ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MORRIS MARINA COUPE 1971 UK

MORRIS MARINA COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 306 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 82HP 4段変速
性能: 最高速153km/h
データーベースでモーリス マリーナのミニカー検索

 

モーリス マリーナ クーペ イギリス

 

 マリーナはADO15-17の前輪駆動車の流れから外れた後輪駆動車で、1971年に登場しました。中型車オックスフォードの後継車としてボディが大きくなり、フォードやヴォクスホールなどのアメリカ系ブランドのオーソドックスなFR車に対抗する車でした。画像はクーペですが、セダンとワゴンもありました。4気筒1.3L(60HP)/1.8L(82HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速153km/h(1.8L)の性能でした。

 

 旧式のサスペンションで操縦性に難があり、見た目もあまりぱっとしないのですが、このクラスにはこの手のオーソドックスな車を好むユーザーが多かったようで、商業的には成功しています。1975年にMK IIに発展し、1980年にジュジアーロがデザインした角張ったデザインのボディに一新しアイタル(Ital)と改名しました。アイタルは1984年まで生産されこの車がモーリス ブランドの最後の車となりました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1/43サイズとして最後の頃のまともな一台です。ホイールが見苦しいですが、それ以外はコーギーらしい良い出来映えです。当時物のミニカーはこれしかありませんが、最近はバンガーズがセダンを作っています。

 
 

ROLLS ROYCE CORNICHE 1971 UK

ROLLS ROYCE CORNICHE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLISTIL OC6 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.8L (180HP) 4/3段自動変速
性能: 最高速(190km/h)

 

ロールス ロイス コーニッシュ 2ドア サルーン イギリス

 

 1971年に2ドアのサルーンとコンバーチブル(オープンカー)には、より高性能で豪華な特別仕様のコーニッシュが設定されました。コーニッシュはエンジンの出力を10%ほど向上させ、ラジアルタイヤを装着、ブレーキを強化するなどスポーティでオーナードライバー向けの仕様となっていました。

 

 またボディは熟練工によるアルミ製の手作りで、内装もシルバーシャドウより豪華だったそうです。(価格はシルバー シャドウの約1.5倍) 1975年にはベントレーTにもコーニッシュが設定されました。コーニッシュはエンジン制御が電子化されるなど改良が続けられ、コーニッシュ IVまで発展し1995年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはポリスティル製で、1978年発売の当時物です。1960年代のポリトーイよりは大雑把ですが、まあまあの出来映えです。コーニッシュの量産ミニカーは多分これしかありません。

LAND ROVER SERIES III 109 1971 UK

LAND ROVER SERIES III 109 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 1-58 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 116HP 4/5段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでランドローバー シリーズのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ III 109 イギリス

 

 ランドローバーは、1983年にシリーズ IVに変わります。外観的にはシリーズ IIIと変わりませんが、サスペンションがリーフスプリングからコイルスプリングに変更され、フロントウインドーが一枚物になるなど近代化されました。エンジンはV型8気筒3.5L(116HP)、4気筒2.5L(83HP)、4気筒2.3L(75HP)ディーゼルなどがありました。最初にホイールベース長 110(インチ)が登場し、1994年に90と130(実際には127インチ)が登場しました。

 

 レンジローバーの走行性能と乗用車的居住性を必要とするも、それほどの豪華さを求めない層向けに、レンジローバーの廉価版的なディスカバリーが1989年に登場しました。シャーシやエンジンなどはレンジローバーと同じですが、内装とエアコンやサスペンションの簡略化などでコストダウンを計っています。ディスカバリーは当時提携していたホンダからもクロスロードの名前で国内販売されました。(約400万円ぐらいだったから、好きな人ならなんとか買えた) データーベースでランドローバー ディスカバリーのミニカー検索

 

 

 ランドローバーはラインナップを明確にするため、1990年にシリーズ IV 90/110/130の名前をディフェンダーに改名しました。(なおシリーズ*は区別する為に付けているだけで正式な名前ではありません) 名前の変更だけで、内容に変更はありませんでした。1998年に電子制御式の5気筒2.5L(122HP)ターボディーゼルが追加され、ヨーロIIIの排ガス規制に対応しました。2007年に排ガス規制と安全基準に適合させる為、大幅な変更が行われました。外観はほとんど変更がありませんが、フォード製の新型4気筒2.5L(122HP)エンジンが採用され、シート配列などの内装が変更されました。 データーベースでランドローバー ディフェンダーのミニカー検索

 ランドローバーのエントリーモデルとして、コンパクトSUVのフリーランダーが1997年に登場します。ホンダのCR-Vなどと同じジャンルの車で、横置き前輪駆動車をベースにしたフルタイム4WD車です。個性的なフロントを持つ目新しいデザインで、5ドアとリアキャビン部が開閉できるソフトトップを持つ3ドアの2タイプがあります。エンジンは4気筒1.8L(120HP)、V型6気筒2.5L(177HP)、4気筒2Lターボディーゼルなどがあり、5段自動変速で最高速187km/h(2.5L)の性能でした。当時のヨーロッパでは4WD車のベストセラーカーとして大ヒットしました。 データーベースでランドローバー フリーランダーのミニカー検索

