多いです。その理由は室内の内装仕上げに手をかけているので、それが見えるように型にひと手間かけて開いた窓にしているのです。(このベントレーはそれほど凝った仕上げではありませんが) 内装の仕上げが落ちるにつれ、サイドウンドーは閉じていきました。 なお少し仕上げを変えればロールス ロイスも作れそうですが、ライセンスの関係なのかミニチャンプスはシルバー セラフを作っていません。これ以外ではフランクリンミントの1/24や京商の1/64があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1337

   

BENTLEY CONTINENTAL GT 2003 UK

BENTLEY CONTINENTAL GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139021 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.82m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: DOHC W型12気筒 ツインターボ 6L 560HP 6段自動変速
性能: 最高速320km/h
データーベースでベントレー コンチネンタルのミニカー検索

 

ベントレー コンチネンタル GT イギリス

 

 前述したベントレー ミュルザンヌのクーペ コンチネンタル Rの後継車がコンチネンタル GTで2003年に登場します。ロールス ロイスの姉妹車ではなくなったので、大きな丸型4灯ヘッドライトを持つ独自の迫力あるデザインに様変わりしました。2+2のシートを持つ4シータークーペで、内装は従来通りの本革などを使った豪華なものです。フォルクスワーゲン製のW型12気筒6L ツインターボ(560HP)エンジンを搭載し、マニュアルモード付き6段自動変速で、フルタイム4WDです。

 

 2005年に4ドア版の派生車フライングスパーが登場します。フライングスパーの名前は1950年代のS1 コンチネンタル以来の復活となりました。2006年に電動ソフトトップを装備したオープンカーのGTCが追加されます。2007年にエンジンを610HPにパワーアップしたGTスピード、2009年にそのオープン仕様GTCスピードが追加されます。2009年にはさらに630HPにパワーアップしボディを軽量化したスーパースポーツ、2010年にそのオープン仕様が追加されます。2011年に2代目にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。実車の迫力あるスタイルがよく再現されています。全開になったウインドーから見える室内はメーターなどが良く再現されています。このミニカーの発売当時はミニチャンプスの絶頂期で発売されるモデルが多く、コンチネンタル GTはフライングスパー、GTC、スーパースポーツなど 1/43、1/18、1/64で約30種類もモデル化されています。これ以外では京商が1/64で、スーパースポーツやレース仕様のGT3をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1338

   

 

ページ  « 前へ 1...29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39   次へ »