ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

FORD CORTINA MK III GXL 1970 UK

FORD CORTINA MK III GXL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 313 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 98HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速166km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コルチナ MK III GXL イギリス

 

 コルチナは1970年にモデルチェンジしMK IIIとなります。当時の流行だったコークボトルラインが採用され、小さなアメリカ車的なデザインとなっています。英独フォードの車種統一政策に従い、コルチナ MK IIIはドイツのタウナスと共通の設計で、車体デザインや搭載エンジン に違いがあるものの両国でほぼ同じモデルが生産されました。

 

 ベース車には4気筒1.5L(57HP)/1.6L(68HP)OHVエンジン、上級車には4気筒1.6L(86HP)/2.0L(98HP)エンジンが搭載され、4段変速(3段AT)で、最高速166km/h(2L車)の性能でした。カプリの登場でコルチナにはロータスやツインカムといった高性能版の設定がなくなりました。1973年にマイナーチェンジし、角形ヘッドライトを採用し、ドイツのタウナスに近いデザインとなりました。MK II同様好評でベストセラーカーとして成功した車でした。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、2ドアクーペのモデルです。スピードホイールの見た目が良くないですが、それ以外はコーギーらしさが残っている秀作です。コーギーお得意のおまけとして、グラハム ヒル(Graham Hill 1968年 F1チャンピオン)の良くできたフィギュアが付いています。

 
 

VAUXHALL SRV CONCEPT 1970 UK

VAUXHALL SRV CONCEPT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 337 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.08m 全幅約1.94m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ツインターボ (モックアップ 
性能: 最高速 不詳

 

ヴォクスホール SRV コンセプト イギリス

 

 ヴォクスホール SRVは1970年 ロンドン モーターショーで公開されたコンセプトカーです。SRVとはStyling Research Vehicleの略で、純粋なスタイリング実験車で、ヴォクスホールのブランドイメージを高めることを目指したものでした。GMのデザイナーによるデザインで、当時としては独創的なアイデアが盛り込まれていました。外観は当時のルマン用レースカーを思わせるショートノーズ/ロングテールで、低い車高(約1m)ながら4人乗りの広い室内を実現しています。2ドアのように見えますが、実際は4ドアでリアドアは前開きでドアハンドルを無くして目立たないようにしています。このリアドアを隠すデザインは最近になって一般の車にも採用されるようになりました。

 

 ノーズ先端の中央部はスポイラーになっていて、角度を可変して空力特性を変えられます。ヘッドライトはフロントウインド下の黒いルーバー部分の中に隠されています。メーターの付いたインパネは運転席正面にはなく運転席ドアに組み込まれていて運転時に引き出すようになっています。それ以外にも電動の車高調整機能を持つリアサスペンションなど未来的なアイデアが提案されていました。エンジンはミドシップ横置き搭載ですが、エンジンや変速機はモックアップなので走行はできません。SRVが生産されることはありませんでしたが、提案されたアイデアのいくつかはその後実用化されています。

 

 

 ミニカーはオートピレン製の当時物です。オートピレンのミニカーは当初はコーギーやディンキーのコピーでしたが、徐々に単なるコピーから脱却してオリジナルを開発するまでになりました。このヴォクスホール SRVはオートピレンのオリジナルで、当時のミニカーとしてはレベルの高い出来ばえです。プロポーションが良くドア/リアパネルが開閉し、室内やエンジンなどもそこそこ正確に再現してあります。また当時は安っぽいプラスチック製ホイールのミニカーが多かったのですが、オートピレンのメタル製ホイールはリアルで見映えが良いです。なおヴォクスホール SRVのミニカーはこれしかないようです。

LAND ROVER SERIES IIa 109 PICKUP 1970 UK

LAND ROVER SERIES IIa 109 PICKUP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (UK)  344 1/42 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 2.3L 77HP 4X2段変速 4WD
性能: 最高速112km/h
データーベースでランドローバー シリーズ IIのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ IIa 109 ピックアップ イギリス

 

 ランドローバー シリーズ IIは、1961年にマイナーチェンジされてシリーズ IIaに変わりました。シリーズ IIとシリーズ IIaは外観はほとんど同じで、ディーゼルエンジンが4気筒2.3Lに変わりました。1967年には6気筒2.6L(83HP)エンジンがロングホイールベース仕様に追加されました。1969年には法規制に対応する為にヘッドライトがフェンダーに移動し、特徴的な寄り目スタイルが変更されました。ランドローバーは1970年頃には年間約6万台が生産され絶好調でした。(半数以上は世界中に輸出されていた) 1971年にシリーズ IIIにモデルチェンジしました。

 

 1950年代後半から1960年代にはフォワード コントロールと呼ばれるエンジンを座席下に搭載したキャブオーバー式商用車が多く登場しました。(フォード テームズ 400Eベッドフォード CAなど) ランドローバーもシリーズ IIa 109をベースにしたキャブオーバー式商用車 シリーズ IIa FC(FOWARD CONTROLの略)を1962年に登場させました。1966年にはホイールベースを110インチに延ばした改良型のIIb FCに変わりました。FCは消防車などの特殊車に使用されたようですが、あまり売れなかったようで、1974年には生産中止となりました。(鼻が短いですが、ランドローバーの顔です) 

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製の当時物で、1970年に発売されました。シリーズ IIa 109のピックアップをモデル化しています。(年式は不明なので、シリーズ IIaの最終年式にしています) ディンキーらしいがっちりとした作風で、当時のミニカーの標準的な出来ばえです。ドアとボンネットが開閉します。(ドア開状態の画像) 同じ型を使った消防車、爆弾処理車、レッカー車などのバリエーションが数種類あります。