 画像のミニカーはデルプラドの世界の名車シリーズの物で、メーカーはたぶんユニバーサルホビー(EAGLE'S RACE 型番1523)です。名車シリーズの雑誌にはミニカーがディフェンダーである旨の記載がありますが、実際にはシリーズ IIIのモデルです。(名車シリーズにはこの手の誤記が結構あります) このシリーズの物としては良い出来映えのミニカーです。
 
 

FORD CAPRI 2900 1971 UK

FORD CAPRI 2900 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 190 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.9L 4段変速
性能: 
データーベースでフォード カプリのミニカー検索

 

フォード カプリ 2900 イギリス

 

 カプリはエンジンと内外装の豊富な組合わせで幅広いユーザー層を獲得し、英独両フォードを合わせて5年間で100万台以上が生産されました。カプリには2ドアクーペしかありませんから、それを考えると大変なヒットだったと思います。

 

 カプリはその高性能をアピールするために、モータースポーツにも積極的に参戦しました。レースのホモロゲーション用市販車としてV型6気筒2.6L(150HP)エンジンを搭載したRS2600が設定され、その強化版RS3100(148HP 排ガス規制でパワーダウン)も追加され、その最高速は200km/hにまで達しました。RS2600は1971年のスパ 24h優勝や1972年ルマンでのクラス優勝など、ツーリングカーレースで大活躍しています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、1971年のスパ 24h優勝車をモデル化したものです。(レース仕様車は2.9Lで機械式燃料噴射装置でパワーアップされていましたので2900という名前です) 4灯式ヘッドライト、ブラックアウトされたグリル、オーバーフェンダー、太いタイヤなどRS2600の仕様となっています。

TRIUMPH DOLOMITE SPRINT 1972 UK

TRIUMPH DOLOMITE SPRINT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGAURDS VA05309 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.11m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 127HP 4段変速
性能: 最高速192km/h
データーベースでトライアンフ ドロマイトのミニカー検索

 

トライアンフ ドロマイト スプリント イギリス

 

 小型車1300は前輪駆動車ということもあって、スポーティな車を好むヘラルドのユーザー層を取り込めませんでした。新型車を開発する余裕の無かったBL(ブリティッシュ レイランド)は、1300を後輪駆動に変更した1300の廉価版トレドを1970年に登場させます。このトレドの上級車として1.85L(97HP)エンジンを搭載したドロマイトが1972年に登場します。トレドをベースにしてヘッドライトを4灯式にし、トランク部分を延長しています。4段変速で最高速は160km/hとかなり高性能でした。

 

 1973年には2L(127HP)DOHCエンジンを搭載し最高速192km/hという高性能版スプリントが追加され、BMW 2002などのライバルよりも安価であったので人気がでました。この人気を利用するべく1976年からはトレドと1500もドロマイト1300、1500に改名されました。1980年の生産中止までに約10万台が生産されました。

 

 

 技術提携したホンダのバラードをベースとしたアクレイムが後継車となったので、ドロマイトはトライアンフ自社設計としては最後の車となりました。さらに1984年にはアクレイムが生産中止となり、トライアンフという名前の車がなくなりました。1994年にはローバー グループがBMWに売却され、現在トライアンフ ブランドはBMWが保有しています。

  ミニカーは2004年発売のバンガーズ製で、当時物はありません。ブラック アウトされたグリルやレザートップなど高性能版のスプリントの仕様となっています。タイヤが少し小さめで車高が高めですが、実車の雰囲気は良く再現されています。フロントグリルを除くと、基本的なボディが1300をベースにしていることがミニカーでもよく分かります。
 
 

FORD CONSUL COUPE 1972 UK

FORD CONSUL COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 996 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 82HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速148km/h
データーベースでフォード コンサルのミニカー検索

 

フォード コンサル クーペ イギリス

 

 ゼファー/ゾディアックは1972年にコンサル/グラナダに切り替わりました。独フォードのタウナス17/20/26Mも同様にグラナダに切り替わり、英独フォードの車種統合が完了しました。コンサルはグラナダの廉価版として設定されたもので、1975年以降はグラナダに一本化されました。

 

 グラナダのボディはゼファー/ゾディアックのような無駄なスペースが整理されて一回り小さくなり、アメリカ車的なイメージがほとんど無くなりました。ボディバリエーションは2/4ドアセダン、5ドアワゴン、2ドアクーペがありました。

 

 

 ミニカーはガマ製で左ハンドルなので本来は独フォードのコンサルですが、当時物のミニカーはこれぐらいしかありません。見た目はほとんど同じですのでご了承ください。1/43よりも少し小さめに出来ています。ガマ独得の作風でデフォルメされてますが、実車のイメージはそれなりにうまく再現されてます。

 

ページ  « 前へ 1...25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  ...37 次へ »