ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT 504 1968 FRANCE

PEUGEOT 504 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1415 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 82HP 4段変速
性能: 最高速156km/h
データーベースでプジョー 504のミニカー検索

 

プジョー 504 フランス

 

 404の上級車でプジョーの旗艦として1968年に登場したのが504です。この車の最大の売りは現在でも継承されている吊り目のヘッドライトを特徴とするピニンファリーナ デザインです。この優雅で美しいスタイルと堅実な設計が評価されて、ヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

当初のエンジンは4気筒1.8L(82HP)で、最高速156km/hでした。後に4気筒2L(93HP)、4気筒1.9L、2.1L、2.3L(70HP)ディーゼルも追加され、1983年まで生産されました。4輪独立サスペンションで悪路に強く耐久性もあったので、ラリーでも活躍しています。

 

 

 504はミニカーが多く作られています。フランス製ではディンキー(仏)、ノレブ、ソリドの当時物がありますが、その中でもこのディンキー(仏)が断トツの出来映えでした。プロポーションもいいですが、ドアが4枚とも開く立て付けの良いギミックは当時秀逸でした。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=621

   

CITROEN DS 21 POLICE 1968 FRANCE

CITROEN DS 21 POLICE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 530 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 115HP 4段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでシトロエン DS/ID ポリス/消防車/救急車のミニカー検索

 

シトロエン DS 21 ポリス フランス

 

 DS/IDが登場した1950年代から1960年代にかけて、フランスの国産大型乗用車(2Lクラス)でDS/IDに対抗できる車はありませんでした。当時のルノーには1960年に生産中止となったフレガートの後継車が1970年代まで登場せず、プジョーも1968年の504まで大型車がありませんでした。したがって政府/自治体の公用車、ポリスカー、救急車、消防車などをDS/IDが独占していました。また当時のドゴール大統領(1958~69年)がDSを愛用していたことから、DSは大統領専用車としても使われました。

 

 そんな訳でDSは当時のフランス映画にも良く出てきました。ドゴールの暗殺を描いた映画「ジャッカルの日(1973年)」では大統領府にずらりと並んだ黒塗りのDSが壮観でした。怪盗ファントマの映画 「ファントマ/電光石火(1965年)」には翼が付いて空を飛ぶDSが登場します。また最近のTVドラマ「メンタリスト」でも主人公ジェーンの愛車としてDS 21が登場しています。DSは1955年の登場から改良が続けられ1975年まで約20年間生産されました。IDを含めた総生産台数は約146万台(本国生産は約133万台)でした。

 

 

 ミニカーはエリゴール製のDS 21のポリス仕様で、1985年頃に発売されました。当時のエリゴールはノレブの型を使っていて、ノレブにも同じ物があります。ヘッドライトがメッキパーツなのは今では物足りないですが、当時のミニカーとしては全体的にそこそこの出来ばえでした。ボンネット/トランク/4ドア開閉のギミックが付いていますが、建付けは良くありません。セダンや消防車も同じ型でモデル化されています。これ以外にもDS/IDのポリス/消防車やブレークを使った救急車のミニカーはたくさんあります。(例えばディンキーの当時物リオの赤十字仕様など) ファントマの空飛ぶDSはノレブがプロバンスムラージュ(レジン製)でモデル化しています。
データーベースでシトロエン DS/IDのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1837

   

 

RENAULT 12 1969 FRANCE

RENAULT 12 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1424 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 35HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでルノー 12のミニカー検索

 

ルノー 12 フランス

 

 1969年に登場し12は当時のルノーのラインアップの中では異色の存在でした。まず前輪駆動車ながらハッチバックではなくオーソドックスな3ボックス スタイルです。新設計の1.3L(54HP)エンジンは16などでは前輪より後ろに縦置きしていたのですが、この12では前輪の上に縦置され、後輪のサスペンションも独立懸架ではなく固定軸でした。

 

 12がこのような保守的な設計であった理由は、海外での販売や現地生産を考慮した結果で、12はその思惑通りにヨーロッパ全体でよく売れたそうです。またフランス本国でも、ハッチバックが好きじゃない人向けになったようです。

 

 

 このミニカーもディンキー(仏)製です。この当時のディンキー(仏)は、箱の中におまけとして道路標識が付いていました。この12に付いていたのはこんな標識でした。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=582

   

PEUGEOT 504 CABRIOLET 1969 FRANCE

PEUGEOT 504 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1423 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 90HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでプジョー 504のミニカー検索

 

プジョー 504 カブリオレ フランス

 

