ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN ID 19 MONTE CARLO 1959 FRANCE

CITROEN ID 19 MONTE CARLO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 109 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシトロエン DS/ID レース仕様のミニカー検索

 

シトロエン ID 19 モンテ カルロ フランス

 

 優れた乗用車であったDS/IDは大柄のボディに非力な4気筒エンジンを積んでいたので高性能とは言えず、モータースポーツには無関係の車のように思えます。しかしDS/IDはその優れた操縦性を生かしてラリーでも活躍しています。1956年からプライベータがモンテ カルロ ラリーに参戦しており、1959年にはID 19が総合優勝しています。当時のラリーはまだ市販車そのままの車が活躍できる状況だったのです。

 

 1960年からワークスがDS 19で参戦するようになり、1961年のコルシカ ラリーや1962年の1000湖ラリーで優勝するなど活躍しています。1966年にはパワーアップしたDS21が投入され、モンテ カルロ ラリーで優勝しています。なおこの勝利は1-3位で完走したミニ クーパーが失格になったことで、4位からの繰り上げ優勝でした。その後も動力性能よりも耐久性が重視されるサファリ ラリーなどに参戦しています。1969年にはホイールベースを短縮し軽量化したラリー専用のDS 21が開発され、この車は1969年と1970年のモロッコ ラリーで優勝しています。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1992年に発売されました。1959年モンテ カルロ ラリー優勝車をモデル化しています。実車に即したカラーリングで補助灯が付いていて、当時のミニカーとしては良い出来ばえです。リオはこれ以外にもDS 19のミッレ ミリア、DS 21 1967年モンテ カルロDS 21 サファリ、DS 21 モロッコ ラリーなど約20種類のレース仕様車をモデル化しています。リオ以外ではモンテ カルロやサファリ ラリー仕様車をビテスなどがモデル化しています。なお当時物ミニカーとしてはコーギーの1965年モンテ カルロ ラリー仕様車だけしかないようで、これはかなりのレア物です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1859

   

PANHARD PL17 1960 FRANCE

PANHARD PL17 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 547 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 850cc 42HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでパナール PL17のミニカー検索

 

パナール PL17 フランス

 

 1960年にボディが変更されて、ディナからPL17に名前が変わりました。このPLとはかつての名声パナール ルバッソールのイニシャルで、17とは2気筒、4段変速、5ドア(トランクリッド含む)、6人乗りの数字を足したものということらしいです。同時に50HPに強化した高性能エンジンを搭載し最高速145km/hのティグル(TIGRE:虎)も追加されました。

 

 なおこのヘッドライトの上のひさしのような飾りは当時の流行で、シトロエン アミ 6にも同様の飾りがついてます。パナールは1965年にシトロエンに吸収合併され、その時点でPL17は生産中止となりました。

 

 

  ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。50年も前に作られたミニカーですので、若干塗装が荒れてます。上記のディナZと比べてみて、プロポーションがしっかり出来ていることが分かると思います。(さすがにホイールは見劣りしますけど)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=611

   

 

PEUGEOT 404 1960 FRANCE

PEUGEOT 404 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 553 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 69HP 4段変速
性能: 最高速143km/h
データーベースでプジョー 404のミニカー検索

 

プジョー 404 フランス

 

 1960年に最初の4シリーズとして403の後継車404が登場します。404の最大の特徴はボディデザインをピニンファリーナが手がけたことで、ランチア フラミニアなどに代表される直線を基調にした美しいデザインでした。1.6L(69HP)に拡大されたエンジンは、フェンダーより低いボンネットを実現する為45度傾けて搭載されていました。

 

この後1995年の406まで、プジョーはピニンファリーナがデザインするようになり、このセンスの良いデザインがプジョーの特徴となっていきました。燃料噴射仕様エンジンや1.8Lディーゼルエンジンが追加されて、1978年まで長期にわたり生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。塗装の艶がなくなっているので見た目が良くないですが、プロポーション的には良くできています。低いボンネット、ルーフ後端とそれにつながるテールフィンなどピニンファリーナ スタイルがよく捉えられています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=617

   

FACEL VEGA FACELLIA 1960 FRANCE

FACEL VEGA FACELLIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CIJ 3/3 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒DOHC 1.6L 115HP!) 4段変速
性能: 最高速182km/h

 

ファセル ヴェガ ファセリア フランス

 

 ファセルは北米である程度成功し、続いてさらなる販路拡大を目指して小型高級車の開発に乗り出しました。1960年に登場したファセル ヴェガ ファセリアはファセル ヴェガのイメージを継承し小型化したものでした。ファセリアには独自設計の4気筒1.6LDOHCエンジン(115HP!)が搭載されましたが、このエンジンは信頼性がなくトラブルが多発しました。

