ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MG MIDGET MK IV 1969 UK

MG MIDGET MK IV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 421 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでMG ミジェットのミニカー検索

 

MG ミジェット MK IV イギリス

 

 主力モデルがMGAに移行して、入門用の廉価なモデルが必要になったMGは、同じBMCグループ内のオースチン ヒーレー スプライトのマイナーチェンジ版を流用することを決定します。名前は戦前の名車と同じミジェットとなり、1961年に登場しました。スプライトのモノコックボディの前後を大幅に変更して、全く新しいMGに仕上がっています。

 

 エンジンはスプライト MK I用を少しパワーアップした948cc(46HP)で、スプライト MK Iより少しだけ高性能です。なお姉妹車のスプライト MK IIより格上とのことで、仕上げもやや高級で価格も高かったそうです。1962年にはエンジンが1.1L(56HP)にパワーアップされ、最高速が143km/hに向上しています。排気量を1.5Lまで拡大し、1979年までに約23万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはディテールカー製で、1.3Lエンジンを搭載したMK IVのモデルです。軽快な小型スポーツカーの代表的なスタイルが良く再現されています。ホンダS500がデザインのお手本にしたのはこの車だと言われていますが、確かに雰囲気がそっくりです。当時物としてはスポットオン、最近ではスパークがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=873

   

ASTON MARTIN DBS 1969 UK

ASTON MARTIN DBS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400137601 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 286HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでアストン マーチン DBSのミニカー検索

 

アストン マーチン DBS イギリス

 

 1967年にDBSが登場します。それまでの丸みを帯びたレトロなデザインから一気に逆スラントしたフロントグリルを持つ直線的なエッジの効いたモダンなデザインとなりました。ボディは大きく低くなり、特に車幅は1.8mを超えています。この車用に開発していたV型8気筒エンジンの完成が遅れたため、DB6から引き継いだ6気筒4L(286HP)エンジンを搭載していました。その為車体が重くなった分だけ性能が低下していました。

 

 完成したV型8気筒5.3L(315HP)エンジンを搭載したDBS V8が1969年に登場しましたが、6気筒エンジンのDBSも1972年まで生産されました。6気筒エンジン版DBSの最後の70台は2灯式ヘッドライトに変更され、本来は高性能版を意味する「ヴァンテージ」をそのまま名前としていました。DB(デヴィッド ブラウン)グループは経営危機から、1972年にアストン マーチンの経営権を手放した為、これ以後はDBの名前がついたモデルが無くなりました。なお1990年代のフォード モーター傘下の時代に、デヴィッド ブラウンが役員として戻ったため、1993年のDB7にてDBの名前が復活しています。(DBSも2007年にDBS V12で復活)

 

 

  ミニカーはミニチャンプス製です。プロポーションが良く、非常に良く出来ています。ミニカーでも一目で幅が広いことが分かりますが、測ってみると42.5㎜と正確な1/43サイズで、デフォルメで幅が広くみえる訳ではありませんでした。またこの当時としては珍しくなったワイヤースポークホイールやフェンダーミラーを付けている点など時代を感じさせる仕様となっています。ミニチャンプスは映画'女王陛下の007'(1969年)のボンドカー仕様もモデル化しています。これ以外では、コーギーの1/36 ボンドカー仕様、スパークなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1311

   

 

TRIUMPH TR6 1969 UK

TRIUMPH TR6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1855 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 150HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでトライアンフ TR6のミニカー検索

 

トライアンフ TR6 イギリス

 

 従来の寄り目スタイルのフロントを一新し近代的デザインのボディとなったTR6が1969年に登場 デザインはドイツのカルマン社によるものです。オプション設定でハードトップが装着できました。サスペンションが強化され、操縦性が向上していました。エンジンはTR5と同じ燃料噴射式の6気筒2.5L(150HP)でしたが、主たる市場の北米向けは排ガス対策の関係でキャブレター仕様(105HP)でした。

 1975年に後継車のTR7が登場し、TR6は1976年に生産中止となりました。TR6はそれまでのTRシリーズでは一番多く生産され、総生産台数は約9万5千台、その90%以上が輸出されました。

 

 ミニカーはソリド製で2003年頃の発売です。フロントウインドーが小さすぎてミニカーで一番大事なプロポーションが悪いです。それ以外はそこそこの出来ばえなのですが。ハードトップ仕様もあり、そちらはプロポーションが多少良くなっています。なおこの頃のソリドはディテールカー(DETAIL CARS)がOEMしたミニカーを発売していて、これもその一つです。出来が悪いのはソリドが型を作っていないからなのでしょう。ミニチャンプスやノレブからもモデル化されています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1696

   

MCLAREN M8B CANAM 1969 UK

MCLAREN M8B CANAM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 176 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 650HP 4段変速
性能: 最高速360km/h?
データーベースでマクラーレン M6/M8のミニカー検索

 

マクラーレン M8B カンナム イギリス

 

 F1ドライバーであったB.マクラーレンがマクラーレン レーシング チームを1963年に設立しました。当時のB.マクラーレンはクーパーのドライバーでしたが、クーパーのF1活動に影響しないレースカーの開発/販売などを行ないました。1966年にクーパーから離れ自ら開発したマクラーレン M2BでF1に参戦します。また1966年からカンナム(CAN-AM:カナディアン アメリカン チャレンジカップ)にもマクラーレン M1Bで参戦しています。

