ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ASTON MARTIN V8 COUPE 1987 UK

ASTON MARTIN V8 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400137721 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5.3L 320HP 
5段変速/3段自動変速
性能: 最高速248km/h
データーベースでアストン マーチン V8のミニカー検索

 

アストン マーチン V8 クーペ イギリス

 

 1972年にDBS V8は名前をV8に変えます。その後V8はDBSで評判の良くなかった4灯式ヘッドライトを2灯式(6気筒版DBSの最終型ヴァンテージとほとんど同じ)に変更し、AM V8と呼ばれるシリーズ2に変わります。エンジンはDBS V8と同じBOSCHの燃料噴射方式のV型8気筒5.3Lでした。このエンジンは北米の排ガス規制に対応できなかったようで、1973年には燃料噴射をキャブレターに変更して、シリーズ3に変わります。この変更でシリーズ3はボンネットに大きなエアダクトが追加されていまました。

 

 1974年にV8をベースにした4ドアサルーンのラゴンダが登場しました。1978年に「OSCAR INDIA」と呼ばれるシリーズ4が登場し、オープンのボランテが設定されました。バンパー下にエアダクトを設けたことで、ボンネット上のエアダクトが無くなり、リアにスポイラーが追加されました。この頃には排ガス規制でエンジンは240HPほどにパワーダウンしていました。1986年に最終型のシリーズ5が登場し、エンジンは燃料噴射方式に戻りました。1989年に後継車のヴィラージュに切り替わります。

 

 

  ミニカーはミニチャンプス製で、年式的にはV8の最終型シリーズ5のモデルです。前述したDBS同様に良い出来映えですが、シリーズ5にしてはバンパー下周りの造形が違うような気がします。手作りのような車ですから色々とバリエーションがあるのでしょうか? ミニチャンプスはボランテもモデル化しています。これ以外では、ポリスティルの1/25 ボランテ、コーギーの1/36で映画'007 リビング デイライツ'(1987年)のボンドカー仕様、スパークなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1312

   

FORD ESCORT MK IV XR3 1990 UK

FORD ESCORT MK IV XR3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 282 1/43 94mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.06m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 105HP (ブラジル仕様)  5段変速
性能: 最高速182km/h(本国仕様1.6L XR3i)
データーベースでフォード エスコート MK IVのミニカー検索

 

フォード エスコート MK IV XR3 イギリス

 

 エスコートの4代目が1986年に登場します。内容的には先代のマイナーチェンジ的なもので、外観的にはヘッドライトの角に丸みが付いてフロントグリル開口部がかなり小さくなっています。内容的には内装変更、ABS追加、新設計の4気筒1.4Lエンジン追加、4気筒1.8Lディーゼルエンジンの追加、先代で評判の良くなかったサスペンションの設定変更などが行われました。1990年にMK Vにモデルチェンジしました。

 

 ミニカーは国産名車コレクションの外国車として2016年に発売されたものでイクソ製です。エスコート MK IVの高性能版XR3をモデル化しています。ただしこのミニカーは元々はデアゴスティーニの(ブラジル向け?)ミニカー付雑誌用として作られた物なので、正確にはブラジル仕様のXR3ということになります。リアにESCORT 1.8 XR3と表記されていますが、本国仕様ならESCORT XR3iとなるはずで、1.8LのXR3はブラジル仕様です。イクソの廉価版ブランドであるホワイトボックスでもエスコート MK IVとして発売していますが、そちらは単にESCORTと表記されているだけです。

 

 

 プロポーションが良く、実車と同じ黒ボディに赤ラインのカラーリングとリアのスポイラーなどはうまく作ってあります。黒一色の内装と安っぽく見えるホイールは値段を考えると仕方ないところです。(なおリアバンパー右端の汚れのような部分は塗装剥がれです) 4代目エスコートは3代目と見た目があまり変わらない為か、量産ミニカーはこのイクソ製しか無いようです。レジン製少量生産品ではNEOが3ドアハッチバック、2ドアカブリオレ、5ドアワゴンをモデル化していますが、国内では未発売のようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1851

   

 