 これ以外のシリーズ IIaのミニカーではブレキナの109(1/87)やギスバルのピックアップ(1/64)があります。なおシリーズ IIとIIaをミニカーで区別するのは難しいので、当方のデーターベースでIIとIIaを区別しているのは当方の個人的見解によるものです。シリーズ IIa FCのミニカーはマッチボックスの当時物の消防車やオックスフォードの消防車(FT/6という名前でFCの先行車的なモデル 1/76)などがあります。

 
 

FORD CAPRI MK I DRAGSTAR 'THE SANTA POD Glow-Worm' 1970? UK

FORD CAPRI MK I DRAGSTAR 'THE SANTA POD Glow-Worm' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 163 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型8気筒 不詳
性能: 不詳
データーベースでドラッグスターのミニカー検索

 

フォード カプリ MK I ドラッグスター 'THE SANTA POD Glow-Worm' イギリス

 

 停止状態からスタートし一定の距離を走り抜けるまでの時間を競うモータースポーツがドラッグレース(DRAG RACE)です。単純に速さを競うレースで、元々はアメリカの若者が夜間に行っていた路上レースに端を発するもののようです。レースに使用するマシンをドラッグスター(又はドラッグカー、ホットロッドなど)と呼び、バイク、乗用車、トラック、セミトレーラーのトラクターヘッドまで多種多様な外観の車(中身は全くの別物)が使われます。走行する距離は特に決められていませんが、1/4マイル(約402m)で行われることが多く、日本では400mのレースをゼロヨンと呼んでいます。(ドラッグレースの動画)

 

 画像のカプリ ドラッグスターのミニカーはコーギー製で、1971年に発売されました。実車を忠実にモデル化したものではなく、既存のミニカーをベースにして、ドラッグスターらしい雰囲気に仕上げたものです。フロントバンパーを押すと ボディ全体が跳ね上がるギミックが付いています。内部はV型8気筒エンジンを搭載したシャーシがかなりリアルに再現してあり、ドライバーも乗っています。ホイールはコーギーの初期のフリーホイール「Whizzwheels」ですが、ドラッグスター風のものが使われています。なおSANTA PODとはレースが行われるレース場の名前で、Glow-Wormとは「発光する芋虫?」の意でこの車のあだ名でしょう。 

 

 

 ドラックスターのミニカーとしては、古いものではポリトーイのドラックスター ドラゴ、ディンキーのドラッグスター セットなどがありました。ディンキーのセットはミニカーを押し出す発射装置付で、1970年代にはフリーホイールのミニカーを走行させて遊ぶ為のトラックコースのセットなどがありました。(当時のマッチボックスのカタログ画像 現在のミニカーとは全然違う玩具の類ですが) 最近でもトミカ、マテルなど様々な種類のドラッグスターがモデル化されています。

AUSTIN 1300 GT 1971 UK

AUSTIN 1300 GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC073 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 71HP 4段変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでオースチン 1300のミニカー検索

 

オースチン 1300 GT イギリス

 

 ADO16シリーズの3番手はオースチン 1100で、1963年に登場しました。モーリス 1100のオースチン版でフロントグリルとエンブレムが異なるだけで、性能等は同じだったようです。1967年のマイナーチェンジでMK IIとなり、モーリスとオースチンは幅を広げた新しいフロントグリルで統一されます。またこのマイナーチェンジで、ADO16シリーズの全ブランドに1275cc(58HP)エンジンを搭載した1300が追加されました

 

 1971年にはADO16シリーズのMGとモーリス版がなくなり、オースチン 1300はMK IIIに発展します。MG版など高性能仕様がなくなったので、その代わりとしてエンジンを71HPにパワーアップしたスポーティなオースチン 1300 GTが設定されています。ADO16シリーズではオースチンの生産台数が一番多く約110万台が1974年までに生産されました。

 

 

 ミニカーはビテス製ADO16の一台で、MK IIIの高性能版1300 GTをモデル化しています。ブラックアウトされたフロントグリル、レザートップ、スポーティなホイールなど1300 GTの特徴が再現されています。ただしMK IIから少し小さくなったリアのテールフィンについては、変わっておらずそのままです。(ほんの少しだけの違いですが)

 
 

MORRIS MARINA COUPE 1971 UK

MORRIS MARINA COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 306 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 82HP 4段変速
性能: 最高速153km/h
データーベースでモーリス マリーナのミニカー検索

 

モーリス マリーナ クーペ イギリス

 

 マリーナはADO15-17の前輪駆動車の流れから外れた後輪駆動車で、1971年に登場しました。中型車オックスフォードの後継車としてボディが大きくなり、フォードやヴォクスホールなどのアメリカ系ブランドのオーソドックスなFR車に対抗する車でした。画像はクーペですが、セダンとワゴンもありました。4気筒1.3L(60HP)/1.8L(82HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速153km/h(1.8L)の性能でした。

 

 旧式のサスペンションで操縦性に難があり、見た目もあまりぱっとしないのですが、このクラスにはこの手のオーソドックスな車を好むユーザーが多かったようで、商業的には成功しています。1975年にMK IIに発展し、1980年にジュジアーロがデザインした角張ったデザインのボディに一新しアイタル(Ital)と改名しました。アイタルは1984年まで生産されこの車がモーリス ブランドの最後の車となりました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1/43サイズとして最後の頃のまともな一台です。ホイールが見苦しいですが、それ以外はコーギーらしい良い出来映えです。当時物のミニカーはこれしかありませんが、最近はバンガーズがセダンを作っています。

 

ページ  « 前へ 1...25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  ...39 次へ »