 

 F1ではマクラーレン M7Aが1968年のベルギーGPでF1初優勝し、このシーズンは3勝してコンストラクターとしてロータスに次ぐ2位となっています。1969年シーズンは1勝しコンストラクターの4位となっています。

 

 

 カンナムでは1967年にシボレーのV型8気筒5.9L(525HP)エンジンを搭載したマクラーレン M6Aが登場し、1967年のシリーズ チャンピオンとなりました。1968年にはエンジンを7L(620HP)にパワーアップした改良版のM8Aが登場し、1968年のチャンピオンとなりました。その後M8Aは1969年に大きなリアスポイラーが付いたM8B、1970年の7.6L(680HP)エンジンで低いリアスポイラーの付いたM8D、1971年の8L(740HP)エンジンでボディと一体化したリアスポイラーの付いたM8Fと改良されていきました。なお1970年にはM8Dのテスト走行中にB.マクラーレンが事故死する不幸な出来事がありました。

 マクラーレンは1967年から1971年まで5年連続してチャンピオンとなり、この時期はマクラーレンのカンナムでの黄金期でした。当時カンナムといえばオレンジ色のマクラーレンというイメージが広く定着していました。マクラーレンは1972年末にカンナムから撤退し、以後はF1とインディ500に注力することになります。

 ミニカーはソリド製の当時物です。45年以上も前に作られたミニカーですが、プロポーションが良く実車の雰囲気がうまく再現されています。当時のミニカーは左側面が見える透明フィルム付き紙箱で販売されていたので、左側面だけはデカールが最初から貼ってありました。(残りのデカールは箱に添付されているので自分で貼るのですが、このM8Bは貼っていません) これ以外の当時物ミニカーとしては、ディンキー、ポリトーイ、メーベトイなどがあります。最近のものではミニチャンプス、GMP、スパークなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1774

   

 

RELIANT BOND BUG 700ES 1970 UK

RELIANT BOND BUG 700ES 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 389 1/43 67㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.79m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 700cc 29HP 4段変速
性能: 最高速120km/h

 

リライアント ボンド パグ 700ES イギリス

 

 イギリスの3輪車の代表的なメーカー リライアント(RELIANT)社は、1935年に創立されています。前2輪後1輪の構造の3輪車としてリーガル(REGAL)、ロビン(ROBIN)、リアルト(RIALTO)などがあり、創業当時から2000年頃まで長い間作られていました。またリライアント社はシミター(SCIMITAR)というV型6気筒2.5-3Lエンジンを搭載した高性能なスポーツカー(4輪車)も手がけており、こちらも1990年頃まで生産していました。なおリライアント社は2002年につぶれたようです。

 

 ボンド バグは同じような3輪車を作っていたボンド社が、リライアント社の傘下となって1969年に登場させた3輪のスポーツカーでした。リーガルをベースにしていますが、若者向けとして思い切ったウエッジシェイプを採用したかっこいいスタイルが特徴です。ドアはキャノピー全体が大きく上に開きます。水冷4気筒700cc(29HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速120km/hと結構な高性能でした。ただミニよりも値段が高かったそうで、その為4年間で2000台ほどしか生産されなかったようです。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、量産ミニカーとしてはこれしかありません。未来的なキャノピー開閉をギミックとして実現させているのが、コーギーらしいところです。また実車はもう少しシャープな感じですが、子供向けのかわいらしい感じに少しデフォルメされてます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=782

   

LAND ROVER RANGE ROVER 1970 UK

LAND ROVER RANGE ROVER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINK(UK) 192 1/42 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 128HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでランドローバー レンジローバーのミニカー検索

 

ランドローバー レンジローバー イギリス

 

 ランドローバーで培ったオフロードカー技術に、ローバーP5/P6の高級車の味付けを行った全く新しい概念の高級車レンジローバーは1970年に登場しました。発売されるやすぐに高い評価を得て、「4WDのロールスロイス」としてイギリス上流階級のステータスシンボルとなりました。虚飾を廃したシンプルな外観のボディに、V型8気筒3.5L(128HP)エンジンを搭載し、4段変速機と2段のトランスファーによるフルタイム4WDです。室内は大人5人が快適にくつろげ、最高速155km/hの高速巡航から悪路走行までエレガントにこなします。当初は2ドアだけでしたが、1982年に4ドアが追加されました。

 

 1986年に4気筒2.4L(106hp)ターボディーゼルエンジンが追加され、ガソリンエンジンは1988年に3.9Lに拡大され、最終型では4.2Lになりました。1982年に3段自動変速が設定され、1983年に5段変速が追加されました。フルタイム4WDシステムでは1988年にABSを採用するにあたり、当初のベベルギア式センターデフがビスカスカップリング式に変更されました。1992年には4WD車として初の車高調整機能付きのエアサスペンションが採用されました。1995年に2代目が登場した後も、1996年まで生産されました。(生産台数 約32万台)

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。ディンキーのやや骨太な作風がこのレンジローバーにはよく合っていて、当時物としては出色の出来映えでした。他の当時物としてはコーギーやポリトーイなどがあります。最近の物では、ソリド、イクソ、バンガーズなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=816

   

 

 

ページ  « 前へ 1...24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  ...39 次へ »