JAGUAR XJS 1991 UK

JAGUAR XJS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS ART130 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 241HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速229km/h
データーベースでジャガー XJSのミニカー検索

 

ジャガー XJS イギリス

 

  Eタイプの後継として1975年にXJ-Sが登場しました。Eタイプのようなコアなスポーツカーではなく、名前からも分かるようにXJシリーズのスポーティなGTという位置づけでした。XJシリーズのホイールベースを短縮したシャーシに、EタイプのV型12気筒5.3L(295HP)エンジンを搭載し、.最高速245km/hの性能でした。デザインはロングノーズのEタイプのイメージを継承したユニークな物で、リアフェンダー上のフィンのような造形が特徴的です。

 

 当初はクーペしかありませんでしたが、1983年ににタルガトップ形式、1988年にフルオープンのカブリオレが追加されました。エンジンは1983年に6気筒3.6L(220HP)が追加され、その後6気筒4L、12気筒6Lに拡大されました。1991年にマイナーチェンジされ、名前がXJSに変わり、1995年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは1993年に発売されたディテールカー製で、1991年式のXJSのモデルです。ディテールカーはこの手のスポーツカーをモデル化し、当時としてはかなり良い出来映えでした。ディテールカーはXJSのカブリオレもモデル化しています。それ以外では、コーギーの1/36、ポリスティルの1/25、トミカ、アートアート、ミニチャンプスなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=810

   

JAGUAR XJ220 1992 UK

JAGUAR XJ220 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430102222 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.93m 全幅約2.00m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒ツインターボ 3.5L 550HP 5段変速
性能: 最高速347km/h
データーベースでジャガー XJ220のミニカー検索

 

ジャガー XJ220 イギリス

 

 XJ220のプロトタイプはジャガーの技術者やデザイナーの余暇の趣味として製作され、1988年のバーミンガム モーターショーで発表されました。市販予定はなかったのですが、注文が殺到しジャガーとレーシングチーム TWR(トム ウォーキンショー レーシング)が連携して市販されました。エンジンやシャーシは当時のグループCカー XJR-10をベースにしています。DOHC 6気筒3.5Lツインターボ(550HP)エンジンをアルミハニカム構造のシャーシにミドシップ搭載し、サスペンションはダブルウィツシュボーン式とレースカーそのままの構造でした。

 

 ただし内装はコノリーレザーを使ったジャガー伝統の豪華な仕様となっていました。(さすがにウッドパネルは使ってない) 名前が示すように最高速220マイル/h(352km/h)が目標でしたが、実際には216マイル/h(346km/h)で、それでも当時世界最速でした。市販化に時間がかかり、実際に販売されたのは1992年でした。その間に市場は不況になり、さらに前述のTWRが1990年に開発したレースカーの公道仕様車 XJR-15(V型12気筒6L(450HP)エンジン)と競合することになりました。その為、販売台数は約280台と当初の予想ほどは売れませんでした。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。実車と見比べると、ミニチャンプス流のかっこよく見せる軽いデフォルメが施されていますが、うまく仕上げています。リアの透明なフードの下にエンジンが見えるのも雰囲気があります。これ以外にはレース仕様も含めてディテールカー(あまり良い出来ではありません)、デルプラドの世界の名車シリーズ、スパークなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1283

   

 

MCLAREN F1 1994 UK

MCLAREN F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 530133430 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.1L 627HP 6段変速
性能: 最高速390km/h
データーベースでマクラーレン F1(スポーツカー)のミニカー検索

 

マクラーレン F1 イギリス

 

 1960年後半のカンナムで一世を風靡したマクラーレンは、グループ4スポーツカーへの参入を目指していました。グループ4の認証には50台を生産する必要があり、公道走行仕様も計画されていました。カンナム用のM6Bをベースにしたクーペボディの試作車M6 GTが1969年に完成しました。しかし市販車としての完成度を高めていた開発途中の1970年に、B.マクラーレンが事故死しこの車の開発計画は頓挫してしまいました。

 