 504にもピニンファリーナのデザインによる美しい4座クーペと2+2座カブリオレが1959年に追加されました。ホイールベースがセダンより短く、フロントグリルが角形4灯のヘッドライトに変えられるなど、スポーティなスタイルとなっています。

 

 このクーペとカブリオレには1975年にルノー、ボルボと共同開発したV型6気筒2.7L(136HP)エンジンが搭載されるようになり、最高速185km/hと高性能になっています。

 

 

 カブリオレもディンキー(仏)の当時物です。特徴的なフロントグリルがうまく再現されていて、セダン以上に出来が良いモデルだと思います。またハンドルと連動する凝った前輪操舵ギミックが付いていて、ディンキーの意気込みが感じられます。なおクーペは1980年頃にソリドがラリー仕様として、モデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=622

   

 

PEUGEOT 304 1969 FRANCE

PEUGEOT 304 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1428 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでプジョー 304のミニカー検索

 

プジョー 304 フランス

 

 1969年に304が登場しました。基本設計は204と同じでホイールベース、トレッドはそのままでボディサイズが大きくなっています。フロントグリルに504のイメージをかぶらせた204の高級版といったものでした。、エンジンは1.3L(65HP)で、4段変速、最高速150km/hの性能でした。

 

 ブレーク、クーペ、カブリオレのバリエーションがありましたが、フロントグリルとエンジンが違うだけで他は204と同じでした。1977年に204が生産中止となった後は、204の1.1Lエンジンと1.4Lディーゼルエンジンが追加され、1980年まで生産されました。

 

 

  ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。204と並べてみると、キャビン部分が同じでトランクスペースが長くなっていることが分かります。(ルノーの8と10の関係と同じ) 透明プラスチックの黄色いライトがフロントグリルのリアリティを向上させています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=623

   

CARAVELAIR ARMAGNAC 420 CAMPING TRAILER 1969 FRANCE

CARAVELAIR ARMAGNAC 420 CAMPING TRAILER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (FR) 564 1/43 127mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約2.15m
エンジン 変速機: エンジン等自走機能無し 
性能: 
データーベースでキャンピング トレーラーのミニカー検索

 

キャラベルエアー アルマニャック 420 キャンピング トレーラー フランス

 

 日本でキャンピングカーといえば、ワゴン車などに居住できる設備を備えた自走式が一般的です。しかし欧米ではキャラバンやキャンピングトレーラー(トラベルトレーラー)と呼ばれる、乗用車で牽引するトレーラー式のほうが一般的で、バカンス旅行などによく使われているようです。日本でトレーラー式がほとんど使われない理由は、車両総重量が750kgを越えるトレーラーを牽引する場合には牽引免許が必要でさらにトレーラーを登録する必要があるなど、交通法規上の制限があるからです。また使用しない時は駐車場が必要なので、その点でも日本には不向きだと言えます。

 

 欧米の自走式のキャンピングカーとして、一番良く知られているのは、フォルクスワーゲン トランスポーターのキャンパー仕様でしょう。サンフーフ部分にテントを載せたようなタイプ箱型トレーラーを搭載したタイプなど様々な種類があります。ミニカーでも人気が高く、シュコー、ブレキナ、プレミアム クラシックスなどから100種類以上もモデル化されています。特にシュコーの1/18(型番450018500など)は、大きいだけあって屋根のテントが可動するなどかなり良い出来ばえです。
データーベースでフォルクスワーゲン キャンパーのミニカー検索

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で、1969年頃に発売されました。フランスのキャラベルエアー社のアルマニャック 420をモデル化しています。アルマニャック 420は大きめのトレーラーで、4人分のベッド、冷蔵庫、オーブンなどが付いていたようです。当時日本でフランスベッドが販売していたキャンピングトレーラーもキャラベルエアー社のものでした。ミニカーはディンキー(仏)らしいスケールモデル的でリアルな出来ばえです。ドアが開き接続部の補助輪(回転しませんが)を立てられます。ボディはダイキャスト製で屋根/内装はプラスチック製です。内装はテーブルやキッチンなどが再現されています。牽引車とトレーラーを接続するには接続部先端を牽引するミニカー底板の角穴に差し込みます。(このトレーラーが発売された頃のミニカーだけに角穴が付いているので、対象の車はあまり多くありません) ディンキー(仏)のルノー 12に牽引させるとこんな具合になります。
データーベースでキャンピングカーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1862

   

 

ページ  « 前へ 1...31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  ...50 次へ »