 

 その後エンジンをボルボなどに切り替えましたが、ファセリアは信頼を回復することが出来ず、大型のファセル ヴェガも販売不振となり1964年に倒産してしまいました。

 

 

 ミニカーはフランスのCIJ(セーイージー)製の当時物です。50年も前に作られたオリジナル品ですが、CIJが当時いかに高度なミニカーを作っていたかがよく分かると思います。(ハードトップは外せます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=628

   

 

CITROEN H 1200kg 'PHILIPS' 1960 FRANCE

CITROEN H 1200kg 'PHILIPS' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (FRANCE) 587 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 1.6L 45HPなど多種 3段変速など
性能: 
データーベースでシトロエン Hのミニカー検索

 

シトロエン H 1200kg フィリップス 販促車 フランス

 

 シトロエン Hの標準的なボディーはバンとピックアップの2タイプでした。前輪駆動方式を採用しているので荷室部の後輪は簡単な構造にできました。したがって広大なスペースの荷室は様々なボディを自由に架装でき、各種貨物車をはじめ救急車、消防車、ポリス、レッカー車、ピックアップ トラック、移動販売車、マイクロバスなど無数のバリエーションがありました。 フランスでは「豚の鼻」の愛称で呼ばれていました。

 

 シトロエン Hはミニカーでも様々な種類の商用車がモデル化されています。当時物としてはディンキー(仏)、CIJ、JRDあたりが有名です。画像はディンキー(仏)製で、家電メーカー「フィリップス」の移動販促車をモデル化したものです。フロントウインドーが2分割の初期型なので、1960年頃の車と思います。右サイドとリアのゲートが大きく開き(画像で開閉状態が見えます)、荷室内には冷蔵庫やトースターらしき家電品が並べられています。

 当時こんな風に凝った商用車のミニカーは珍しかったので人気がありました。(程度の良いものは今でも数万円はします) ディンキー(仏)のポリス仕様も人気があります。なおCIJやJRDは滅多にお目にかかれないレア物ですが。。。新しいものとしてはマッチボックスのYTFシリーズ、エリゴール、ノレブ(1/43、1/18)、ソリド(1/43、1/18)、ブッシュ(1/87)などたくさんあります。日本のものではトミカや前述したトミカ ダンディの外国車シリーズがあり、どちらも販促用特注品などのバリエーションがたくさんあります。毛色の変わったものとしては、ポピー製のルパン 3世のキャラクター物があり、これも結構面白いですよ。  

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1796

   

CITROEN ID 19 SAFARI ALPINE RESCUE CAR 1960 FRANCE

CITROEN ID 19 SAFARI ALPINE RESCUE CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 513 1/48 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでシトロエン ID/DS ブレークのミニカー検索

 

シトロエン ID 19 サファリ アルペン 救助車 フランス

 

 1958年にDSシリーズにワゴン形式のブレークが追加されました。(アメリカではワゴン、イギリスではサファリ又はエステートと称する) ブレークのリアゲートは上下2分割式で、折り畳める後席の背後に横向き対座補助席2座が付いた7/8人乗りです。補助席が無い商用車仕様はコメルシアル(COMMERCIALE)と呼ばれ、後席を畳むことで3人乗りで500kgが積載できる広い荷室になります。3-3-2座の3列シートで8人乗りのファミリアール(FAMILIALE)は家族向け乗用仕様で、中央の2列目は個別に折り畳める補助席になっていました。

 

 当初は廉価版のIDだけでしたが、後にDSにもブレークが設定されています。DS/IDのブレークは全長が約5mもあるので荷室が広く、乗用車としての性能も優れていたので人気がありました。油圧式の自動車高調整機能は荷重による姿勢変化が無く、停車中は車高が下がるので荷物が積み易いというメリットもありました。また前席2座、後席1座の3人乗りでストレッチャーを積載できる救急車仕様もありました。

 

 

 ミニカーはコーギー製の当時物です。イギリス名のサファリで、アルペン山岳救助車をモデル化しています。屋根にスキーと雪ソリが積んであり、救助隊員と救助犬(セントバーナード)の良くできたフィギュアが付いています。コーギーが最初にブレークをモデル化したのは1963年の型番436のサファリで、ブレークの特徴である折り畳める後席を再現したギミック(底板のダイヤルで操作する)がついています。その後スキーヤーのフィギュアを付けた冬季オリンピック仕様(1964年インスブルックと1968年グルノーブル)などがバリエーションとして作られ、このアルペン 救助車は1970年に作られた最後のバリエーションでした。全てのバリエーションを合わせると約150万台以上が作られています。(昔のミニカーは生産台数が多いのです)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1849

   

 

ページ  « 前へ 1...25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  ...50 次へ »