 その後1990年にマクラーレンの市販車部門としてマクラーレン カーズが設立され、高性能スポーツカー開発が再開されます。1994年にマクラーレン初の市販車 F1が登場します。前方跳ね上げ式のドアでレースカーそのものの精悍なデザインのボディは、カーボン複合材のモノコックで非常に軽量です。ミドシップ搭載するエンジンはBMW製のV型12気筒6.1L(627HP)で、当時の市販車では世界最高出力でした。最高速390km/h、お値段約1億円もほぼ世界一でした。

 

 

 F1はこのような超高性能車でしたが、従来のスパルタンな高性能車(フェラーリ F40など)とは違い市販スポーツカーとしての快適性や操縦性に重きを置いていました。ケンウッドのオーディオやエアコンが標準装備され、ドライバーシートが中央にある2列3人乗りシート配置は一人乗車時の重量バランスを考慮したものです。またスペアタイヤを廃してトランクスペースをホイールベース内に収め、重量バランスを最適化し操縦性を高めていました。レース仕様のGTRは1995年ルマンで総合優勝、1997年ルマンで総合2位になるなど活躍しています。1997年に生産中止となりました。

 その後のマクラーレンの市販車としては、開発と生産を行った2003年のメルセデス ベンツ SLR マクラーレンがあります。2009年にはマクラーレン オートモーティブが設立され、2011年にMP4/12C、2012年にP1などが登場しています。

 ミニカーはミニチャンプス製の当時物です。ミニチャンプスとしては初期のものですが、ダイナミックなボディが良く再現されていてなかなか良い出来映えです。(中央にあるドライバーシートと2つあるバックミラーが分かる画像) ミニチャンプスはレース仕様など約50種類ほどのバリエーションがあります。F1は人気があり、オートアート、イクソ、hpi レーシングなど多くのミニカーがあります。なお試作で終わったM6 GTをスパークとプレミアムXがモデル化しています。以下のリンクでM6 GTや最近のマクラーレン市販車が検索できます。
データーベースでマクラーレン M6 GTのミニカー検索
データーベースでマクラーレン 市販車(F1以後)のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1775

   

LAND ROVER RANGE ROVER II 4.6 HSE 1995 UK

LAND ROVER RANGE ROVER II 4.6 HSE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 54802 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.71m 全幅約1.89m 全高1.82m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.6L 225HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速196km/h
データーベースでランドローバー レンジローバーのミニカー検索

 

ランドローバー レンジローバー II 4.6 HSE イギリス

 

 レンジローバーの2代目が1995年に登場します。ヘッドライトが角形に変更されましたがデザインは、初代のシンプルな造形を継承しています。ラダーフレームにリジッドアクスルの前後サスペンション(リアの車高調整機能付エアサスはアームを変更)の基本構成もそのままです。ビスカスカップリング式センターデフを持つ4WDシステムも先代と同じです。ホイールベースが一本化され、4ドアのみのボディとなりました。エンジンはV型8気筒4L(190HP)/4.6L、6気筒2.5L(136HP)ターボディーゼル(BMW製)がありました。

 

 2000年のマイナーチェンジで、ヘッドライトの意匠変更(ウインカーの色?)が行われました。SUV市場の拡大による増加したライバルや弟分のディスカバリーとの差別化対応で、レンジローバーは装備を充実しさらに豪華になりました。コノリー社製本革電動シート、ウッドパネルなどを標準装備した4.6 HSEやさらに高級な4.6 ヴォーグ(VOGUE)などの仕様がありました。2002年に3代目が登場します。BMWが2000年に「ランドローバー」ブランドをフォードに売却したので、3代目はフォード傘下での登場となりました。

 

 

 ミニカーはオートアートの当時物です。オートアートはアメリカのGATEWAY GLOBAL社のブランドで1998年に登場しました。ミニチャンプスの1/18を製造していた「UT モデル」が前身なので、1/18の出来映えは定評があります。このレンジローバーも全体的にレベルの高い出来映えで、特に1/18モデルでの詳細な内部構造データを使って1/43でもエンジンやサスペンションを詳細に再現しています。オートアートは1/18も含めて10種類ほどをモデル化しています。その他では、ホンウエルやブラーゴ(1/24、1/43)がありますが、初代に較べると人気が無いようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1334

   

 

ページ  « 前へ 1...29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39   次へ »